FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ボーカロイドというと世間一般の感覚としては「初音ミク」というイメージが大変強く
ボーカロイド=ミクという図式が成り立ちがちではあるのですが、ボーカロイドキャラはミクだけじゃありません!と言う事は
声を大にして申し上げたい気持ちはありますね~!
ミクの他にも、リン・ゆかり・りおん・東北ずん子・MEIKO(メイコ)などすてきなボーカロイドキャラはたくさんいますし、
是非一度CD等でボーカロイドキャラたちのあの人工的な美しい歌声に耳を傾けて頂ければ幸いです!
そしてボーカロイドには本当にたくさんの素晴らしい名曲がたくさんありますし、リズム感がノリノリの弾けるような曲や
泣かせる曲、しんみりとなってしまうような曲、青春の抒情としか言いようがない曲、意味深な歌詞の曲など
決してミクのあの人工的な高音ヴォーカルだけが魅力ではありませんし、名曲の宝箱みたいな感じでもありますので、
是非ぜひボーカロイド楽曲もたまには聴いて頂ければ幸いです!

そしてこれはあくまで私個人の好みでもあるのですけど、私自身がボーカロイドキャラの中でいっちば~ん大好きなキャラ
というと、勿論初音ミクやMEIKOなども大好きではありますが、ルカ様・・巡音ルカが実は大好きであったりもします。

ルカ様なのですけど、簡単に概要を書かせて頂きますと、まずはよく間違えられる読み方ですけど、その読み方は
めぐりねるかです!
.ルカは、初音ミク・鏡音リン・レンに続くボーカロイドキャラクターのボーカル・シリーズ第3弾として登場してきました。
ボーカロイドキャラの中ではMEIKOと共にすてきなお姉さんキャラと言えると思います。
公式ではありませんけど、1月30日がお誕生日とされる事が多いようです。
ルカ様は公式設定では20歳という事で、二次創作絵としてMEIKOと一緒にタバコをふかしていたり一緒にお酒を酌み交わす
ような作品もかなりの数が投稿されているのも大変印象的なのですけど、それはこの二人の大人っぽさに起因するものと
いえそうですね~(笑)

ルカ様はボーカロイドキャラの中ではかなり大人っぽい雰囲気が特徴とも言えると思います。

数年前にファミリーマートのコラボキャンペーンとしてこのボーカロイドキャラとのコラボ企画が色々と実施されていましたけど、
その中で面白かったのは、店舗によってその店舗の一押しキャラが違うという事で、
ある店舗ではミクのポスターや展示品が掲示されているのに別の店ではリンとかまたある店ではMEIKOが一押しになっている
のは大変面白い試みだったと思います。
あの時は私はルカ様のコラボグッズやポスター見たさにルカ様一押しの店舗に行ったものでした・・! (笑)

私は多分ですけど、東方でゆかりん=八雲紫様・あやや・華扇・ゆゆ様・レティさんなどが大好きなように
ルカ様のような大人っぽいおねえさん系を好む傾向があるのかもしれないですね・・・(笑)

本記事においては、先月のGWにて販売が開始されたDollfie Dreamの巡音ルカ様の素晴らしき新作ドールを
簡単に取り上げさせて頂き、
2014年にセガより発売されたルカ様のPMフィギュアについてレビューさせて頂き、
最後にアミグリさんが描かれたルカ様のイラストを転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

Dollfie Dreamの巡音ルカ様の新作ドールやフィギュアは気のせいなのかもしれないですけど、他のドール・フィギュアと
比べると目力というのか、例えば写真や実物を目の当たりにした時も、ヘンな表現ですけど
魂みたいなものがドール・フィギュアに内在しているような雰囲気も感じたりもします。
ドール・フィギュアというのは確かに一つの玩具なのかもしれないですけど、人の形を模したものでもありますので、
そこにはやはり魂みたいなものが入り込んでいるのかもしれないですね。
東方の世界観では「人形をロクな供養もしないで棄ててしまうと、その人形が妖怪化する危険すらある」とか
「人形には人の形を模した魂が入っているけど、それは妖怪とほぼ似たようなもの」と言われていますけど、
ドール・フィギュアを一度購入した以上はあまり放置と言う事はせずに、たまには箱から出してあげてその可愛らしさを
楽しんであげるというのは購入者の責務と言えるのかもしれないですね。





蟾。髻ウ繝ォ繧ォ_convert_20180525000913


繝ォ繧ォ讒論convert_20180430171611





ドルフィー・ドリーム (Dollfie Dream)とは、株式会社ボークスによって製造、販売されているドールなのですけど、
アニメやゲームのキャラクターを再現した完成モデルが多いのが特徴なのですが、
全体的には「フランス人形」と間違えてしまいそうなとにかく上品で繊細できめ細かい仕上がりです!
価格がとてつもなく高いのですけど、 その「価格の高さ」すら「この完成度なら極めて妥当」と思わせるくらい
完成度がすさまじく高いです!!

東方キャラでDollfie Dream×東方ProjectのDD化企画が実現したキャラは
2018年5月現在で霊夢・魔理沙・妖夢・咲夜さん・チルノの5人だけなのですけど、
全員その完成度はすさまじく高いと思います!
私個人としては最高傑作は霊夢だと思います!! チルノはその次に素晴らしいと思います!
というか、あの霊夢は精緻で、「製図」みたいな完璧さがそこにはあるような感じがあり、フランス人形みたいな仕上がりだし、
「美的限界」に達するような感じすらあると思います

そしてそうした中でもいっちば~ん!にDollfie Dream×東方ProjectのDD化企画として実現して欲しいのは
人形遣いなのに本人が一番お人形さんらしくて東方屈指の美少女のアリスだと思います。
アリスがもしもDollfie Dream×東方ProjectのDD化企画として実現するなら、私は多分ですけど即刻予約をするのは
間違いないと思います!

東方キャラは妖夢を最後に最近は全く商品化されていないのですけど(泣)、
ボーカロイドキャラは最近でも続々と商品化されていて、
初音ミク、雪ミク、鏡音リン・レンに続く新作ドール「ボ―カロイド×ドルフィードリーム」が制作され、
2018年5月5日(土・祝)に東京ビッグサイトで開催される「ドールズ・パーティー39」でルカ様が先行販売されていました!

巡音ルカ様のクールで大人っぽい雰囲気を忠実に再現しつつ、
造形やメイクは「ドルフィードリーム」としての魅力を最大限に表現されています。
また、高級感とシルエットの美しさを実現したルカ様のの衣装も注目ポイントの一つとなっています。

このルカ様の商品概要は下記の通りです。

Dollfie Dream「巡音ルカ」
•発売元:ボークス
•価格:69,000円(税抜)
•販売店舗:全国のDD取り扱いボークス店舗、ホビー天国ウェブ
•2018年5月27日発売

この69000円+税が高いと感じるか安いと感じるかはあなた次第ですけど、私は「妥当」と感じます。

冒頭で「ドールにも魂みたいなものが宿る事もあるのではないのか・・?」と記したのですけど、このルカ様のドールには
どうみても魂が宿されているとしかいいようがない不思議な気迫みたいなものが備わっているように思えますし、
太もものスカートのめくり具合など大人としてのお色気も間違いなくあると思うのですけど、それが全然
いやらしいという雰囲気は皆無でむしろ洗練さ・大人の女性としての美しさの方がより強く感じさせてくれているのが
素晴らしいと思います。
このDollfie Dream「巡音ルカ」には間違いなく人を引き寄せる何かが備わっている雰囲気がありますし、
それがドールとしての魂なのかもしれないです。





003_convert_20180524163214.jpg





上記はDollfie Dreamの巡音ルカ様の新作ドールでしたけど、ルカ様はさすがにミクまではいかなくても
かなりの数のフィギュアが既に発売されています。
ボーカロイドキャラの中では言うまでもなくミクが最多のフィギュアの種類を誇っていて、2位以下を全く寄せ付けない
一人勝ちの様相すら呈しているのですけど、ルカ様もかなりの数のフィギュアが既に発売されています。
私としては2012年に発売されたグッドスマイルカンパニーの巡音ルカ Tony verや水着ルカ様が大変印象的であったりもします!
そして水着ルカ様のとてつもない大人っぽいお色気は「エロい・・」というのすら自粛したくなってしまう神聖なものすら
あったように感じられます。

さてさて今回レビューさせて頂くルカ様のフィギュアは、2014年にセガから発売された
セガのアーケード用音楽ゲーム「初音ミク Project DIVA Arcade」に登場するボーカロイドキャラを立体化した
「初音ミク DIVA Arcade PMフィギュア」シリーズの一環としての作品です。
ルカ様以外に鏡音リン・レン、カイト、メイコ、ミクがリリースされていましたけど、2014年12月にこのシリーズのラストを
飾るのに相応しくルカ様が第6弾として発売されていました。

このルカ様は一言で言うとクールで大人っぽく立体化された巡音ルカ様だと思います!

このルカ様の商品概要は下記の通りです。

商品名 : 初音ミク Project DIVA Arcade プレミアムフィギュア “巡音ルカ”

メーカー  : セガプライズ

発売日 : 2014年12月

サイズ : 全高約20cm

こうやって改めて拝見させて頂きますと、ドールにはドールの良さが、そしてフィギュアにはフィギュアとしての良さが
あるものだ・・としみじみ感じさせてくれるものがあると思います。





004_convert_20180524163233.jpg


005_convert_20180524163259.jpg




フィギュアのルカ様は軽く腕を組みながら左足を少し前に出したポーズで登場されていますけど、
この雰囲気はモデル立ちっぽい感じもありそうです。

セガ製のルカ様のフィギュアは2010年にもEXフィギュアが既に一度発売済みではあるのですけど、
正直EXフィギュアとは造型も雰囲気も精緻さもルカ様らしさもPMフィギュアの方が全てにおいて上回っている様な
感じすらあります。
最大の違いはサイズだと思うのですけど、EXフィギュアと比べるとスケールも完成度も全然違うと言えると思いますし、
ここにもメーカーとしての進化が垣間見えると思います。

2014年のシリーズはミクやリンはルカ様に先行して発売されているのですけど、なんとなくですけどおこちゃま・・といった
雰囲気も無くは無いと思いますけど、ルカ様は大人の女性としての存在感を見事に発揮されていて、
なによりもこの自然で洗練されたスマートなお色気は素晴らしいと思います。
そしてミクやリンに比べると柔らかく造型されているという印象もあったりします。
こうした雰囲気は、ルカ様と同様に大人っぽいキャラのMEIKOでも同様な事を感じさせてくれていると思います。

アームカバーの細かいデザインもきちんと再現されていて「いい仕事している~」と感じさせてくれていますし。
ウエストまわりも色っぽさとスカートのめくれ具合にあの太ももの眩しさはやはり圧巻ですね~!

EXフィギュアではスカートと一体成型になっていたベルトが、2014年のPMフィギュアではきちんと別パーツになっているのは
メーカーとしての気付きでもあり進化であるとも言えると思います。






007_convert_20180524163320.jpg





後ろ姿は思ったよりはのっぺりしているというか平板な印象です・・(汗)

グッドスマイルカンパニー版のルカ様フィギュアは髪がかなり繊細に造られていて、先端にいくにつれて髪の色が
うすくなったり髪自体が細くなったりと細かい技が光っているのですけど、セガは所詮はプライズ系という事で、
さすがにそうしたより細かい精緻な仕上げまで求めるのは酷なのかもしれないですね・・






008_convert_20180524163341.jpg


009_convert_20180524163404.jpg



お顔の出来栄えも素晴らしいです! クールでちょっとミステリアスな表情を見せるルカ様が綺麗に立体化されていると
思いますし、2011年のEXフィギュアと比べるとかなりおとなっぽいという印象が強いです。

セクシーなボディラインが大変魅力的ですし、スカートのスリットから覗く太ももが眩しすぎますね~!

そして太ももに関しては、ニーソが太ももを締め付けているという解釈もありなのかも・・という事なのかもしれないです。

そして確かに大人っぽいセクシーな仕上がりなのですけど、あまり過度なエロさは感じさせず、
自然体という評価が十分成り立っているようにも感じられます。





010_convert_20180524163428.jpg




素晴らしい完成度のフィギュアであるとしか言いようがないすてきなルカ様フィギュアだと思います。

ルカ様が美人過ぎてつらいとも言えるし、ルカ様の大人の魅力が限界まではじけ飛んでいると言えると思えます。

これは単にボーカロイドキャラというよりは女神様の領域に達してるのかもしれないです。

ルカ様がここにいるだけで光が集約していくようなどこか神聖なものすら感じさせてくれているとも感じられます。

ドールのルカ様は「すてきな美少女」という感じですけど、フィギュアのルカ様は「大人の女性としての魅力」を
伝えてくれているようにも感じられますが、この点がもしかしたらドールとフィギュアの表現としての違いと言えるのかも
しれないですね。




rukane-sann_convert_20100819113442.png




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。

今回のイラストのキャラは言うまでもなくルカ様です!

アミグリさんが描かれたルカ様はおねえさまの雰囲気が漂っていて素晴らしいです!

ピンクのロングヘア・色白な肌・ブルーの瞳などルカ様の大人っぽい雰囲気は、ミクのいかにも少女らしい
かわいらしい雰囲気とは対照性を示す感じでもあり、
同じボーカロイドキャラでもそうした違いをイラスト一つで見事に提示できる事は
本当に「絵は一つの魔法なのかも・・」と改めて感じさせてくれるものがあると思えます。

そしてアミグリさんが描かれたこのルカ様は2010年8月に描かれたという事で、アミグリさんにとってはかなりの初期作品と
言えると思うのですけど、
今現在のアミグリさんのあのすてきなキラキラ作風との違いを感じることも出来ますし、
「全体的に夢見る少女の雰囲気」という点は現在の作風にも繋がる点があるよね・・と感じることも出来ますけど、
やはりそこにあるのはアミグリさんの絵師様としての進化という事なのだと思います!

上記のアミグリさんが描かれたルカ様は、その権利はこのルカ様を描かれたアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなすてきな絵を描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんはです(^^)/

DDのルカ…と言いますかボーカロイド全般はどれも素晴らしいドールです。お高いので購入には至っていないですが、秋葉でドールポイントに立ち寄った時にはその都度目に焼き付けています!
ルカはおっしゃる通り相当数のフィギュアが出ていますね。今回ご紹介したプライズフィギュアも特徴的なコスチューム等もしっかり再現されていて、満足感があると思います(^^♪

アミグリ様の描くルカは、いつものイラストよりもきりっとしていて大人っぽさが強調されているように感じます。2010年公開イラストとの事ですが、色褪せない素晴らしいイラストですね(^^♪

巡音ルカ、ちゃんと読めますよ~^^よく知っています。しかし、最初のフィギュア。すごいですね。巡音ルカって、個人的には2頭身サイズのねんどろいどじゃないですけど、ディフォルメされた感じの絵が好きなのですが、この最初のフィギュアはすごいですね。お値段もすごいですが。2体目のフィギュアのほうは自然で良いですね。こちらもありかな、って思いました。

DDルカを最初に見た時の反応は
アゴが尖りすぎ。でした。
なので、秋葉原で注文できる状態でしたが
そのまま、スルーしてしまいました。

フィギュアの方が、自然なアゴだと思います。
DDは何故、と。

ルカ様

ごにぎり 様


ボークスのボーカロイドDDシリーズはどのキャラも大変レヴェルが高くて感嘆するばかりですけど、
その中でもミクとルカ様の完成度の高さは半端ないものがあると思いますし、
特にルカ様は、まるで東方のアリスが作りだしたような「魂」が込められたドールのようにも感じられます。
存在感と目力の強さはすごいな・・と感じるばかりです。

セガのフィギュアも完成度は申し分ないと思うのですけど、DDルカ様に比べると、魂の込められ具合に
少し差を感じてしまいます。
それがドールとフィギュアの違いと言えるのかもしれないですね。

アミグリさんの描かれたルカ様をお褒め頂きありがとうございます!

アミグリさんにとってはかなりの初期作品で今現在との作風とはかなり異なるものがあると思うのですが、
初期作品には初期作品としての素晴らしさがあり、最近の作風には初期作品からの歴史の積み重ねと言う事もあり、
更に素晴らしさが上積みとなっていると言えるのだと思います。
私は初期作品も今の作品もどちらもとっても大好きです~!

ドールとフィギュア

八咫烏(全力稼働中) 様


今回記載したルカ様は、最初のルカ様はフィギュアではなくてドールと言う事で、
ドールとフィギュアには「似て非なるもの」というか違いはかなり出ているような感じがありますね。
ルカ様のDDドールは完全予約受注方式と言う事で、少数生産と言う事で手作り要素もかなりありそうな雰囲気で
あるのに対して、
フィギュア、特に今回はセガという大手メーカーのため、大量一括生産と言う事で、
両者には色々と違いは出てきているのかもしれないですし、それが如実に出ているのは「目力の強さ」なのかな・・?と
思ったりもしますね。

このボークス社では是非なんとか東方のアリスの商品化が実現して貰えれば最高ですね。

美人さんの証しなのかも・・?

tsukasael696ⅹ埼忍居士ⅹ 様


さっと見た感じの第一印象では、ご指摘のルカ様の顎の尖りというのは、
私的には「美人さんの証しではないのかな・・?」という印象を持ちました。
顎が鋭角→お顔が引き締まる→正統派美人さんという感じなのかなぁと私的に感じたものですけど、
ドールやフィギュアの楽しみ方の一つは、各自がどのように感じるのかという事でもありますので、
そうした感じ方の違いというのも面白いものはあるのだと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |