2015年の宅麺.com×ご注文はうさぎですか?×人気ラーメン店のコラボキャンペーン → シャロをイメージしたラーメンは「柚子胡椒塩らーめん」でしたけど、「ラーメン大好き小泉さん」でも鶏系の塩味ラーメンが登場していました!

4 -
先日の記事でも書いた通り、ごちうさのアニメ放映がされていた2015年の秋頃において、宅麺.comがプロデュースを行い、
日本全国の人気ラーメン店において、「ご注文はうさぎですか??」をイメージして制作されたオリジナルラーメンを期間限定で
商品化され実在商品として販売されていた事もありました。
北海道に店舗を構える「綱取物語」、東京に店舗を構える「鶏王けいすけ」「自家製麺 ほうきぼし」「らあめん元」
「横浜家系ラーメン 作田家」「麺場voyage」、静岡に店舗を構える「蔵前家」、
大阪に店舗を構える「辛口ガチ味噌肉ソバ ひるドラ」、九州に店舗を構える「拉麺 久留米 本田商店」といった有名店が
名を連ねていました!

本記事は各カテゴリが色々と交錯する結果になりそうですけど(汗・・)
「ご注文はうさぎですか??」では高校生キャラの中では多分ですけどいっちば~ん! 普通のキャラでまともなキャラでも
ありそうなシャロをモチーフにした北海道の網取物語の柚子胡椒塩らーめんについて簡単に取り上げさせて頂き、
柚子胡椒塩ラーメンというとサッポロ一番で商品化されたカップ麺について簡単にレビューさせて頂き、
塩ラーメンと言う事で「ラーメン大好き小泉さん」の1話と11話について簡単に振り返りをさせて頂き、
最後にシャロのかわいいフィギュアについて簡単にレビューをさせて頂きたいと思います。

こうやって一つの記事に「ごった煮」のごとく色々なカテゴリを乱立させるなんて見方によってはいかにも当ブログらしい
記事と言えるのかもしれないですね~(汗)





縺励d繧浩convert_20180523162817


縺励c繧浩convert_20180523162747





この「ご注文はラーメンですか?」のコラボキャンペーンにおいては、ココア以外でも、
チノ・リゼ・シャロ・千夜・チマメ隊の二人の特性をそれぞれ見事に
反映させてたすてきなラーメンも商品化されていましたけど、あの中では千夜のラーメンが 特に千夜らしい個性を
見事に発揮していたと思います。
そうした中、このコラボの中ではもしかして・・? いっちば~ん! 正統派というのか正攻法できているラーメンが
シャロをモチーフにした北海道の網取物語の「柚子胡椒塩らーめん」だと思います。

今回はそのシャロのイメージを商品化したラーメンを簡単に振り返りをさせて頂きたいと思います。

シャロの「柚子胡椒塩らーめん」ですけど、例えばココアのように麺にココアを練り込むとか千夜のように
白玉を盛り付けるといった変化球ではなくてあくまで正統派ラーメンとしての塩味ラーメンとして勝負してきている
その正攻法ぶりは、アニメの中でも真面目で優等生でもあったシャロのイメージに限りなく近いと言えるのだと思います。

このシャロをイメージしたラーメンの商品概要は下記の通りです。

キャラクター : シャロ
商品名  :柚子胡椒塩らーめん
価格 : 780円(税込) ※1日限定20食
商品特徴:
塩ダレにさっぱりとした柚子胡椒を加えた風味豊かな塩らーめんです。
柚子の香りで、シャロの爽やかさをイメージしたらーめんです。

確かに、柚子の風味はシャロらしい爽やかさとか真面目さを彷彿とさせるものがあるのかもしれないですね~

そして当時このラーメンを注文すると他の商品と同様にシャロの描き下ろしオリジナルポストカード1枚が付いてきます!









上記はシャロをイメージした柚子胡椒塩らーめんでしたけど、サッポロ一番でもそうしたゆず胡椒塩ラーメンが
カップ麺として販売されていた事もありました。

サッポロ一番の商品案内として、
「スープはチキンエキスやポークエキスをベースに、かねふく明太子を使用した明太子パウダーを合わせ、
ゆず胡椒の風味を付与しました。
ピリッとした明太子と青唐辛子の辛みと、ゆずのさわやかな香りをバランスよく配合した塩味のスープです。
表面につるみをもたせた、粘りのある食感の麺は、ちぢれをつけることでスープがよく絡む麺に仕上げました。
具材の明太子味付そぼろはかねふく明太子を使用しており、
口の中で広がるうまみと辛みがアクセントとなりスープとの相性が抜群です。
かき卵のふわふわした食感が食欲をそそります。ねぎを加えて彩りよく仕上げました。
明太子でおなじみの「かねふく」とのコラボ商品です」と書かれていました。

結論から書くと、この「サッポロ一番 かねふく監修 明太ゆず胡椒味塩ラーメン」は、とんこつ味でもありませんし、
明太子はそれほど強く強調されていません。
そして明太子のピリッとした辛さみたいな味ではありません。
全体的にはさっぱりとした味なのですけど食べた瞬間にゆず胡椒のピリッとした風味が口の中に広がります。
明太子の辛さはほとんど感じず、ゆず胡椒が味のメインという印象を強く持ったものです。

「九州の味をトッピング」と書かれていましたけど、これに関しては、明太子よりもゆず胡椒の辛さをイメージさせた
商品と言えるのかもしれないですね。
そしてこうしたゆず胡椒の辛さは、シャロの「小粒でもピリッとしている」といった真面目さにも繋がるものがあるのかも
しれないですね・・(笑)



CIMG1108_convert_20180112131816.jpg




スープは塩味という事で透明ですし、味もさっぱりすっきりです。柚子胡椒の辛みがあとからじわ~っと効いてきます・・
改めて言うと、やはりこのラーメンは明太子がメインではなくて柚子胡椒がメインです。
そして明太子の風味と存在感を柚子胡椒が全て打ち消しているみたいな印象すらあると思います。

麺自体は縮れ麺で、九州とんこつラーメンというとストレート麺という印象が強いとは思うのですけど、縮れている事で
この塩味系のスープと大変よく絡んでいると思います。





0a953178-s_convert_20180523162602.jpg


ab837320-s_convert_20180523162657.jpg




塩味ラーメンは「ラーメン大好き小泉さん」でも醤油・とんこつと並んで何度も登場してきた味でしたね~!
そして小泉さん自身、
「ここ最近は醤油・塩味といった王道の味ばかり食べていましたので、激辛・トマト味・ミドリムシラーメンといった
変化球の味も無性に食べたくなってしまいます・・」みたいに言われていたのが大変印象的でもありました。
小泉さんはどちらかという醤油・塩味といった正統派の味を好まれる傾向もあるのかとは思うのですけど、
アニメでも原作でもシリーズ全体を通して、とにかく全国通津浦々の正統派・変則派・邪道派などありとあらゆるラーメンに
積極果敢に挑戦し、他所多様なラーメンを味わっているというその守備範囲の広さは称賛に値するものは
ありそうですね~!

塩味のラーメンというとベースはどちらかというと鶏と野菜がベースになっている事が多いと思います。

「ラーメン大好き 小泉さん」第1話においても、大沢悠は、馬油入りのとんこつラーメンを文字通り「馬の油」と勘違いしてしまい、
小泉さんから冷たい視線で
「それはうまあぶらではなくてまーゆと呼びます! 化粧品などに使用される馬の油とは違い、
 ラーメンの馬油はにんにくを焦がして香りを移した香味油のことです」と指摘され、
後日学食のポスターに「鶏油」と書かれていた際に、

悠 : へー次は鶏油か…はっ!

悠 : またこれ!鶏関係ないパターン!?

悠 : あっぶねー!

と独り言をつぶやいていた際に、背後にいた小泉さんから

「ちーゆ、それは鶏皮から作られた香味油」と冷たい視線を浴びせられていたのも大変印象的でした~!




7902b767-s_convert_20180523162633.jpg


dd5a3cf8_convert_20180523162720.jpg




塩ラーメン系・鶏ラーメン系というと「ラーメン大好き 小泉さん」の第11話の大阪編でも登場していました。

絢音 : さっきブラックがどうのこうの言うてたやん

小泉さん : 醤油系のめぼしい店は昨日までに行ってしまいましたし、今日は特に新店中心に巡ってます

小泉さん : 大阪は鶏白湯や塩などのホワイトもアツいんです

絢音 : なんや知らんけどいろんなラーメンがあるんやなあ

店員 : おまたせしました。鶏白湯と極濃鶏白湯です

絢音 : 白っ!なんで!?

絢音 : おー!これは綺麗なスープやなあ!

絢音 : 野菜と鶏の旨味が全身に染み渡るぅ…

なんとなく私の勝手なイメージでは、京都では「こってり背脂ラーメン」が主流のように大阪もこってりが主流なのかな・・?と
思っていたらどちらかというとあっさりでさっぱり系の塩ラーメンとか鶏ラーメンの方もよく食べられているというのは
少し意外でもありました。

どちらにしても小泉さんはお膝元の都内でも大阪遠征をされても「よく食べる事」は変りは無いのですね~(汗)




010_convert_20171119183050.jpg




さてさて・・またまた話はごちうさに戻るのですけど最後にシャロのとってもかわいいフィギュアレビューです!

このシャロのフィギュアですけど、造形も彩色も再現力もパーフェクトに近い完成度があると思います。

ラビットハウス制服版のココアフィギュアのようなメーカー正規品のフィギュアではないので、
細かい事を言ってしまうとキリが無いとは思うのですけど、この低価格でここまでシャロのかわいらしさを立派に
表現出来ていれば何の文句もつけようが無いと思います!

ココアの制服フィギュアってかなり華やかな印象もありますし、色彩的に可愛いという印象が強いのですけど、
シャロがアルバイトしているハーブティー喫茶店のフルール・ド・ラパンの制服はちょっと古風な感じの白黒の制服という事もあり
華やかさではココアに一歩譲るのかもしれないですけど、
シャロの制服はどちらかというと機能的というのか「一生懸命バイトしている女の子」みたいな雰囲気を醸し出しながらも
東方の咲夜さんみたいなメイドさんみたいな可愛らしさも同時に醸し出されていて、
「やっぱりシャロはかわいいよなぁ~!」と感じてしまいますね!

古典的なウェイトレスさんみたいな衣装もはすてきですし、片足でスキップしている様子もとてもかわいいですし、
片足立ちの様子はいかにもごちうさのOPの歌の歌詞ではないですけど「こころ、ぴょんぴょん」なのだと思います!

特に白のハイソックスがめちゃくちゃかわいいです~!




縺励c繧阪■繧・s_convert_20180523191145




シャロとは、千夜の両親が経営する和風喫茶「甘兎庵」の隣に住んでいる少女で、
ウェーブがかった金髪とチノみたいな幼い雰囲気というのが大きな特徴です。
シャロの設定の上で重要な事はシャロ自身は大変な超・貧乏設定という事なのだと思います。
シャロの家は相当古びていて小さく、千夜の家の隣にあるということもあり当初ココアには「千夜ちゃんちの物置」と
勘違いされるほどでした・・・(汗・・)

シャロは実は大変頭脳明晰で頭が良く学業成績優秀という事で、本来はシャロには入れそうもないお嬢様学校に
授業料免除の特待生として入学出来ていて、シャロの一学年上に、ココアとチノがいる喫茶店「ラビットハウス」で
アルバイトしているリゼがいます。
ちなみにシャロはリゼにあこがれの感情を通り越して百合みたいな恋の感情すら有しているようです・・・(笑)
(リゼは正真正銘のお嬢様なのですけど、リゼもかなりヘンな所は一杯ありますよね・・笑)
シャロ自体の見た目はお嬢様そのものであり、チノからも「非の打ちどころがないお嬢様」みたいに思われているのですけど、
実態と見た目のギャップをよく幼馴染の隣人の千夜からツッコミを入れられ、むきになって怒る辺りは、
この二人の昔からの仲のよさを提示していましたし、とても心温まるシーンも何度かあったものでした。

私、「ご注文はうさぎですか??」というと圧倒的にココア大好き~!という感じでもあるのですけど、千夜もいいけど、
千夜の幼馴染のシャロも実はとっても大好きなのでした!

今年に入って「ラーメン大好き 小泉さん」が私のハートを直撃していましましたけど、出来れば2015年に展開されたような
ラーメンとごちうさのすてきなコラボがまたまた実現できればとっても嬉しいですね~!
関連記事
ページトップ