久しぶりに「ヨーグルトメーカー」で自家製(?)ヨーグルトを作ってみました!

0 -
先日の記事でも記したとおり、健康診断の結果として
「血圧高め・尿酸値高めの要経過観察」という事で、健康診断としては初の「要経過観察(12ヶ月) 」という結果に
なってしまいました・・(泣)
「自分の健康は本当に大切だし、自分の健康を守れるのは自分自身だけ」と実感するようにもなり、
減塩食生活とかこってり食事の見直しというものも少しは考慮しないといけないのかも・・と多少は意識するようにもなり、
(「ラーメン大好き 小泉さん」の小泉さんは、毎回ラーメンをスープを最後まで飲み干し、しかも一日4~5杯程度ラーメンを
食べまくっているのに、低血圧みたいな感じなのはどうしてなんじゃ・・ともついつい余計なやっかみをしたくもなりますね・・)
掛りつけの医者からは、降圧剤は降圧剤として飲み始めて貰い、わかめ・野菜・食物繊維・発酵食品等も積極的に
摂取してほしいとのアドバイスも頂きましたので、食べ物としては発酵食品が体に実に効果的という事もあり、
我が家にはタイガーのヨーグルトメーカーがある事も思いだし、「久しぶりにヨーグルトを作ってみよう」と思い立ち
かなり久しぶりに作ってみる事にしました。

「作る」といってもあまりにも簡単なのですけどね・・・(汗・・)





CIMG7454_convert_20140814025845.jpg





1.まずはヨーグルトメーカーに、500mlまたは1Lの紙パックの牛乳を紙パックのまんまセットします。
 出来上がる時間は、500mlの場合も1Lの場合も大して変わりはありません。

2.そして紙パックの封を開け、ここに市販されているヨーグルト菌またはプレーンヨーグルト、または液体ヨーグルトを
  牛乳に投下します。
  大体小さじ1~2杯程度の分量で構いません。
  ちなみにこのタイガー社製のヨーグルトメーカーはシンプルなので「ギリシアヨーグルト」を作るみたいな高機能は
  付いていません・・・

3.雑菌が入らないように蓋をして、電源を入れ大体8~10時間程度そのまま放置しておけば完成です。

4.長時間経過すると固くて酸っぱい仕上がりになるので 、時間管理は要注意です。
  このヨーグルトメーカー自体、シンブルな構造のため、タイマーというものは付いていなくて
  「そろそろ出来たかな・・・」と思った頃に電源のスイッチを切って完成という感じてすので、
  一旦電源を入れてそのまま放置してしまったら気が付くまで延々と電熱でヨーグルトがあったまったまんま・・・
  という感じになってしまいます。

画像の写真ではタイマーみたいなものがついているようにも感じられるのですけど、これはタイマーではなくて、
朝何時に電源を入れたら、大体この時間には柔らかめの仕上がりでこの時間だったら食べごろの時間ですよ~みたいな
目安を表示したに過ぎませんので、電源の入れっぱなしと長時間放置は即失敗につながると思います!

これは4年前の記事でも書いたことがありますが、一度このヨーグルトメーカーでついうっかり48時間放置してしまったら、
牛乳に黒酢をまぶしたような感じの「激酸っぱいヨーグルト」になってしまいました(汗・・)

これは我ながらひどいポンコツぶりでした・・

だけど腐ってはいないし 何か捨てるのもったいないなと思っていたら
丁度良い「ちょい足し」食材がありました。
何かと言うと「バナナ」です。

バナナを細かく刻んで少しハチミツを加えてこの激酸っぱいヨーグルトに入れると、あらあら、不思議・・・・

何となく「バナナ入り杏仁豆腐」に近いものが出来ていました。




縺溘>縺後・_convert_20180522023531




私みたいなポンコツ失敗事例というのかタイマーがないゆえの長時間放置という問い合わせが多かったせいなのかは
不明ですけど、最近のタイガーのヨーグルトメーカーは、当時私が購入したものよりはるかに進化をしていまして、
ケフィアヨーグルトが作れる機能がついていたり、タイマーや温度計すらも付いていました~!

これならば電源の切り忘れによる長時間放置はないから、おいしいヨーグルトがいつでも気軽にミスなく作れそうですね~!

とにかく当面はヨーグルトや海藻に食物繊維にフルーツに食生活に気を付け、減塩等にも少しは配慮しないと
ダメですね~・・・
関連記事
ページトップ