FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本記事は、5/18記事の続編です!

前回の簡単な復習なのですけど、
埼玉県を舞台とした作品として、「らき☆すた」・「クレヨンしんちゃん」・「浦和の調ちゃん」といった作品もあるのですけど、
埼玉県には県として企画・制作していた埼玉県観光PRアニメ「観光大戦SAITAMA~サクヤの戦い~」という作品も
実はあったりします!
このPR用アニメでヒロインを務められている巫女さんの名前は「サクヤさん」と言います!

このサクヤさんは東方の咲夜さんみたいなメイドさんではなくて、氷川女体神社に祀られている巫女さんという設定です!
そして埼玉の危機を救うために長い眠りから目覚められたという設定にもなっています。

巫女さんというと東方の霊夢や早苗さんというイメージが強いですけど、このサクヤさんも含めて巫女さんと美少女の
相性はいっちば~ん!と言えるのかもしれないですね。

平和の地に謎の組織「スペース・インバウンダー」がある日突然来襲し世界中の観光資源を奪っていってしまう中で、
命運は今やSAITAMAと一人の少女、サクヤに託されることとなった・・というのがこのPRアニメの概要でもあります。

ちなみにこのPR用アニメは4話構成です。

そうした訳で、観光資源を奪いにやってきた宇宙からの来訪者スペース・インバウンダーと、
SAITAMAの観光戦士サクヤが観光資源で対決を重ね、
サクヤは鉄道博物館や大宮盆栽美術館、ゆる玉応援団(埼玉のご当地キャラ60体による応援団)など
埼玉の名物をアピールして戦っていくというのが主なストーリー構成でもあったりします。





縺輔s縺輔¥繧Юconvert_20180519150559




サクヤさんはすてきな美少女ですね~!

氷川女体神社に祀られている巫女さんという設定のため、衣装は巫女さん風なのですけど、
東方の霊夢・早苗さんのような肩出し・腋見せというのがとってもすてきだと思います!
そして東方の咲夜さんのような白エプロン風もよくお似合いだと思いますし、首に掛けている勾玉も「埼玉古墳群」という
埼玉県行田市にある9基の大型古墳からなる古墳群から出土している古代の装飾品を
すてきにイメージされていると思います。

埼玉って実は意外と全国でも屈指の古墳が多数発掘されているエリアでもありまして、この発掘に関しては
現在もまだまだ進行中と言う事でもあるのですけど、関東でこんなにもたくさんの古墳が発掘されているのは
珍しい事でもあるそうですし、もしかしたらこうした古墳の発掘と解明が進展すれば
「古代史としての新しい発見の可能性」も秘められているそうです!
うーーむ、埼玉は「何も無い無い」とよく言われてはいるのですけど(汗・・)、アニメの聖地以外でも「古代歴史ロマン」
と言う事でも今後のすてきな可能性を秘めているのかもしれないですね。

サクヤとインバウンダーはSAITAMAスタジアム2002で観光地を競う事になります。
手元の札を掲げると、その場所が召喚→出現するカード対決であり、
その魅力が「うなポイント」となり観客が採点した高い方が勝者となります。
このカードは何となくですけど東方Projectの霊夢がよく用いている「スペルカード対決」を彷彿とさせてくれそうですね。
インバウンダーは支配下に置いた世界の超メジャー観光地を繰り出し、そこに出没したのは
る〜ぷる美術館やピラピッ、シャンゼリ〜ゼという世界でもメジャー級の大物観光施設ばかりです。
それに対してサクヤは「ミヌマに眠る竜神と、大いなる多岐姫の加護のもとに!」という掛け声と共に
大宮鉄道博物館や盆栽美術館、サキタマ古墳群&吉見の百穴、KAWAGOE蔵造の街並みなどを召喚させます!

インバウンダーが召喚したピラピッ(→ピラミッドの事です・・)に対しては、埼玉の古墳群でもって対抗し、
シャンゼリ〜ゼ(→シャンゼリゼ通りの事です・・)に対しては、川越の「蔵の街としての街並み」でもって対抗し、
シャンゼリーゼのカフェに対しては、川越の芋菓子や行田のゼリーフライ等で対抗していたのも
「数少ない埼玉名物をフルに駆使しているね~!」という印象でしたけど、サクヤとしてはここまでは大善戦をしていたという
事になると思います。

そして業を煮やしたインバウンダーは、敵の親玉自体がニューヨークの自由の女神を召喚させただけでなく、
これを巨大化させたものを自らに取り入れ埼玉の地で再度大暴れし、
サクヤも長い眠りから目覚めたばかりと言う事で体力を使い果たし、
「こんなバカデカイものが暴れてしまったらもうダメだ・・これで終わりじゃん・・」という流れの中で
上空から降臨してきたものとは・・、そう! それが埼玉のゆるキャラとしては「いっちば~ん!」と思われるコバトンなのでした~!





繧・k_convert_20180519151052




このコバトン降臨の前に「ゆる玉応援団」も参戦していましたね・・(笑)

ゆる玉応援団(ゆるたまおうえんだん)は、埼玉県内の自治体および県内に本社がある団体・企業などが制定した
マスコットキャラクターやイメージキャラクターで構成されたゆるキャラのユニットなのですけど、
2017年末時点で120以上のゆるキャラが在籍しています。
このゆる玉応援団の団長は言うまでもなくコバトンであり、その他には坂戸のさかっち・吉見町のよしみん・熊谷のニャオざね・
深谷のふっかちゃんなどがいたりもします。

そしてコバトン降臨の際に、なぜかコバトンも自由の女神並に巨大化していて(笑・・)
インバウンダーの基地を吹っ飛ばし、インバウンダーの親玉を木端微塵にしちゃいます!

そしてサクヤさんの祈りもあり、インバウンダーを撃退しSAITAMAの平和を取り戻したサクヤですけど、
無事に埼玉を守ったという事で氷川女体神社に帰還されています。
サクヤさんは無事に大役を果たした後も、例えば2015年以降の「埼玉県アニメ応援キャラクター」に就任されていて、
今現在でもサクヤさんはお見かけしますし、
「埼玉行こ!」や「埼玉いいね!」の公式ポスターでのキャラとしても使用されてもいましたし、
東方の霊夢のように「異変解決」をされた後でも、こうやってアニメ関係イベントで埼玉の地を見守って頂けている
サクヤさんには、「今後もアニメ大国 埼玉!が実現できるように見守って下さいね~!」とお声をおかけしたい気持ちで
一杯だったりもしますね~(笑)




繧ウ繝代ヨ繝ウ_convert_20121110222314




「コバトン」は、くまもんやひこにゃん、ばりーさんみたいに全国的知名度がある
ゆるキャラではありませんが、埼玉県内では、そこそこに愛されているゆるキャラだと思いますし、
とてもかわいいゆるキャラだと思いますし、少なくとも埼玉県内での知名度は相当高いとも思われます。
ふなっしーとかくまモンみたいな明確な個性というものはあまりないのかもしれないですけど、
あの独特の無個性みたいな感じがいかにも埼玉らしい感じもあり、実は私もコバトンは結構大好きであったりもします!

埼玉県のご当地キャラは?と聞かれて「コバトン」を挙げることができる人はそう多くはないのかもしれないですね・・(汗・・!)
というか、埼玉県民の皆様の中には実はいまだに「コバトンってなーに?」と言う感覚の方も
かなり多いんじゃないのかな・・?とも感じたりもしますね。
コバトンのゆるキャラグランプリの最高順位は23位と、埼玉の存在感にどこか似て、微妙に地味なコバトンという
感じもあったりもします・・(汗・・!)
都道府県の魅力度ランキングで下位に低迷し、「特徴がないのが特徴」とまで言われて久しい埼玉県ですし、
東京に通勤・通学する人が多く、郷土愛が大変薄く
県民愛・郷土愛のうすさでは実は47都道府県のうち断トツの1位ではないのか・・?とすら言われていますし、
埼玉県民の本質は実は「埼玉都民」ではないのか・・言う方も中にはいらっしゃるようですけど、
とにかくコバトンという存在はそうした個性という点では今一つインパクトが弱い埼玉県を象徴しているようにも
感じられるのですけど、ま、逆に言うと「個性が無い」というのは「嫌われる要素が少なく誰からも愛されやすい」という事にも
繋がると思いますので、コバトンのこれからの活躍に期待したいと思いますし、
こうしたイベント等においても「コバトン、頑張れ!」とエールを送らさせて頂きたいと思います。
昨年の夏は埼玉は花咲徳栄が見事に夏の甲子園で優勝しましたし、
別カテゴリですけど、アニメ「浦和の調ちゃん」も続編としての「むさしの!」が鋭意制作中という事でもありますので、
そんな冴えない埼玉ではありますけど、コバトンのようなゆるキャラにも頑張って欲しいと思います!

コバトンは、埼玉県の県の鳥であるシラコバトをモチーフにした埼玉県の公式マスコットです!

元々は2004年に埼玉県で行われた「彩の国まごころ国体」「第4回全国障害者スポーツ大会」の大会マスコットであり、
大会終了と同時に使命を終える予定であったのですけど、
大会でのコバトングッズの売り上げが一億円を突破したことから、2005年に正式に埼玉県のマスコットキャラとなったという
経緯があったりもします。
現在でも、県広報誌、イベント、県関連企業の催しなどで印刷物、グッズ、着ぐるみなどで登場し、
県の公式サイトでもトップページで紹介されているます。
民間企業や市民にデザインの使用が開放されており、着ぐるみの貸し出しも頻繁に行われているため、
コンビニやスーパーや店舗の開店等でのイベントでもその人気はいまだに健在という感じでもありますね!

コバトンが初めて世に登場した2004年は、埼玉県のスポーツチームが好成績を収めており
例えば、西武ライオンズが日本一、浦和レッズがJ1セカンドステージを初制覇、大宮アルディージャがJ1昇格、
日本女子サッカーリーグのさいたまレイナスが逆転優勝という事もあり
一部においては、コバトンは「勝利の鳥」とか「コバトン不敗伝説」と囁かれた時期もあったようです・・

2004年、彩の国まごころ国体実施に当たって当時西武に在籍していた松坂大輔が広報インタビューに応じた際、
コバトンのぬいぐるみが2体寄贈され、そのうちの1体は西武のポストシーズンに帯同して全試合ベンチ入りし、
同年の西武のパ・リーグプレーオフ優勝と、日本シリーズ優勝の胴上げにも参加し、
この時の写真には、監督の伊東勤の胴上げのどさくさに紛れて
コバトンのぬいぐるみを高々と掲げる西武の選手の一人星野智樹の姿が映っており、
全国へコバトンの存在を知らしめることとなったとも言われているそうです(笑)
また、2008年に西武がパ・リーグレギュラーシーズン・クライマックスシリーズ・日本シリーズ・
さらにアジアシリーズを制覇し、監督の渡辺久信が胴上げされた際にも、コバトンのぬいぐるみが
再び星野選手に伴われて登場したというエピソードもあるそうです。

このコバトンなのですけど、埼玉観光PRアニメ「観光大戦SAITAMA~サクヤの戦い~」第四話でも紹介されていた通り、
2009年3月、埼玉県出身の宇宙飛行士・若田光一と共にスペースシャトル・ディスカバリーに搭乗し、
国際宇宙ステーション滞在を行っていますし、
2009年10月には、国際天文学連合 が太陽系を回る小惑星12031番に"Kobaton"(コバトン)と命名することを
正式に認定するなど、
その活躍は埼玉や日本だけではなくて、なんと・・! 宇宙にまで及んでいたのでした!





egaono-sakuyasan-01_convert_20180324153635_convert_20180403004346.png





さてさて、ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです!

本記事は、埼玉観光PRアニメ「観光大戦SAITAMA~サクヤの戦い~」のすてきな巫女さんのサクヤさんの記事なのですが、
サクヤさんというとやはり「いっちば~ん!」なのは、もちろん埼玉のサクヤの戦いの美少女巫女さんのサクヤさんも
すてきなのですけど、東方の咲夜さんが大本命なのかもしれないですね~!

咲夜さんはメイドさんと言う事で普段は巫女衣装ではなくてメイド服を着用されていますけど、
サクヤさんの白エプロン風の衣装は東方の咲夜さんみたいなメイド服をどことなく彷彿とさせるものがあるのかも
しれないですね。

上記の「笑顔の咲夜さん」は、今年・・2018年3月24日のアミグリさんのお誕生日当日にアミグリさんが
「記念イラスト カッコカリ」とされた笑顔がよくお似合いの咲夜さんです!

見ているだけで癒し効果を感じるやさしい笑顔の咲夜さんだと思います!
この咲夜さんも「アミグリさん、お誕生日おめでとう! そして3月17日のブログ開設10周年もよく頑張ったよね・・」と優しく
語りかけているような雰囲気が漂っているようにも感じられとてもすてきです!
どことなくお顔が紅潮し照れているようにも感じられるのは、アミグリそんに対してお祝い用のプレゼントを背後に隠し持っていて
「どのタイミングで渡そうかな・・?」とタイミングを量っているせいなのかもしれないですね・・(笑)

アミグリさんがアミグリさんに対して「10年間よく頑張ったね~! そして本日のお誕生日、じぶんおめでとう!」といった
捧げ絵といっても決して過言ではないほどのすてきな仕上がりだと思います。

背景のピンクトーンも桜の季節に相応しいと思います!

とにかく見ている人達みんなから「おめでとう!」という言葉を頂いてるかのような咲夜さんがとてもすてきですし、
この優しい笑顔は「癒し」とかやすらぎという言葉がとてもよく似合うのだと思います。
私もこんな笑顔がすてきな咲夜さんを見ているだけで心がなごみそうになりますね~!

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんの咲夜さんのイラストは、その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますし、
当ブログでのアミグリさんの作品の転載は全て事前にアミグリさんからのご了解を頂いた事に基づいておりますので
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品や上記のオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!

是非宜しくお願いいたします!!

→  dream fantasy

関連記事
スポンサーサイト

コメント

埼玉県

テレビで 埼玉県は特徴がないと言われていた気がしました。でも全国でも古墳の数が多いというのは 大昔から「住みやすかった」土地なんでしょうね。
さくやさんの衣装・首飾りがイメージと合っていますね。
ぜひ行ってみたいところは、川越蔵造りの街並みです。これからも埼玉県を紹介して下さい。

コバトン最高~!ってぐらいコバトンが好きな私です。航空公園なんか行っても、注意書きの看板はコバトンになっていますよね。個人的にはくまもんよりも、コバトンのほうが身近で好きです。私埼玉県住まいではないんですが、東京のキャラ知らないです^^;コバトンのほうが故郷を感じさせてくれます^^;コバトングッズの売り上げが一億円を突破!ってのは知りませんでした。もっともっと知名度を上げてもらいたいキャラクターでありますよ~^^

川越

tugumi365 様


埼玉の魅力に触れて頂きありがとうございます!

地元民としても「埼玉って東京のベッドタウン以外影が薄いのかも・・」と思いがちですけど、
埼玉には埼玉としての魅力もあるかとは思いますので、その点を少しでもPR出来ていければ嬉しいです。

川越はご指摘の通り「蔵造の街」としても大変名高く、あの雰囲気は江戸情緒とか小江戸に相応しいものが
あると思います。
そしてあの周辺にはおいしい和スイーツの店がたくさんあるのも大変印象的です。

コパトン

八咫烏(全力稼働中) 様


コパトンは所沢の航空公園に限らず、埼玉の公共施設では本当によく見かけますし、
埼玉県としても力をそれなりに入れているのは伝わってきていますね~
ただそれでも知名度が今一つなのは、埼玉県民の県民愛のうすさのなせる業なのかもしれないですね~(汗)

コパトンは小惑星に命名されている名称の一つでもありますので、この点ももう少しPRしていく
必要があるのかもしれないですね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |