プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨日の記事において、2015年に展開されていた宅麺.com×ご注文はうさぎですか?×人気ラーメン店のコラボキャンペーン
について触れさせて頂きましたけど、その記事においてはどちらかというと「ラーメン大好き 小泉さん」の方に
少しばかり重点を置いてしまったのかな・・?とか、
ごちうさのココア役の声優さんが「ラーメン大好き 小泉さん」の大沢悠役においてココアラーメンを食べていて、
声優さん繋がりとして「ココアがココアラーメン食べている~」みたいな他愛も無い事ばかり書いてしまったので、
本記事はその補足というのか、ごちうさの中ではココアの同級生でココアと同じく壮大なボケ役を担っている千夜ちゃんと
コラボしているラーメンについて簡単にフォローをさせて頂きたいと思います。

そして後日ですけど、シャロのラーメンについては改めて「ラーメン大好き 小泉さん」と合わせる形で記事に
させて頂きたいと思っています。

先日の記事でも書いた通り、ごちうさのアニメ放映がされていた2015年の秋頃において、宅麺.comがプロデュースを行い、
日本全国の人気ラーメン店において、「ご注文はうさぎですか??」をイメージして制作されたオリジナルラーメンを期間限定で
商品化され実在商品として販売されていた事もありました。
北海道に店舗を構える「綱取物語」、東京に店舗を構える「鶏王けいすけ」「自家製麺 ほうきぼし」「らあめん元」
「横浜家系ラーメン 作田家」「麺場voyage」、静岡に店舗を構える「蔵前家」、
大阪に店舗を構える「辛口ガチ味噌肉ソバ ひるドラ」、九州に店舗を構える「拉麺 久留米 本田商店」といった有名店が
名を連ねていました!




縺斐■縺・&_convert_20180518155139




各有名店のごちうさキャラのイメージと実際のラーメンの商品化という大変難しい課題を見事にクリアしていたのは
お見事としか言いようがない各店舗の個性の発揮が十分すぎるほど伝わっていたと思います。
当時、各店舗にてごちうさキャラの特性とそれをイメージさせるラーメンを商品化し、実際のお店のメニューとして
提供もされていました。
各店舗とも一杯1000円ぐらいだったと思いますが、ごちうさファンにとっては、そうした各キャラを
モチーフにしたラーメンの商品化自体大変感涙ものだと思いますし、当時の先着順の各店オリジナルポストカードが
とってもかわいくて、このオリジナルポストカードだけでもしかしたら1000円の価値はあったのかもしれないです!

そしてあのコラボキャンペーンの中では、通販でしか購入できないココアの3880円セットがとにかく素晴らしかったです!
オリジナルランチョンマット1枚(7人全員集合) ・描き下ろしオリジナルポストカード1枚(ココアのみ)・
「鶏王けいすけ ココアつけ麺 トマ鶏白湯」×2食 という圧巻の内容でしたけど、
「オリジナル帆布製ランチョンマット」は当時のコラボキャンペーンために描き下ろしたデザインを使用した完全特注品でしたし、
あのランチョンマットだけで2000円程度はしていたそうですので、
現在では当然入手困難なあのコラボ商品は、当時ゲットすべきだったのかもしれないです・・(泣)




縺。繧Юconvert_20180519150638




このコラボキャンペーンにおいては、ココア以外でも、チノ・リゼ・シャロ・千夜・チマメ隊の二人の特性をそれぞれ見事に
反映させてたすてきなラーメンも商品化されていましたけど、あの中では千夜のラーメンが
「いかにも千夜らしいねぇ~・・!」と感じさせるものでしたし、あのコラボ企画の中でも特に「個性」という意味では
大変際立っていたと思います。

今回その千夜のイメージを商品化したラーメンを二つほど簡単に振り返りをさせて頂きたいと思います。

まず一つ目はラーメンなのになぜかお団子が添えられているものです!
千夜は和風喫茶「甘兎庵」の看板娘なのですけど、その甘兎庵で出されるメニューはあんこやお団子が添えられている事も
大変多くて、そうした意味では「たとえラーメンと言えども千夜のイメージとしては、あんこまたはお団子は絶対に
外せない」といった意図が伝わってきそうですね。

この千夜をイメージしたラーメンの商品概要は下記の通りです。

キャラクター : 千夜
商品名 : 笑顔の花 優しさの太陽
当時の価格 : 1,180円(税込) ※1日限定20食程度
商品特徴
和風喫茶「甘兎庵」で働く千夜をイメージし、黄金色の鶏清湯スープに翡翠麺、トッピングのお団子で千夜らしさを
表現しています。
そのお団子は、エビ・ゴマ・ヨモギが練りこまれた3種の団子が鶏スープによく合う味付けになっています。
梅型の最中に刻みチャーシューと和のテイストに仕上げられているのも「小豆に愛された少女」らしい千夜らしさを
存分に引き出していると思います。





蜊・、懊・縺、縺代◎縺ー_convert_20180519150948




二つ目は和風つけそばです。大根おろし・抹茶風味・白玉団子はやはり和風喫茶のすてきな看板娘の千夜に
ふさわしいメニューだと思います。

この商品の商品概要は下記の通りです。

キャラクター : 千夜
商品名 : 千夜のつけそば
当時の価格 : 900円(税込) ※数量限定なし 商品無くなり次第終了
商品特徴
白しょうゆのかえしに豚骨清湯を合わせ大根おろしを加え、抹茶風味を加えたさっぱり和風つけそばです。
千夜の名前の由来でもある「宇治抹茶」を使ったつけそばを和風喫茶を表すように和風仕上げ、
トッピングにも白玉だんごを加えるなど存分に千夜らしさを表現出来ていると思います。

二つともほとんど「創作ラーメン」と言えるのだと思いますし、なおかつこうしてアニメキャラの元々のイメージを損なわないように
商品化し、なおかつラーメンとして美味しく食べて貰わないと意味が無いと言う事で、各店舗の皆様の
メニュー開発担当者の皆様の当時のご苦労は大変なものがあったと思いますし、ごちうさの中でも特に個性が際立っている
ココアと千夜の商品開発は特に大変だったと思いますが、
結果として見事な創作ラーメンがごちうさキャラを通して立派に商品化された事は素晴らしいと思います。





縺。繧・s蜊・、彑convert_20180519150713


04e7313a_convert_20180112131928.jpg




宇治松千夜(うじまつ ちや)はその名前が言うまでもなく「宇治抹茶」に由来しているのですけど、
千夜は、甘味処甘兎庵(あまうさあん)の看板娘で、ココアと同じ高校一年のクラスメイトという設定でもあります。
というか、ココアと千夜の波長があまりにも合いすぎて、この二人はごちうさのボケ役&他のメンバーを振り回す立ち位置
でもあるのですけど、同じクラスにこんなある意味最強のボケコンビがいる事自体凄いものがありそうです・・(笑)

千夜は和菓子作りが趣味で、作ったお菓子に奇抜な名前を付けるのが好きという設定でもあります。
リゼにそのネーミングのことで突っ込まれても、さらにグレードアップした奇抜な名前をつけているのが千夜らしい話です。
ネーミングがあまりに奇抜すぎるため、甘兎庵のお品書きはチノやリゼには解読できなかったのですけど、
さすが千夜と波長がほぽ同じのココアにだけは完全に通じていて、ココアは平然と読み解いていたのが大変印象的です。
ちなみにですけど、甘兎庵では初見のお客様用に指南書というのか、メニューの解説書みたいなものを
配付しているとの事です。
そうそう、千夜の甘味処「甘兎庵」の看板うさぎとして「あんこ」という黒うさぎが飼われているのですけど、
このあんこはなぜか知りませんけどよくカラスにさらわれて、カラスにさらわれる度に毎回毎回判で押したように
ココアとかシャロの食べ物の上に落下するというお約束になっていたのは楽しいものがありました! (笑)

それにしても原作の四コマ漫画でもアニメ本編でも千夜のボケ役というか天然さんぶりは、
ココア以上のすさまじいものがありましたね・・! (笑)
アニメ本編でのココアと千夜のとてつもないダブルボケはある意味想像を絶するかのようなシーンも多々あり、
それもごちうさの一つの大きな魅力になっていたような感じもありましたね~(笑)
ココアと千夜が初めて出会ったのは第一期第2話なのですけど、この中において
千夜が初対面のココアを高校へ案内するつもりが間違えて中学校へ連れて行ってしまった際の千夜の内心の声は
「卒業したの忘れて間違えちゃった・・」というのもボケ役に相応しい千夜らしい話だと思いますし、
ここに千夜のボケと天然さんが既に示唆されていたと思いますね~(笑)
千夜本人はとっても優しい子で気配りもちゃんと出来る子ですけど、悪意はないのだけどあの天然さんが原因となり、
周囲を時にドン引きさせたりするエピソードに溢れていたのも千夜のすてきな持ち味だったと思いますね。
例えばですけど、ココアに冷たい態度をとられたことを気にしていたココアの姉のモカに対して、
冷え冷えのアイスココアを出しますますモカを落ち込ませてしまった事は、全く悪気はないけど、
いかにも千夜らしいエピソードだったと言えるのかもしれないですね~(笑)

アニメ本編と原作では凄まじいボケ役の千夜でしたけど、ラーメンの世界では、個性化という意味で本当に際立っていた
素晴らしいものが完成していたと思います!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

先日の記事でも思いましたが、やはりこれを開発している人たちすごいですね~。ぬくぬく先生様がおっしゃられている通り、原作の雰囲気を壊してはいけないわけですものね。せっかくコラボ企画を考えても、それが失敗しては原作のファンまで傷つけることになるので、その辺りすごく気を使いそうです。それを考えると、よくブログで提示してくださるフィギュアも同じですよね。ファン以上に愛情を注がないとできないことなのかもしれませんね。

コラボ企画

八咫烏(全力稼働中) 様


コラボ企画は大変魅力的でもあるのですけど、ご指摘の通り難しい面も多々あり、
予算の問題や限られた予算でのクオリティーの維持や、ファンの想いをファンの皆様を落胆させる事なく
企画として実現していく事の難しさとか色々とあるとは思うのですけど、
その中でもこのごちうさとラーメンのコラボは大変よく考え抜かれていて、見事だと思います。

今回取り上げたように和風少女のキャラのイメージとして、ラーメンにお団子を加えるというのも
斬新かつ原作の魅力をキープした素晴らしいものがあると思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |