プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


支那そばも中華そばも普通の醤油ラーメンもそんなには大きな違いはないのだと思いますけど、
醤油味のスープにメンマとチャーシューが乗った程度の「普通のラーメン」というものは王道の味なのだと思います!
小泉さんが「ふはー」となってしまうのも当然の味なのだと言えるのかもしれないですね~!

ラーメンってもちろん、とんこつラーメン・塩ラーメン、味噌ラーメン・激辛ラーメン・タンメン・冷やし中華等
たくさんのすてきな種類があるのですけど、艦これの白露お姉ちゃんではないのですけど、「いっちば~ん!」と感じさせる味は
私の中では醤油ラーメンではないのかな・・?と思ったりもしています。
醤油味のラーメンというのは、何度食べても飽きないと感じますし、食べる度に「次回もこの味を食べてみたいね~」と
感じてしまいますし、久しぶりに食べるとそのなつかしい美味しさに、「ラーメン大好き 小泉さん」の最終回ではないですけど、
感嘆の涙を流すのかもしれないですね~!

「ラーメン大好き 小泉さん」の中では、たくさんのラーメンが登場し、その都度小泉さんが「ふはー」とされていましたけど、
その中でも特に強いようにも感じます「ふはー」はとんこつ・塩味、そして醤油味だったのかなとも
今更ながらに思いますね。
そして「醤油ラーメンがどこか懐かしい味でまた食べてみたい!」と感じさせるのは、別に小泉さんに限らず私自身もそうですし、
関東でも関西でも共通する事なのかもしれないですね。

本記事においては、インスタントカップ麺なのですけど、麺やスープのの出来栄えがとてもじゃないけどインスタント麺とは
思えないと既に世間一般でも認識されているマルちゃん生麺・芳醇こく醤油について簡単にレビューさせて頂き、
後半に「ラーメン大好き 小泉さん」第11話の後半パートで展開された大阪の醤油ラーメンについて
振り返りをさせて頂きたいと思います。

塩ラーメン・とんこつラーメン等もすてきですけど、やはり飽きがこないいっちば~ん!の味はマイルドな醤油ラーメン
なのかもしれないですね~!










マルちゃん正麺と言えば、即席麺業界の革命を起こしたと言っても過言ではない程の大ヒット商品だと思います。

この商品は発売当時は袋麺としての発売で、当時CMで役所広司さんが美味しそうに宣伝されていたのが大変印象的で、
私も物は試しと思って食べてみたのですけど、あの衝撃は凄まじかったですね~!
インスタント麺なのにまるで生麺みたいな食感の麺が出来るんだ~!と当時はびっくりしたものですし、
「こんな美味しいインスタント麺は食べた事が無い!」と心から実感したものでした。

そして数年後に袋麺としてだけではなくてカップ麺としてもこのマルちゃん正麺が発売されましたけど、
より手軽に食べられるようになっただけでなく、後述しますけど入っているチャーシューの美味しさもありましたし、
スープと麺の素晴らしい絡みが申し分なかったせいもありますけど、
とにかくめちゃくちゃ美味しい!としか評価のしようが無い美味しいカップ麺が降臨したものだ~!と当時感じていたものでした。

カップ麺の領域をとっくに超越した商品だと思いますし、生麺ではないけど生麺のような感じをきちんとカップ麺の乾燥麺で
再現できているのは驚愕です!

「マルちゃん正麺」は「いま抜群においしく、そして10年後20年後も古びることなく愛され続ける即席麺」をコンセプトとし
乾燥麺でありながら生の麺本来の自然な食感と味わいをお楽しみいただける即席麺というのが
公式HPで宣伝されているのですけど、
このマルちゃん生麺 芳醇こく醤油はしっかりとした醤油感を残しつつ、最後まで飲み干せるように後味すっきりした味が
見事に発揮されていると思います。





002_convert_20180517163355.jpg





中身は液体スープ・ねぎ、メンマ、チャーシューの入ったかやく、焼のりです。
チャーシューもペラペラのものではなく価格相応のしっかりとした大きさの豚バラ肉が入っています。

チャーシューの存在感と味は格別です。

カップ麺に多い丸いチャーシュースライスや肉ミンチ系のものとは違い、すてきな見た目からして豚バラ肉のチャーシューです!
このチャーシューは食べ応えもあって満足度は極めて高いです。





005_convert_20180517163454.jpg





マルちゃん生麺 芳醇こく醤油は繰り返しになりますが、とてもじゃないけどインスタント麺とは到底思えないです!

既存のカップ麺とはまったく異なり、お店で食べる醤油の風味も素晴らしいですし、何よりもあの麺は圧巻ですね~!
日清の「麺職人」と比べると麺自体は太く縮れているのですけど、麺と醤油味のスープの絡みとバランス感は
最高だと思います。

ここまでインスタント麺らしくないカップ麺は存在しないような気すらします。

この美味しさでスーパー等では180円前後で購入できるというのは奇跡に近いとすら感じますし、ここにも
「素晴らしき日本のモノづくり」の技術がキラリと輝いていると思えます。
こうしたすてきなカップ麺を食べてしまうと、街のヘタな一杯600円程度のラーメン食べるのがバカらしくもなってしまいますね~!





99effab0-s_convert_20180517163537.jpg




「ラーメン大好き小泉さん」第11話の後半パートの大阪遠征編は一度書いてはいるのですけど、
あの時は塩味・鶏系あっさりラーメンの方の振り返りをいたしましたので、今回はその続きの大阪の醤油ラーメンについて
振り返りをさせて頂きたいと思います。


絢音 : あーお腹いっぱい。まさか昼だけで四杯いくとは

小泉さん : 大丈夫ですか?

絢音 : イエス!ウチの家族ばーちゃん譲りで胃袋大きいねん。つーか小泉ちゃん、更にたこ焼きて…

小泉さん : せっかくの大阪ですし

絢音 : ウチな…仕事、辞めてん

絢音 : 今後は親戚のツテで東京で働く。つーわけで、今日は大阪最後の日なんや
  好きなことを仕事にしとったけど…いろいろしんどくなってなあ
大学ん時よう行った店は鶴見にあったんやけど、あの味は忘れられんわ

絢音 : 白湯や塩もええけど、ウチはやっぱ醤油やな。なるとが乗ってるシンプルな奴


というか・・このシーンを見た時はちょっとびっくりしましたねぇ~!! (笑)
「わー、あの小泉さんがたこ焼き食べている~! ラーメン以外のものを食べている小泉さんなんて珍しい!!」と
驚いたものでした!
この日のこの時間帯で小泉さんたちは既にラーメンを4杯完食しているのですけど、小泉さんはたこ焼き程度なら
余裕で食べられちゃうのですね~!
美沙や潤たちは小泉さんの実は大食漢である事は既に見破っていたのですけど、小泉さん自身に
「自分は実は大食いである」という自覚が皆無であるのも凄い話ですね・・(笑)

絢音ねーさんもよく食べますねぇ・・(笑)

絢音は実は大沢悠の年上の従妹なのですけど、大沢悠も東京で小泉さんと共にラーメン食べまくっていて
一日だけでラーメン4~5杯程度食べているのも珍しくないのですが、こうやって見てみると、小泉さんだけでなくて、
大沢家には実は小泉さん同様の「大食いの血筋」が元々流れているのかもしれないですね~(笑)

絢音ねーさんはこの時点で既にラーメン4杯食べまくっていましたけど、この時は実はちょっとしんみりされていて、
「実は既に会社を辞めていて、心機一転東京に出て東京で仕事を見つけて頑張ろう! 今日は大阪最後の日・・」と言う事で
少しメランコリーな感じになっていて
「大阪最後の日には昔食べた大阪のあの醤油味のラーメンがなつかしくなる・・」と呟いていました。

そして・・その言葉に小泉さんはまたまたすてきな反応を見せてしまうのでした・・





5287d175-s_convert_20180517163558.jpg



6183ad67-s_convert_20180517163619.jpg




小泉さんは基本的には無愛想で無口で他人と積極的にコミュニケーションを取る事は少ないのですけど、
この第11話の前半パートにて大沢悠の「昔食べたあのラーメンの味が忘れられない・・もう一度食べてみたい・・」という
ラーメンに関する困りごとには積極的に手助けしていたように、
小泉さんは、ラーメンに関しては「困っている人を素通りする事はできない・・」という感じなのかもしれないですね。

絢音のそうした「学生時代に食べたあのシンプルな醤油ラーメンをもう一度食べてみたい・・」という願いに対しても
小泉さんはすてきな反応を見せてくれていました!


絢音  : あーでも店の名前忘れた。なんやったかなー

小泉さん : では次はその店に行きましょう。私も食べたくなりました

絢音 : えっ!? ホンマに連れてってくれんの?おーきに!
え?なんや、ここ鶴見やないやん

小泉さん : 入ります

絢音 : ああっ…小泉ちゃん、待って!


最初にこのシーンを見た時は「鶴見って神奈川県の・・?」と思っていましたけど、鶴見は大阪の地名でもあったのですね!
というか・・、小泉さんは、都内のラーメン事情だけでなくて、大阪のラーメン事情にもこんなにも
精通していたのですね!
鶴見という地名を聞いただけで、そのラーメンを提供する店名とかその本店が最近移転したという事がパッと出てくる事自体、
小泉さんの「すてきなラーメン愛」以外の何物でもないですね!





8ecf2595-s_convert_20180517163515.jpg



dc151991-s_convert_20180517163641.jpg





絢音 : んっ!? これや!このスッキリシンプルなザ・中華そば!

小泉さん : 数年前、本店がここに移転したんです。現在鶴見には支店があります

絢音 : そうやったんかあ…なるほどなあ

絢音 : 場所が変わっても、美味しさは変わらへんな。むしろ…前食べた時より、美味しく感じる


都内だけではなくて全国通津浦々のラーメン店に精通する小泉さんのラーメン博識ぶりは本当に素晴らしいものが
ありますね~!
ここにも小泉さんのすてきなラーメン愛が光っていましたし、同時に小泉さんは決してヘンだけの人ではない事も
見事に立証していたと思います!

このエピソードは「ラーメン探偵小泉さん」と言えるのかもしれないですね・・(笑)

それにしてもラーメン店のすてきなレディー二人の後ろ姿は哀愁も漂うけど、美しさも光りますね~!

そしてお二人の腰のラインもとてもすてきですね~! (汗)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

絢音さん

こんにちは。
絢音さんの中の人は生粋の大阪人ですからねぇ。
ネイティブな大阪弁はバッチリ。
ちなみにガルパンの桃ちゃんと同じ方です。

昼飯とはいえ、4杯はムリっす^^;くわえて、たこ焼きまで…。醤油ラーメン王道ですね。色々なラーメンあると思うのですが、やはり基本は良いなって思いますよ。飾り立てたものでは決してないのですが、食べた瞬間懐かしさも感じますね。

なるほど~

五航戦の愛鷹  様


絢音さんの声優さんは植田佳奈さんだったのですね~!

ああいうコテコテの関西弁キャラは関西出身の声優さんの方がドはまりですよね~!

河嶋桃の砲手としてのあの外し振りは壮絶なものがありましたね~(笑)

実は6杯!

八咫烏(全力稼働中) 様


実はなのですけど、あのシーンには続きがありまして最終的にあの場面で小泉さんたちは計6杯のラーメンを完食し、
小泉さんは更にたこ焼きを食べていますので、
小泉さんの胃袋は無限大といえるのかもしれないですね~(笑)

そして醤油ラーメンは塩味と並んで王道の味なのだと思いますね~!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |