FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


夏場の一つの涼み方というか楽しみ方でもあるのですけど、お化け屋敷に入ったり、テレビ等で怪談を見たりして
あまりの怖さに背筋が凍り付きそうと言う事で結果的に涼むことが多少は出来るのかもしれないですね。
20世紀の頃のそうした夏場の怪談関連番組というと、「心霊写真」と言うものは結構定番だったと思いますし、
番組内で「何か」が写っているような写真が画面にアップして映っていると、「なにこれ・・!? シャレにならないほど怖いかも・・」と
感じさせる面は多々あったと思います。
そうした写真に映り込んだものは人の顔らしきものだったり、魂が具現化した白い煙のようなものだったりとさまざまだったと
思います。
中には「これってどう見ても合成じゃん・・」とか「これは明らかにインチキじゃん・・」と感じさせるものも多々あったと思いますが、
その中には幾つか「これはどう見てもこの世の人間ではないよね・・」と直感させるものもあったと思いますし、
何かを伝えたいような表情に見えたり、どことなく恨みや怨念みたいな表情に見えるものもあったと思いますし、
そうした心霊写真を見ると、不気味というよりは純粋に「怖い・・」という感情の方が強かったように思います。
しかし、こうした心霊写真というものは以前よりガセネタ・インチキ写真が多かったのも事実だと思いますし、
何よりもこの世のものとは思えない異形なものが映り込んでいる写真をよく分析してみると、
露光が間違っていたり、ゴミが映り込んだりしたものであり、カメラのバグともいえるものがかなり多かったという話は
よく耳にします。
アナログのカメラはフィルムに映り込む過程でこうしたものが発生する機会が多くあったと言えるのかもしれないですね。

しかしそうした心霊写真ネタは21世紀に入ってデジタルカメラが普及してくると、「デジタルカメラで写したものにそうした
心霊写真が撮れる事は随分と少なくなってきた・・」という話もかなり耳にするようになりました。
デジタルカメラはコンピューター制御が進んだために、写真を写した時のバグを自動的に補正してくれる機能が元々
備わっている事も大きいのかもしれないですね。

だけどそうしたデジタルカメラでも時折「これってどうみても何か異形なものが入り込んでしまった心霊写真じゃないの・・?」と
思わせる写真が撮れたりする事もあるようでして、
そうした写真というものは撮影者に明らかに捏造の意図がない限りは、もしかしたら本物の心霊写真と
言えるのかもしれないですね。

デジカメは、CMOSやCCDといったセンサーで景色を電気的に記録するものですけど、
フィルムカメラとは違うメリットが二つほど挙げられると思います。
その一つが簡単に感度を上げることができる事で、二つ目は人間が見えない赤外線の領域まで撮影ができると言う事であり、
換言すると、夜間暗闇でも高感度で心霊写真が撮れる可能性が高いということだと思います。
まとめると確かに以前ほど撮れる機会は激減しているのかもしれないデジタルでの心霊写真は、デジカメでたまたま入り込んで
しまったそうしたこの世のものではない何か異形のものを撮影出来た写真というものは本物で、信憑性が高いのかも・・と
言えるのかもしれないです。

これは先日当社で実際に起きた事例なのですけど、とある現場監督が、工事完了後に家屋の完成写真をデジカメで
撮影し、PCに取り込んだところ、白いオーブらしきものが入り込んでいる中に、どうみても老人の顔らしきものが
入り込んでいました。
私もこの写真は見たのですけど、感想としては「これはどうみてもこの世の人間とはちょっと違うのかもしれないね・・」という
困惑したような気持ちになったものです。
だけど何となくですけど「悪い性質のものではないのかも・・」とか「無事に子孫たちの家の工事を仕上げてくれてありがとう・・」
みたいな事を伝えているのかな・・?というようにも感じたものでした。

ちなみにこの写真は、工事関係者手を合わせた上で廃棄をさせて頂いているようです。

だけどなんだかんだ言っても心霊写真はやはり怖いものだと思いますし、本来は「畏敬」の対象となるべき存在だと思いますし、
本来はテレビ等でタレントたちが心霊写真を見てギャーギャー騒ぎ立てると言うのは、写真にたまたま入りこんでしまった
幽霊さんたちに失礼なのかも・・?と感じずにはいられないです。
現世においては恐怖・畏敬の対象でもありそうな幽霊・亡霊なのですけど
「常識というものに囚われて入れない幻想郷」の世界においては、
幽霊・亡霊は日常茶飯事的に出没するものであり、妖夢は普通に人里に買い物に恒常的に来ていますからね・・・(笑)

一般的な感覚では、幽霊も亡霊も同じというのか 、「両者はどこに違いがあるの?」という感じなのかもしれないですけど、
実はこの両者は全然違っていたりもします。ちなみに東方のゆゆ様=西行寺幽々子様は亡霊です! 幽霊ではありません!
ゆゆ様は亡霊なのですけど、生前同様の姿を保ち、触れる事も話す事も生前同様に出来ます。
千年近くも冥界の「白玉楼」にて亡霊のまま住み続け、四季映姫様等閻魔さまからの命令を受けて、
冥界での幽霊管理を一任されています。
亡霊なのですけどちゃんと「足」はありますけど、亡霊らしい周辺の霊魂(人魂? 幽体?)とか額の三角巾を見ると
「あ、やっぱりゆゆ様は冥界の人なんだ」と思ってしまいますね。

そもそも論になってしまいますけど、幻想郷内においては、「幽霊」と「亡霊」は別の存在なのです。
阿求の表現によると、 幽霊とは人間だけでなく生物・無生物あらゆるものに宿っている「気」の塊であり、
特定の形を持っている訳でもなければ、誰かの前に姿を現して何かを喋ったり襲ったりする事はないし、
そもそもがそうした事は元々できない存在なのです。
「うらめしやぁー」とか言って恨みつらみをもってあらわれるのはあれはあくまで「亡霊」というのが
この幻想郷内での常識という事らしいですね。
(「東方星蓮船」で多々良小傘が早苗さんに「うらめしやぁー」とか言って近づいたところ、
早苗さんの「はいはい、表は蕎麦屋」という切り返しは、本当に素晴らしいですよね!!)
奏した意味においては、幽霊の性質と言うのは案外と「妖精」に近いものがあるのかもしれませんね。
妖精は自然の具現と言えますし、幽霊は気の具現と言えるのだと思います。
よく「気は持ちよう」とか「病は気から」とか言われますけど、まさに「その通り!」と言えるのかもしれません。
幽霊自体は、一つ一つは決して「恐怖」の存在ではないのですけど、
一つの場所に複数もの幽霊が集結し、気分が落ち込んでいる者とか「死」を覚悟している者が
うっかり幽霊たちに囲まれてしまうと結構悲惨な結果になってしまう事も多いとの事です。
要は、「自分自身」というものをしっかりと自覚さえしていれば、こうした幽霊からのある種の悪戯は防止できるとの事です。
人は死んだら幽霊になりますけど、基本的に漂って冥界へ招かれるだけの存在でありますので
決して人間にまとわりついて呪い殺すとか決してそういう厄介な存在ではないのです。
その点、人間に対してイタズラはするけど妖怪みたいに人を食ってしまうまでの悪行はしない「妖精」と幽霊は
基本的な立ち位置は同じなのかな・・?とも思いますね。

一方亡霊は、人間が死んで幽霊になったもののうち、未練など生への執着が余りにも強い者がなるそうです。
人間以外の生き物でこのような死に方をする生き物はいないため人間以外の亡霊は存在しないのが幻想郷内での常識です。

冒頭で心霊写真について触れさせて頂きましたけど、私たちが心霊写真とか心霊スポットと騒いでいるのは、
実はその正体は、東方式に表現すると、それは幽霊ではなくて「亡霊」という事になるのかもしれないですね。
私自身、そんなに霊感とか強くないものでして、
幸いなことに(?)これまでの生涯において、幽霊・亡霊の類は目撃した事がありません。
強いてあげると金縛り体験ぐらいですけど、これは過去記事でも語っている通り、私の金縛りに関しては、
こむら返りに近いような症状ではないのかな・・?と感じていたりもします。

そして滅多にそうした事は無いのですけど、ごく稀に 「何か妙なものが後ろ、または横にいるのかも?」みたいな
不思議な感覚を感じる事もあったりもします。
それは本当に奇妙な感覚でして、もちろん何かが目に映るとか、何かを心の表層・深層に語りかけてくるとか
そういうのではありません。
私自身、「霊感」というものはほとんど持っていないと思うのですけど、
人の「本性」というのか、遠き昔から人間と言う種族として有しているような本質的な感覚がびびっと私の中で何かが働き、
「なんか感じるんだよなぁ・・・確信は全くないけど・・」と思う事もあったりします。
目撃した事が無いから「幽霊・亡霊は絶対に存在する!」と言う事は多分できないですけど、
それを完全に否定することは私自身は出来ないのかなぁとも思ったりもします。

こんなこと書いてしまうと、 「頭、どうかしているんじゃないの・・?」みたいな思われるのかもしれないですけど、
それは各人が感じる「感覚の世界」なのだと思いますので、 私自身特段、肯定も否定もしないと言う感じのかもしれません。

それとこの際ですからついでに書いてしまうと、これはほぼ私の「脳内妄想」の領域なのかもしれないのですけど、
丹波哲郎氏には申し訳ないのですけど「死後の世界」はないんじゃないのかなと思ったりもします。
現世で生きている間に悪行を重ね、天国・極楽に行けない人間と言うものは、
死んだ後は、別に地獄とかにいって鬼に責められて苦痛を味合うというのではなくて、
死んだ後でも、そうした「鬼に責められる」等の「悪夢」というものをずーーーっと見続けていくことが
その現世としての「懲罰を受けている」という事なんじゃないのかな・・ともふと思ったりすることがあります。
「死後の世界」というのは、「死んだ後にでもその霊魂が永久に見続ける悪夢」ではないのかな・・?とも思ったりもしています。
そしてそうした「死後に見続ける悪夢」という因果応報の世界を断ち切る事が出来る人というのが
現世において、善行を積み重ねるとは言わないまでも
少なくとも他人に極度な迷惑を掛ける悪行を犯さなかった人ではないのかなとも思います。
そして、死後に見続ける悪夢から解放され次のステージに移れることを、
白蓮さんじゃないけどそれを「輪廻転生」と言うのかなと思ったりもします。





繧・f_convert_20161202141139




あ・・なんか妙な記事になってしまいましたので、最後にゆゆ様のちょっとゆるいねんどろいどフィギュアで
この場を和まさせて頂き中和をさせて頂きたいと思います。

ねんどろいど仕様はどのキャラも本当に可愛く再現されていますよね!
妖夢・霊夢・魔理沙・あやや・十六夜咲夜などもとってもゆるく可愛く再現されていましたし、
あの幻想郷最大の賢者であられるゆかりんですらも確かに威厳と胡散臭さは感じさせるものの
ゆかりんとしての可愛らしさも十分伝えていたと思いますし、
アリスもまさに「素敵なお人形さん」に相応しい大変見事な仕上がりだったと思います。

だけどゆゆ様だって全くひけをとりません!!

淡い水色の着物姿とおっとりとした笑顔で、ゆゆ様らしいふんわりとしたイメージを表現していると思います。
時折見せる冷たい蔑み顔や無邪気な笑顔のパーツとか、扇やゆゆ様ののまわりを浮遊する人魂と死蝶も
ちゃんとアイテムとしてセットされていますし、
可愛いけど「やっぱり素敵な亡霊さんなんだぁ・・」と感じさせる魅力が十分に再現できている
素敵なねんどろいど仕様のゆゆ様だと思います!

こんな亡霊さんだったら、是非是非我が家の丑三つ時でも冥界から遊びにきて頂きたいものです!!

ゆゆ様の生前は列記とした西行寺家のお嬢様だったのですけど、いやいや、亡霊となられた後のゆゆ様も
生前のゆゆ様とあまり変わらない素敵なお嬢様振りを醸し出されていると思います。
そしてお嬢様なんだけどとっても可愛い!というのが素敵ですよね!

亡霊なのですけど、目が死んでいないというか逆に目が生き生きとされ、とても躍動感の感じられる瞳をされていると思います!





繧・f縺ソ繧・s_convert_20161202141352





ゆゆ様というと相方はやっぱり白玉楼の従者の妖夢以外にありえないですね!!

真面目な妖夢をからかう幽々子の構図は鉄板だと思います。

数分前に夕ご飯を食べたばかりだというのに、とぼけたフリをして(?)
「ようむ~、夕ご飯はまだ準備できないの?」とか何とか言って妖夢をからかって
妖夢をイラッ・・とさせるような遊びなんかもこの二人のねんどろいどで再現できるような感じもあり、
中々楽しいものがあるのかもしれないですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

私は信じたくても信じられない派も人間なのですよね。
あれば良いとは思いますが、それがあるとしたら、あまりにも納得のいかないことが多い様に思えてならないのです。おそらくは亡くなったら、もう意識そのものが消えるので、無になるのだと思っています。それが怖いという人もいますが、怖いもなにもないのですよね。エピクロスが、死はわれわれにとって何ものでもない。といっていたのが事実なのだと思います。
その一方で、私は心霊写真が好きなのですよ。本物を探し求めています。それどころか、実際にどう考えても心霊体験としか言いようのないものを経験しています。それでもなお信じないないので、打つ手なし、と神様からお手上げされているかもしれません^^;

ずっとキャラ写をしてますが
写真に何かが写り込んだことがありません
幽霊もドン引きしているのかな、と思います。
フィギュアと一緒に写りたくない、とか。

心霊ネタが大好きで子供の頃から夏のお楽しみのだったのに最近はテレビで心霊写真特集をやってくれなくて悲しいです。霊の存在とか目に見えない世界とかワクワクしますし、本気で信じて怖がりながら楽しみたいのですけどなかなかそうはさせてくれないものですね…。
最近では写真に代わって動画共有サイトに投稿された擁護不能のニセ心霊動画がテレビで騒がれるようになったり、技術の進歩は楽しみをもたらすばかりではないのかなぁと考えてしまいます。

建築というと土地の神様に関する不思議なお話とかが紹介されてたりしますねぇ。もしかしたらぬくぬく先生様が見た写真というのもそういう存在だったり…?

死後の世界・・?

八咫烏(全力稼働中) 様


無神論者の死生観として「死はそれでおしまい・・死んでしまったらその後に展開されるものは何も無い」という
事なのでしょうけど、それでしたら過去の人類たちが宗教にすがって
「死は怖くない」とか「死後の世界の懲罰に対する恐怖を克服しようとしていた」という人間の歴史が
否定されるような感じもありますので、何かしらのそうしたものはあるのかもしれないですし、最終的には、
生前のある程度の善行をもって輪廻転生みたいな次のステージへの旅立ちが担保されると言う事になるのかも
しれないです。

その辺りは信じるも自由だし否定するのも自由だし、それは死んでみないとわからない・・という感じなのかも
しれないですね・・

ドール撮影

tsukasael696ⅹ埼忍居士ⅹ 様


東方の世界観では、ドール・フィギュア等の人の形を模したものにはもともと「魂」みたいなものが内在しているという
事でもありますので、そうした意味においては、フィギュアやドール撮影をされる場合には、撮影周辺の霊の皆様も
「あのドール・フィギュアにはもともと魂が入っているから邪魔をしてはならない・・」みたいな暗黙の了解
みたいなものがあるのかもしれないですね・・

万一そうしたフィギュア・ドールが不要になった場合はちゃんと供養をして感謝する事が、そうした悪霊たちが
写真に入り込まない上で大切な事なのかもしれないですね。

防犯カメラ

schwert 様


心霊写真はデジタルでは映り込みにくいというのは一つの定説なのかもしれないですけど、動画とも言うべき
防犯カメラ・監視カメラでは、時折「これってどうみてもこの世のものではないものが入り込んでいるでしょ・・」というのは
警備会社等においては実はよくある話というのは耳にした事はあります。

ガセネタとかやらせは困ったものですし、それは死者の皆様や霊を冒涜する話でもあるかとは思うのですけど、
先日の当社での何か「入り込んでいる写真」に関しては、
社内に一人霊感が強い人がいて、その人が言うには「土地の地縛霊ではなくてその家屋の先祖の気配がする」とかなんとか
言っていましたので、
先祖の方が子孫たちを温かく見守ってくれているという感じなのかもしれないですね・・

こんばんは。

開拓期の北海道の道路・鉄道を見ていくと、路線建設時のタコ部屋労働という言葉は大体の路線の歴史で見受けられます。
そうした事象に対しての供養碑もまた、歴史の中、笹藪の中に埋もれながら存在しています。
それを辿るのもまた、鉄道旅の一種かもしれません。

人形には魂が籠る。 これはとても不思議です。
自分も(大抵)魂を入れながら撮っているので妙に疲れます。
しかしながら、しばらく放置していると抜けて空っぽになっている感覚があります。 
これは人形を所有していないとわかりづらい感覚ではあります。

人の形を模したもの

冬音 様


北海道に限らず全国には歴史を語る上ではさまざまな過去の悲劇が繰り返し起きていたと思いますが、
そうした辛い過去を忘れることなく、過去という暗闇に埋没させずに
語り継いでいく事がそうした辛い過去の犠牲者の皆様に対する最大の供養と言えると思いますし、
生きている私たちが既に彼岸の彼方の皆様にできる最大の供養というのは「時々思い出してあげる事」なのだと
思います。

それはドール・フィギュアでも同じ事は言えるのかもしれないですね。

東方の人形に対する世界観は「人の形を模したものは人と同じ魂が宿る事であり、そうした人の魂が入った人形と
人間又は妖怪に違いは無い」という事でもありますので、
ドール・フィギュアに対しては語りかけるとか大切にしてあげるという事は購入者の責務といえるのかも
しれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |