FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ドヴォルザークの交響曲第8番ト長調作品88は1890年プラハで初演されています。

ボヘミア的で明るくのどかな田園的な印象が特徴で知名度の点では第9番「新世界より」には及ばないものの、
交響曲第7番などと同様に人気のある交響曲だと思います。
ちなみにですけど、私自身がドヴォルザークの交響曲でいっちば~ん!大好きな曲というと実は「新世界より」ではなくて、
交響曲第7番です!
ドヴォルザークの7番は知名度は低いのかもしれないですけど、その内容の充実は素晴らしいものがあり、
雰囲気としては「大変厳しい状況や困難さを克服し、なんとか自立で頑張ってみよう!」みたいな決然としたものを
感じさせてくれていると思います。
ドヴォルザークの7番は演奏会では「新世界より」に比べると格段に演奏頻度が下がるのはちょいともったいない感じは
するのですけど、そうした意味において、交響曲第8番は、7番に比べると演奏機会も発売されているCDも断トツに上ですので、
8番は恵まれている交響曲だなぁ・・と思ったりもします。

ドヴォルザークの交響曲第8番は、よくクラシック音楽ファンの皆様からは、愛称を込めて省略されて「どぼはち」と
呼ばれることもあったりします。
だけどドヴォルザークの交響曲6番は「どぼろく→どぶろく」と言う人は一人もいないと思います・・(汗)
クラシック音楽ファンの皆様の省略と言うと、有名な事例ではバルトークの「管弦楽のための協奏曲」はオケコンと
呼ばれますし、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲はメンコンと呼ばれることが多いですし、
プロコフィエフはプロコと略されることが多いですし、バレエ音楽「ダフニスとクロエ」はダフクロと呼ばれることが多いですね~!
指揮者のロジェストヴェンスキーは、略してロジェヴェンと言われますけど、なぜかロジェヴェンさんとさん付けされることも
多いですね~(笑)
日本の指揮者で略される人は珍しいのかもしれないですけど、その例外が小林研一郎がコバケンさんと略された愛称が
一番目立っているのかもしれないです。

私が高校生の頃、ドヴォルザークの交響曲第8番は「イギリス」と表記される事が多かったのですが、
別にドヴォルザーク自身が「イギリス」とかイギリス国内の自然等を意識したものでもなんでもなくて、
単に出版社がイギリスだったからという理由だけらしいです。
日本フィルのサンデーコンサートでこの交響曲が演奏されることは一時期大変多かったのですけど、
その場合はなぜか「自然交響曲」というタイトルが付けられていて「なんじゃそれ・・!?」と感じたものでした。

ドヴォルザークの交響曲第8番は大変分かりやすくて親しみやすいシンフォニーだと思います。

第一楽章のゆるやかな出だしとトロンボーン3本のユニゾンで俄然盛り上がる中間部もすてきですけど、第一楽章は
フルートの美しいソロが大変印象的です。
第二楽章のゆったりとした歌、第3楽章のどこかで聴いたことがあるような懐メロっぽい雰囲気も捨てがたいですけど、
第四楽章の行進曲のような雰囲気もフィナーレらしくてとても素晴らしいと思います。
第四楽章のトランペットのファンファーレで開始される部分は、特に印象深いですね~!
中間部でいったん静かとなり朗々と歌われる中、ラストは一気に駆け上がって終わる感じもチャーミングなものを
感じさせてくれていると思います。
第四楽章はボヘミア独立の英雄を描いており、チェロで奏される第1主題は英雄の勇気と慈悲を表すテーマで、
第2主題はトルコ軍楽(メフテル)を表しているという指摘もあるそうです。

ドヴォルザークの交響曲第8番第四楽章においては、「黄金虫は金持ちだ~」でお馴染みの日本の「黄金虫」という童謡に
似たフレーズが何か所か登場してきておりまして、そのものズバリのメロディーでは必ずしもないのですけど、
「いわれてみれば確かにそのように聴こえるのかも・・」というタモリの「空耳アワー」の世界に近いものが
あるのかもしれないですね。
この「黄金虫は金持ちだぁ~」の個所では、前述のトルコ軍楽(メフテル)の形式が表現されているのですけど、
このメロディが、聴く人によっては日本の童謡「黄金虫」に聴こえてしまうというのも何だかとても面白いものが
あると思います。
指揮者(特にジュリー二)によっては、この「黄金虫」の場面をかなり強調して解釈される事もあるのですけど、これって
なんだか「ずんどこ節」のように聴こえたりもします・・(汗・・)

ちなみにですけど、「黄金虫」は、野口雨情作詞、中山晋平作曲による日本の童謡です。

黄金虫は金持ちだ
金蔵建てた蔵建てた
飴屋で水飴買つて来た

黄金虫は金持ちだ
金蔵建てた蔵建てた
子供に水飴 なめさせた

これは完全な余談なのですけど、
この唄の作詞家である野口雨情の故郷、茨城県のある北関東ではゴキブリのことを
「コガネムシ」または「カネムシ」と呼ぶ方言もあるとの事です。
メスのゴキブリは産卵前に、お腹の下に卵鞘と呼ばれる卵の入った袋を持ち歩くようになり、
これがガマ口財布に似ていることから「黄金虫はお金を持っている」という雰囲気もあるのかもしれないですね・・(汗・・)

更に話がそれますけど、この「黄金虫」に似たフレーズが登場してくるクラシック音楽というと、
ドヴォルザークの交響曲第8番終楽章以外としては、

1.ブラームス「4つの厳粛な歌」 第1曲:人の子らに臨むところは

その冒頭で、「こがねむしーはー金持ちだー♪」が登場します!

2.アルベニス「スペイン組曲」~カタルーニャ

情熱的な「こがねむしーはー金持ちだー♪」が聴こえてくるような気もします・・

タモリ倶楽部の「空耳アワー」ではありませんが、 よーく聴いてみると何となくそれっぽく聴こえる曲の例としては、
R・シュトラウスの「アルプス交響曲」がウルトラセブンのメロディーと似ているようにも感じられたり、
NHK料理番組の「今日の料理のマリンバで奏でられるテーマ曲がアルヴェーンのスウェーデン狂詩曲「夏の徹夜祭」に
似ていたり、伊福 昭の「ゴジラ」がラヴェルのピアノ協奏曲~第三楽章によく似ているというのが
挙げられると思いますけど、この手の話は探せば相当出てくるような気もしますね~(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ドヴォ8

20年位前に演奏しました。

自分の中ではコガネムシのテーマの部分は、
「♪ヘーヘーヘー、ヘタレムシ~」のイメージです。

ただ、この曲を演奏するまでの経緯があまりいい思い出がないのですよ(笑)

当時所属していた市民バンドのメンバーの先輩にあたる方(所属していた市民バンドとは無関係)によって新たにバンドを作ったらしく、メンバーを探していたようです。

当時は人口10数万人の小さな町に、自分が所属しているバンドを含め、すでに4団体目となり、相互に掛け持ち団員も多く、すでに飽和状態。

とくに会話もしたこともないその団長の目に留まり、市内4団体の唯一のバスクラ吹きの自分が貴重だとのことで、しつこいくらいのヘッドハンティングの日々。

あまりのしつこさに根負けし、メンバーには加わらないけど、演奏会の助っ人くらいならいいよと返事。

その演奏会での曲目が、まさにドヴォ8。

とりあえず、そのバンドのバスクラ吹きとして練習に参加したのですが、
本番の2日前にその団長から、

「実はメンバーの中に、バスクラ吹きがいるけど楽器がないから、楽器を貸してくれ。演奏会はB♭クラで出てほしい」という、意味不明で無茶な発言を受ける。

どうやら目的は自分のバスクラだったようで。

本番2日前に助っ人に対してパートチェンジをさせてまで、楽器まで借用するのもどうかとは思うけど…

さすがに(中古とは言え)買ったばかりの楽器を貸す気もなく、
「そんなん知るか。楽器くらい自分で何とかしろ。不満なら自分は演奏会に出ない。」とバッサリ強気発言。


結局、自分は2日前に団長に指定された通りに(笑)B♭クラで出たのですが、バスクラ吹きはそのまま演奏会に出ることなく(練習すらまともに来なかった)、
バスクラのフレーズは別のB♭クラ吹きがそのまま1オクターヴ高い音で吹くというグダグダっぷり。

吹奏楽団とは言いながら、全員で10人もいない状態でのドヴォ8の演奏は、曲を知らない人でもスッカスカというのがまるわかり。

結局そのバンドは、その演奏会が最初で最後の活動となり、後日解散。



団長が一番のヘタレムシでした。

掛け持ちは大変ですね~

某大学の卒業生 様


ドヴォルザークの8番はたまにですけど終楽章が吹奏楽コンクールでも演奏されていますね。
かつて第一楽章を自由曲で取り上げ全国で演奏したチームもあったと思います。

一つの市に4つも吹奏楽団があると団員の掛け持ちという事態になってしまいますよね・・
それにしてもバスクラ奏者として助っ人参加したのに、楽器だけレンタルさせてというのも失礼な話ですし、
ましてやバスクラ以外の楽器で吹いてくれというのも
「なめている・・」としか言いようがないですし、結果的に自然消滅されたのも当然なのかもしれないですね。

黄金虫は金持ちだ~のフレーズは耳をダンボのようにして聴いていると「なるほどね~」と感じてしまいますけど、
事前にそうした話を知らないとスルーしてしまいそうな感じでもありますね。
そうした意味ではアルプス交響曲は、ウルトラセブンのあのフレーズが自然と浮かんできますので、
ああいうのが空耳アワーという感じなのかもしれないですね。

最終楽章

そのバンドのデビューにして解散の曲が最終楽章というのは何とも言えない皮肉です(笑)

そのバンドの正団員は4~5人くらいで、実際、演奏会に向けて練習に出ていたのは正団員の2名(団長及びクラリネット吹き)とあちこちのバンドからかき集められた10数名の助っ人。

自分以外にも助っ人団員とのトラブルがいろいろあったらしく、最終的に演奏会に出たのが10名弱。

しかも指揮者(こちらも助っ人)まで敵に回したらしく、本番前日に指揮者が演奏会出演を辞退するハプニング付き。

団長自ら指揮を振りながら演奏する羽目に。
(こう言っては何だけど、自業自得)

今や伝説の天〇市役所吹奏楽団の全国大会を彷彿させるステージでした。

終楽章

某大学の卒業生 様


その吹奏楽団の創立記念演奏会が買い差かコンサートになってしまうとは皮肉なものですし、
曲目が終楽章というのも最初からそうなってしまう運命だったのかもしれないですね・・
しかも指揮者すらも前日辞退とは凄い話ですね・・

天童市役所の実際の演奏は、88年の全国に限って言うと実態は指揮者無しの演奏でした!
課題曲と自由曲の冒頭のみある奏者が手で合図を送り数秒後には再度自分の席で吹いているという感じの
演奏だったのが印象的です。

こがねむし~キャッ!

 こがねむし、に聞こえてしまうフレーズ、結構あるようで、題名に掲げているものも、ある有名な交響曲の、とある楽章冒頭部分になります。これは市民オケに指導に来てくれた先生(当時都内の某オケに所属していました)が披露してくれましたが、この手のもの、コガネムシ以外にも結構あるようです。たとえば・・・

 だるまさんがころんだよ!

 あ~くたびれた~

 さらってな~い・さらってな~い・・・

 3曲とも判ったらかなりのクラシック通なのかもしれません。

 実用的な所では、ダフニスとクロエの「全員の踊り」、5拍子が取りづらかったので「デュ・ア・ギ・レ・フ」と言って練習したとか。

 またドボ8の第4楽章、どこかの国の国歌に似ていると思うのは自分だけでしょうか?

 さらにベートーヴェンの「運命」、有名なジャジャジャジャーンのモチーフは、アパート大家さんが家賃を取立に来た際にドアをノックする音に思えて仕方ありません。これ我ながら相当不謹慎な思い込みかも?

 空耳、まだまだありそうですが、閑話休題、一つ真面目な話。
 ドボルジャーク、実際の演奏では、オーケストレーションをいじる傾向がありました。8番もホルンを途中で補強した演奏がありますが、7番はもっと多かったりもします。最近の演奏ではあまりないのですが、1960年代は多かったようです。当時としてはそのほうが演奏効果が上がると考えられていたようで、確かに残された録音でも納得させられる演奏が多いと思えます。演奏スタイル、近年はよりスマートでシンプルな傾向があるようで、いじらない演奏が多いように感じられます。




な~い~、ひもじ~い~、金な~い~

とりあえずホラ吹き  様


この手のクラシック音楽空耳アワーとか替え歌もどきは探せばたくさん出てくるのかもしれないですね・・(笑)

そんな中でも「さらってな~い・さらってな~い・・・」は定番ですよね~(笑)

言うまでもなくチャイコの交響曲第4番終楽章ですけど、
他の二つは初めて聞きました・・
よかったら正解を教えて頂けると幸いです!

チャイコフスキーはこの手の話しの宝庫のようでして、他には
交響曲第6番「悲愴」の冒頭の
な~い~、ひもじ~い~、金な~い~ はこれも定番なのかもしれないですね・・(笑)

他には同じくチャイコの5番第二楽章の「だめよだ~め~、そこはだ~め~」も結構知られている様な
気もします。

オーケストレーションをいじる話は、まだ許容範囲なのかもしれないですけど、古典派・ロマン派の管弦楽曲を
吹奏楽にアレンジする場合、当時はトロンボーンやチューバが指定楽器にないのに、こうした楽器も
アレンジ譜にかきこんでしまい、とてつもなくサウンドが分厚くなってしまった魔笛序曲やフィンガルの洞窟序曲は
聴き方によってはお笑いの範疇になるのかもしれないです・・(汗)

そら耳種明かし

 前回掲示したうちの二つはかなりマニアックだと思われ、こじつけっぽい感じもありますが・・・。

 まず、「あ~くたびれた」、これはベートーヴェンの交響曲第8番第1楽章のモチーフになります。このモチーフ、散々使いまわされ、楽章の最後に1フレーズでにゆっくり目に演奏されて終わる部分にあてはめられていました。確かに使われ過ぎて「あ~くたびれた!」とボヤキたくなる感じです。

 もう一つの、「だるまさんがころんだよ」。より忠実に表現すると、「だ・る・ま・さ・ん・が・こ・ろ・ん・だ・よ!」になります。

 実はこれは「春の祭典」第2部中間の急に荒々しくなる所で、「選ばれた乙女への賛歌」直前11/4拍子の部分です。よく考えついたものですわ。
 この部分を「だー・るー・まー・さー・んー・がー・こー・ろー・んー・だー・よー!」とわざと遅くして演奏した指揮者もいて、「何だコリャ?」とオッタマゲ~たこともありました。

 今思いついたのですが、「オッタマゲ・タ~」と聞こえてしまう曲がありました(たぶん自分だけだな)。ヒンデミットの変ホ長調の交響曲の冒頭のファンファーレ。二度繰り返して本題に入る、と云ったものです。結構面白い曲で、吹奏楽の変ロ長調の交響曲よりもとっつき易い感じです。

 あんまり名曲いじっていると外野から、不謹慎な、と怒られそうなので、とりあえずは、ここまでに。

教えて頂きありがとうございます!

とりあえずホラ吹き 様


空耳の残り二つも教えて頂きありがとうございました。

「だ・る・ま・さ・ん・が・こ・ろ・ん・だ・よ!」が「春の祭典」第Ⅱ部というのもなんとなくわかるような気がします。
ちなみにこの部分は、1977年に駒澤大学が吹奏楽コンクールで自由曲として演奏した「春の祭典」の
開始部だとも思いますので、それを考慮してこの空耳をイメージてみるとよく分かるような気もします。

ヒンデミットの交響曲と言うと、クラシック音楽ファンの皆様としては「画家マティス」を連想され、
吹奏楽的には「吹奏楽のための交響曲変ロ調」を想起される方も多いと思う中で、
交響曲変ホ長調を思い浮かばれる方はある意味すごいと思います!

吹奏楽のための交響曲変ロ調は吹奏楽コンクール的にはほぼ無視されている曲ですけど、あの第三楽章の
熱血的なフーガは名人芸の領域だと思います。



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4273-a8598d97
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |