FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


6月14日は少しばかり過ぎてしまったのですが(汗・・)、こいしちゃんのいっちば~ん!の記念日と言うと
いうまでもなく「5月14日はこいしちゃんの日」なのですけど、実は「6月14日は無意識の日」と言う事で、実はこの日も
こいしちゃん記念日の一つであったりもします。

こいしちゃんの能力は言うまでもなく「無意識を操る程度の能力」です。
(簡単に言うと、目の前にこいしちゃんがいるのに誰からもその存在に気づかれないという能力もあったりします)

こいしちゃんのそうした能力が最大限発揮されたのが「東方深秘録」という作品なのだと思います。
この作品においては、各出演キャラ達が自分たちの能力・個性に見合った都市伝説をチョイスし、
その都市伝説に由来する攻撃を仕掛けてくるものでもあるのですけど、ここでこいしちゃんが選んだのは「メリーさん」であり、
考えてみると、この「メリーさん」ほどこいしちゃんのそうした無意識を操る能力→いつのまにかこいしちゃんが背後に
表れたとしても誰からも全く気がつかれないという能力と相性のいいものはないと思われます。

ちなみにですけどこの「メリーさん」の都市伝説について簡単に記しておきますと・・

「とある少女が引越しの際、メリーと名付けられた古い外国製の人形をやむを得ず捨ててしまった。
その夜、少女のもとにいきなり電話がかかってくる。
「私、メリーさん。今、ゴミ捨て場にいるの」
少女は気味悪く思い電話を切るが、すぐにまたまたかかって来て
「私、メリーさん。今、郵便局の近くにいるの」という風に言われ、その後電話がかかってくるたび
メリーさんの現在地がどんどん自分の家に近づいてきます。
ついには「私、メリーさん。今、あなたの家の前にいるの」という電話が掛かってきます・・
思い切って玄関のドアを開けるが、そこには誰もいない・・
再び鳴る電話、そしてそのオチこそが、

「私、メリーさん。今、あなたの後ろにいるの」  というものです。

この都市伝説はある意味定番のお馴染みのものでもあるのですけど、このメリーさんが少女に対してやっている事と
こいしちゃんが唐突に相手の目の前に出現する事はほぼ同じでもありますので、
「東方深秘録」における各キャラと都市伝説においていっちば~ん最高の組合せと言うのはこいしちゃんなのだと思います!
だってあの作品においてはこいしちゃんのある意味決め台詞でもある「貴方の後ろにいるよ」とうセリフは、こいしちゃん以外
幻想郷で似合う人はいないと思います。





縺薙>縺励■繧・s_convert_20180513172852





改めてですけどこいしちゃんが「東方深秘録」でモチーフにしていた「メリーさん」はかなり怖い都市伝説だと思います。
「棄てたお人形さん」がモチーフになっている点では、こいしちゃんではなくてアリスやメディスン・メランコリーが
このメリーさん都市伝説を用いても違和感は無いとは思うのですけど、ここで大きいのは、
こいしちゃんが唐突に相手の背後または目の前に出没して「今、あなたの目の前にいるよ~」と囁く事なのだと
思います。
こんな事をリアルでされてしまったら、パニックに陥るのはごく当然の話だと思いますし、
東方深秘録にも登場していた外界のJKさんの宇佐見菫子が
「ギャ~お化け~!!」と動転し慌てふためいて腰が抜けんばかりに逃げ去っていたのは当然の話だと思います。

棄てたはずの人形が電話を掛けてくるのも怖いですし、やはり唐突に「今、あなたのすぐ後ろにいるよ・・」と囁かれたら
恐怖で気が狂ってしまうのかもしれないです。

こいしちゃんは、「あなたの後ろにいるよ 」とか「今から電話するから出てね」と言っているのですけど、こいしちゃんは
片手に電話機を持っていて片手にはなんと・・! ナイフのような武器を持っていた場面も見受けられましたので、
確かにこいしちゃんは東方でも屈指のかわいらしさを誇ってはいるのですけど、可愛らしさと恐怖と武器の怖ろしさは
両立はしない・・という事なのかもしれないですね。

都市伝説のパターンは幾つかあるのですけど、何か未知なるものから唐突に得体のしれないものが接触してくるとか
その人の心の中に内在する不安のようなものを巧みに抉り出すというパターンがかなり恐怖を感じるものなのかも
しれないですね。
そうした意味では、こいしちゃんの「メリーさん」というのは、得体のしれないもの・唐突・不安といった恐怖要素を満たしている
ゆえに不気味さを感じるのだと思います。
しかもこいしちゃんがツールとして使用していたのが「電話」という掛けてきた相手の顔が見えないし、非通知設定に
されてしまうと、そもそも掛かってきた談話を取る際に「誰から掛かってきたのだろう・・」という不気味さが更に追加されますので
深秘録で他の登場キャラの皆様がモチーフにされていた都市伝説よりも一層の不安感を煽りたてているように
感じられます。

私自身、幸いなことに金縛りに関連した話を除くとそうした都市伝説絡みの話を体験した事はないのですけど、
こいしちゃんの「メリーさん」に近いような携帯電話が絡むちょっと不気味な経験を一度した事があります。

これは2012年秋頃の話なのですけど、私自身が仕事で社有車で移動中に携帯が鳴り、車を停めて電話に出ようとしました。
その際相手側が非通知でしたので「会社からではないし、誰からなんだろう・・?」と少し不安に感じながらも
携帯に出ました。
そうした所、声の主はどう聞いても10代の女の子のちょいと甘くて甲高いような声で
「もしもし、私・・、誰かわかる・・?
私ねぇ~、お兄ちゃんの秘密知っているよ・・」と囁くように甘い声で言ってきました。
いや~、最初にあのメッセージを聞いた時はあまりにも不気味であるため、瞬間的に背筋が凍り付いてしまい、
瞬間的に電話を切ってしまいました。
そりゃま・・私も人間ですので一つや二つ・・ちょっと口にできないような秘密もあったりするのかもしれないですけど(汗・・)
そんな見ず知らずの10代っぽい女の子からそんな事唐突に言われたとしたらそりゃ、不気味ですよね・・
第一、私はその当時は既に「お兄ちゃん」みたいに言われるような年でもなかったですし、私自身実妹自体
いませんからね・・
そう思っていたら、またまた携帯電話が鳴り、不気味に思いながらも電話に出た所、またまたあの10代っぽい女の子の声で、
「私ねぇ・・お兄ちゃんが胸に秘めている昔のやばい事を三つぐらい知っているよ・・」となんだかくすくす笑いながら
話しかけてきます。
この手の話って冷静になって考えると「そんなの最初からイタズラ電話に決まっているじゃん!」という事で落ち着いた対応も
出来ると思うのですけど、こいしちゃんが唐突に相手の背後に出没し、
「もしも~し! 今、あなたの後ろにいま~す!」と言っていた際に、言われた方の気が動転するのと同じように、
「胸に秘めているやばい事三つ」なんて妙に具体的な事を言われてしまいますと、思わず
「一つ目はあの事で二つ目は多分あの事じゃないのかな・・?」と心理的にパニックになってしまうのかもしれないですね。
そして二回目の電話の際もやはりとてつもなく後味の悪さを感じたもので、電話を再度切ってしまいました。
その際に多分ですけど、スーツの胸ポケットに携帯を入れたとは思うのですけど、数時間後社内に戻ったら、
その携帯がいつのまにか消失している事に気が付きました。社内とか身の回りを随分と探しましたけど、
発見は出来ませんでした。
社内から自分の携帯に発信してみても「お掛けになった番号は電源が入っていないか電波の届かないところに・・」という
メッセージが流れるばかりなのですけど、それから数時間後、もう一度自分の携帯に電話を入れてみた所、
なんと・・!
誰かが応答しています。
私が「もしもーし」と言うと、電話の向こうからは昼間聞いたような10代っぽい女の子のクスクス笑う声みたいなものが
聞えていたような感じもありました。
そしてその後は何度自分の携帯に電話してもうんともすんともなんのメッセージも発信しなくなり、携帯がないと私も
困ってしまいますし、自分が使用していた携帯が悪用されるのも嫌でしたので、そのまま解約→別機種購入という
余計な費用が発生する羽目になってしまいました・・(泣)

私が携帯を紛失したのは何かの偶然なのでしょうけど、それにしてもあの10代の子っぽいイタズラ電話らしきものは
結局あれは一体なんだったのでしょうか・・?
間違いなくイタズラ電話だとは思うのですけど、正体不明だから不気味とか後味の悪さを感じますし、
「東方深秘録」にてこいしちゃんから「メリーさん」の都市伝説をモチーフにした「もしもーし、今、あなたの後ろにいるの」を
直撃された幻想郷内の各プレイヤーの皆様は私以上に相当不気味なものを感じていたのでしょうね・・

こうやってみてみると、こいしちゃんはフランちゃん同様に幻想郷のすてきな妹キャラでもあるのですけど、
こいしゃんは「かわいいだけではないちょっと怖い面もあるのかも・・」と感じずにはいられないかもですね~!






縺薙>縺擁_convert_20180513172822





こいしちゃんは、幻想郷内の地上と地底の旧地獄をフラフラと放浪する妖怪さんでもあり、妖怪「覚」の本分であるはずの
サードアイを自らの意思で閉じているため、誰からもこいしちゃんの存在は認知されませんし、それ以前に
誰からも「目の前にこいしちゃんという存在がいる」という事にすら気が付いて貰えません。
言葉は大変悪いのですけど、お姉さまのさとり様・お燐ちゃん・お空以外からは誰からも相手にすらして貰えない
寂しい妖怪さんだったと言えると思うのです。
だけど「東方心綺楼」にてこいしちゃんが秦こころが紛失した希望の面を拾ったことでこいしちゃんの心にも相当変化が
あったと思いますし、東方心綺楼・東方深秘録で幻想郷内の数々の妖怪さんや人間たちとバトルを重ね接していく中で、
こいしちゃんの心の中にも「人と交わるのってこんなにも楽しいものなんだ~!」と発見があり、
それがこいしちゃんの心境の変化を招いていたと言えるのかもしれません。

そうした中での「東方深秘録」の異変でしたので、ここでも東方心綺楼以上にこいしちゃんは、様々な妖怪・人間たちと
交わり会話を交わしていきます!
本記事においてはせっかくの機会でもありますので「東方深秘録」におけるこいしちゃんと各対戦プレイヤーの会話を
少しばかり再現してみたいと思います。

まずは白蓮さんです!
(ちなみにですけど、「東方求聞口授」以降、白蓮さんはこいしちゃんを命蓮寺への出家を勧め、こいしちゃんもそれに賛同し
お寺での修行には至ってはいませんが、命蓮寺の在家信者扱いとしてカウントされている様子です・・)

白蓮さんも「東方深秘録」ではかなりノリノリなご様子で、白蓮さんがチョイスした都市伝説は「ターボ婆あ」という事で、
ここは幻想郷にも拘らず、白蓮さんはライダースーツに身を包み、黒のサングラスを掛けてノリノリな様子で
バイクをかっ飛ばしています! (笑)
いいですね~! 普段はかなり生真面目でお堅いお坊さんの白蓮さんがこの時ばかりは、普段の鬱憤を晴らすべく
あんなにも生き生きとこの異変を楽しまれているような雰囲気すらありました!

そんな白蓮さんとバトルを展開したこいしちゃんは、白蓮さんに対して、なんと・・!
まさかの命蓮寺の修行僧の一人で白蓮さんにとっては弟子の一人のムラサに関するチクリを入れています! (笑)

こいしちゃん : そうそう、貴方のお寺に水蜜って奴いるでしょ?
          あの子、未だに血の池地獄の味が忘れられずたまに戻ってくるのよ、知ってた?

ちなみにですけど「東方心綺楼」においては、ムラサに関してはこいしちゃんは「血の池地獄で溺れている」とかなんとか
言っていましたので、これはムラサに関する新しい情報でもありました。
命蓮寺メンバーは皆一様にムラサと姓で呼んでいるのに、こいしちゃんだけはなぜか水蜜と下の名前で呼んでいるのは
大変興味深いです。
血の池地獄の味ということは、ムラサ自身実はいまでも妖怪としての体質が抜け切っていないと言う事を示唆している
大変貴重なシーンでもありました。





縺薙>縺誉convert_20180513172758





続きまして、藤原妹紅・・もこちゃんです!

もこちゃんは幻想郷内において、永琳・輝夜と同じく不老不死の立ち位置の御方なのですけど、
不老不死になった妹紅はまったく成長しないことを周囲の人間に訝しがられるのを嫌い人目を避けるようになります。
一つの場所にとどまることができなくなり、何不自由なく暮らす事のできた貴族の娘から
妖怪退治を生業としながら妖径のように孤独な流浪生活を送るようになり、
そして行きついた先が幻想郷の世界であったという経緯があったりもします。
そして妹紅自身も「不老不死は必ずしもいい事ばかりではないし、長生きがこんなにも苦痛とは思わなかった」という事を
吐露されているのですけど、もしかしたら妹紅の「孤独」をこいしちゃん自身も見透かしているのかな・・?

こいしちゃん : 不老不死って言ったっていずれ死ぬんでしょ?
みんなそうだもん

上記のセリフは、東方心綺楼にてこいしちゃんが神子に対して言っていた事とほぼ同じです。
妹紅は幻想郷にたどり着くまでの間は、人との接触を極力避けていて、ある意味こいしちゃんと同じように
誰からも認知されていない存在と言えるのかもしれなかったです。
そしてちょっと捻った解釈をすると、こいしちゃんにとっての「死ぬ事」というのは「誰にも気づいて貰えない」というのと
同じなのかもしれないですね。
こいしちゃんは霊夢とのバトルにおいても「神社に行っても誰も私に気付かないのよね」とか「私の方が隙間にいるみたい」
というセリフを発しているのですけど、
それほどまでこいしちゃんは、誰にも気づいて貰えない誰からもその存在を認めて貰えない哀しい存在だったと
言えるのかもしれないです。

こいしちゃんとしては、東方心綺楼・東方深秘録の異変までは、
「私の存在に誰も気が付かなくてもいいんだもん!」という考えが大変強かったと言えるのだと
思いますし、やはりそこにはお姉さまのさとり様がその「人の心を読み取る能力」ゆえに他人から大変忌み嫌われて
哀しい想いをしているという事例を間近で見てしまい
「こんな哀しい想いをするのなら最初から誰からも気が付かれない存在の方がいいんだもん!」と考えたのだと思います。
だから、こいしちゃんは誰からも気が付かれなくても誰からも声を掛けられなくても
誰にも「こいしちゃん」という存在を認識されていなくても
「私は別にそれでいいんだもん!」と考えていたと言えるのだと思いますね。

こいしちゃんが大きく変化しブレイクするきっかけとなったのは、こいしちゃんが秦こころの「希望の面」を拾い
「他人から注目される事への快感」を覚え始めて以降というのはほぼ定説になっているのだと思うのですけど、
私的には、実は「東方地霊殿」あたりから少しずつこいしちゃんも変化してきているのかな・・?とも思えます。

地霊殿異変の際に、さとり様のペットのお空が大きくパワーアップしたと知って地上に興味を持ち、
「神奈子と諏訪子がお空に余計な能力を与えたように、私のペットにもなにか力を授けて欲しい」と考え、
妖怪の山の上にある守矢神社へと到着すると、そこで人間(霊夢、魔理沙)と出会う事になります。
この未知なる人間との出会いがこいしちゃんの心境に変化をもたらしたと言える事も出来ると思います。

霊夢たちとの出会いによって 「地上には人間と言うこんなに面白い生き物が居たなんて知らなかった!」とか
「この人間達はどういう事を感じどういう風に過ごしているのだろう」と興味を持つようになり、
「人間達をもっと知りたい」と考えるようになっていったのかもしれないです。
こいしちゃんはサードアイを閉じることによって人の心は読めなくなった代わりに自分という存在を相手に認知させる事も
出来なくなっています。
この時点でこいしちゃんは初めて自分のサードアイを閉じた事を後悔したのかもしれないですね・・

とにかくこの二つの異変によってこいしちゃんの心に「私と言う存在も見て欲しい!」と感じるようになったことは
大変意義が大きいと思いますし、ここに気が付いた時以降から、こいしちゃんの大ブレイクが始まったのだと思います!





tosyokoisi_convert_20121209170230.png





さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログがいつも大変お世話になっている
dream fantasyのすてきな管理人の
アミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです。

今回転載&ご紹介させて頂く2つの作品は言うまでもなくこいしちゃんです!

まず一つ目の上記の作品は、アミグリさんが2012年12月に描かれたこいしちゃんです!

帽子からつま先まで立ち姿での全身が描かれたこいしちゃんというのは、他の絵師様の作品でも
意外と多くは無いのかもと言う感じもありますし、どちらかというと表情をクローズアップされた作品の方が
多いような感じもする中での、こいしちゃんの帽子からつま先に至る全身姿は大変貴重と言えるのかもしれないです。

東方キャラで、こいしちゃんほど笑顔のウインクやピースサインがお似合いのキャラもいないんじゃないのかな・・?とも
思ったりもしますので、
そうした意味では理想的なこいしちゃんのイラストと言えると思いますし、
何よりもこの立ち姿でのこいしちゃんはとってもかわいいと思います!

こうして見てみると、こいしちゃんはバスガイドさんに近い雰囲気と衣装がとってもかわいいと思いますね~!

こんなかわいいバスガイドさんが外界ではとバスツアーの添乗員さんをされていたら、
「このはとバスに毎日乗りたーい!」と感じてしまいそうですね~!





koi-pero!-01_convert_20170113185831.png





続きまして、上記のこいしちゃんは、2017年1月に、アミグリさんが描かれたこいしちゃんです!

上記のイラストのこいしちゃんは「キラキラ感」がとっても素晴らしいと思います!
こいしちゃん自身が「東方心綺楼」で見せてくれたいい意味で開き直ったような吹っ切れたような感じの「明るさ」が
この一枚に ど―――ん!と詰まっているような感じが伝わってきていますよね!
アミグリさんにしては珍しく(?)「てへっ・・」みたいな
舌をペロッ・・と出しているのがとってもかわいくてキュートだと思います。

2012年に描かれたこいしちゃんとの違いは、やはりこのキューティクルに弾けているキラキラ感と特にキラキラと輝いている
髪の毛の描かれ方の違いなのかな・・?と感じたりもします。
2012年の方は正攻法で描き切っていて、2017年の方はアミグリさん自身がこいしちゃんの持ち味の変幻自在さを
楽しまれているようにも感じられますね!
素晴らしいこいしちゃんだと思います。

上記のアミグリさんが描かれたこいしちゃんは、
その権利は全て上記の作品のこいしちゃんの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品や上記のオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!

是非宜しくお願いいたします!!

→  dream fantasy
関連記事
スポンサーサイト



コメント

6月14日は無意識の日だったんですね!そして、こいしちゃんの能力、かなりすごいですね。でも怖いです。メリーさんの都市伝説は子供のころ聞いて、超怖かったですよ。都市伝説って身近な話で本当にあり得ると思うから、すごく怖いですよね。ぬくぬく先生様の体験談も恐ろしいですね^^;読んでゾッとしましたよ^^;

ぬくぬく先生の携帯電話のお話は 背筋が凍り付きました。
創作ではないですよね・・・。怖いです。

こんばんは♪

メリーさんのお話は知っていますが
小さい頃に聞いたときは怖かったです(笑)。
ぬくぬく先生さんの携帯の体験談も
怖いですね(;^ω^)

メリーさん

八咫烏(全力稼働中) 様


都市伝説「メリーさん」はこいしちゃん・ゆかりんなどに代表されるように唐突に何の脈絡もなく出没できるキャラが
利用するからこそ活きてくる都市伝説と言えるのかもしれないです。
あの都市伝説を例えば、チルノ・ルーミア・物部布都といったポンコツちゃんたちが使ったとしても
「おまえはアホかっ!?」で終ってしま居そうな気もしますね・・

私のイタズラ電話の件は、多分ですけどヒマそうなおばさまが少女の声色を使ったモノなんだと推察されますけど、
やっぱり怖いです・・

創作じゃないですよ・・(汗)

tugumi365 様


いやいや、あの話が創作だとしたら私は結構文才がある方だと思いますよ・・(笑)

あれは創作話ではなくてほぼ実体験です、

多分ですけど実態はヒマそうなおばさまたちが少女の声色を模倣したイタズラだと思うのですけど、
やはりあれは怖いですね・・
そして私が偶然携帯を紛失したという要素も加味されて得体のしれない感が増したのかもしれないですね。

メリーさんは怖い・・

ふたごパンダ 様


都市伝説にはシャレにならない程怖いものも多々あるのですけど、メリーさんやてけてけの話とか
「今度は突き落さないでね・・」といった都市伝説は背筋が凍りつきそうですね。
うちのブログでも何度か書いた事がありますけど、ドール・フィギュアといった人の形を模したものには「魂」が宿るのかも
しれないですし、飽きたからと言って棄ててしまうのは言語道断という事なのかもしれないですね。

私の携帯の話はおそらくイタズラ電話の一種だと思いますけど、あの不気味さはメリーさんみたいなものだと
思います・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |