FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


南関東はそろそろ本格的な梅雨モードに入ろうとしています。
というか今年は既にGWが明けて以降は結構雨が続いていて、蒸し暑い日とちょっと寒い日が交差していて
「昨年同等今年も何だか変な天候が続いているね~」と思わずにはいられないです。
こうしたじめじめと鬱陶しい季節に、フィンランドのシベリウスの「氷の冷たい世界の音楽」の記事は季節はずれなのかも
しれないと思うのですけど、 時に無性にシベリウスの冷たく厳しい世界を聴きたくなる時もあったりしますし、
むしろこうした鬱陶しい季節だからこそ、シベリウスの清涼・荒涼とした雰囲気の音楽を聴いて気分転換するのも
悪くは無いのかもしれないですね。

シベリウスはフィンランドが誇る大作曲家ですけど、その音楽は誇り高き北欧の香りが漂っていると思いますし、
そこにあるのは氷のような音楽なのですけど、曲の中に、誇り高き情感・凛とした雰囲気・ほのかなうす暗い情熱が
至る所に漂っていると感じられます。
交響曲第1番・4番・6番・7番がどちらかと言うと「冷たい氷みたいな音楽」のようにも聴こえますし、
交響曲第2番・5番のように、短い夏を楽しむかのような壮大なスケールで開放的な音楽もあったりします。

私の好みでは、シベリウスの交響曲で一番大好きな曲は交響曲第5番であり、その次に来るのが1番と2番なのではないかと
思っています。
一般的にシベリウスの交響曲と言うと、2番が圧倒的に人気があり、
演奏会で取り上げられる回数もリリースされるCDも群を抜いて多いのですけど、
(シベリウスの交響曲第2番は、通の方の間では、シベツーとか言われるそうです。何だか胃腸薬のキャベツーみたいですね)
クラシックマニアの方ですと、4番と単一楽章の7番の評価が高いような気もするのですけど、私にとってはこの二曲は
実はいまだに「何を言いたいのかさっぱりわからない交響曲」でもあったりもします。
特に4番はあまりにも難解と言うのか、第一~第三楽章で提示した厳しい現実の世界が第四楽章で
鉄琴(グロッケンシュピール)が入る事で唐突に天国的な色彩に変容するあの「変化球」がいまだによく分からないという
感じでもあったりもします。

シベリウスという作曲家は実は大変な長寿でして、チャイコフスキーと活動時期が重なる時期もあり、
1950年代後半にご逝去されるまで90歳近くの天寿を全うされています。
チャイコフスキーとシベリウスは、実は生れた年は25年しか違いがないそうです。
最初にこれを知った時は、「かなり意外なのかも・・」と感じたものです。
チャイコフスキーと言うと、ロシア革命のはるか前の作曲家というイメージがあり、
シベリウスは20世紀の作曲家というイメージがあったからなのかもしれません。
シベリウスが生きていた頃は、マーラーや無調音楽のシェーンベルクとや印象音楽のラヴェル・ドビュッシーが
大活躍していた時期とほぼリンクするものの、彼らの音楽にはほとんど影響を受けずに
シベリウス本人がどうしても伝えたかった北欧の音楽をテーマに据えて生涯作曲を続けられたという孤高の面もあります。
反面、その活躍時期は意外と短く1930年代以降は作曲の筆を絶ち、
最後の交響曲である第7番を残して以降、約35年以上何も作品を残さなかった方でもあったりします。
話によると、交響曲第8番はある程度まで完成はしていたらしいのですが、
最終的には世間には発表する事もなく楽譜も全て廃棄してしまったようなので、
今となっては永遠にその8番を耳にすることはありません。

私自身、クラシック音楽のレコードを生まれて初めて購入したのは、高校一年生の冬の頃辺りだったと記憶しています。
曲目は、ショスタコ―ヴィッチの交響曲第5番「革命」でした!
そして2番目に購入したレコードがオーマンディ指揮・フィラデルフィア管弦楽団の「ロシア名曲シリーズ」で、
ダッタン人の踊り・スペイン奇想曲などが収録されていました。
そして3番目に購入したレコードがシベリウスの交響曲第1番だったのでした!
どうしてその当時、シベリウスの1番に興味を持ったのかと言うと後述しますけど、そこにはやはり私らしい話でもあるのですが、
1981年の山形県で開催された全日本吹奏楽コンクール・東北大会にて青森県代表の八戸高校のシベリウスの1番演奏を
聴いた事に感化されたというのもありますし、八戸高校が自由曲として演奏していたのは、シベリウスの1番の第一楽章で、
第一楽章と言うと・・、そう! 冒頭がティンパニの弱奏トレモロに乗っかる形でクラリネットが、かなり長大なソロを朗々と
吹いていてあのクラリネットの雰囲気が「ほのかなうす暗い情熱」を見事に当時の私のハートに突き刺さってしまったというのが
大きいです。
当時の私は一応はポンコツクラリネット奏者でもありましたので、ああした交響曲の冒頭がクラリネットのひそやかで長大な
ソロから開始されるというのも大変斬新なものがあったと記憶しています。

シベリウスの交響曲第1番は、初期の頃の作品と言うせいもありますが、
シベリウスという作曲家の個性が開花する前の作品ですし、あまりにも有名な2番みたいな
壮大な開放的スケールのエネルギーが炸裂する曲ではありませんし、
どちらかというと北ヨーロッパの長い冬を想起させるようなうす暗い情念に溢れた曲で、曲全体にひそやかでほのかな情熱に
溢れた交響曲たど思います。
あ・・ちなみに、シベリウスが一番最初に作曲した交響曲はこの1番ではなくて「クレルヴォ交響曲」であったりもします。

上記で記したとおり、3番目に購入したレコードがシベリウスの1番だったのですけど、
その購入したレコードは、ベルクルンド指揮・ボーンマス交響楽団でした。
演奏自体は後年聴いたカラヤン指揮の洗練された雰囲気とはちょっと異なっていて、響きがゴツゴツとしていて
洗練さというよりは粗削りみたいな印象すら感じたものですけど、
曲全体の陰鬱な雰囲気・民族的な誇り高き香り・北欧の冬の厳しさを感じた反面、
曲全体を漂う「ほのかな情熱」みたいなものは明確に伝わってきていて、この時点でシベリウスはいいよね~!と
感じたものでした!
曲全体の印象としては、ティンパニの打音が非常に効果的で、バルト海や北海において、
岩に波が叩きつけられるような轟音を何か思い起こしてしまいそうな感じもします。
(特に第一楽章と第三楽章にそうしたイメージが伝わってきますね・・)
「自分はあの娘が好きなのだけど恥ずかしくて告白できない」みたいな
その人の心の奥に潜む「思い」や「情熱」を言葉にできず、そっと自分だけの心にしまっておくみたいな想いが
この交響曲から感じ取る事もあったりもします。

シベリウスの交響曲第一番は、改めて聴くとチャイコフスキーの交響曲の影響はかなり明瞭ではないのかなと感じたりもします。

クラリネットの長いソロで開始されるというのも異色ですし、大変面白い試みだと思います。
うっとりするような第二楽章、ゴツゴツした民族舞曲みたいな第三楽章を経て、
第四楽章に突入していきますが、第四楽章冒頭のメロディーは、第一楽章のクラリネットのソロとほぼ同じメロディーですので、
「循環主題のチャイコフスキーの影響を受けているのかな・・?」と思わず感じてしまいます。
第四楽章は、一番盛り上がる楽章で朗々と歌い上げる中間部は第二番を先取りしているかのような印象すらあります。
最後は、静かにピッチカートで閉じられ、 「陰鬱さ」というものからは開放されない交響曲であったりもします。
シベリウスの交響曲は1番と4番以外は使用される打楽器はティンパニのみなのですけど、1番の第四楽章においては、
かなり盛り上がる部分でシンバル・大太鼓・トライアングルがかなり効果的に使用されているのも大変印象的です。

さてさて、ここから先は少しばかり余談なのですけど、またまた吹奏楽コンクールネタになります。

私自身の育ちは、高校までは主に宮城、そして高校卒業以降は主に関東です。
だけど、実は生まれ自体は「青森県八戸市」だったりもします。
最近はなかなかそうした機会が減っていますけど、全日本吹奏楽コンクールの全国大会のステージに
湊中学校とか八戸北高校等の青森県八戸市内の学校が登場してくると
聴くたびに心の底で「頑張って! なんとか練習の成果を発揮して・・」みたいに祈りたくもなりますし応援したくもなっちゃいます。

やはりこれも一つの「郷土愛」というのかノスタルジーみたいなものなのかもしれないですね。
(今現在は埼玉県在住なのですけど、全国大会のステージに、例えば埼玉栄とか春日部共栄みたいな私立が出てきても
正直、「別にぃ~」みたいな感覚なのですけど、例えば以前、与野高校とか市立川口とか松伏といった公立高校が
登場すると、やっぱり「地元愛」が湧いてきて? 思わず応援したくもなっちゃいます・・笑・・)

1992年の全国大会の高校の部のプログラム第3番に全国大会初出場の八戸北高校が登場すると、
上記みたいな事情もあり、私としてはノスタルジーみたいなものも感じどことなくテンション上がり気味でしたし、
指揮者が佐々木孝男先生と知ると、「あ―――、あの時の・・」という懐かしい記憶も蘇ってきました。
佐々木先生の指揮を初めて見たのが、1981年に山形県で開催された東北大会の高校の部・A部門で、
当時佐々木先生は八戸高校をご指導されていて、この年はシベリウスの交響曲第1番第一楽章と言う
吹奏楽コンクールの自由曲として演奏するにはあまりにも地味すぎる曲ではありましたし、上記で既に述べたとおり、
あの自由曲の冒頭のクラリネットの長大なソロがとにかく大変印象的でしたし、曲自体は大変地味で内省的な曲なのですけど、
とにかくサウンドが荘厳でひそやかで曲全体として「ほのかな情熱」を感じさせてくれる
「静かな熱演」は当時吹奏楽もクラシック音楽もあんまりよく分かっていなかった私の胸にはどこかじーんと響く
演奏であったのは大変印象的でした。

翌年の1982年に福島で開催された時の八戸高校の自由曲はマーラーの交響曲第1番「巨人」第四楽章でしたけど、
あの演奏も優しさと力強さ、甘美さと躍動感といった人としての感情を大変豊かに表現されていて、
マーラーのあの劇的な世界を吹奏楽でも遺憾なく発揮されていたのがとにかく素晴らしかったと思います。

ちなみにですけど、私自身はこのブログで何度も書いている通り、吹奏楽コンクールの自由曲で演奏された
クラシック音楽を聴く事によって
「この原曲はどんな感じなのだろう・・」と興味を持っていったのがクラシック音楽という深い森の中に私自身が迷い込む
きっかけになった訳でして、
(その最大の事例が1982年の東北大会における花輪高校吹奏楽部が演奏したウォルトンの交響曲第1番第四楽章でも
ありました!!)
プロコフィエフ・ハチャトゥーリアン・ラフマニノフ・ベルク・シチェドリン・ブリスといった作曲家を聴くきっかけを作って頂いたのが
言うまでも無く花輪高校の小林先生なのであり、
シベリウス・マーラーの交響曲を聴くきっかけを作った下さったのが八戸高校の佐々木先生だったのです!

うーーむ、やはり私自身は吹奏楽とクラシック音楽は切っても切れない縁としか言いようがないですね・・・(笑)

そうそう、ウィリアム=ウォルトンの交響曲第1番が支部大会以上の吹奏楽コンクールの自由曲として演奏された事例は、
2017年の時点では、1982年の花輪高校と1984年の佐々木先生が指揮された八戸高校という
二つの事例だけです!

あ・・シベリウスの1番の「ほのかな情熱」の話がまたまた脱線してしまい失礼いたしました・・(汗)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

シベリウスといえば

こんにちは。
シベリウスはフィンランドの精神を遺した方ですね。
断筆した時期は国家がソ連の嫌がらせが続いてましたし。
最終的にはソ連との継続戦争が勃発。
一部の領土を失いながらもソ連を倒しました。
ガルパンの継続高校の「継続」の由来です。
ミカたちが乗ったBT-42は、この戦争で活躍しました。

彼の作曲したフィンランディアはフィンランド国民のヤル気を上げました。
この大地を失ってなるものかと。

ソ・フィン戦争

五航戦の愛鷹 様


エルガーの行進曲「威風堂々第一番」が第二の英国国歌と呼ばれ、
スーザの「星条旗よ永遠なれ」がアメリカ第二の国歌とよばれるように
交響詩「フィンランディア」はフィンランドにとっては第二の国歌と言えるのだと思いますし、
あの曲はフィンランドの国民の反骨精神を見事に物語っている名曲だと思いますし、あの曲が一時期
ロシアから演奏禁止処分を食らっているのも頷けると感じられます。

継続戦争は歴史的には第二次ソ・フィン戦争とも呼ばれ、理不尽極まりないソ連からの領土的要求に対して
フィンランドがあそこまで果敢に戦い抜いた事は称賛に値するものがあると思います。
フィンランドとしては枢軸側に加わる事は道義的には不本意だったのかもしれないですけど、
ソ連を倒すという目的のためにはやむを得なかったのかもしれないですね。
そして戦後のソ連からの理不尽な賠償金請求にもきちんと応え、とてつもない短期間で賠償金を完済していたのは、
さすがだと思いますし、ここにもガルパンの継続高校の精神やフィンランディアにも
シベリウスの反骨精神が反映されていると言えるのだと思いますね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4270-29bfb771
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |