プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


バナナってとっても美味しいですし栄養効能も極めて高いミラクル果実の一つだと思いますけど、
その食べ方って生でそのまんま食べるとか、ヨーグルトと合わせるとか
ミルクと合わせたバナナジュースとして飲むとか、はたまたケーキやパフェやお菓子の具材として使用される事が
多いと思いますけど、例えばりんごやオレンジのように「ジャム」として使われることはそれほどはないような気もします。

私自身、トーストを食べる時ってほとんどはバターかマーガリンが塗ってあればそれで十分という感じてしたし、
トーストに甘いジャムを塗られるのもあまり好きではないという感じでもあったのですけど、
当ブログでこれまで何度か書いたようにうちの奥様は大変な甘党でもありまして、トーストを食べる際って、
バターを塗ったトーストに更にシュガーをまぶし、更にさらにその上に甘いジャムをふんだんに塗るのが大好きという
人でもありまして、そんな彼女から影響を受ける形で私も最近ではトーストにそんなに甘く無いあんずやブルーベリーのジャム
ぐらいならそれはそれで美味しいのかな・・?とも感じるようになりました。

だけどそうしたジャムの一つとして「バナナジャム」というのは正直食べた事はもちろん、見た事も無い・・という感じでした。

そうした中、先日ですけど、イトーヨーカドーで買い物中に「セブンプレミアム / 甘熟王ゴールドプレミアム」という
バナナをふんだんに使ったというジャムを発見し、
「へー、こんなバナナを使ったジャムというのもあるものなのだ・・」と興味を持ってしまい、お試しと言う事で
買ってみる事にしました。











「夢を語ろう!」シリーズのこだわりのジャムとの事で、
開発担当の「バナナの果実そのままの味を伝えたい!」という想いと、
北海道の老舗メーカーの「青果そのままの濃厚なバナナの甘み」にこだわった熱い思いと経験に由来する
甘熟王ゴールドプレミアムというバナナ生果が見事に融合したバナナジャムと言えると思います。

甘熟王 ゴールドプレミアムというとスーパーでも見かけますけど、価格はそれなりにしますよね・・
決して安いバナナではないけど味はとてつもなく濃厚で甘みが際立っている見事なバナナだと思います。

そうしたバナナの素材をジャムとしてそのまんま活かしているという印象が強い味だと思いますし、
例えばいちごジャムのようなじっくりと煮込んでジャムにしたという加工品みたいな味ではなくて、「ジャムに加工しても
バナナそのものじゃん!」みたいなバナナの味をそっくりそのまんまジャムとして加工したような味だと思います。
そしてジャムに加工してもあの加工前の濃厚さは健在でして、
トーストとしてパンに塗った場合、印象としては「パンに濃厚なバナナジュースを浸して食べる」という感じすらありそうな
バナナそのものの素材を十分すぎるほど引き出した素晴らしくおいしいバナナジャムと言えると思います。

これはトーストとしてだけではなくて、例えばクラッカーの上に乗っけたり、ロールケーキのようにスポンジケーキの上に
このバナナジャムをまぶしてロールで巻いて食べても美味しいと思いますし、
プリンアラモードのような洋菓子に添えても更に美味しさがUPすると思われますし、何かと応用範囲は広そうな感じは
あったりもします。

バナナは3本もお昼に食べたりするとこれだけで正直お腹一杯な感じもありますし、意外と腹持ちがいいから
午後もお腹がすくという事はあまりないですね。

バナナは昔から「ミラクルフルーツ」と呼ばれていて栄養面等での効能はかなり高いようですね。

バナナは炭水化物が多く、しかも消化もいい果物。ブドウ糖、ショ糖、果糖をたくさん含んでいるので、
即効性に加え持続性もある効率の良いスタミナ源と言えると思いますし手軽にエネルギー補給ができる果物なのだと思います。
バナナ自体にもともと食物繊維がたっぷりあるといわれていますけど、
牛乳と一緒に食べることで、整腸作用に加え、余分な老廃物が身体の外に出やすくなるとのことです。

バナナはそうした元々がすてきな素材なのですけど、そうした素材をジャム化する事でもっともっと応用範囲が広まりそうな
気もしますので、もしも皆様から
「バナナジャムをこんなレシピに応用してもいいんじゃないの・・?」みたいなものがあれば是非教えて頂ければ幸いです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

バナナのジャムってあるんだぁ〜
トーストonlyの人には栄養もあっていいかも♪
スイーツにも使えそうだし♡

コーディネーター「三丁目孝行」って
人の名前なのかしら?
それともペンネームかしら?σ( ̄^ ̄)

バナナジャム

napo 様


バナナジャムというのは今までありそうでなかったという意味では大変斬新な商品だと思いますし、
トースト以外の使用でもかなりの応用範囲はありそうですね。

三丁目孝行というのは、セブンの商品開発担当の会社の担当者のハンドルネームとの事ですけど、
こうした商品を創造する斬新さは素晴らしいと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |