FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


私自身、あんまりというかほとんどアルコールは飲まないし
(というか最近本当にめっきりアルコールに弱くなってきたような感じがします・・学生の頃って一時期
「タダ酒だけならいくらでもはいる~」という感じもあったのですけど、最近はビール500ml缶でほろ酔い~ですね・・笑)
外で飲むという事は会社の忘年会とか打ち上げぐらいなものですし、ましてや家で呑むという事はほぼ皆無ですね。
せいぜい真夏のお風呂上りにビールを一缶キュ――ッと飲み干す程度で、家でおつまみ片手にぐいぐいと飲みまくる
と言う事はないと思います。

現在の20~30代の皆さまって全般的傾向として「みんなでどこかに呑みに行く」という習慣は私たちが20代の頃に比べると
かなり減ってきているようにも思えますし、それ以前に今の若い世代の皆様は健康志向が強いのか、
以前よりはタバコやアルコールをやらない方が増えてきているようにも感じられますけど、これはむしろ世の中の流れだと
思いますし極めて妥当なのかもしれないです。

だけど反面こうした傾向はいわゆる飲み屋さん関係は現在もそうですけど将来的には大打撃なのかもしれないですし、
確実に言えることは、昭和の頃に比べたら平成の時代の私たちは「アルコールを呑みに行く」という機会は激減している
と言う事なのだと思います。
最近は「所得が増えた」とか「手取りが増えた」みたいな事を実感されている方も増えているといった方が増えているといった
報道をされている事も多いようですけど、そうした恩恵を受けているのは一部の大企業の方に留まっているようにも
思えますし、まだまだ中流から下流までにはそうした恩恵は流れてこないというのが実情だと思います。
そうした事も「外で呑みに行く」という機会が少なくなっている原因の一つのようにも感じられますね。
そして外で呑みに行かないという代わりに少しずつ増えてきているようにも感じられるのが「家呑み」、つまり自宅で
簡単なつまみを用意して、一人さびしくテレビを相手にブツクサと呟きながらお酒を楽しむという事なのかもしれないですね~

さてさて、そうした実情に合わせた形かどうかは分かりませんけど、スーパーやコンビニでも大分お惣菜とは別に
「おつまみコーナー」も以前よりは大分充実してきたようにも感じられますし、以前でしたらするめいかとかピーナッツといった
いわゆる乾燥モノばかりでしたけど、まるで居酒屋のすてきな一品のようなメニューも増えているように感じられます。
冷凍食品においても、そうした実情に合わせる意図があるのすもしれないですけど、
自宅でお酒のつまみにできる商品はここ数年かなり増えているようにも感じられます。
これには、お酒をコンビニやスーパーで買って自宅で飲む「家呑み」が定着しつつある背景もありますし、
従来までの売れ筋の弁当向けの冷凍食品が少子化で頭打ちで、売れ行きが伸び悩んでいる傾向にもありますので、
各メーカーとしては「家呑み用おつまみ」という新市場開拓を図っているのかもしれないですね。

事実、アサヒグループホールディングスが2017年、20歳以上の男女約2100人に行ったアンケートでは、
自宅で週に4回以上お酒を飲むと答えた人は52・9%で8年連続で約5割の水準をキープしているようですので、
確かに若い世代を中心にアルコール自体を飲む機会と量は減っているけど、外では呑まないけど家で適度な量を呑む
という事は今後のスタンダードになりそうな感じもありますので、家呑み用のおつまみを冷凍食品メーカーが企画する
というのは自然な流れと言えるのかもしれないですね。

そうした商品の一つの実例が、味の素冷凍食品がグルメ雑誌dancyuとコラボ開発した、「夜九時のひとり呑み」シリーズ
だと思います。
豚角煮、にんにく空芯菜、よだれ鶏など居酒屋で好まれるメニュー6種類を揃え、電子レンジで調理できるという手軽さが
最大のポイントと言えるのだと思います、
一人で帰宅後に飲む人がターゲットで、一品あたり量を70~80グラムと少なめに抑えているのも昨今の健康志向を
反映しているものなのかもしれないですね。

先日とあるスーパーにてこの「夜九時のひとり呑み」シリーズが200円前後と安売りされていて、しかも期間限定で
Tポイントが50ポイントとかなり高めに付いていましたので、このシリーズはなんだか以前から気になっていましたので、
Tポイントに釣られる形でついつい購入をしてしまいました。












この、「夜九時のひとり呑み」シリーズ、は豚角煮、れもん豚カルビ、よだれ鶏、ヤンニョムチキン、にんにく空芯菜、
揚げ茄子の煮浸しの6品で、居酒屋のメニューでこんなのがあれば注文してみたいっ!というものばかりだと思います!
れもん豚カルビの容量70g以外の5品は80gというのも夜の家呑みと言う事でカロリーをそれなりに考慮したと思えますし、
やはり最近の健康志向というものが反映されていると思います。

dancyu編集部と共同開発した酒に合うことにこだわった味付けがセールスポイントになっているようですけど、
さすがdancyu編集部はちゃんと分かっているよね~!という感じのラインナップになっていると思います。
そしてこのシリーズで凄い・・・と感じさせる点は、
電子レンジ調理向けに調味液と具材が別々に凍結されていて、商品のパック内に詰められている濃縮味しみキューブが
加熱によって最後に溶けて具材に浸み込むというのも商品として、おつまみとしてよく考えられていると
思います。

今回はお試しと思ってまずはれもん豚カルビ、よだれ鶏の二品を実食してみる事にしました。






003_convert_20180512163357.jpg





まずはれもん豚カルビです。

上記で書いた通り、調味液と具材が別々に凍結されており、美味しさと旨みがギュッとつまった濃縮味しみキューブが
最後にとけて具材に染み込みますので、
肉や野菜などの素材本来の食感・彩りを生かしたできたてのおいしさを熱々の状態で楽しめる事が出来ます!
こんがりと焼きあげた豚肉とシャキシャキのキャベツを黒コショウが利いた塩レモンだれにからめて食べる豚カルビは
とても美味しいです!

最初に出来上がったものを眺めてみて私も驚いたのですけど、これって肉だけではないのですね~!

ちゃんとそれなりにシャキシャキ感があるキャベツという野菜が肉と平等に添えられていて、
単におつまみとしての要素ではなくて、夜という事でそれなりに栄養面にも多少は配慮されているんだ~と言う事が
少し意外でもありましたけど、これはとても素晴らしい試みだと思います。
昭和の頃のおつまみとしての肉系の缶詰なんて、缶を開けても肉しか入っていませんし、おまけに脂身まみれで、
どこにも健康の「け」の字にも配慮している様子はなかったのですけど、
さすがに最近の商品は昭和の頃のおつまみとは随分と進化したものだと実感させる一品だと改めて感じたものでした。

味付けもそれほど濃厚では無く、レモンと絡んでいるせいもありますが、さっぱりしているのも一つの魅力だと思います。






004_convert_20180512163418.jpg





続きまして「よだれ鶏」です!

こちらも上記のれもん豚カルビと同様に単なる肉だけのつまみではなくて、しっかりと野菜も添えられているのは
素晴らしいと思います。
花椒が香るコク深く後引く辛さの自家製たれに、しっとり蒸しあげた鶏肉をつけて食べるお酒に合う逸品だと思います。
鶏肉やチンゲンサイがたれに絡みすぎないようにていねいに調理されているという印象がありますね~!
柔らかく蒸しあげた鶏肉とチンゲン菜とたれがバランスよく味わえるのが巧みだと思います。

最初に食べた瞬間は「ちょっとピリ辛なのかも~」と感じるのかもしれないですけど、この辛さが更にお酒をすすめさせると
思います。

これはあくまで私の個人的感想ですけど、れもん豚カルビとよだれ鶏は、おつまみとしては「よだれ鶏」の方が
たれとの絡みやピリ辛という意味で大変優れていると思いますし、
そうですね・・どちらかというと「よだれ鶏」はおつまみとして頂くよりは、白いご飯のおかずとして食べても全然いけると
思いますし、これがあれば「他におかずはいらないのかも~」と感じさせるくらいご飯はモリモリと進むと思います!

それにしてもにれもん豚カルビとよだれ鶏のどちらもが美味しいし、何よりも見た目の盛り付けがとても冷凍食品とは
思えないほど美しいのが大変印象的でもありました!

やっぱり日本の冷凍食品の進化はまだまだ止まりそうもないですね~!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

このシリーズ 美味しそうですね、スーパーで探してみます。
若い人の一人飲みにも 一人暮らしの方のちょっとしたおかずにも良さそうですね。記事がおいしそうに書いていて・・・参考になりました。

冷凍食品とは思えないですね~。最近はお酒を飲まない人も増えているので、これはあくまで違うメーカーが販売しているものでしょうが、お酒を出しているメーカーはこういったものを作ってしのいでいくしかないのかな、ってなんとなく思いました。私自身はお酒も飲めない上に、こういった冷凍食品もアレルギーで駄目なので、ぜひともアレルギーの私でも食べられるようなおつまみをメーカーさんに販売してもらいたいです^^

おつまもとしてもおかずとしても・・

tugumi365 様


この商品は多分ですけど冷凍食品コーナーに普通に置かれていると思います。
埼玉ではどのスーパーでもほとんど置かれていました。

このシリーズは特に「よだれ鶏」のピリ辛が際立っていると思いますし、
ビールにもレモンハイにも、ごはんのおかずにも全て合うと思います!


おつまみ

八咫烏(全力稼働中) 様


アルコールの消費量減ということは、おかずとか乾きモノの消費量の減にもつながりかねないと思いますので、
お酒のメーカーだけに留まらず、雑誌・冷凍食品メーカーがこうした知恵を出し合う事は
すてきなことだと思います。

それにしてもアレルギーをお持ちだと色々な意味で制約が課せられてしまい大変ですよね・・

こういうおつまみがあるってことは
ひとり呑みが増えたってことですね(^-^)
昔のおつまみは焼き鳥の缶詰とかだけど
それに比べたら、はるかにオシャレで
美味しそう♪(⌒▽⌒)
あっ!私、下戸ですけどね(笑)

見た目が全然違う!

napo 様


むかしのほていの焼き鳥の缶詰は脂まみれで見た目もあんまり気持ちのいいものではなかったと思いますけど、
最近は見た目からしてこんなにも整然として「美しい」という印象すら与えているのはすてきな進化だと
思います。
それでいて味も申し分ないし、特によだれ鶏はおつまみではなくてむしろご飯のおかずとしても最適だと
思います。

一人酒はむなしいけど、こういうのなら悪くは無いのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |