プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


当ブログでは時折登場してくる「ガールズ&パンツァー」カテゴリですけど、
「ガールズ&パンツァー」は第1~2話もとても面白いのですけど、第3話のグロリアーナとの練習試合という実践から
更に俄然面白くなり、最終回・第12話の黒森峰女学園とのまほ-みほの姉妹対決まで
見ている人を飽きさせる事なく一気にグイグイたたみかけるように物語が進展していったと思います。

「ガールズ&パンツァー」は基本的にはむさくるしい男はほぼ登場せず、
可愛いかわいい女子高生の皆様が終始大活躍する作品でもありますけど、
こんな天使のように可愛いJKさんと男臭くて油臭くて危険極まりない「戦車」の組合せの意外性・ギャップこそが
「ガールズ&パンツァー」の最大のヒット要因だと思いますし、
「ラーメン大好き小泉さん」における金髪美少女がラーメン食べまくりというあのすてきな意外性と共通性はあるのだと思います。






c0a94898_convert_20150818171435.jpg


b323c702_convert_20150818171409.jpg





「ガールズ&パンツァー」第5~6話は、大洗女子とサンダース大学付属高校との試合が展開されます。

でもこの試合は、最初からサンダースが圧倒的に有利なんですよね。

一回戦は最大10台まで戦車を使用できるのですけど、当然サンダースは10台をフルに使用します。
一方大洗は、戦車道を学校として再開したばかりと言う事で元々5台しかありませんし、
大洗の戦車は全て旧式であるのに対して、サンダースは最新式装備を有していて、
最初から5対10の数で圧倒的に不利だし、火力・装備の面から考えても実は大洗女子に勝てる要素というのは一つも
無かったと思います。しかも大洗のメンバーは初心者ばかりですからね・・

しかも、サンダースは「お金持ち学校」である事をフルに活用し、何と、通信傍受用の無人飛行船まで打ち上げています!
そのため、みほが隊長として各戦車に様々な指示を無線で出しているのですけど
それが全てサンダースには突っつ抜け状態でしたし、序盤の段階では、みほが出す指示は相手に読まれ切っているため
全てウラを書かれて待ち伏せ攻撃にあったり、おとり作戦に誘導されたりと相当散々な目に遭ってしまいます。
この状況では普通はかなり凹んでしまうと思うのですけど、みほ自身「なんかおかしいのかも・・」と気が付き、
空を見上げると飛行船が浮かんでいて、そしてみほは全てを察する事になるのです。

サンダースのケイ隊長は、元々がフレンドリーで策略を用いる事を本来良しとはせず
正々堂々とした戦いを求める傾向にあるお方なのですけど、
副隊長の一人でフラッグ車の戦術担当でもあるアリサは、ケイに内緒でこうした通信傍受飛行船を打ち上げてしまうのです。
第6話においては、みほの戦略によってこのアリサの戦術は破綻しどんどん追い詰められていくのですけど、
アリサが逃げながら半べそ状態で自身のプライヴェートの男運の無さとか「タカシはなんで私の事を見てくれない・!?」などと
半分公私混合状態で喚き散らしながら逃げ惑う光景は第5話の流れから見てしまうと、実に胸がスカ―――ッとしますし、
アリサに対しては、「策士策に溺れるの典型だね・・・!! ざまーみろ!!」とこちらが喚き散らしたくなるほどの
爽快さがあったりもします(汗・・)

「ガールズ&バンツァー」は全編に「戦車」が登場する関係上、行軍のBGMとして吹奏楽の「マーチ」が
かなり頻繁に登場しています。
マーチ以外でも、色々な音楽がBGMとして登場し、例えば対プラウダ戦では、「ロシア」という事もあり
BGMとして、
チャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」~行進曲とか金平糖の踊りの部分が使われています。
また戦車の行軍の際のBGMのロシア民謡「カチューシャ」は、「ロシアそのものじゃん!」と感じたものでした。

そうそう、BGMと言えば、上記で述べてきた全国大会初戦のサンダース大付属の試合において、
BGMとして流れていたのは「リパブリック讃歌」でもありました!
この曲、日本では「ヨドバシカメラ」のCMソングとしても有名ですけど
「おたまじゃくはカエルの子、ナマズの子ではありません」でおなじみの童謡の元歌でもあったりします。

ここからいきなり「クラシック音楽」の領域に入りますが、
アメリカの作曲家にアイヴズというとんでもなく偉大な方がいるのですけど、
アイヴズが作曲した「ホリディシンフォニー」という曲の中でも、
この「リパブリック讃歌」が、「これでもか!!」という感じにかなり執拗に引用され、
かなり大胆な効果を生み出しています。

アイヴズというと交響曲第4番という音楽史的に大変価値が高い大胆な実験的作品があり、
この交響曲第4番はあまりにも複雑すぎて最低でも二人の指揮者がいないと演奏不能という感じの曲なのです。
私も一度だけこの交響曲第4番を生で聴いたのですけど、同じ舞台上に指揮者が二人いて、
一人は右サイドを指揮し、もう一人は左サイドを指揮されていて、同じ曲をリアルタイムで同時に演奏しているのに
指揮者が二人もいるという実にとんでもない作品でもあったりします。
交響曲第4番は、様々なマーチ・俗謡・民謡・流行曲を引用し、
同時に全く違うメロディーが鳴り響くというとてつもなく大胆不敵な部分があったりもします。
この曲、間違っても一つの部分だけに辻褄を合わせると必ず演奏に破綻が生じ、
次から次へと引用されるどこかで聴いたことがあるマーチや俗謡に対しては
一気呵成に曲を展開させていかないといけない大変な難曲でもあります。
この曲を指揮する場合も演奏する場合もそうなのですけど、
「軽薄な気持ちでマーチをぶっ放していく」という感覚が必要なのかもしれませんね。

同様な事が「ホリディシンフォニー」でも言えます。
こちらの曲の場合、交響曲第4番ほどの精密さ・難しさはありませんので、
「リパブリック讃歌」→おたまじゃくはカエルの子のメロディーは、割とすんなりと入ってきますけど
かなり執拗に「おたまじゃくはカエルの子」が引用されていますので、難しいと感じるよりは「なつかしい・・」という気持ちの方が
強いのかもしれないです。

アイヴズは、 エール大学の音楽学部を卒業しているのですけど、
卒業後は、「不協和音の為に食いっぱぐれるのは真っ平御免」という不滅の名言と共に保険会社に就職し、
その後自ら保険業の事業を起こし、その仕事の傍ら細々と発表される当てのない曲を書き続けていたという方なのです。
で、その作風もかなりユニークなものがあり、
あるメロディーを奏でている最中に突然、マーチ・讃美歌・ポピュラーソングなどが乱入し、
複数のメロディーが同時にがなり立てあうという面白い事をさらりとやってのけています。
アイヴズが楽壇で認められるようになったのは、
73歳の時、交響曲第3番「キャンプの集い」というアイヴズにしてはかなりおとなしめの作品で
ビュリッツアー賞を受賞した時以降なのですけど、 その際アイヴズは、
「この曲は少年用だ!! 私はとっくに成人している」と相当むくれていたという逸話が残されています。
ちなみにアイヴズの奥様の名前は、「ハーモニーさん」という方らしいのですけど、すてきなお名前ですね・・・(笑)

上記でアイヴズの交響曲第4番やホリディシンフォニーについて触れさせて頂きましたけど、「引用」と言う意味では
「カントリー・バン・ドマーチ」という作品もこれは只者ではない要素に溢れていると思います。
4分程度の短い曲なのですけど
アイヴズのエッセンスが見事に短時間に凝縮されていたような おもちゃ箱みたいな曲だと思います。

冒頭もいきなり耳をつんざくような壮絶な不協和音から開始されるのですけど、
そこから次から次へとどこかで聴いたことがあるようなメロディーの断片が出てきます。
一例をあげると・・・

〇ロンドン・ブリッジ

〇ジョージアを超えて

〇主は冷たい土の下に

〇マイオールド・ケンタッキー・ホーム

〇ヤンキー・ドゥードル

〇自由の叫び

〇行進曲「忠誠」

〇イギリス敵弾兵

などなどです。

く4分程度のマーチに次から次へと色々なマーチ・ポピュラーソングの断片が表れては消えていきます。
途中で、金管楽器による妙に軽いノリの部分もあったりしますし、オーボエの可愛らしいメロディーも登場したりもします。

「何だかよくわからないけど、何か面白い」といった感じの曲としか言いようがないですね~!

私、この演奏一度だけ生で聴いたことがあります。
1994年の全日本吹奏楽コンクール・関東大会の大学の部で、筑波大学がこのアイヴズのマーチを演奏していました。
生で聴いても実際よく分からないのですけど、「闇鍋」をごった煮しているような感じもありましたし、
よく分からないけど、とにかく「人間の生きるエネルギー」みたいなものは不思議と感じたものでした。

私自身は、この曲、シンクレア編曲による吹奏楽版しか知らないのですけど
一度管弦楽版を是非聴いてみたいですね。
吹奏楽版ならば、フェネル指揮/東京佼成の素晴らしい録音が残されています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |