プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


クラシック音楽の領域における「タムタム」とは「銅鑼」(ドラ)の事であり、更には広義の意味では「ゴング」と言っても
宜しいのではないかと思います。
つまりはクラシック音楽の用語的には、ドラとタムタムはゴングと同一楽器であり、
三つ楽器の名前があるけど実は全て同一楽器という事と言えると思います。

本記事の一つ後の記事が、dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれたプリパラ特集でもあるのですけど、
この中で、じゅのん・ぴのん・かのんのアイドル三人組は実は真中のんというキャラが演じている同一人物であると言う事を
テーマにもさせて頂いているのですけど、
クラシック音楽の楽器の中にも「実は同一・・」みたいな事もあったりするものなのですね・・(笑)

本記事においては、「ドラ」という名称で統一して話を進めさせて頂きたいと思いますけど、銅鑼(ドラ)とは、
直径80㎝~110㎝前後の円く平たい大型の金属製打楽器であり、
マレットで叩くと「ゴーン」とすさまじい大音響を放ち、管弦楽曲で激しく盛り上がる部分で
使用されると大変な演奏効果をもたらすことが多いです。











ドラは弓の的のように、中央部と周辺が真っ黒に塗られていることが多いです。

ドラは普通の打楽器の瞬間的な打撃音とは異なり、ゴーーーンという余韻が持続することに特徴があります。
普通は少し大きめの撥やマレットで叩きますが、
金属棒とか弦楽器の弓とかブラシでタムタムの表面をこすると、何やら神秘的な音になる場合もあり
現代音楽の作曲家達がよくこうした奏法を指定しています。

ドラは、例えばレスピーギの交響詩「ローマの松」~アッピア街道の松など大音量を発する曲に特に威力を発揮します。
反面例えば、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴~」終楽章のように
最弱音で使用されることもあり、この場合は「不気味さ」・「死」を暗示するものとして、
とても弱い音なのですけど大変な演奏効果をもたらす場合もあったりします。

だけどやっぱりドラは、一般的には大音量時にその威力を遺憾なく発揮すると思います。
叩き方としては、例えば「ローマの祭り」~Ⅰ.チルチェンセスのように単音で強打する場合もありますし、
ハチャトゥーリアン/交響曲第3番「シンフォニーポエム」やマーラー/交響曲第2番「復活」~終楽章とか
ウェーベルン/六つの管弦楽曲などのように
「ロール奏法」としてppからfffに時間を掛けて盛り上げていく場合もあります。

中には面白い例としてレスピーギ/教会のステンドグラス~大天使聖ミカエルのように
ラストでドラのソロ的一撃がゴーーーンと強打され、ドラの余韻と共に曲が閉じられるというものもあったりします。

ドラが大活躍する曲ってどういう曲があるのかな・・?と考えると、下記のような曲が思い浮かびます。

〇ストラヴィンスキー/バレエ音楽「春の祭典」

〇オルフ/世俗カンタータ「カルミナ・プラーナ」

〇ホルスト/組曲「惑星」~火星

〇ムソルグスキー=ラヴェル/組曲「展覧会の絵」~キエフの大門

〇レスピーギ/交響詩「ローマの松」・「ローマのの祭り」

〇ショスタコーヴイッチ/交響曲第5番終楽章 同/ 交響曲第7番「レニングラード」

〇マーラー/交響曲第1番「巨人」~終楽章

〇メシアン / 「トゥーランガリア交響曲」 同 / 我、死者達の復活を待ち望む

〇コープランド/ 市民のためのファンファーレ、およびこのファンファーレを冒頭でほぼ引用した交響曲第3番~終楽章

など色々ありますけど、ほとんど20世紀以降の作品ばかりですね。

吹奏楽の分野では、管弦楽以上に効果的に使用されていますけど、私的には誰が何と言っても
ネリベルの「二つの交響的断章」の使われ方が大変インパクトが大きいです。
リードの「オセロ」では、第一曲・前奏曲においては、曲の閉じられ方はドラのすさまじいロールで閉じられるのですけど
例えば1981年の天理のように、楽章の終了と同時にタムタムの音を遮断させた場合もありますし、
87年の札幌白石のように、ロールのすさまじい盛り上がりから10秒程度余韻を残した場合もあり、
そのあたりは指揮者の好みによって色々と解釈の余地はありそうですね。
吹奏楽邦人作品では大栗裕の「神話」が大変印象的です! そしてクラリネットのソロが静粛に響いてるバックで、
1987年の市立川口高校のドラ奏者は、トライアングルの撥のような金属的な棒でドラをチーンと鳴らしたり、
ロール奏法で凄まじい大音量を持続させたりと、「さすが信国先生の解釈は細かいね~、ドラの扱いもこんなに
細かい所にまで配慮されている・・」と当時感心したものでもありました。

改めてドラが効果的に使用されたクラシック音楽について考えると、最も効果的に使用された曲でいっちば~ん!に
思い浮かぶ曲はレスピーギの交響詩「ローマの松」~Ⅳ.アッピア街道の松だと思いますし、
同時にこの「アッピア街道の松」はクラシック音楽上、「最も大音響の威力が発揮された曲」の一つであるのは
間違いないと思います。

生の演奏会を聴くと一目瞭然ですけど、「アッピア街道の松」の部分には「バンダ」とという金管楽器の
別動隊(トランペットとトロンボーンから構成)が ステージ外からスタンドプレイで演奏されることが多いです。
日本フィルのサンデーコンサートの場合、東京芸術劇場の二階客席からバンダが突如現れ、私のほぼ目の前で
バンダ部隊が演奏していて驚いたことがあります。
サントリーホールの場合、パイプオルガンの奏者の椅子近辺からバンダが吹いていることが多かったようにも思えます。
バンダというのは、視覚的にも聴覚的にも大変な演奏効果があり、
ステージからの音とバンダの別動隊の音は、ほんの瞬間的なものなのですけど、音のタイミングに
ずれが生じ、それが聴いていて、「あ、何か遠くから鳴っている」とか 「ステージとは別の次元から音が響いてくる」など
感覚的な面白さは感じます。

そうしたバンダの効果もあり、「アッピア街道」の後半は「華麗なる音の絵巻」とか「なんてったって大音響!」とか
「豪快」など色々な形容詞を付けることが出来るくらい、 聴くだけでスカッとするものが多々あると思います。

上記にて「大音響」と記しましたけど、 要は「大音響」というのは、単にfffの数値目標ではないと思うのです。
弱奏部分と強奏部分のダイナミックスレンジの幅の広さだと思いますし、強弱の落差の幅だと思うのです。

「アッピア街道の松」も前半は、バスクラリネットやコールアングレのソロの部分もかなりウェイトを占めていて、
こうした弱奏部分が後半のfffを引き立たさせているとも感じられます。
交響詩全体的にも、ⅠとⅣはかなり鳴る曲なのですけど、
特にⅢの「ジャニコロの松」の涼しくて清らかな静かな楽章があるからこそ、
Ⅳの「アッピア街道の松」が映えると思うのです。

そうした意味では大音響の魅力とは、ダイナミックスレンジの幅の広さの魅力と換言出来るのかもしれないですね~!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ドラ

ドラは効果的に使われますよね~

吹奏楽で私が衝撃を受けたのは、「アルメニアン2のロリの歌」でしょうか。次にネリベルの交響的断章、メキシコの祭りⅠ楽章と続く気がします。

ほかでも、トライアングルのビーターで「シャッ」という音を出すのに仮面幻想(1987年の川口)やこの地球を神と崇めるなどで使われていたと記憶しています。

大栗作品とリード作品は必ず使用する印象ですw
管楽器奏者が打楽器のヘルプに回る時、一番簡単な楽器であると思いますね。私自身も3回はコンクールでたたいた記憶があります

ドラ

まったく 様


アルメニアンダンスパートⅡ~Ⅲ.ロリからの歌の冒頭の二か所のドラの余韻は
壮絶に鳴り響いていたのは私も大変印象的ですし、
ネリベルの「二つの交響的断章」はドラの響かせ方に関しては市立川口よりは80年の東海大学第一高校の個性的で
豪快な響かせ方も大変印象的でした!

89年の市立川口の「仮面幻想」は管楽器はこの年は珍しく粗いけど、ご指摘の通りパーカッションセクションへの
細かい配慮は素晴らしいものがあったと思います。
都立永山の「この地球を・・」もそうでしたけど、95年の「我、死者達の復活を・・」の複数のドラの豪快な響かせ方も
大変印象的でした!

私の出身中学校は、エリクソンの序曲「祝典」の際に、パーカッションが足りなくなり、後半のコーダ以降は、
ファゴット奏者が全員パーカッションになっていました~(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4264-cdcde63f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |