FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「光の三妖精」とは、日の光の妖精・サニーミルク 、月の光の妖精・ルナチャイルド 星の光の妖精・スターサファイアという
3名のポンコツ妖精ちゃんから構成された仲良し3人組で、
3人とも霊夢の博麗神社の境内内にある巨木に棲み付いていて、3人で共同生活を送っているだけでなくて、
常に三人でつるんで行動し遊び、そして霊夢をはじめ人間たちにいろいろなポンコツなイタズラを仕掛けている存在で
あったりもします。
ルナチャイルド(月の光)やスターサファイア(星の光)に対して、サニーミルクだけ夜と関係ない属性なのですけど、
どうして他の二人と仲がいいのかは不明との事です・・
幻想郷の世界においては、妖怪・妖精等の種族は基本的には単独行動をする事がほとんどで、仲間とつるむとか
集団生活をするという事自体大変珍しい事でもあったりしますので、この光の三妖精たちの存在感はある意味において
異質とも言えると思いますし、個性という意味では際立っていると思います。





荳牙ヲ也イセ_convert_20170504145015




「光の三妖精」というと当ブログではサニーミルクをメインに何度か登場していて、そのポンコツ振りを皆様と共に
楽しまさせて頂きましたけど、光の三妖精が主に活躍しているのは「東方三月精」という公式漫画でありまして、
光の三妖精が東方公式ゲームとして登場していたのは、チルノが主役でチルノが唯一の自機を務めていた「妖精大戦争」
のみでした。
しかも意外な事に光の三妖精の三人は、これまでのところ公式フィギュア化というものは全くされておらず、そもそも論として
サニーミルクたち光の三妖精は東方の公式グッズ自体が極めて少ないというのは、サニーミルクはともかくとして
東方の創造神であられるZUN神主様よりあんなにもルナチャイルドがお気に入りという割には、随分と冷遇されているのかも~
と実は以前から感じていたものでした・・(汗・・)

だけどそうやって冷遇されていた(?)光の三妖精たちにも、今年に入ってついに念願の「春」が訪れました!

ま、これは実は既に昨年の話ではあったのですけど、昨年の5月辺りに
「東方三月精の公式漫画本に初回限定版として漫画本+光の三妖精のちびフィギュア3体がセットされて限定特別販売決定!」と
ニュースがリリースされていて、東方ファンというか、多分そんなにはいないはずの(?)光の三妖精ファンの皆様を
狂喜乱舞させたものですけど、予約受付は昨年8月までで、実際にその予約をされた商品が届けられるというのは
今年に入ってからなのでした。

だけどねぇ~、この件に関しては正直私も思いっきり判断に迷ったものです・・

確かに今まで光の三妖精のグッズがほぼ皆無だっただけにこうした公式グッズというのは大変貴重なものが
あるのは分かるのですけど、問題はその価格だったかな・・

限定版の価格は「本+フィギュア3体」で4536円(税込)。
コミック単品は842円(税込)なので、(4536-842)÷3=1231円という事で、1体あたり約1231円という金額が
果たしてどうなのかなぁ・・とやはりふと思ってしまいますし、
確かに珍しい公式グッズなのだけど、光の三妖精関連で4536円の出費をするくらいなら、艦これのプライズ系フィギュアを
8~10体程度を購入した方がいいのかも~とも思いましたし、
光の三妖精グッズよりもこいしちゃんフィギュアや早苗さん関連グッズが欲しいよぉ~と色々と迷った結果、
結果的に予約受付期間が経過してしまった・・という感じでした・・(汗・・)





006_convert_20180503165100.jpg





そっか・・・

この種の特別仕様の豪華本というのは、漫画本のおまけとしてフィギュアが付いてくると考えるとなんか損した気分にも
なってしまうのですけど、
フィギュアのおまけとして漫画本が付いてくるとある程度割り切って考えた方がいいのかもしれないですね・・

そうした中、先日でしたけど最寄駅近くのブックオフを何気なく散策していたら、なんと・・!

この「東方三月精」の豪華仕様特別限定版の中で、漫画本だけが切り離されて、なぜかしりませんけど
おまけの光りの三妖精たちのフィギュア3体のみが販売されていました~!
しかも価格は999円! 一体辺り333円+税という事で前述の一体1231円よりもめちゃくちゃお買い得でしたし、
新品未開封状態でもありましたので、ついつい購入してしまいました!

こんなひょんな形でしたけど、結果的に私にとって初めての「光の三妖精」の公式グッズが無事に入手できて
とてもよかったです!

今回はサニーミルク・ルナチャイルド・スターサファイアの3人だけですけど、東方三月精は第四部の新連載が再開されて以降、
ここに「クラウンピース」というヘカーティア様の配下であり地獄の気が狂った妖精でもある新しいキャラが登場していて、
実質的に三妖精というよりは四妖精としての活動が多くなっていますので、次回は是非クラウンピースも
公式グッズ化を実現して欲しいです!
(そういえば、地獄の女神のヘカーティア様や純狐の公式グッズもあまり展開されていないのはちょっと勿体無いです・・泣)






008_convert_20180503165155.jpg






そうそう、光の三妖精フィギュアは上下のプラスチックケースに梱包されているのですけど、上と下を開封する際に
力を入れすぎますと、羽パーツがあちこちに飛び散ってしまい、私のように探し回るのに大変な思いをする羽目になりそう
ですのでご注意は必要です。

ちなみに光の三妖精たちはそれぞれバラバラの羽を背中に付けていて、しかもご丁寧な事に上下で羽が違っていますので、
この3人の羽が一度混合してしまうと
「あれ・・これってサニーミルクの羽だっけ・・? それともスターサファイアだったけ・・?」と迷ってしまう事にも
なりかねないので開ける際は細心のご注意を・・とお願いさせて頂きたいものです。
ルナチャイルドの羽だけは極めて特殊ですのですぐに分かってしまいます・・(笑)

羽パーツの付け根及び差し込み口は全て異なる差込口形状をしているのはありがたいのですけど、差し込む時、
特にサニーミルクは中々うまく差し込めず結構苦戦しました・・
これって単なる個別の不良品だったのかな・・??











サニーミルクはとにかくめちゃくちゃ可愛いです!
光の三妖精の中では一番妖精らしい感じがしますし、オレンジ色を基調としたフォームとか
金髪のセミロングとか、その金髪の両側を赤いリボンで二房のツーサイドアップで括っているとか満面の笑顔がかわいいとか
いかにも「太陽」らしい明るさがにじみ出ていますね!
そして何よりも、サニーミルクは、あの「八重歯」がポイント高いと思います!!

このフィギュアでもサニーミルクのかわいらしさと八重歯の魅力は十分伝わっていると思います!

明るくて元気一杯ですし、表情が豊かなのが実に素晴らしいと思いますし、
このフィギュアからも「さーてやるぞー!」とか「なんかすてきなイタズラを思いついてしまったー!」みたいな生き生きとした
雰囲気が滲み出ているように思えますね!

昼間のサニーミルクは屋根の上で昼寝をしていたり、道端で堂々と寝ていたりするのも、なかなかお茶目な所がありそうです。
ほとんどの場合、人間や妖怪から棒でつっつかれて叩き起こされている設定も楽しいものがありそうです。
こうしたかわいい妖精ならば、人を迷子にさせちゃうのが得意なサニーミルクのいたずらに何度引っ掛かっても
あんまり文句は言えないような気さえしますね(笑)






CIMG1533_convert_20180506161303.jpg





続きましてルナチャイルドです!

ちょっとジト目の雰囲気とか栗のような口の再現も素晴らしいですし、何よりも髪のくるくるロールの再現も
見事に決まっていると思います。

ルナチャイルドは妖精全般の傾向とは微妙に違うのが興味深いです・・否! 違うというよりはどこかずれている感じがします。
そういう不思議でミステリアスな「何か」は間違いなく持っていると思います。
他の妖精とはどこか違っている雰囲気もこのフィギュアからもどことなく伝わっているようにも感じられますね。

具体的にどのあたりが他の妖精、仲間である「光の三妖精」のサニーミルクたちと違うのかと言うと少し列挙してみると

1.自称、「三月精の頭脳」(?)のサニーミルクというポンコツ頭脳が立案するイタズラについては、
  かなりダメだしをしていて、サニーミルクの計画に対しては懐疑的な事が多い。
  このポンコツ三人組の妖精の中では一番クールで理性的ですし、初期設定は三人の中で最も残酷であるというものが
  ありましたけど、この残酷設定はいつの間にか忘れられているようにも思えますね・・(笑)

2.朝は、(コソ泥をしてきた)珈琲豆でコーヒーを飲み、その傍らで「文々。新聞」を読んでいる。
  知性においては妖怪や人間等と比較すると一歩も二歩も劣る「妖精」にしてはかなり珍しい知性的な趣向・・・

3.妖精は基本的には自然現象としての存在なので、朝が来れば目覚め、夜になれば休息するという「自然の流れ」に
  沿っているのだが、ルナチャイルドは、「夜行性」の傾向が強く、
  夜になると単独行動を開始し、夜はいずこかをフラフラと飛び回っている。
  そして一方朝はめっぽう早くて、他の二人よりも常に早起きしている。
  というか、ルナチャイルドは一体いつ寝ているのでしょうか・・・??

4.蛍光灯や人形・ぬいぐるみ等の「人工物」を拾い集めるクセがある。
  基本的には妖精は自然現象そのものなので、そうした元の自然にないものを収集するという行為そのものが
  妖精としては極めて異質である

ルナチャイルドは、他の妖精、例えば、サニーミルクとかリリーホワイトやチルノ・大妖精などと比べると
妖精としての特性が極めて不自然というのか異質というのか、他の妖精たちとは決定的にどこかずれているのかな?と
思わせるところが多々あったりするようにも感じられます。

そうしたミステリアスなところがZUN神主に愛され、更にはゆかりんからも「あたなが一番妖怪らしい」と言わせしめている
理由なのかもしれないですね。





CIMG1534_convert_20180506161340.jpg




続きまして、光の三妖精の中では実は最もノリがよくて尚且つ要領がよくて、料理も上手で
「妖精の中ではいっちば~ん!のお嫁さん候補」とも一部で言われているスターサファイアです!

スターサファイアは、とってもノリがいいですよね!
サニーミルクの「こんないたずらどう?」という提案に対して、毎回ノリノリに真っ先に反応するのは
大抵の場合スターサファイアであったりもします・・
イタズラが露見し真っ先に逃亡を図るのも、当然、このスターサファイアです(笑)
霊夢の博麗神社内に忍び込み、酒瓶があるのを発見し、それを3人でコソ泥する際に霊夢に見つかり、
その時に唯一瓶を手にしていなかったのはやっぱりスターサファイアであったりして、
スターサファイアのこういう妙に賢いところは本当に素晴らしいし大好きですね!!
(対照的に、大抵転んで逃げ遅れてとばっちりを食らうのはルナチャイルドであったりもします・・笑)
スターサファイアは一度ルナチャイルドに対して、
「それは違うのよ、ルナ。私達はルナを信頼しているから置いていくのよ!」とか何とか言っていましたけど
いや―――! こういう能天気なノリはとっても見ていて気持ちがいいもんですね!
見た目がなんか(サニーミルクと違って)いかにも「賢い」みたいな雰囲気も有しているのですけど、実際には
サニーミルク以上に無鉄砲でのんきなのはスターサファイアなのかもしれないですね~
そしてスターサファイアの魅力的な点は、かなり「家庭的」である点なのかな・・・?
三月精の中では、よくスターサファイアが調理をして、テーブルに食事を運んできているシーンが見られますけど
あれを見てしまうと、「三月精の中ではあなたが一番お嫁さんタイプ!!」と叫びたくもなってしまいますよね・・・(笑)

少なくともサニーミルクよりは賢いと思います・・・(笑)
確かに要領がいいというのか、他の二人よりは悪知恵が働くというのか、意外としたたかみたいな雰囲気が
あるのも面白いですよね。

スターサファイアのあの「さらさらの腰まである黒髪でぱっつんヘアー・黒い瞳・大きな青いリボン」は、
特に可愛いですよね!!
これは一部で既に囁かれているのですけど、スターサファイアのあの雰囲気は、
どことなく永遠亭の輝夜に似ている感じもありますよね。
というかあの二人は親子というよりは姉妹みたいな雰囲気もあるのかもしれないですね~

このスターサファイアのフィギュアからは、黒髪の前髪ぱっつんとか悪知恵が働きそうないかにも悪だくみをするのかも~という
雰囲気が見事に伝わっていると思います!





CIMG1536_convert_20180506161535.jpg





3人精揃いです!

サニーの元気一杯の様子、ルナチャのちょっと不思議な雰囲気、スターの悪だくみしそうっぽい雰囲気など
三者三様の雰囲気や個性が見事に発揮されたフィギュアだと思います!

このシリーズが発売される時は、次回は是非クラウンピースやチルノも一緒にセットして欲しいですね~!





runachacha_convert_20120715160339.png






さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
dream fantasyのすてきな管理人の
アミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです。

上記は光の三妖精フィギュアレビュー記事でしたけど、今回はその一角、ルナチャイルドを転載をさせて頂きたいと思います。
ちなみに上記のイラストのルナチャイルドはアミグリさんが2012年7月に描かれた作品です。

東方の世界は、どちらかというと妖怪=強者 妖精=ポンコツみたいな雰囲気もあるのですけど、
そうしたポンコツ妖精の中で「他の妖精とはちょっと違うし、どことなくミステリアスな雰囲気を持っているのかも・・」と
感じさせるのがこの「ルナチャイルド」なのです!

アミグリさんが描かれたこのルナチャイルドは、ルナチャイルドのミステリアスな感じやどこなく神秘的な雰囲気を
ブルートーンを基調にされる事でうまく引きだされていると感じます。
どことなく憂いを感じさせるのは、光の三妖精のなかでも「月の光」をベースにしている妖精だからと言えるのかも
しれないですね。
ひたすらおバカで明るく能天気なサニーミルクは、まさに「太陽の光」をベースにしていますから、
サニーとルナの雰囲気の違いは、太陽という「明るい表の世界」と月という「裏の世界」の違いと言えるのかも
しれないですね。
そうした月の「裏の意味」を感じさせるミステリアスなルナチャイルドだと思います。

そしてルナチャイルドの最大の外見的特徴でもある、あのクルクルロール巻髪もとても丁寧にかわいらしく細かく描かれて
いるのもとても素晴らしいと思います。
このルナチャイルドがどことなく神秘的に感じさせてくれるのは、アミグリさんがこのルナチャイルドを描かれていた
2012年という時期がアミグリさんにとっては「淡い作風の時代」とも重なっていて、この作風とルナチャイルドのミステリアスさが
絶妙にマッチしていたとも思います。

上記のアミグリさんが描かれたルナチャイルドのイラストは、
その権利は全てルナチャイルドのイラストの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品や上記のオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!

是非宜しくお願いいたします!!

→  dream fantasy

さてさて、明日・・日曜の当ブログは光の三妖精に続きまして、またまた東方関連のすてきなフィギュアのご紹介です!

そしてそのレビューフィギュアは珍しく(?)プライズ系ではなくて純粋なメーカー正規品ですので、ちょいと造型が
違うのだと思います。
そしてここにもアミグリさんの描かれたイラストも登場してきますので、どうか明日の当ブログも何卒
宜しくお願いいたします!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

妖精ですか^^現実世界にいても、とんでもなくいたずら好きそうなイメージですが、この光の三妖精はそのなかでも特に元気がありそうです。フィギュア、三体セットだと考えると、実にお得ですね^^ただ、細かな羽なんかは、私はどこかにやってしまいそうですが^^;

コソ泥する妖精

八咫烏(全力稼働中) 様


光の三妖精は、霊夢の博麗神社に忍び込み、神棚にお供えされているお神酒をコソ泥したり、
はたまたあの恐怖の吸血鬼のレミリア様の紅魔館にも侵入し、メイド服に着替えてパーティーのご飯をパクついていますので
すごい妖精でもありますね~
ちなみに博麗神社の境内で泥酔して爆睡していた時は、霊夢にケリを叩きこまれていてタンコブ作る羽目に
なっています・・(笑)

ミニフィギュアですので、羽が混合するとエライ目に遭いそうですね・・

こんばんは。

私はやっぱり黒髪ぱっつんのスターサファイアが「いっちば~ん!」なのかもしれません。

身長は10cm位でしょうか。 これくらい小さい子になるとパーツも小さいですね。 そして紛失しやすいです。今まで何回なくしたことか。。。

久々にこれくらいの大きさの小さいドールを撮りたくなりました。
早速明日にでも撮ってこようと思います。

実は約6㎝!

冬音 様


三者三様のミニフィギュアですけど各キャラの特徴が見事に表現されていると思います。

スターサファイアの黒髪前髪ぱっつんはとてもかわいいですし、あの3人の中ではいっちば~ん!まともなのかも
しれないですね~(笑)

ちなみにこのフィギュアは本当にちびっこくて高さは6㎝程度のちびっこです。
公式漫画版で描かれている姿もやはりちびっこくて、霊夢・魔理沙の大体肩程度の身長というのは妖精という種族のせいなのかも
しれないですね。

是非ぜひ冬音様のブログでもちびっこいドールのレビューを見てみたいです!
楽しみにさせて頂きたいと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4256-deed9cb5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |