FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「何を今更・・」みたいな感じですけど、「ラーメン大好き 小泉さん」のメインヒロインの小泉さんって本当にすてきな美少女JK
なのですけど、やっぱりどこかヘンですよね・・(笑)
一例を挙げると・・

〇基本的には無愛想で無口で、クラスメイトとも談笑しているシーンはほぼ皆無

〇自分から積極的に話しかけることは皆無だけど、ラーメンの事を聞かれるととてつもなく饒舌になる

〇異性にはまるで興味なし・・大阪でナンパされまくっていても男には全く関心を示さない

〇転入試験はかなり好成績で悠たちの高校に途中から編入してきたものの、ラーメンに夢中なあまり結果的に
 学期末試験で試験中なのに爆睡し、追試を受ける羽目になってしまう・・

〇異性ばかりか同性とのコミュニケーションもほぼ皆無・・小泉さんにとてつもなく興味を示し何かと話しかけてくる大沢悠は
 基本的にはガン無視状態・・

〇食べるものはラーメンばかりで、ご飯におかずという食生活はほとんどしていない・・稀にご飯もの・寿司・定食を
  食べている事はあるけど、その際もほぼ100%ラーメンがセットされている

〇一度にラーメンを5~6杯食べている事も珍しくなく、それでいて小泉さん本人が「満腹でこれ以上食べられない・・」という
  シーンは皆無で、実はとてつもない大食い疑惑が周囲から起きているものの
  小泉さん本人には「自分は実は大食漢である」という自覚が全く無い

〇一日ラーメン4~5杯食べている事はざらなのに、なぜかあの美少女スリム体型を維持している

〇小泉さんの家庭環境やこれまでの経歴は一切不明・・それどころかいまだにフルネームすら明らかにされていない

〇なぜかドイツ語は堪能・・

うーーむ、クラスにこんなミステリアスな美少女転校生が編入してきたら、そりゃ、大沢悠でなくても小泉さんには
興味津々になってしまうのかもしれないですね~(笑)
この作品で、悠の他に中村美沙や潤も小泉さんと一緒にラーメンを食べているシーンは何度かあったのですけど、
基本的にそうした場合はラーメンは1杯程度です。
だけど大沢悠の場合はとことん小泉さんに付き合っていますので、悠も普通に短時間でラーメンを4~5杯程度一緒に
食べている事になりますし、悠のいとこの大沢絢音も大阪で小泉さんと一緒にラーメン4~5杯程度を完食していますので、
もしかしたら大沢家の血筋にも小泉さん並の大食いの血が流れているのかもしれないですね~! (笑)






辟。鬘契convert_20180505144628





「ラーメン大好き小泉さん」第8話の冒頭には、中村美沙と大沢悠のすてきな水着シーンから開始されていましたけど、
あの時の美沙の「早く背中にオイル濡れよ~!」オーラは面白かったです!
というか、小泉さんの水着は見たかったですね~!
(回想シーンでちらっと登場していましたけど、あの小泉さんの半ケツは素晴らしかったです~! 汗・・)

それにしても大沢悠は、美沙と二人で海に来ていても考えているのは小泉さんの事ばかりでしたね~! (笑)

美沙 : にしても、小泉が来ないのはいつものこととして…潤まで欠席とはねー。水着になるの恥ずかしいんだって

悠 : あーあ…二人の水着姿見たかったなー

美沙 : 美沙ので充分でしょ!

美沙 : うーん、潤の方は多分…図書館でしょ。夏休みに入ってから毎日通ってるって言ってたよー

悠 : 潤は本大好きだもんねぇ・・

この会話から示唆されている通り、潤は夏休みの間でも学校の図書館に通い詰めていて、読書&勉強三昧というのは
実にクラス委員長らしい話でもありました!
そうした潤が図書館で出会ったのは、意外にも・・? 小泉さんだったのでした~!












潤 : 休み中は学校の図書室って勉強しやすいよね。町の図書館だと何気に混んでるし。どう?宿題のレポート進んでる?

小泉さん : 実はあまり・・

潤 : そもそも将来のことって言われてもね。先生は好きや得意を仕事にすれば良いって簡単に言うけど…

潤 : 今から小説家になれるとは思えないし…母親と同じ出版業だと希望する部署に配属されるとは限らないみたいだし…
    成績で見ると理系の方が有利だけど、直結する職業がいまいちピンと来ないし…

小泉さん : 大変ですね

この流れの中での小泉さんは、潤の話はほとんど聞いていませんし、小泉さんのあの「大変ですね」という
いかにも他人事・・そんなの私には知ったこっちゃない・・という無関心オーラはとっても楽しかったです!
ちなみにどうして小泉さんが図書館にいたかというと、言うまでもなくラーメンに関する調べものです・・(笑)

そして潤と小泉さんの会話の流れから二人は、ご当地袋麺を取り扱っている店へと行く事になります・・・

潤 : へー袋麺にもいろいろあるのね。ウチの親の帰りが遅い時、よくお世話になってるよ。なんか買って帰ろうかな

小泉さん : 私はここで食べて帰ります

潤 : え?ここで?インスタントをお店で食べるの?

小泉さん : 私の場合、自力で作ると大体失敗を犯すので…

そう・・! このシーンでもって小泉さんの「実は全く料理ができない疑惑」が沸き起こったのでした~! (笑)
冒頭にて小泉さんのミステリアス要素を列挙しましたけど、その中に
「ラーメンを食べるのは大好きだけど、実は料理というか・・ラーメンを作る事は全くの苦手であまり興味が無い・・
それ以前にインスタントの袋麺すらも小泉さんは実はあんまりうまく作れない・・」という
小泉さんのまさかの「料理下手」というのが発覚したのでした~!!

というか・・インスタント袋麺をどうやって失敗するのでしょうか・・? そんな疑問点は下記にて小泉さんが
自らの体験話を語っています・・

そうですね・・それよりも料理できない小泉さんはやっぱりかわいいですねぇ~! (笑) 

うん! 小泉さんはラーメンを作る方ではなくて「ラーメンを食べる事だけ」にしか興味が無いという事なのかもしれないですね~!






d5fc4098-s_convert_20180505141536.jpg


b0958c6e-s_convert_20180505141518.jpg



2cbca4c8-s_convert_20180505141242.jpg


7f2e8783-s_convert_20180505141307.jpg




9544334d-s_convert_20180505141449.jpg


7f2e8783-s_convert_20180505141307.jpg





小泉さん : それに…インスタントは作り方一つで味が変わってしまうのです

小泉さん : 何度苦渋を味わった事か…

潤 : 料理…苦手なんだ・・・


まぁ確かにねぇ・・、小泉さんの言い分は何となく分かりますし、お湯を注いで3分程度待つだけのカップ麺と違って
袋麺は、器にあらかじめ粉末または液体スープを溶かしておいたものを準備する必要がありますし、
その器のスープの温度がぬるいとラーメン自体をまずくさせてしまいますし、麺をゆでる時間の調整とか
具をトッピングするのにモタモタしてしまうと麺がのびてしまうとか、確かに面倒な面は多少はあるのかもしれないですけど、
一体どこをどう間違えればインスタント袋麺を作るのに失敗するのか不思議で仕方がないという
一般人の感覚は、小泉さんには通用しないのかもしれないですね~ (笑)

というか、小泉さんの料理下手というのは、もしかしたら小泉さんのドイツ語堪能とか海外にも何度か行ったことがあるという
点から判断すると、小泉さんは意外と・・?? 財閥系の御令嬢とか名門家庭のお嬢様というのが
その正体なのかもしれないですね~(笑)

ま・・それ以前に小泉さんはそうした謎に溢れていてミステリアスな雰囲気がいっちば~ん!なのかもしれないですね・・(笑)

そしてこのシーンにおいて、小泉さんはまたまた例によって袋麺について熱く語りだしてしまいます・・

動物繋がりだと愛知の西三河地方のキリンラーメンシリーズも。キリンの他にペンギン、イルカ、アザラシの水族館シリーズ。
ノンフライ麺でヘルシーなべっぴんシリーズもあります。
そして東三河地方のポンポコラーメン、両方優しい家庭の味が楽しめます・・・

あまりにもあのシーンが長セリフですのでここでは割愛しますけど、小泉さんのラーメン愛はすさまじいものがあるという事ですし
小泉さんはラーメンを作る側というのではなくて、食べる専門要員という立ち位置であるのは
ほぼ確定ですね~!

潤の「長い…と言うかなんで全部の味を知ってるの?全部実食済みって事…?」という心の独り言は
視聴者にとっては「その通り~!」としか言いようがないのだと思いますね~!






34975ee2-s_convert_20180505141418.jpg






潤 : 小泉さんってさ…やっぱり、将来はラーメン屋関係だよね。だからいつも食べ歩いて味覚を鍛えたり、
     ラーメンについて日々見識を深めたりしてるんだよね。なんだか…ちょっと尊敬しちゃった・・

小泉さん : …え?

潤 : え?

小泉さん : えっ?

潤 : え?

小泉さん : 特になにも考えてませんが?

潤 : そ、そう…

うーーむ、この流れの中での小泉さんの「私が興味あるのはラーメンだけ!」というオーラは素晴らしかったですね~!






00065ef7-s_convert_20180505141336.jpg





小泉さん : と言うか…むしろ、何も考えられなくなります。こうして…ラーメンを食べていると・・

潤 : で、小泉さんは将来の夢って何なの?

小泉さん : 秘密です・・

やっぱり小泉さんは「ラーメンを食べる事」が小泉さんにとって最大の幸せという事なのでしょうね~!


さてさてその数日後の事・・・

悠: 潤から貰った袋麺…微かに小泉さんの香りがしてるよ?
潤 : えっ!?

うーーむ、小泉さんは「ラーメン大好き」なのですけど、大沢悠はやっぱり「ラーメンを食べている小泉さんが大好き!」という
事なのでしょうね~!
というか潤がお土産用に購入した袋麺から小泉さんの香りを感じ取ってしまう悠の小泉さん愛も壮絶なものがありそうですね~!


最後に・・・

確かにインスタントラーメンの袋麺を作るのに失敗する方がどちらかというと珍しいとは思うのですけど、
インスタントはインスタントでも「焼きそばの袋麺」はかなり厄介な面があると思います・・!

カップ麺としての焼きそばは、確かにお湯を注いで3分程度待ってお湯を捨ててソースを掛ければ「はい、出来上がり!」
みたいな手軽さは大変素晴らしいと思いますし、あのソースのスパイシーな感じも決して悪くは無いと思うのですけど、
やはり麺自体がどことなく水分を一杯含んでふにゃふにゃしている・・みたいな感じもしなくはないと思います。
(私自身は、カップ麺の焼きそばは3分待たないで2分半程度でお湯を切り、少し固めの感じの方が
「水っぽくない仕上がり」で美味しいと思っています・・)

袋麺の焼きそばは、屋台でお馴染みのように熱い鉄板の上でジュ~ッ!と焼き上げるものではないですし、
どちらかというと「煮る」みたいな感じもなくはないのですけど、
やはりそれでもフライパンを使用して「火」を使う事には間違いはありませんので、
その辺りがカップ麺としての焼きそばとの違いで、そんなに水分でべた~ッとしていないとか
水分が多すぎみたいな事もないという理由なのかもしれないです。
確かに屋台の鉄板みたいな熱々感はないかもしれないですけど、一般家庭でもスパイシーな感じの焼きそばを
食べることが出来るというのは大変ありがたいものがあると思います。

だけど、こうした袋麺としての焼きそばの調理に当たって一つだけ難点があります。

それが何かと言うと、フライパンに一定の水を入れ沸騰させ麺を投入し、水が無くなるまで煮詰めていくのですけど、
その過程の中でどうしても麺自体がフライパンにこびりついてしまい、
食べた後に、フライパンに残された麺の残骸が何となくですけど
フライパンにこびりついているミミズのように見えてしまい(汗・・!)
あのフライパンにこびりついた麺をゴシゴシと取り除くのはなんか面倒くさいですし抵抗がありました・・・

あれってなんか上手い方法はないものですかね・・・?

袋麺の裏面の「作り方」においても、確かその辺りの注意点は何も書いていなくて、
私自身も袋麺焼きそばを作る際には、しゃもじ等でお湯と麺をゆっくりゆっくりかき混ぜながら煮詰める感じで
作っていったのですけど、最後の仕上げの段階で水分がほぼゼロになりかけた辺りで、例え火力を弱めたとしても
結局は麺がフライパンにこびりついてしまうのですよねぇ・・・

そこで・・・!

私が思いついた方法は下記の三つです!

1.フライパンではなくてラーメンで使用する「鍋」を使う方法

 これはですね~、「煮詰める過程でこびりつく」というのなら、最初から大きめの鍋で袋麺としての焼きそばを
 茹で上げていき、麺が柔らかくなってきたな・・と思ったらそこで火を止め、お湯を全部切り、
 あらかじめ油を引いて熱しておいたフライパンでキャベツ・もやし・ニンジン等の野菜を簡単に炒め、
 その上に上記の鍋で茹でておいた麺を投入し、付属の粉末ソースを入れて完成という感じです。

 これは結構手間が掛るせいもあり、鉄板で作る焼きそばに近い味を再現できると思います。

 だけど・・・結果的に鍋とフライパンとお皿を洗わないといけないから、後片付けの楽さという意味では
 ほとんどメリットがないのかも・・・?

2.フライパン自体に、所定の作り方として書かれている水の3倍近い水を入れ沸騰させ、そこに麺を投入し、
  麺が柔らかくなってきたら、煮詰まる前にお湯を全て捨てて、その上に粉末ソースを掛けるという方法も
  あると思います。
 人によっては、袋麺の良さはその「煮詰める」所にあり、麺としてのうまみが凝縮されている(?)水分を捨てるのは
 邪道みたいに書いている人もいるようですけど、
 果たしてあの水分にそんなに「旨味成分」なんて入っているのかな・・・? (笑)

3.電子レンジを使う方法

 これは最近試してみました!

耐熱性の容器に袋麺の焼きそばとキャベツ・にんじんを投入し、ここにお湯を掛けます!
袋麺の場合、約3分程度煮詰めていくのですけど、電子レンジの場合は2分程度の短めで全然OKです!

そしてお湯を切り、付属の粉末ソースを絡めて完成です!

そうですね・・・簡単さと後片付けの楽さの観点で言うと、3の電子レンジを使用した方法の圧勝と
言えるのかもしれないですね・・(笑)
だけどそうまでして作る袋麺の焼きそばは、確かに後片付けは楽かもしれないけど、それじゃーカップ麺との違いは
どこにあるの・・?と言われると、あんまり反論の余地はないのかもしれないですね・・・(汗・・!)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ドイツ語が喋れるってのが、よくわかりませんね^^;おいしいの好きな人って、案外料理できるイメージがありますけどね^^;まあ、全員が全員そういうわけでもないでしょうが。料理好きで、あまり外食しない人はけっこういるような気がします。小泉さんが料理できるようになったら、すっごいこだわりのラーメンとか作りそうですよね^^

小泉さんは「私、食べる人」なんでしょうね~(笑)

八咫烏(全力稼働中) 様


昔、昭和50年代のハウスのCMにて「私、作る人、ボク、食べる人」というフレーズが流行しましたし、
一部で「男女同権に反する」といって騒いでいた人もいたようですけど、
そういう意味では小泉さんは、「食べる人専門」なのかもしれないですね~

だけどそれが小泉さんのいいところなのだとも思いますね~! (笑)

世間知らずないいとこのお嬢様がラーメンみたいな庶民の味に激ハマりするというのは二次元ではよくあるアレですねw
小泉さんのすさまじいラーメン愛もそうして生まれたものだったりするのでしょうか。
それにしたってインスタント麺を失敗するのは重症な気もしますけど小泉さんくらい美しいお方ならそれくらいのポンコツ要素があってもいいのかも…。

ポンコツ小泉さん・・

schwert 様


小泉さんの正体って下の名前も含めて原作でも全然未解明でほとんど情報なしというのが、逆にますます
すてきなミステリアスな美少女振りを盛り上げているような気もしますね・・(笑)

私の脳内妄想的には、

1.とてつもない名家でお金持ちま大切な一人娘・・家に帰るとメイドさんたちに「お嬢様~」とか言われていて、
  家ではラーメンは全く食べられないし、家の中ではドレスみたいなものを着用させられている

2.両親は共に海外赴任中で、誰も管理者がいないから好きなようにラーメン食べまくっている

みたいな感じがありそうですけど、
袋麺すら作れないというポンコツ気味の設定は、1の説の根拠の一つになるのかもしれないです。

美少女はこうした謎があった方が素敵ですし、その典型が咲夜さんなのかもしれないです・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |