FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


BanG Dream!(バンドリ!)は2017年1~4月にアニメ化されていましたけど、この時は私はこの作品は視聴していませんでした。

年が変って2018年のお正月休みの際に、夜何気なくボーーッと何気なくテレビのリモコンを弄っていた時に目に留まったのが
東京MXで再放映されていたBanG Dream!(バンドリ!)だったのでした!
しかもこの時は短期間全話集中放映という事で一気に見ることが出来て「あ~、バンドリってこんなに面白い作品だったんだ!」
という事にようやく気が付いたものでした・・(汗・・)

「BanG Dream!(バンドリ!)とは何ですか・・?」とこの作品の事をご存知ない方のために簡単にフォローさせて頂きますと、
月刊ブシロードで連載されている漫画作品をベースにメディアミックスプロジェクト展開されたもので、
その一環としてアニメ化も実現されています。
そうしたプロジェクトの一環としてアニメ化の他にバンドをテーマとしたスマートフォン用アプリゲームへの展開とか
原作・アニメで登場するガールズバンド『Poppin' Party(ポッピンパーティー)』の各担当声優がライブで生演奏&生歌唱を
担当する展開も見せてくれています。
要はアニメ連動型のゲーム・声優ユニット作品という事で、総合的なメディアプロジェクトと言えると思います。

アニメの内容は、本当に一言で述べてしまうと、女子高生に通う5人の少女たちがバンド結成を通して友情を深めていく物語です!

言ってみると「ガールズバンド」をテーマにした作品と言えるのだと思います。

こうした「ガールズバンド」というと真っ先に思い起こすのはやっぱり「プリンセス プリンセス」なのかなぁ・・
(社内で20代の女の子たちにプリプリの事を聞いても「誰それ・・?」という反応の子もいましたから、既にこうした
元祖ガールズバンドの存在とかあの不滅の名曲「ダイヤモンド」を知らないという方も増えつつあるのかもしれないですね・・汗!)
それと21世紀に入って以降「ガールズバンド」と言って真っ先に思い起こすのは「ZONE」だと思います!
プリンセス プリンセスも初期の頃のバンド名は実は「赤坂小町」だったように当初はアイドル路線みたいなものを狙っていた
とも言われていますし、ZONEに至っては結成当時はアイドル路線まっしぐらという感じもあり、
当初は楽器の演奏力はなく、1stシングルと2ndシングルはパフォーマンスの一環として楽器を持っているのみでしたけど、
3rdシングルからは本格的に楽器演奏をはじめ、そこから楽器演奏や歌に付いても相当早いペースでしっかりと学んでいき
最終的には実力派ガールズバンドとなっていったのは、まさに「バンドリ」の5人の美少女達の成長と
被るものが多々ありそうですね~!

アニメ作品においてこうしたガールズバンドと言って真っ先に思い浮かぶのは・・・、そう! 言うまでもなく「けいおん!」
ですよね~!
だけど「けいおん!」の場合は、あずにゃんを除く4人の上級生の皆様たちは、唯・律ちゃんを筆頭に頭のネジが
3~10本程度緩んでいる人達ばかりのバンドというとてつもなくゆるい作品でして、作品としての本筋はバンドではなくて
あくまで日常のゆるさと唯たちのあのポンコツな言動であるというのがバンドリとの大きな相違点だと思います。
娯楽を求めたいならけいおん!をお勧めしたいと思いますし、美少女達の真剣な音楽物語を求めたいのならば
バンドリの方をお勧めしたいと思います。
え・・! 私ですか~? そりゃ「どっちも大好き!」としか言いようがないと思います・・(笑)

BanG Dream!(バンドリ!)は、5人の美少女たちのすてきな成長物語と言えると思いますし、アニメにおいては、
一応最終回でオーディション合格→憧れのライブハウスでの舞台に立つという流れで感動的に閉じられていますけど、
原作も進行中ですし、もしもアニメ第二期があるとすれば、彼女たちの「成功」への物語はまだまだ進行中と
言えるのだと思います。

バンドリの主人公の戸山香澄は、高校に入学し、「高校に入ったら自分が心から大好きというものを何か見つけたい!」
という事で校内の色々な部活を体験し見て回っていきます。
(第1話でも吹奏楽部も登場していましたけど、香澄の心をキャッチするには至らなかったようです・・泣・・)
そうしてキラキラでドキドキするものを探している中、同じ高校の同学年の質屋の孫娘でもある有咲の家の蔵にて偶然
真っ赤な星型のギターを見つけ、それがきっかけとなってガールズバンド結成を目指すようになり、
ここから結成されたのがポッピン パーティーというガールズバンドなのです!
そして最終的に前述の通り、途中の過程で色々とありましたけど、最終的にライブハウスのオーディションに合格し、
ライブハウスでの舞台に立つ事が出来て、まずは夢への第一歩が実現できたという所でアニメとしては最終回を
迎えています。

やっぱり、こういうストレートに何か大好きに事を見つけていきその大好きな事に関わる「夢」への実現に向けて
頑張る美少女達の物語というものは、問答無用に「いいもんだねぇ・・素晴らしいね!」と思ってしまいます!
ま・・これが男たちが主人公でしたら「あっそ・・、じゃテキトーに頑張ってね・・」と終わってしまいそうです・・(汗・・)

さてさて、先日ですけどこのバンドリのメインヒロインの戸山香澄フィギュアを中古品扱いだけど、未開封状態のものを
発見し思わず購入してしまいました!
本記事においては、その戸山香澄フィギュアのレビューを簡単にさせて頂き、後半に dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれたガールズバンドの先駆的作品ともいえる
「けいおん!」のイラストを転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。














戸山香澄を象徴するキャッチフレーズと言うと「キラキラドキドキ!見つけたっ!」と言えると思うのですけど、
そうした常に前向きでポジティヴで明るいキャラで、周りをグイグイと引っ張っていくような雰囲気を有し、
Poppin’ Partyのギター&ボーカルの戸山香澄のランダムスターを手にした豪華バージョンでのプレミアムフィギュア
だと言えると思います!

このフィギュアはいわゆるプライズ系なのですけど、艦これのプライズ系以上の完成度の高さを有していると
思いますし、箱の元絵とほとんど同じ・・否・・! それ以上の完成度の高さを見せているのは特筆に値するものが
あると思います!







002_convert_20180430181015.jpg






このフィギュアの商品概要は下記の通りです。

商品名 : BanG Dream! プレミアムフィギュア“戸山香澄”
種類 : プライズ景品 全1種
メーカー: セガ
発売日 : 2017年6月
サイズ
    箱:縦22cm 横14cm 奥行き8cm
    全長(台座+本体):19cm
    重量(台座+本体):140g

このフィギュアですけど、プライズ系にしては珍しく組立式です。

梱包された初期状態では、戸山香澄には右腕は付いていません・・(汗・・)

肩に背負っているギターもこの状態では備わっていません。

なぜなら戸山香澄のポージングが意外と大きいため、他のプライズ系フィギュアのように最初から仕上がりの状態で
梱包してしまうとスペースを取り過ぎて箱に収まらないという事情があるものと思われます。
この「箱に収まらない」というのは香澄の元気&ポジティブ振りをフィギュアとしても示唆しているのかもしれないですね・・







003_convert_20180430181035.jpg






箱の元絵よりも断然に華やかさと躍動感が光り輝いていると思います!
「キラキラ見つけたっ!」という言葉とこのフィギュアの躍動感はまさにイコールなのだと思いますし、
フィギュアからも香澄の「常に何かを精一杯表現しようと躍起になっている事」というポリシーが見事に伝わってきていると
思います。

そしてこのフィギュアにおいて特筆すべき事は、付属品アイテムともいえるギターの再現度が極めて高いことが
挙げられると思えます、

愛用の星型ギター「ランダムスター」はかなり作り込まれていて精緻な仕上がりだと思います。
そしてこの星型というのは、香澄の小さい頃に「星の鼓動が聞こえた」というエピソードを象徴しているのだと
思えます。
ランダムスターについては、アニメ第1~3話において頻繁に登場していましたし、あれって・・多分質流れ品で本当は
店内にちゃんと保管すべき商品なのかもしれないですけど、あれに一目惚れしてしまった事が全ての始まりであった・・と
言えるのかもしれないですね~!
そして質屋の孫娘の有咲は当初は「あのギターはヤフオクで高く売れそうだから売ってもいいじゃん・・」とも思っていて
一旦は落札されてしまうのですけど、結局は香澄の異常な(?)熱意に負けてしまい、
ヤフオク落札取り消し違約金の540円と相殺する形で香澄に譲渡する事になってしまったのでした~!
というか・・香澄の有咲の質屋の蔵への無断忍び込み自体、あれはあれで立派な犯罪なのかもしれないですね・・(笑)
あのランダムスターへの熱意と思い入れというのは、「ラーメン大好き 小泉さん」にて小泉さんに興味津々のあまり
小泉さんに対するとてつもないストーカーみたいな事すら仕出かす大沢悠に通ずるものがあるのかも
しれないですね~(汗)

ランダムスターも大変高価なギターでしたけど、言われてみると「けいおん!」の唯が手にしているギター、通称ギー太というか、
レスポールスタンダードもかなり高価なものでした!
香澄がそうした高価なギターを手にしても「夢への第一歩」という感じが漂うのに、唯の場合はなんとなくですけど
「豚に真珠・・」という感じもあったのかも・・!? (汗・・)

それにしても、水色を基調とした夏服の制服はかわいいですし、あの涼し気な雰囲気が最高だと思います。

演奏する感じが出た片足を浮かせた足がギュイ~ン♪と舞っているのもすてきです!!







005_convert_20180430181055.jpg






猫耳のような髪型が特徴的なグラデーション塗装もされた茶髪がかわいいです~!
赤い星型の髪留めも香澄の口癖みたいな「キラキラ」を象徴しているような感じもありますね~!

そうそう、戸山香澄の猫耳っぽいあの独特な髪型も大変印象的ですよね!
ちなみにあの猫耳っぽい髪型はかなり頑丈にセットされていて、雨で濡れた程度では崩れる様子もなかったのですけど、
香澄は毎朝あの髪型をどうやってセットしてるのでしょうか・・? (笑)
男性用ポマードで固めているのかな・・?
(全然関係ない話ですけど、1970年代に流行した都市伝説の「口裂け女」はなぜか、ポマードと言うと逃げていくみたいな
話もありましたね・・)







006_convert_20180430181117.jpg






嬉しそうに、そして楽しそうにギターをかき鳴らしている後ろ姿の躍動感は素晴らしいですね!

「ヒロインは後ろ姿が全てを物語る」という言葉を耳にする事もありますけど、戸山香澄のように何か自分のやりたい事を
見つけて、それに向かって一直線に走り抜けていくという雰囲気が、
このすてきな後ろ姿からも漂っていると思います。
躍動で後ろ髪がちょいと跳ねているのもすてきです~!

そして香澄たちの高校の制服の夏服は色が水色と言う事もあり、JKさんたちの爽やかさも見事に示唆されていると
思います!
リアルではJKさんの夏服制服ではさすがにこうしたカラーはあまり目にした事がないから斬新に感じますね~!







007_convert_20180430181138.jpg




009_convert_20180430181200.jpg






上記で書いた通り、この戸山香澄のプライズ系フィギュアは組立式なのですけど、ギターを肩に掛ける際に、
髪の毛と首が邪魔して左肩にギターストラップをのせるのが結構厄介だったりします。

これ、無理にすると香澄の首がもげちゃうような錯覚すら感じるのですけど(汗・・)
香澄の首を右に傾げるようにして隙間を作ってあげて、その隙間からギターストラップを通してあげると
スムーズにセッティングできます。

それにしてもこのランダムスターは見事な出来栄えですね!

香澄が質屋の蔵でこのランダムスターを発見した際に一目ぼれして「やりたい事見つかった・・」と言うのも
なんだかわかる気がしますね~!
あの感覚は、「けいおん!」にて唯が紬の楽器店でギー太を見つけた際の一目惚れに相通ずるものが
多少はあるのかもしれないですね。

そしてランダムスターを手にした香澄の躍動感は圧巻!の一言に尽きると思います。






013_convert_20180430181239.jpg





上記の写真はあえてランダムスターを外した状態での香澄フィギュアです。

夏服制服の水色の上着もとてもかわいいけど白のスカートもとてもよくお似合いであの白さがとても眩しいですし、
夏の雰囲気にとっても合っていると感じました。

香澄はギターを手にしていなくてもすてきな美少女JKさんである事がよく伝わっているようにも感じられます。

そしてランダムスターを手にしていないとなんだかエアギターの大会に参加しているようにも見えますね・・(笑)






012_convert_20180430181220.jpg




愛用の星型ギター「ランダムスター」をかき鳴らす躍動感たっぷりの姿で立体化された見事な完成度の高いフィギュアだと
思います!
キラキラ輝く表情からは、ステージ上の充実感が見事に伝わっていると思います。

東方の妖怪美少女さんや戦う艦娘たちももちろんすてきなのですけど、こうした普通のどこにでもいるようなJKさんが
一生懸命頑張っているこうした姿もとっても尊いものがあるのだと思います!






hirasawayui_convert_20100504143921.png






さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂きますイラストは計3作品なのですけど、上記で「バンドリ!」のフィギュアレビューをさせて頂いた経緯も
あり、バンドリと同じく「ガールズバンド」のアニメとしての元祖とも言えそうな「けいおん!」からのご紹介を
させて頂きたいと思います。
けいおんもバンドリもモチーフは「ガールズバンド」ですけど、バンドリは女の子たちの真剣な成長物語を熱く描き、
けいおんはJKさんたちのゆるい日常をとてつもなくゆるく描いている事が大きな違いなのだと思います。

改めてですけど、「けいおん!」って一番下の後輩のあずにゃんを除くとみんな揃いもそろってゆるくてヘンな人たちの
集合体という感じもありました・・(汗)
唯や律ちゃんのあのとてつもないゆるさとポンコツさの前では秋山澪と紬ちゃんですらまともに見えてしまうのですけど、
澪も紬も結構ヘンな人たちでしたからね・・(汗・・)
その中でも唯のゆるさは際立っていたと思います~!
唯は天然さんでおバカさん系なのですけど、単なるおバカさんという訳では全然なくて、
飲み込みは早いけど忘れるのも早く、そこから復帰するのも早いというスキルの起伏が激しいというのが
唯の特質なのだと思います。
勉強に関しても、赤点かと思ったら追試で100点取ってしまうような極端な子でもあり、早い話が
一度集中したら高い能力を発揮できるが、それ以外のことについては残念な子という感じなのかもしれないですね・・
良くも悪くも天才肌みたいな雰囲気もあり、「バカと天才は紙一重」を地で行くキャラクターと言えるのかもしれないです。

上記のけいおんの平沢唯は、アミグリさんが2010年5月に描かれた作品です。

2010年と言うとアミグリさんにとっては初期作品の頃に相当すると思うのですけど、初期作品でありながらも
こんなにかわいくて唯らしい溌剌さと弾けっぷりをきちんと描き切っているのは「すごいな~!」と感心するばかりです!
今現在のキラキラ作風も私は大好きですけど、こうした初期作品の力強い感じもどちらにも私は魅力を感じるばかりです!

アミグリさんの描かれたこの唯はとってもかわいいなぁ~と思います。

全体的にのびのびと描かれているように感じられますし、他の絵師様が描きがちなように「アホの子みたいな唯」
という感じではなくて、
唯なりに一生懸命前向きに「私だって一応頑張っているじゃん!」みたいな雰囲気を私達に伝えているようにも
感じられます。
唯の瞳のくりくりっとした感じとか夏の制服の爽やかな感じとかプロポーションのよさとか随所にキラリと光るものが
溢れていると思います。

アミグリさんの最近の作風のキラキラとしたプリパラやアズールレーンの作品に目が慣れると
逆にこうした初期作品の「骨太なタッチ」が新鮮に感じられますし、こうした表現形態の多様さと柔軟さと変化の変遷が
アミグリさんらしさの一端を垣間見せていると言えるのかもしれないです。

そうそう、けいおん!のメンバーの皆様たちはなぜか知りませんけど、各自の愛用の楽器にそれぞれ愛称を付けているのも
大変面白いものがありました。

唯のギブソン・レスポールスタンダードの愛称はギー太でしたし、

秋山澪のフェンダー・ジャズベースの愛称はエリザベスでした!

唯と澪のネーミングセンスの違いに二人の違いが表れているのかもしれないですね・・(笑)






21231690_convert_20110830080706.png






続きまして、同じく「けいおん!」からアミグリさんが2011年8月に描かれた秋山澪です。

秋山澪は「けいおん!」の中でも屈指の美系キャラとしても大変名高く、あの独特の姉御口調と黒髪ロングと
萌えの塊のようなあの外見的雰囲気、
そして本人は意外にも寂しがり屋で極度な恥ずかしがり屋でライブ・文化祭での演奏活動等大勢の人の前で
人目に晒されるのが大の苦手であり、更にさらに・・怖い話とか痛い話が大の苦手であるという
まるで絵に描いたかのようなアニメキャラ的萌え要素の塊といった雰囲気に溢れたちょっとヘンな美系少女だと
言えると思います!
アニメではイジられ役に回ってしまうことが多く、かなり確率で貧乏クジを引かされていて、
唯や律ちゃんの引き起こしたポンコツ騒動のとばっちりを食らうのは毎回澪というのも、けいおんのすてきなお約束みたいな
ものだったのかもしれないですね~!
そんな萌えの塊要素のためなのか、秋山澪は2009年度の結婚したいアニメキャラランキング1位を獲得し、
2010年度も1位となりV2を達成という偉業も「極めて当然!」という感じがあると思います!

アミグリさんの描かれた澪ちゃんは、東方の輝夜を彷彿とさせるこの黒髪ロングが大変印象的です!

そして青空の背景とこうした黒髪ロングの美少女との相性はこんなにもすてきなものがあるのだ~!と実感させてくれた
作品だとも思います。
アミグリさんが描かれた澪ちゃんは全体的にモデルさんのようにスラッとしていて、プロポーションの良さが大変
際立っていると感じられるのですけど、同時に澪の恥ずかしがり屋という内省的な側面も同時に
感じさせてくれるものがあり、そのあたりが全体的にとっても清楚で爽やかという印象をもたらしているのだと思います。

そしてアミグリさんが描かれたような秋山澪のあのつぶらな瞳でまじまじと見つめられたら、見つめられた方も
なんだか思いっきり照れてしまいそうな雰囲気もありそうですね。

上記の平沢唯と同様にアミグリさんにとってはかなりの初期作品ではあるのですけど、この初期作品としての
力強さも今現在のキラキラ作品と同様な魅力に溢れていると思います。







keiononon_convert_20120714083016.png





続きまして、アミグリさんが2012年7月に描かれた「けいおん!」の5人全員の集合絵です!

この作品は面白いですね~!

この5人の集合絵を描かれる以前に一度アミグリさんは白黒での5人の集合絵を描かれているのですけど、
確かに上記の集合絵は単色モノトーン絵に近いのですが、カラーが一つ加わるだけで随分と印象が異なるものだと
感じたものでした。
同時にアミグリさんが描かれた唯・律・紬・澪・梓の5人のすてきな女の子たちの「違い」もきちんと一枚の絵を通して
立派に表現されているのは、アミグリさんの絵師として「立派な仕事」と言えるのだと思います!
あずにゃんのツインテの可愛らしさ、律ちゃんの元気溢れるいたずらっぽい雰囲気などが特に際立って
魅力的に感じられます!
全体的に5人のメンバーたちをまんまるにあたたかいふんわりとしたタッチで描かれているので、
見ているだけで「けいおん!」のあのゆるくてポンコツな雰囲気を思い出してしまい、なんだかくすっ・・と微笑みが
自然に湧いてきそうなすてきな作品だと感じたものでした!


上記のアミグリさんが描かれけいおん関連の3作品のイラストは、
その権利は全て上記の作品の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品や上記のオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!

是非宜しくお願いいたします!!

→  dream fantasy
関連記事
スポンサーサイト

コメント

プリンセスプリンセス!懐かしいですね~、小学校のころの運動会は、彼女たちの曲で演舞したものですよ~。すごく良い曲をたくさん出していましたね。未だに歌詞をおぼえているものもありますよ。すっごく懐かしく、良い時代だったと思います。
腕のないフィギュア、見た瞬間、びっくり!!^^;まあ、仕様ですからしかたないですけど、物ではあるとは言え、人型の物がどこか壊れているとドキッとしますよね^^;アミグリさんの5人集合の絵、とってもよいです。並々ならぬセンスを感じますね^^

ダイヤモンド

八咫烏(全力稼働中) 様


え・・!? カラス様って実はそんなに若い方でしたっけ・・?? (汗)

プリプリの曲の頃が小学生とはちょっと意外でもあります・・(汗)

当時はああしたガールズバンド自体が珍しかった事もありますけど、楽曲自体大変魅力的なものが多くて、
後世でも口ずさまれる曲として残って欲しいものですね~!

バンドリフィギュアですけど、実物がかなりデカいせいもあり、分解しないと箱に収まらないという事で
こうした形になったのかなと思います。
あのギターの精度の高さも特筆に値するものがあると思います。

アミグリさんのけいおん!イラストをすてきにお褒め頂きありがとうございます!

5人の特徴が一枚のイラストにギュギュと詰まっていて、見ていてとても楽しいものがありますね!

バンドリ!

こんばんは。
バンドリはローソンでのコラボが多いですね。
今度はパ・リーグとのコラボですが。
どうせ福岡まで始球式に来ないよねぇ。
もう悲観的です。

そう言えば・・

五航戦の愛鷹 様


そう言えば最近でもローソンではバンドリとのコラボキャンペーンを展開していましたね~!

先日拝見させて頂きましたバンドリとパ・リーグのコラボはすてきですね!
マリーンズ担当が香澄でなくても別にいいじゃん!とすら思えるようになりました。

交流戦に入って以降のホークスはかなり持ち直してきましたのて、これからが楽しみですね!

付属アイテムのギターまでしっかり作り込まれているあたりこだわりとレベルの高さが現れていますね。ギターを構えている姿がかっこかわいく決まってます…!
バンドリはJKバンドということでけいおん!みたいな感じなのかな~と思って見てみたのですがちょっと重めのお話なんかもあってまた違ったタイプの青春アニメでしたね。

アミグリさんはけいおん!の集合絵も描かれていたのですね。なんともゆるふわな軽音部メンバーでしたけどこの集合絵は優しいタッチもあってさらに心温まるような一枚になっていると思います。

バンドリ!

schwert 様


けいおんはどちらかというと日常ゆるめ作品と言えるのかもしれないですし、バンドリ!の本質はどちらかというと
「ラブライブ! サンシャイン」の方向性の近いようなものがあるのかもしれないですね。
ラブライブでもバンドリでもとにかく夢に向かってすてきに頑張るJKさんは素晴らしい!という事なのだと思います!

アミグリさんの描かれたけいおんをすてきにお褒め頂きありがとうございます!

5人のあの集合絵は5人それぞれの個性を見事に表現されていて、温かいタッチの中にも違いを感じさせるものが
あると思います!



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4247-b0012a75
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |