FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


本記事の一番最後に巡音ルカ×ドルフィードリームというボークス社による素晴らしきルカ様のドール記事についても
触れさせて頂いていますけど、実は東方Projectにおいても、霊夢・魔理沙・咲夜さん・妖夢・チルノという繊細なドール化が
実現されたことがありますが、あのようなフランス人形を彷彿とさせるあのすばらしいドールの世界では、東方キャラとして
もっとも相応しいキャラ」とは誰かを考えた時、一番しっくりくるのは、
幻想郷のすてきな人形遣いのアリス・マーガトロイドと言えるのかもしれないです。
そのくらいアリスは「お人形さん!!」に相応しい雰囲気を有していると思います。
アリス本人はそうした人形を自由自在に操る人形遣いでもあるのですけど、
本人が幻想郷ではいっちば~ん! 「お人形さん」らしい雰囲気を有しているのは間違いないと思います。

やや長身の設定、金髪、ブルーの瞳、頭のヘアバンドみたいな赤いリボン、 青のワンピースのようなノースリーブに、
ロングスカートの着用というのは、東方の「すてきなお人形さん」みたいな雰囲気そのものだと思います。

アリスのボークス社でのドール化はなんとか実現して欲しいものですね~!









g8802170.jpg





「東方Project」のアリスって本当に美少女だと思います!

東方には、フランちゃん・こいしちゃん・咲夜さん・霊夢・妖夢・早苗さんうどんげちゃんなどとっても可愛くてすてきな美少女が
たくさんいるのですけど、アリスの美少女振りは突出しているような感すらあると思います。

アリスの能力は言うまでもなく「人形を操る程度の能力」なのですけど、アリスの究極の目標は
自分の意志を持ち自分の意志で動く、完全な自立人形を作るという事でもあるそうです。
現時点でのアリスの力では、アリスが人形に命令すれば自立しているかのように動かせるものの、
定期的に命令し直さなければならなくて、それ以上に達するにはまだ修行不足という事らしいですね。

「東方非想天則」では「自分で考える人形より、自分で操った方が便利なような気がしてきた」と言っていて
人形の完全自律化に疑問視するようなセリフを述べていたのは実は興味深いことであったりもします。
その点は本記事の一つ前のストラヴィンスキーのバレエ音楽「ペトルーシュカ」という記事でも少し触れていますけど、
「心を持ち、自分の意志で考え行動する人形」の作成に成功したとしても、
人形自体が「自らの存在意義」について悩んだり、主の意志に背く行動を取ってしまったり、挙句の果てには
「こんなつらい気持ちになるなら最初から人形自体に心なんかいらなかった」なんて事を言われたとしたら
一番悲しくなってしまうのは、他ならぬアリス自身ですからね。

東方において、「人形」については、東方五大老と言われる皆様からもアリスに対して色々と興味深い指摘がありました。
永琳は「人形が自由に操れるのは魂が宿った状態だから」と述べていましたし、
ゆかりんは、「人の形をした物には心が宿る。それは妖怪と何が違うのかしら?」とかなり本質に迫るような事を
言っいたのは大変印象的です。

アリスは東方では「魔法使い」という位置づけをされているのですけど、魔理沙・パチュリーさんみたいな魔術使いとは
ちょっと違っていて人形遣いとし特化しているのはアリスの特徴だと思いますし、アリス自身が今後どのような
人形を創り出していくのかというのはアリス自身の成長と合わせて大変楽しみな所でもあります!

上記でちらっと「ペトルーシュカ」の話が出てきましたけど、「ペトルーシュカ」は、「心を持った人形の苦悩」をテーマにしていて、
「心を持った人形と言うのは、人間とどこに違いがあるのか、ペトルーシュカとはそもそも一体何なのか?」
といった「哲学」のようなものをテーマにしていたと思います。
尚、ペトルーシュカについてもっと知りたいという皆様がもしもいらっしゃったとしたら本記事の一つ前の記事を
ご覧頂ければと思います、
ペトルーシュカについて少しばかり深く考えてみると、ペトルーシュカの想いというのは、
「こんな嫌で辛い思いをするのだったら最初から人の心を持つという魔法を掛けられない方がよかった!・・」といった
ペトルーシュカのある意味「悲痛な心の叫び」みたいなものすら感じてしまう事になる訳でもありますけど、
それはつまり、
人の心を有した「人形」には、実はあまりいい未来は待っていないみたいな事を示唆しているのかなとも感じてしまいます。
そしてこの「人形」という言葉は、今現在においては「ロボット」という言葉に置き換えても差し支えは
ないのかなとも感じております。
ペトルーシュカの場合、元々自らに魔法を掛けた魔術師に対して「反抗心」とか「反発」とかを覚え、
仲間の人形に嫉妬し、更に仲間のバレリーナという人形に横恋慕をしてしまい、結果として振られて失恋してしまうという
結果として、人間らしい感情と心を持ってしまった事が悲劇的な結末を迎えていますので、
そうした意味においては、「人形」には人形としての本分があるのではないのかな・とも思ってしまいます。
「ペトルーシュカ」とは、人形としての本分を逸脱してしまったゆえの悲劇という事なのかもしれないですね~。

それに対して、
アリスの人形というものは、アリスに対して反発の心を有したり、アリスの意図に沿わない事をしでかしたり、
使い手であるアリスそのものに人形が攻撃を仕掛けていくという事は100%ありません。
ペトルーシュカの場合は、魔術師が人形に「魂」を吹き込んだ結果として生まれたものですけど、
アリスの人形は、人形自体に「心」はそれほどなくて、アリスの「見えざる糸」によって意のままに操られる存在であり、
そうした違いの有無がペトルーシュカの悲劇を生んだとも言えるのかもしれないですけど、
アリスの人形というものには、「心」というのか「魂」がそれ程多くは存在しないから、ある意味、
人形にとっては楽と言えるのかもしれないですし、その方が幸せなのかもしれないですし、
扱っているアリス自体も楽なのかもしれません。
なぜなら、「人形」というものは、やはり元々が「人によって操られるべき存在」と言えるのかもしれないですからね。
むしろその方が人形にとっては「幸せ」と言えるのかもしれません。
そうした意味においては、アリスとアリスの人形と言うのは、まさに「表裏一体」・「心身の一体」と言えるのかも
しれないですよね。

アリスの人形たちには少しばかりの感情は有していて、使い手のアリスに対しては「アリス様、大好き!!」みたいな
うっすらとした感情みたいなものは持っているのは何度か提示されていますけど、
繰り返しになりますけど、そうした関係性の方が「人形」にとっては「幸せ」とも言えると思いますし、
やはり人形とは本来はそうしたものだと思いますし、元々が人によって「操られるべき存在」であるべきなのかも・・と
改めて感じてしまいます。






繧九°_convert_20180430171551




繝ォ繧ォ讒論convert_20180430171611





ドルフィー・ドリーム (Dollfie Dream)とは、株式会社ボークスによって製造、販売されているドールなのですけど、
アニメやゲームのキャラクターを再現した完成モデルが多いのが特徴なのですが、
全体的には「フランス人形」と間違えてしまいそうなとにかく上品で繊細できめ細かい仕上がりで
価格がとてつもなく高いのですけど、 その「価格の高さ」すら「この完成度なら極めて妥当・・」と思わせるくらい
完成度がすさまじく高いです!!
チルノが59000円、咲夜さんが56000円、霊夢が55000円で、妖夢が62000円でした~!
このシリーズは、イベント販売・直販・通販でないと購入出来ないのでけど
とにかく大変人気が高くてこれだけ高い価格設定ながらも、ほとんどが短時間で完売というのも分かる気がします。

2018年4月現在で、このシリーズが実現化されたキャラは、霊夢・魔理沙・妖夢・咲夜さん・チルノの5人だけなのですけど、
全員その完成度はすさまじく高いと思います!
私個人としては最高傑作は霊夢だと思います!! チルノはその次に素晴らしいと思います!
というか、あの霊夢は精緻で、「製図」みたいな完璧さがそこにはあるような感じがあり、フランス人形みたいな仕上がりだし、
「美的限界」に達するような感じすらあると思います

Dollfie Dream×東方ProjectのDD化企画は2014年の妖夢を最後にそれ以降は企画化されていませんけど、
是非是非、フランちゃん・こいしちゃん・さとり様・アリス・ゆかりん・ルーミアあたりは
商品化してほしいと強く強く願っています!!
霊夢やチルノは是非再販してほしいな・・・とも思ってしまいます。
Dollfie Dream×東方ProjectのDD化企画は、やっぱり「フランス人形」のような繊細な仕上がりなのですけど、
「江戸っ子」気質の小野塚小町とか地獄の閻魔様でもある四季映姫様とか鬼の萃香や天狗のあややなどは
「フランス人形」のイメージとはかけ離れているかもしれないから商品化にはされにくいキャラなのかもしれないですよね。

そしてそうした中でもいっちば~ん!にDollfie Dream×東方ProjectのDD化企画として実現して欲しいのは
人形遣いなのに本人が一番お人形さんらしくて東方屈指の美少女のアリスだと思います。
アリスがもしもDollfie Dream×東方ProjectのDD化企画として実現するなら、私は多分ですけど即刻予約をするのは
間違いないと思います!

最後に少し余談ですけど、ボ―カロイドファン待望の巡音ルカ様がついにDD企画化されます!!

初音ミク、雪ミク、鏡音リン・レンに続く新作ドール「ボ―カロイド×ドルフィードリーム」が制作され、
2018年5月5日(土・祝)に東京ビッグサイトで開催される「ドールズ・パーティー39」でルカ様が先行販売される予定です。

巡音ルカ様のクールで大人っぽい雰囲気を忠実に再現しつつ、
造形やメイクは「ドルフィードリーム」としての魅力を最大限に表現されています。
また、高級感とシルエットの美しさを実現したルカ様のの衣装も注目ポイントの1つとなっています。

このルカ様の商品概要は下記の通りです。

Dollfie Dream「巡音ルカ」
•発売元:ボークス
•価格:69,000円(税抜)
•販売店舗:全国のDD取り扱いボークス店舗、ホビー天国ウェブ
•2018年5月27日(日)発売予定

この69000円+税が高いと感じるか安いと感じるかはあなた次第ですけど、私は「妥当」と感じます。

そして何よりも・・もちろんルカ様も素晴らしいけど、是非東方屈指の美少女のアリスもDD化が実現して欲しいです~!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

人間みたいな人形、人形みたいな人間。人間と人形の差は一体何かと突き詰めていくと、それ一つでしっかりした哲学ができてしまいますね。完全な自立な人形であれば私は一個の生命体として認めて良いと思っています。人形に宿る魂というのは、結局のところ持ち主の感情や記憶なのかもしれないですね。人の自意識そのものが無数の感情や記憶から成り立っているとするならば、ですが。

こんばんは^^

ドルフィードリームでルカ姉さん出ますね~
スタイルもバツグンだし、ミクさんを大人っぽくした顔?
欲しい人は無事お迎えできると良いのですが・・・

やはり東方でドール出すなら、アリスは避けられませんね!
肩書きが「人形遣い」ですし・・・
オプションで上海人形もつけてほしい(笑)

人形としての本分

八咫烏(全力稼働中) 様



お人形さんには元々「人形としての本分」があるのかもしれないですね。

そのドールたちのオーナーさんたちから可愛がってもらって、鑑賞してもらって「かわいいね~」と感じて貰えるのが
やはりドールの皆様としては一番幸福なのかもしれないです。
そうした意味では、人形に人間と同様な「心」を与えてしまい、反発心・黒い嫉妬心・劣等感みたいな負の感情を
持ってしまったのがペトルーシュカの悲劇なのかもしれないです。

その点、東方のアリスの上海人形たちは、心や魂があるのかどうかは微妙でもあるのですけど、
あまり余計な事を考えないで日々アリスと共に行動を共にしているからこそのあのすてきな一体感が
生れているのかもしれないですね!

アリスだけは是非なんとか商品化して欲しいですね~!

kadoという生き物 様


ドルフィードリームでのルカ様の完成度の高さは圧巻だと思いますし、あの大人っぽい雰囲気はミクとは全然別の意味で
大変魅力的に感じます!
それでいてあの上品で洗練されたお色気は「大人のお姉さま」そのものだと思いますし、
素晴らしい完成度の高さだと思います。


ドルフィードリームの東方シリーズは、霊夢さんのあの完成度の高さには、いつもkado様のブログを拝見させて
頂いてる私から言わさせて頂くとため息ものです!
特にkado様のブログのあの霊夢さんの野外撮影での素晴らしき背景とセットする形でのお披露目は、
私もいつも毎回更新を楽しみにさせて貰っておりますし、
あの紅白巫女さんの美しさは絶品だと思います。

そうした霊夢さんに対抗できるドルフィードリームでの東方キャラはアリス以外いないのかもしれないですし、
人形遣いなのに本人が人形そのものというアリスのDD化だけはなんとか実現して欲しいものですし、
ご指摘の通り、上海人形とセットする形で販売して欲しいものです!
オプションとして大江戸からくり爆発人形とかメディスンも付いてくれるともっと嬉しいですね~!



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |