FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この一つ後の記事が東方Projectのアリス・マーガトロイドなのですけど、
アリスと言うと「魔法使い」というよりは「人形使い」みたいな方のイメージの方が強いです。

「人形使い」というと、すぐ思い浮かぶ音楽が、I.ストラヴィンスキーのバレエ音楽「ペトルーシュカ」です!

私がこのストラヴィンスキーのバレエ音楽「ペトルーシュカ」を知るきっかけとなったのが、
1976年の全日本吹奏楽コンクールでの秋田南高校の吹奏楽アレンジ版による第四場の超名演なのですけど、
秋田南高校の「ペトルーシュカ」の演奏は、今現在聴いても凄いと思いますし全く色褪せてはいないと感じます。
当時の高校の部の編成は45人以内の編成という制約があり、
当時の規定では楽器編成の中に、ハープ・ピアノを入れることは禁じられていましたし、
秋田南高校の当時のティンパニはペダル式ではなくボロボロの手締め式と言う事で何かとシビアな条件下での演奏でしたが、
管楽器の響きだけで、この「ペトルーシュカ」の世界をよくここまで再現出来たものと今聴いてみても「感動」ものです!
確かに部分的に音は荒いし、トランペットの音は硬いし、ラストのトランペットソロは外しまくっているし、
今現在の価値基準では判断に迷う個所もあるのではないかと思っています。
しかしそうしたマイナス点を差し引いても秋田南高校吹奏楽部のあの演奏の躍動感と生命感は大変充実していますし、
リズムセクションのビートが大変有効のせいか、全体的に飛んで跳ねるような感覚が非常にシャープです。
一言で言うと、屈折した明るさ」が滲み出ている素晴らしい演奏だと思います。

この演奏、「秋田南、レジェンダリー」にも収録されていませんし、今のところCD化されていませんので、
今現在の若い世代の奏者の皆様があの演奏を「聴いた事も無い・・」と言われるのはちょっともったいない感じ゛があります。
あの演奏は今現在の視点で聴いても間違いなく、新鮮さ・感銘さはあると思いますし、
現役奏者の皆様があの演奏をどのようにお感じになるのかは実は私も興味津々であったりもします。
秋田南高校のペトルーシュカのアレンジャーは不明なのですけど、春の祭典・火の鳥・交響三章・バッカナールなどと同様に
天野正道氏なのかな・・?と思われますけど、あの演奏のアレンジャーが天野氏ならば
若さと情熱がむき出しの編曲と言えるのかもしれないですね~!

バレエ音楽「ペトルーシュカ」を知るきっかけが上記の通り、秋田南高校吹奏楽部という吹奏楽アレンジ版なのですけど、
管弦楽原曲を初めて生演奏で聴いたのは実は意外と遅くて1990年以降だったと記憶しています。
その演奏はデュトワ指揮のN響でしたけど、この演奏を聴いて非常に驚いたことがあります。
何かと言うと、「意外と音楽が洗練されているし全体的な印象はフランス音楽みたい」というものでした。
もっともデュトワ指揮というせいもあったと思いますが、
ストラヴィンスキーというと、どうしてもあの過激な原始主義の「春の祭典」というイメージが濃厚でしたので、
改めて「ペトルーシュカ」を生で落ち着いて聴いてみると、かなり繊細な曲であるというのがよく分かりました。

ストラヴィンスキーのバレエ三部作というと、火の鳥・ペトルーシュカ・春の祭典なのですけど、
火の鳥を作曲している最中に最後のページを仕上げている時に
「異教徒の祭典が開かれ、いけにえの少女が死ぬまで踊り続ける」という夢を見たストラヴィンスキーが
これをヒントに作曲したのが「春の祭典」であり、
「春の祭典」の作曲を開始した頃に気分転換にピアノ協奏曲を書いている途中で
「糸をほどかれた操り人形が、恋をし、ライバルの人形に喧嘩を挑み、散々やっつけられ
オーケストラとトランペットがどんちゃん騒ぎを始める」という夢を見たストラヴィンスキーが
この夢をベースに書き上げたのが「ペトルーシュカ」でもあったりします。
「春の祭典」も「ペトルーシュカ」も作曲者の「夢」がベースとなっているのは大変興味がある話だと思います。

ペトルーシュカのバレエは四場から構成されています。

第一場 復活祭の市場

第二場 ペトルーシュカの部屋

第三場 ムーア人の部屋

第四場 復活祭の市場(夕方)

このバレエの粗筋ですけど、復活祭の日の一日を背景とし、魔術師によって
ペトルーシュカ・ムーア人・バレリーナの女の子の三体の人形に生命が吹き込まれ、
ペトルーシュカはバレリーナの女の子に魅了され恋い焦がれ、色々とちょっかいをかけたり
「僕と付き合ってくれませんか・・」みたいな感じで交際を申し込むものの、中々色よい返事はもらえません。
ムーア人の方は、豪華な部屋でバレリーナの女の子と楽しく遊んでいて、
それに嫉妬したペトルーシュカがムーア人に喧嘩を仕掛けたものの、逆に散々にやっつけられ、
最後はムーア人の剣で切り裂かれてしまい、ペトルーシュカ人形の残骸を見つけた魔術師は人形を引きずって帰るものの
その途中でペトルーシュカの亡霊が現れ、魔術師は逃げ帰ってしまう・・・という感じのストーリーだったと思いますが、
「ピノキオ」の世界に通じるものがありそうというのか、人形が悩むという存在的矛盾が最後まで残り、
「ペトルーシュカの存在意義とは何なのか・・?」というテーマの論争まで起こったらしいです。

音楽自体は、それ程「難しい」とか「複雑」という印象は無く、かなり聴きやすい分かり易い音楽なのですけど、
音楽史的には「複調」を初めて音楽に導入した意義の大きさを評価する事もかなりいるみたいです。
その聴きやすさの要因なのですけど、実はこのバレエ音楽は相当部分「ロシア民謡」の引用というか、
パクリがあるみたいですね。
ストラヴィンスキーとしては、「別に民謡をそのまんま使っている訳じゃないからいいじゃん」みたいな事を
言っているようですし、他人の曲も自分の曲も「俺のものは俺のモノ」といった大らかなで荒っぽいロシア人を
象徴するような御方だったのかもしれないですね。

諸井誠氏の著書に「現代音楽は怖くない」という名著があるのですけど、この中で諸井氏は面白い事を指摘しています。
チャイコフスキー・ストラヴィンスキー・バルトークのバレエ音楽(歌劇)には、
時代と場所を超えて「対応関係」があると指摘されていて、「なるほど」と感じる部分もあります。

諸井氏が言われるには・・

白鳥の湖⇒火の鳥⇒青髭公の城 【鳥とおとぎ話繋がり】

くるみ割り人形⇒ペトルーシュカ⇒かかし王子 【人形繋がり】

眠りの森の美女⇒春の祭典⇒中国の不思議な役人 【バーバリズム繋がり】

それぞれ対応性・関連性があり、それが時代と国を超えて三人の作曲家に音楽的インスピレーションを
与えることで受け継がれているという事になのですけど、
確かに、眠りの森と春の祭典と中国の不思議な役人には、
「美少女」という共通のキーワードがありますし、
くるみ割りとペトルーシュカとかかし王子は「人形」という共通のキーワードがありますし、
白鳥の湖と火の鳥は「鳥」がキーワードになっていて、青髭公も含めて三つとも
「おとぎ話」をベースにしている背景がありますので確かに面白い指摘だと思います。

バレエ音楽「ペトルーシュカ」には色々と版があり、指揮者によって違いが色々あったりして面白い面もあります。
個人的には、ラストがトランペットのソロで終わる版の方がしっくりくる感じはあるのですが、
版によっては、どんちゃん騒ぎで終わらせるものもありますし、指揮者の解釈によって印象も変わるような感じもしまね。

前作「火の鳥」が何となくですけど、ドビュッシーの作品に近いような感覚があり、
どちらかというとファンタジー感漂う曲で
次作「春の祭典」がバーバリズム炸裂で、人間の野生の本性が大爆発するする感じ濃厚である事を考慮すると
「ペトルーシュカ」はファンタジーと野生の中間的な感じもあり、私としては聴きやすいイメージを持っています。
「火の鳥」は途中眠くなってしまうようなだるい箇所もありますし、「春の祭典」は終始音の暴力でもありますので、
この「ペトルーシュカ」は一番バランスが取れているようにも感じられます。

この「ペトルーシュカ」はリズムの扱いとか調の扱いは、かなり凝りに凝っていて
音楽史的にはかなり画期的な作品と言われています。
私としては「ペトルーシュカ」の一つの魅力は、打楽器の扱いがとても面白いという事は強調したいと思います。

その例として・・・

1.第1場の「ロシアの踊り」

 ピアノの扱いもかなり斬新なのですけど、面白いのはシロフォーンの扱い方・・・
 曲の開始から30秒を過ぎたあたりのシロフォーンのメロディーは、何か一見複調にも聴こえるのですけど
 実際は、「ラソソソ・ラソソソ」という単調な音を叩いているだなそうです。

2.第4場のペトルーシュカの死の瞬間の演出

 人形のペトルーシュカが倒れて死ぬ瞬間のイメージを演出しているのは、実はタンバリンの音です。
 実際の生の演奏会やCDを聴くと、この場面のタンバリンの叩き方は色々な解釈や演出があるみたいですけど、
 ストラヴィンスキーの指示は、
 「タンバリンを両手で持って、床面に平行になるようにタンバリンを落としなさい・・」という事なそうです。
 勿論、ステージの床の材質とかコンサートホールの残響によって、高さの調整とか色々検討すべきことは
 多いかもしれませんが、これは正直CDを聴いただけでは分からないと思います。
 
他にも場が変わるごとにロングドラムでロールされる演出もかなり面白いと思います。


この「ペトルーシュカ」なのですけど、
魔術師によって「人形」に「魂」が吹き込まれたというのが面白いと思います。
東方Projectのすてきな人形遣いのアリスは、ペトルーシュカの魔術師同様に人形に魂を入れて、
人形を自由自在に操っているのですけど、人形自体に「主体性」というのか「意思」はそれほど強くは感じさせません。
(もっとも「東方地霊殿」ではアリスの上海人形が魔理沙に対して「パカジャネーノ・・」と呟くシーンは、
もしかしたらアリスの心の代弁をしたという解釈もあるのかもしれないですね・・笑)
アリスの人形たちはアリスから何かを命令されて初めて動くという感じで、
アリスから指示されないことは人形自体はやりませんし、余計なことはほとんどしませんし、
文字通りの「操り人形」という感じが強いです。
一方、「ペトルーシュカ」の場合は、その辺りが違っていて、人形自体が「自分はこうしたい!!」みたいな明確な意思を
有していて、だからこそ結果的に、バレリーナの人形に横恋慕したり、
「おまえはただの人形なのだから、身分相応におとなしくしていろ」という魔術師を、ペトルーシュカは睨みつけたりするのです!

操り人形の糸から解放され、バレリーナを愛した瞬間に
ペトルーシュカという「人形」は、あくまで擬人的なものなんでしょうけど「人間」になったといえるのかもしれません。

第四場のラスト近くにて、ペトルーシュカは、「何」に対して「怒り」を感じ、あそこまで暴れたのかというと
色々と解釈は分かれるのかもしれないですけど、

魔術師が、ペトルーシュカにムーア人と喧嘩させてもポロ負けさせるような力しか元々与えていなかったから・・・

バレリーナに振られたことに対する自分自身への嫌悪感・・・

ムーア人にポコポコにされた屈辱感・・・

など色々な解釈や妄想は可能だと思います。

ラストの場面において魔術師の「これは人形だ、これは人形劇だ」という警官に対する釈明のこの言葉に
最終的にはペトルーシュカという人形は「怒り」を感じてしまったと言えるのかもしれません。

自分の存在は結局は魔術師によって作られた存在に過ぎず、
「自分はひとりの人間であること」を完全否定されたという「抗議」みたいな意味があったのかもしれません。

「こんなつらい気持ちになるなら、心なんかいらなかった」
そうした事を本当は「メッセージ」として伝えたかったのかなとも思ってしまいますね。

そして、このペトルーシュカが示唆するものは、別に「操り人形」だけではないと感じたりもします。

現代社会において、「学歴が」とか「世間体が」とか「ちゃんと働かないといけないじゃん」みたいな
目に見えない糸で操られている私たち一人ひとりが実は・・・
ペトルーシュカと対して変わりがないのかもしれないです。
「自分たちの存在意義とは・・??」みたいな事を模索している人形ではないのかなとも感じたりもしますね。

うーーん、こうして考えてみると「人形」としての幸せは果たして何なのでしょうか・・?

人形が心を持つことは人形としての「解放」に繋がるのかもしれないけど、それは結果として必ずしも人形にとっての
ハッピーな結果をもたらさないかもしれないし、そうした意味においては、東方のアリスが自ら作り出した上海人形たちを
ある程度の信頼関係を保ちながら、「別に人形そのものが主体性を持たなくてもアリスという人形遣いが
ちゃんといつも人形たちに気を使って指示を出しているならばそれはそれで人形たちにとっては幸福な事」という事を
提示していると言えるのかもしれないですね。

ペトルーシュカも東方Projectのアリスも「人形の存在意義」をテーマにした作品であるというのは間違いは
なさそうですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4244-ab631ba1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |