FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


中学校の頃の音楽の授業だったと思うのですけど、
B.ブリテンの「青少年のための管弦楽入門」(「パーセルの主題による変奏曲とフーガ」が正式タイトルです)という
管弦楽曲を音楽鑑賞の時間に聴いた時、
音楽の教科書の中にこの曲で使用する楽器の事が結構細かく書かれていて
吹奏楽部員であった私にとってはごく当たり前の風景だったのですけど
弦楽器・管楽器・打楽器が写真と共に色々と紹介されていて結構興味深かった印象があります。

この曲の中で使用される打楽器(パーカッション)として紹介されていたのは、

ティンパニ
大太鼓とシンバル
タンブリンとトライアングル
小太鼓とウッドブロック(木魚)
シロフォン(木琴)
カスタネットとタムタム(ドラ)
ムチ

だったのですけど、教科書に「ムチ」と記されていましたので、当時の妄想真っ盛りの男子中学生の中には

「ムチって、まさか女王様が使用されるあのピシっピシッ!というものなの・・?」
「まさか女王様がボンテージ衣装で黒レオタードを穿かれた上で、この豚野郎がぁ~っ!と罵りながら
ムチをMっぽい奏者に叩きつけるものなのかっ・・!?」と当時何やらヘンな妄想ネタとして盛り上がっていたものでした・・(汗)

確かに「ムチ」というと革で床を叩きつける際のあの「ピシャッ!!」みたいな音をイメージする人も多いのかもしれませんけど、
実際にブリテンの「青少年のための管弦楽入門」という曲を耳をダンボのようにして細かく聴いたとしても
そうした「ピシャッ!!」みたいな音は聴こえてこないと思います。

ま、そりゃそうですよねぇ・・

クラシック音楽上での「ムチ」という楽器は、別にあのSMアイテムという訳ではなくて(汗)
拍子木を大きくしたものと言うのか、細長い2枚の木の板を合せてバン!!という音を鳴らすという
これはこれで立派な打楽器なのです。




繝繝\convert_20180429192257




上記がクラシック音楽・吹奏楽で使用される打楽器としての「ムチ」です!

2枚の細長い木板の一端を蝶番で留め、2枚の木板を合わせることによってパンッ!という鋭い音を発します。




繧€縺。_convert_20180429192320




こちらはいわゆる女王様が商売道具または調教用としてお使いになられるものです・・(汗・・!)





私がブリテンの「青少年のための管弦楽入門」を最初に生で聴いたのは、尾高忠明指揮の読売日本交響楽団でした。

私が上京したての頃だから1984年頃の話だと思いますが、生で聴いて「ムチ」の謎は解けたという感じでもありました。
この曲は一般的にはティンパニ以外の打楽器は3人のみ使用という事が一般的であり、
打楽器奏者は、大太鼓・小太鼓・シンバル・ドラ・ムチ・シロフォーン・ ウッドブロック・サスペンダーシンバルなど
多種多様な打楽器を掛け持ちで演奏しますので結構大変だと思います。
「ムチ」の場合は、細長い2枚の板を視聴効果たっぷりに派手に叩き付けますし、見た目にもかなり目立っていると
思いますので、奏者としては叩きがいがあると思います。

この「ムチ」をもっと効果的に使用した曲があります。

それは何かと言うと、ラヴェルの「ピアノ協奏曲」です。
この第一楽章の冒頭で、この「ムチ」がバシッ!!と叩かれていきなり曲が開始されますので
ピアノ奏者もバックの管弦楽団も冒頭からかなりのプレッシャーが掛かると思います。
最初にこの曲を生で聴いた時、 その「意外さ」に度胆を抜かれたものですし、
「まるで猫だましみたいな曲みたい・・」とも感じたものでした。
随分昔に、舞の海が、立会いの時に相手の意表を突くために
目の前で急に手のひらをバーンと叩いて音を出して相手をびっくりさせてその隙に上手を取るという戦法がありましたが、
ラヴェルの「ピアノ協奏曲」は、クラシック版猫だましという感じです。
そしてこの「ムチ」は第三楽章でも再度使用されます。

ラヴェルのピアノ協奏曲は、全般的には第一・第三楽章の才気煥発的な茶目っ気
第二楽章のファンタジーの対比が非常に面白く、
18分程度の短い曲なのですが、聴かせどころ満載の曲です。
特に第二楽章のコールアングレの長いソロは、奏者の腕の見せ所ですし、
その陶酔感たっぷりの夢心地にはうっとりさせられるものが多々あると思います。
ちなみにですけど、第三楽章の主題は、映画「ゴジラ」のテーマ音楽に大変よく似ています。

このラヴェルのピアノ協奏曲を沼尻竜典指揮/新星日本交響楽団で、梯剛之さんという全盲のソリストと共演した
演奏を聴いた事がありますが、
「あの難しい出だしをどうするのかな? ソリストは目が見えない方だし、ムチ奏者との兼ね合いもあるし・・」と
思っていた所、ムチが叩かれる寸前に、指揮者がピアノの蓋にコツコツと拳骨で
たたいて合図を送り、ムチもピアノもバックのオーケストラも何の乱れもなく演奏が展開されていったのは
「さすがプロは違う!」と感じたものでした!

ブリテン・ラヴェル以外でこのムチが使用されたクラシック音楽としては、マーラーの交響曲第5~6番や
ショスタコーヴィッチの交響曲第13~15番という事例もあります。

吹奏楽オリジナル作品ですと、この「ムチ」をかなり効果的に使用した曲として
チャンスの「呪文と踊り」やバーンズの「呪文とトッカータ」(祈りとトッカータ)などが挙げられると思います。

吹奏楽コンクール等において打楽器のかわいいJC・JKの皆様たちが「ムチ」なんて楽器を使用してしまう光景を目撃すると
なんだかドキッ・・とした気持ちになってしまうのかも・・??
(ただのヘンタイさんですね・・汗・・!)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ムチ

アンダーソンの「そりすべり」(クリスマス時期によくながれる曲)でも使われてましたね。

定期演奏会で「そりすべり」を演奏する機会があったので、大学の先輩(打楽器)が量販店で板を購入して作ってました。

ただ、その先輩、かなりの凝り性のお方だったので、
購入時に店内で2本(枚?)の板をいろいろ組み合わせて、
しっくりくる音を見つけるまでペチペチ音を響かせていたとか…

ルーテ

某大学の卒業生 様


最初にコメントを頂いた時「アンダーソンのそりすべりにムチって使っていたっけ・・?」と思いましたが、

マーラーの交響曲第6番でも使用されていたムチの一種の「ルーテ」の事でしたね・・

失礼しました・・

あのちょっと特殊なぺチぺチという音を極めるまでは奏者の方も色々と調整したり大変なのかもしれないですね・・

打楽器は奏者によって自己流の楽器改良みたいなものも可能だから、そのあたりは管楽器と異なっていて
面白いものはありますね。

ムチ

私が吹奏楽で初めてムチを目にしたのは、チャンスの呪文と踊りでしたね~。あの曲では踊りのパートで多用しており曲を締める役割を果たしていますが、貧弱な「ぺちっ」という湿気た音でやられるとがっくり_| ̄|○って感じになりますよね。

変わった打楽器を多用する作曲家はRWスミスがくさりを使ったり、ギリングハムがブレーキドラムなど多くありますね。
私は視覚的にも楽しめるので打楽器バリバリの曲を演奏会のラインナップにするのは大事じゃないかと思っています。

そういった演出効果でいくとアンダーソンの場合はタイプライターの方がウケがいいのかもしれませんね。

みせるパーカッション

まったく 様


そうそう、そうなんですよー、「呪文と踊り」のようなミステリアスな曲の中で、あの曲で使用される特殊楽器が
けったいな音を出したり、ご指摘のようなぺちっ・・というような湿った音で叩かれると興醒めに
なってしまいますね・・
そのいい例が1984年の全国・金なのですけどからす川音楽集団なのだと思います。
この曲もバーンズの「祈りとトッカータも、柔らかい音ではなくて幾分ドライで硬質でメカニックな音を
求めたくもなりますね・・

同じくバーンズの「ペーガンダンス」もブレーキドラム叩きまくりで、あの曲もとてもエキサイティングでした!

私的には見せるパーカッション=魅せるパーカッションというと、
ネリベルの「二つの交響的断章」とシュワントナーの「・・そしてどこにも山の姿は無い」と
田中賢の「メトセラⅡ」なのかもですね~

見せる

 見せるパーカッションは、マーラーの交響曲第6番の第4楽章にもありますね。

 まずは、ベルクも使ったハンマー、木製の大きな木槌を「振りかざして」床に置かれた木の板を叩く音は、少々不気味ですが、音楽の転換をも促していて効果的です。当初は計5か所あった、なんて説もありますが、3ヶ所に絞られ、そして現行の2ヶ所になったとか。金属のハンマーを使って乾いた目立つ音にしている演奏もありあす。

 そしてもう一つ、とある演奏会でのこと。楽章で最も悲劇的に盛り上がるところで、束の間の歓びがもたらされるのですが、ここで複数人でシンバルを一発叩かせるように指示があります。その演奏会では、5人の奏者が叩き、シンバル計10枚の円盤が、ひらり、と輝きを聴衆に見せ、まるで歌舞伎の「どんでん返し」のような情景で、音楽も大変貌を遂げました。その様子は衝撃そのもの、まさに「みせる音楽」そのものでした。

 マーラーはオペラは創りませんでしたが、交響曲で充分オペラのような「みせる」ことをしたのかも知れません。指揮者としてはオペラを振っていた経験も生かされたのでしょう。

 余談に一つ。
 昔、吹奏楽団で「ぐるりよざ」を演奏した際、第2楽章終結部に、ムチの一撃のような場所があり、その際に何と「まな板」を叩かせました。このまな板、打楽器奏者と一緒になって演奏会当日に近くの雑貨屋で購入、役目を終えた後はある団員の台所で使われたとか(但し叩いた側は凸凹だったので片面だけの使用だったようで・・・)。
 打楽器ネタ、思い出すとまだ沢山ありそうです。

視覚的効果

とりあえずホラ吹き 様


マーラーの6番「悲劇的」を最初に生演奏で聴いた時は衝撃でしたし、CDで聴いた際は
何を言いたいのかよくわからない曲という印象でしたけど、生演奏を聴き、そして例のあのハンマー叩き込みを
見て「こういう事を言いたかったんだ・・」みたいなことはうっすらと感覚的に理解したものでした。
「運命の一撃によって英雄は倒れる」けど、一般人の皆様も
今まで平和で楽しい日々が突然の病気や事故やはたまた不運や身内の人の死や裏切り等にあってある日突然瓦解する
という事を示唆していたようにも感じられました。

5人の奏者が叩き、シンバル計10枚の円盤がひらりというのは想像しただけでも相当楽しいものがありますね~!

吹奏楽コンクールでは、1987年の札幌白石高校のシンバル奏者がシンバルを頭上で叩いた次の瞬間に
表と裏をひっくり返し前方でひらりとさせ、シンバルがステージ照明にキラリと反射し、とてもかっこうよかったのが
大変印象的でした。

ぐるりよざのⅡ.唄のラストで使用される打楽器は「魚板」でして、私自身が目撃した事例では、
1994年の関東大会B部門の笛川中学校が、わざと指揮壇の前に魚板を置いていて、打楽器奏者が指揮者の前に
近づいてきたかと思うと、魚板を凄まじい打音と共に叩きつけていて、聴衆の度胆を抜いていたのは
大変印象的でした!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4243-df1abb40
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |