FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「ラーメン大好き 小泉さん」では本当にたくさんのすてきに美味しそうなラーメンが登場していました!
どちらかというと醤油ラーメン・とんこつラーメンが小泉さんのお好みなのかな・・?と感じられもしましたけど、
小泉さんはトマトラーメン・激辛ラーメン・紫色のラーメン・ミドリムシラーメン等の変化球ラーメンもかなり積極果敢に
食べているシーンが何度もありましたので、要は小泉さんはとにかく「ラーメンが大好き!」という事なのかも
しれないですね~(笑)

そして「ラーメン大好き 小泉さん」の中ではあまり味噌ラーメンが登場していなかったのは少し意外な感じもありましたので、
もしかしたら味噌ラーメンは小泉さんの中では「ちょっとパス・・」という感じなのかもしれないですね。

ちなみにですけど、私自身がラーメンでいっちば~ん!大好きなものというと、とんこつ・あっさり醤油・タンメン等も
捨て難いですし、私自身は激辛系ラーメンは好きな方でもあるのですけど、
やはりあっさり系の鶏系塩味ラーメンなのかもしれないです~!

小泉さんの髪の色は公式ではラーメン色と設定されていますけど、実際はどうみとも金髪だと思います。

そして鶏系塩味のラーメンというとさっぱり・すっきりの味に加えて見た目のあの透明感溢れる黄金色と言うのは
最近では、あのスープの黄金色を見ると小泉さんの金髪をついつい思い出したりもしますね。

さてさて、本記事においては、ニュータッチの凄麺シリーズの中の「鶏しおの一品」というとてつもなく美味でスープが
透明感溢れる黄金色のカップ麺について簡単にレビューさせて頂き、「ラーメン大好き 小泉さん」第11話の中でも
鶏ラーメンが登場していましたので、この11話についての振り返りを軽くさせて頂き、
最後に、鶏=鳥という事で、東方で「鳥」がモチーフになっていて、ゆゆ様などから「食べちゃいたい・・」と食材として
狙われている(?)ミスティア・ローレライをアミグリさんが過去に描かれた作品を改めて転載&ご紹介を
させて頂きたいと思います。







001_convert_20180429180014.jpg






当ブログにて「ラーメン大好き 小泉さん」と勝手にコラボ企画させて頂いたカップ麺記事の中で、実はいっちば~ん!
頻繁に登場していたカップ麺はニュータッチの凄麺シリーズだと思います。
ニュータッチのカップ麺というのはどちらかというと普段それほどは食べない方ですし、
「標準的なものは価格が安いせいなのか味的には今ひとつ」という感じも無くは無かったのですけど(汗・・)
凄麺シリーズは確かに価格的には一つ200~250円程度はするものばかりではありますが、
東方のにとりじゃないですけど「お値段以上・・」のものは間違いなくあると思いますし、ここまでその地域のラーメンの味や
特性を見事に再現しているカップ麺はないのではないか・・?とすら感じさせてくれていると思います。

「鶏しおの逸品」は、鶏の旨みを最大限に引き出した黄金色のスープが特徴のカップ麺だと思います。
名古屋コーチンと香味野菜の旨味がギュギュっとスーブに詰まっていてさっぱりとした素晴らしい味だと思います。
最近こうしたカップ麺というと激辛系とん濃厚とんこつばかり食べていたような感じもありましたので、それゆえ
鶏しおのさっぱりすっきりとした味は、爽やかで清らかな味そのものだと感じたものでした。

かなりシンプルな塩ラーメンではあるのですけど、むしろ「シンプル イズ ベスト」を立証したカップ麺だと感じたものでした!







001_convert_20180429175850.jpg







内容物は先入れかやくと香味油、後入れスープの構成となっています。

そしてこのかやくの中身ですけど、鶏団子と鶏のささみが入っています。

正直、鶏のささみは「あれ、そんなの入っていたっけ・・?」と感じるほどあまり存在感は感じないのですけど、
鶏肉団子がカップ麺の具材としてはゴロッと大きい上に意外とたくさん入っているのは
素晴らしいと感じたものでした!

鶏のスーブに鶏のお団子と「鶏の宝石箱とも言えそうな塩味系のカップ麺」だとも思います。







003_convert_20180429180035.jpg



004_convert_20180429180053.jpg






このニュータッチの「鶏しおの逸品」は「鶏のうまみ」の魅力を300%以上引きだした大変完成度の高いカップ麺
だと思いますし、同時にめちゃくちゃ美味しいと思います。
これがカップ麺の味とは到底思えないですし、価格的に税込で200円程度とは全く思えない美味しさがあると思います。
というか「これが本当にカップ麺なの・・!?」と驚嘆する美味しさだと思いますし、月並みな言葉ですけど麺とスーブの絡みが
絶品だと思います。

やはりこのカップ麺の命綱というのか最大の勝因はスーブの美味しさに尽きると思います!
スープのあの雑味の無い澄んだ味は、あっさりしているけどしっかり鶏ダシの風味が感じられ上品な感じの塩ラーメンという
印象が強いです。
こってりとんこつの味に慣れた人の感覚では「ものたりない・・」とか「薄味なのでは・・」と感じるのかもしれないですけど、
「薄くもなく濃くもなくどちらかと言うと薄味」という感じの絶妙な濃さと味のバランスの融合が図られていると思います。

細麺のちぢれ麺となっていますけど、縮れているから塩味が絡みやすいという事なのだと思います。

残ったスープで雑炊を作っても全然OKなのかも~!と感じさせるスープだと思います。

いや~、やっぱり鶏をベースにした塩味は美味しいですね~!!






648b3a71-s_convert_20180428200620.jpg





「ラーメン大好き 小泉さん」第11話のBパートは、小泉さんの大阪遠征編となっています。
(Aパートの大阪が発祥の白菜と豚肉をメインにした甘い味付けの「おいしいラーメン」を悠と一緒に食べに行った事で
小泉さんの「大阪のラーメンもたまには食べに行きたい・・」とラーメン愛に火をつけてしまったという感じでもありました~
大阪と言うと食い倒れの街ということでとってもおいしい食べ物がぎょうさん揃っているでぇ~という感じなのに、
小泉さんは大阪遠征をしてもラーメン以外眼中にないというのもさすが・・!という感じでもありました~! 笑)
そして小泉さんは大阪でラーメン食べ歩きをしまくっているのですけど、ここで思わぬ障壁が生ずる事になってしまいます。
それが何かと言うと大阪のナンパ少年たちなのですけど、確かに彼らの視点から見てみると
あんな金髪美少女がたった一人が大阪の街を歩いていたら「声かけたろか・・」と感じてしまうのも無理はない事なのかも
しれないですね・・
そしてそうしたナンパに困っていた所に助け舟を出してくれたのが25歳のOLさんだったのですけど、
結果的にこの御方は大沢絢音というお名前の大沢悠の従妹でもありました~(笑)
そして大沢悠同様にかなり強引に小泉さんをお誘いして、小泉さんと一緒に大阪ラーメン食べ歩きを決行する事に
なります~!

小泉さん : あの…シャルロットって誰ですか?そして…貴女も誰ですか?

絢音 : お嬢ちゃん見た目シャルロットっぽいやん?さっきからナンパされまくりで可哀想やったから

小泉さん : 助けていただき、ありがとうございました…ではこれで

絢音 : あ、ちょ!待って!昨日、難波のラーメン屋さんに居た子やろ?
      喋り方察するに東京や。あと昨日のお店で――
こっちやとそんなことする子珍しいしなあ
自分、高校生やろ?一人で大阪観光?

小泉さん : …ラーメンを食べに来ました

絢音 : 地元民が言うのもアレやけど、大阪のラーメンってイマイチピンとけぇへんけど…
  ご当地麺的なものもないし、わざわざ関東から来る程?

小泉さん : とんでもない。大阪のラーメンは…今、確実に来てます!

絢音 : 嬢ちゃん、名前は~?

小泉さん : 小泉です
絢音 : 小泉ちゃーん!仲良くしてなー!

小泉さん : デジャブ・・


以前、当ブログでも例えば「灯油タンクの色は、関西は青だけど関東は赤・・」といった関東と関西の違いみたいなものを
記事にさせて頂いた事がありましたけど、
食べ終わったラーメンの丼をカウンターに上げるか否かが関東と関西の違いであるというのも初めて耳にしました!
この辺りは大変興味深いですね。
私は東北と関東で生まれ育ったという事もあり、私自身も小泉さんのように食べ終わったラーメン丼をカウンターに上げる
と言う事はごく当たり前のことのようにやっていたと思いますけど、関西ではそうした慣習と言うのはむしろ珍しいという
事でもあるのですね~!
うーーむ、「ラーメン大好き 小泉さん」はこんな所にも色々とすてな豆知識を提供してくれていたのがとてもよかったです!

悠の従妹のお姉ちゃんの絢音も小泉さんに対しては悠同様にグイグイと来ていますね~! (笑)

もしかして・・? 大沢悠のあのストーカー的強引さ(?)は「大阪のおばちゃん」的なものが悠の体内にDNAとして
元から備わっていたのかもしれないですね・・
小泉さん自身もこの時点では絢音がまさか悠の従妹とは夢にも思わなかったのかもしれないですけど、
「デジャブ・・」とついポロっと口にするあたり、小泉さんももしかしたら絢音と悠の「同じ香り」みたいなものを既に
嗅ぎ取っていたのかもしれないですね~(笑)

絢音は小泉さんの事をシャルロットっぽいと評していましたけど、なんとなくわかるような気もします・・
小泉さんのあの金髪とクールな雰囲気はそうした名前が案外よくお似合いなのかもしれないですね。
というかそれ以前に小泉さんの下の名前は実はいまだに未公開でもあるのですけど、どんな名前なのかもなんだか
妙に気になってしまいそうです・・






fc3e31cd-s_convert_20180428200705.jpg





東京では主に大沢悠を相手に小泉さんのラーメンうんちくは続いていましたけど、ここ大阪では悠の従妹の絢音に対して
小泉さんのラーメンうんちく話が展開されていきます。
やっぱり小泉さんはラーメンに対してだけは誰かに語りたがっているのかもしれないですね~・・(笑)

小泉さん : 大阪は鶏白湯や塩などのホワイトもアツいんです

絢音 : なんや知らんけどいろんなラーメンがあるんやなあ

小泉さん : 強火で長時間煮込む白濁のスープを白湯。弱火で温度を保って煮込む透明のスープを清湯と呼びます

絢音 : なるほどなあ…東京の高校はそんなことも教えてくれるんかー

小泉さん : 学校で習ったわけでは…

それにしても小泉さんがラーメンにはまったきっかけとか果たしてラーメンに対する知識のその豊富さは小泉さんは
一体どこで学んでいったの等は、絢音でなくても私もとっても興味津々であったりもします。
そうした意味では大沢悠が小泉さんに興味津々状態となってしまい、悠の写真等の小泉さんグッズ収集に夢中に
なっているのも少しは分かる気はしますよね・・(笑)

それにしても小泉さんが大阪で食べていた鶏白湯のトロトロホワイトスープや鶏肉をメインに使用した透明感あふれる
ラーメンスープはとっても美味しそうでしたし、小泉さんがわざわざ大阪遠征を敢行した理由を立証しているようにも
感じたものでした。






adb97c3e-s_convert_20180428200642.jpg




9c47a477-s_convert_20180428200559.jpg






絢音 : おー!これは綺麗なスープやなあ!野菜と鶏の旨味が全身に染み渡るぅ…
おぉ…!きらめく塩スープ!

小泉さん : 二種類の地鶏チャーシューも…絶品

絢音 : めっちゃ美味いやん!なんなんこれ!トロトロやなあ!

小泉さん : 静かに食べて下さい

絢音 : あーお腹いっぱい。まさか昼だけで四杯いくとは・・

そしてこの後は言うまでもなく絢音と小泉さんは「ふはーー」となってしまいます・・(笑)

九州はとんこつラーメンの牙城ですし、名古屋は名古屋コーチンに示唆されるように鶏ラーメンの一つの拠点なのかも
しれないですけど、そうした意味では大阪のラーメンと言うのはその中間みたいな位置づけなのかもしれないですね。
小泉さんは大阪でもラーメンを美味しそうに食べまくっていましたけど、その中では特に鶏ラーメンのとろとろ感とか
透明なスープがとっても美味しそうでした~!

小泉さんは大沢悠に対しては「お断りします」とか「よくそんな認識で生きて来れましたね」とか「人類愛よりも麺類派です」等
捉え方によっては結構辛辣な言葉を炸裂していましたけど、
絢音みたいな年長者に対しても小泉さん自身は遠慮は一切無しという感じてもありましたね~
だけど絢音は根っからの大阪のおばちゃん・・じゃない関西のすてきなお姉さまでしたので、小泉さんみたいな小娘から
何言われても馬耳東風~みたいな雰囲気だったのも楽しかったですね~!

そして絢音と小泉さんはわずか半日程度でラーメン6杯を平らげていました・・・(笑)

それにしてもカップ麺も含めて鶏ラーメンというのはすてきな美味しさに溢れていると思います!!







20864064_convert_20110808122637.png






さてさて、ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。

上記の背中に羽があって指には鋭い爪があって何やら鶏っぼいキャラは、
東方のミスティア・ローレライ(ファンからの愛称はミスチー)なのですが、そのかわいいミスチーのイラストを描かれたのは、
アミグリさんが2011年8月に描かれた作品です!

ミスチーは阿求の著作では危険度マックス、対人間友好度ゼロという危険な妖怪という設定でもあるのですけど、
アミグリさんが描かれるミスチーは、ミスチーのそうした怖さ・危険度よりも
ひよことまではいかなくても「ぴーちゃん」というのか鳥のかわいらしさ・あいらしさをすてきに描かれていて
とってもかわいいと思います。
そしてアミグリさんの描かれたミスチーは元ネタが鳥と言う事もありますので、幾分ふっくら気味に描かれていて、
ゆゆ様でなくても「食べちゃいたいのかも~」と感じさせるすてきなちょっとしたふくよかさがあると
言えるのかもしれないです。

東方の鳥キャラというと、ミスティア・ローレライ、お空、射命丸文にはたてといった鴉天狗というのが思い浮かびますけど、
この中で「鳥だから食べちゃいたい・・」と思われる御方はやっぱりミスチーなのかもしれないですね。
だってカラスは食用ではないし、お空は確かに鳥頭だけどその危険度は幻想郷随一なのかもしれない中、
ミスチーはわかさぎ姫同様、東方の中では「食べられちゃいそうなキャラ」と言えるのかもしれないですね。

上記の鶏ラーメンの鳥もすてきですけど、ミスチーのような妖怪としての鳥もとてもかわいいしすてきだと思います。

そしてミスチーはなぜか苦労人キャラという感じもあり、ゆゆ様からは食材として「食べちゃいたい」と狙われていますし、
白蓮さんからは「うちの響子をたぶらかす不良妖怪」とお仕置きの対象になっていますし、
ミスチーが時に屋台で提供するヤツメウナギには実は時折ドジョウも使用されているという事から
閻魔様の四季映姫様からのお説教対象リストに入っているのは間違いなさそうですし、
あややと一緒に飲みに来た鬼の萃香からは「そんなインチキをしたり、屋台でうるさく歌でも歌っていたら叩きのめしてやる!」と
言われていますので、ミスチーの苦労はまだまだ続きそう・・という感じなのかもしれないですね。

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんが描かれたミスティア・ローレライは
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも当ブログへの転載やご紹介を快諾して頂きありがとうございます!

明後日からの土日のトップ記事はいずれも東方語りの予定です。

そしてここにもアミグリさんの描かれた東方キャラがすてきに登場してきますので、是非ぜひ今度の土日の当ブログ、
及び、アミグリさんのすてきなブログ「 dream fantasy」も
何卒宜しくお願いいたします!

それでは最後まで本記事を読んで頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

鶏と塩、悪くない組み合わせですね。昔、アレルギーがなかったころ、塩ラーメンなんて目もくれなかった私ですが、今こうしてみると、もっと食べておけばよかったなと思います。歳とともに、あっさりしている味に、魅力見出したのかもしれません。それにしても、食べ終わったラーメンの丼をカウンターに上げるか否かが関東と関西の違いである。私もこれは初めて知りました。面白いですね^^

関西と関東の違い

八咫烏(全力稼働中) 様


小泉さんは都内在住のJKさんですので、関東流の「食後は丼をカウンターに上げる」というのが習慣になっていたと
言えるのかもしれないですね。
関東の場合、言われてみるとラーメンに限らず定食屋・そば屋でもカウンター席では食後に器をカウンターに上げるというのが
一つのマナーのようになっているのかなと思うのですけど、関西はそうでもないみたいで、
ここにも東西の文化の違いが垣間見えるのかもしれないですね。


ちなみに小泉さんはなぜかドイツ語も堪能なのですけど、もしかして帰国子女の可能性もありそうですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |