FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ジョン・バーンズ・チャンスのあまりにも早すぎる突然の事故死は、チャンス自身も無念の極みだと思いますし、
アメリカや日本の吹奏楽界にとっても哀しむべき大変な損失なのだと思います。
全日本吹奏楽コンクールにおいては朝鮮民謡の主題による変奏曲・交響曲第2番・呪文と踊りの3曲が全国大会でも
演奏された事があり、最近でも時折全国大会でも「朝鮮民謡の主題による変奏曲」と「呪文の踊り」も演奏されていて、
チャンスの作品は支部大会でも忘れることなく演奏され続けていますので、チャンスの早逝は本当に勿体ない事なのだと
改めて感じたりもします。
ちなみに1984年の全国大会の一般の部はチャンスが大人気で、なんと・・!
朝鮮民謡の主題による変奏曲・交響曲第2番・呪文と踊りの3曲が同一部門同一日に演奏されるという快挙も成し遂げています!

上記の3曲以外のチャンスと言うと、コンクールではまず演奏されないのですけど、「エレジー」という曲が大変心にしみます。
チャンスはフェンス接触による感電死という事で30代の若さで突然の早逝をされます。
作曲家としては「これから先が大変楽しみ」と大変期待をされていた方でもありますので、本人としても無念の極みと
思うのですけど、自分の「死」に対してもしかしたら予感めいたものがあったのかどうかは定かではありませんけど、
この「エレジー」という悲歌がチャンスにとっては遺作の一つになってしまいます
結果的に「自分自身に対するレクイエム」になってしまった事は本当に惜しまれます。 
決して直感的な曲とか霊感漂う曲という雰囲気ではないのですけど、そうしたエピソードを耳にすると
どことなくですけど、予感的なもの・死の香り・この世への未練と諦観といった感情は不思議と痛いほど伝わってきます。
この「エレジー」に雰囲気的近い作品としては、リードの「イン・メモリアム」やC・ウィリアムスの「カッチャとコラール」が
挙げられるのかもしれないです。

チャンスと言うと吹奏楽コンクール的に大人気というと文句なく「朝鮮民謡の主題による変奏曲」だと思うのですけど、
実は私的にはチャンスの作品の中で、艦これの白露お姉ちゃんではないですけど「いっちば~ん!」に大好きな曲と言うと
管楽器と打楽器のための交響曲第2番に尽きると思います!
この曲、タイトルに打楽器と記されている割には打楽器の種類は意外と少なく、
ティンパニ・小太鼓・大太鼓・ドラ・グロッケン・シンバル・ヴィブラフォン程度しか使用されていないのですけど、
そうした雰囲気はむしろ簡明さ・新古典主義みたいなシンプルなわかりやすさが見事に伝わってきているようにも感じられます。
(新古典主義みたいな雰囲気と言うとパーシケッティーの交響曲第6番ともどこかで相通ずるものがあるようにも思えます)
パーシケッティーの交響曲第番は、知的さ・霊感・インスプレーションといったものを感じさせ、過度に派手なエネルギー爆発
という感じの曲ではないと思うのですけど、チャンスの管楽器と打楽器のための交響曲第2番は、
全体的には機能的でメカニック的でもあり、聴き方によってはアジア的なエネルギーのうねりというのか「カオスみたいな響き」
のようにも聴こえるのがパーシケッティーとの明瞭な違いなのかもしれないです。

チャンスのこのシンフォニーは吹奏楽コンクールにおいて、時間制約の関係上、第二・第三楽章に部分的にカットを入れながら
演奏されることも多いものでして、昭和の頃に
「このシンフォニーの全楽章のノーカット版を聴いてみたい!」と思っていたのですけど、なかなかこの交響曲の全曲版は
なかなか国内盤でも発売されず、海外盤もあることにはありましたけど、今現在のようにダウンロードとかアマゾンが
存在していたわけではありませんので、そうした海外盤を入手したくてもなかなか入手できないし、何よりも
当時の銀座ヤマハでも秋葉原の石丸電気等でもチャンスの交響曲第2番を購入する事は出来ませんでしたし、
この曲が演奏会等においてノーカット版の全楽章演奏というのもほとんど無かったように思えます。
私自身も結構な長い期間、チャンスの交響曲第2番は、
コンクールで聴いた第二・第三楽章しか聴いたことがないし知らない・・、第一楽章ってどういう音楽なのだろう・・という事は
実はずっと気になっていました。
(最近では全曲版のCDも色々な盤が出ていて入手も容易です)
輸入盤の全曲版を聴いて、 「こういう曲だったのか・・、実はこの交響曲自体、循環主題をモチーフにしたような曲であり、
第一楽章のテーマが第三楽章でも華麗に再現されている」という事を初めて知ったものでした。
フランクとかチャイコフスキーの交響曲ではないけど 一種の「循環主題」みたいな交響曲なのかもしれませんね。
チャイコフスキーのようにメロディーラインが「泣かせる」という感じては無くて現代的なドライな感じのメカニックな感じの
循環主題というのが違いと言えるのだと思います。

ちなみにですけど、私自身がこの交響曲の全曲版を初めて生演奏で聴いたのは、1989年の板橋区吹奏楽団の
定期演奏会でした。当時の板橋区吹奏楽団の音楽監督は、元・豊島第十中学校の酒井正幸先生です!
(板橋区吹奏楽団は、吹奏楽コンクール初出場においてこのチャンスの交響曲第2番を自由曲とし、都大会予選会を突破し、
都大会本選でも、葛飾吹奏楽団を抑えて銀賞入賞を果たしていたのは大変立派だったと思います!)

チャンスの管楽器と打楽器のための交響曲第2番は、「エレジー」同様にチャンスの遺作の一つと言っても
過言ではないと思います。
死の直前の曲という訳ではないのですけど、最晩年の曲の一つと言えると思います。
だけど最晩年といっても30台後半というのがやはりせつない話ですよね・・(泣・・)
チャンスは1961年に「管楽器のためのシンフォニー」を作曲していましたが、
1972年にノース・ダコタ州ノースウェスト音楽センターから新しい吹奏楽のための交響曲作曲の委嘱を受け、
その機会に古い第1番の交響曲を元に改作して、この第3楽章からなる
「管楽器と打楽器のための交響曲第2番」を作曲したというのが作曲の経緯です。
第一楽章は、どちらかというと、「静かなエネルギーを秘めている」というような印象です。
第一楽章の冒頭はささやくようにひそやかに開始されるのですけど、主部はファンファーレ風に金管がユニゾンでモチーフを
全音符で高らかに奏すあたりからエネルギー放出みたいな曲としての爆発的な音のうねりも感じさせてくれていると
思います。
そうそう・・この第一楽章はなんとなく雰囲気的には、バーンズの交響曲第2番~第二楽章の中東的な雰囲気にも
どことなくうっすらと近いような印象も感じたりもします。
第一楽章の主要メロディーは、第二楽章・第三楽章のメロディーと被る部分は多いのですけど、特にそれが「しつこい」と
感じる事も無く、その静かな内面的エネルギーには、思わず勝手に「予感」というタイトルを付けたくもなってしまいました~
第二楽章は大変短いけど荘厳でミステリアスな雰囲気が終始醸し出されていると思います。
そして、この交響曲の最大の聴きどころは、第三楽章のティンパニのかなり長大でかっこいいソロにあると思います!
あのソロはティンパニ奏者にとって相当の腕の見せ所でありますし、ティンパニ奏者冥利につくと思います!
もしも私がティンパニー奏者で第三楽章のあの長大なソロをピシっと決める事が出来たとしたら
「もう死んでもいいかも~!?」と瞬間的に頭を過るのかもしれないですね。
ラスト近くの木管セクションのヘビのようにうねるような感じの掛け合いも見事だと思います。
(この部分の小太鼓やグロッケンも実に渋くていい働きを見せてくれていると思います)
最後の全奏者による和音の伸ばしも、中東的な色彩も感じられ圧巻です!
そしてラストは第一楽章のはじめのファンファーレが再現され華麗にエネルギッシュに曲が閉じられます!
そして閉じられ方のティンパニの打点の決まり具合には惚れ惚れさせられるものがあります。

チャンスの「管楽器と打楽器のための交響曲第2番」は、吹奏楽コンクールの全国大会では、
1991年の東海大学第一中学校の演奏を最後に30年近く演奏されていないのはちょっと寂しいです・・
他にこの交響曲を演奏したチームとして、1984年の大曲吹奏楽団も比較的印象に残っている演奏ではありますけど、
少しもっさりしているのがもったいないですし、1984年の関東一高も1979年の拓南中も正直今一つかな・・と
感じたりもします。
だけどこの曲は、支部大会では関東を中心に今現在でも演奏され続けているのは大変嬉しいですね。
そしてこの曲はなぜか知りませんけど、傾向として西日本ではほとんど演奏されないのに、東日本では
演奏頻度が多いというのもちょいと面白いものも感じております。

コンクールの演奏もプロによる演奏も、この交響曲に関しては 「これで決まり!!」みたいな決定打の演奏が無いと思います。
この曲が再評価される事も期待していますし、
何かとてつもない名演が登場しないものかなと実は密かに期待もしています。

これはとてつもなくマイナーな話ですけど、個人的な見解としては、吹奏楽コンクールにおけるこの曲の最大の名演は
1982年の関東大会の法政大学第二高校の演奏だと思います。
惜しくもダメ金で全国大会には行けませんでしたけど、あの演奏は、 神秘的で、奏者の気迫」が隅々まで伝わってきて、背
筋が凍るような緊張感漂う素晴らしい名演だと思います!
メカニックだけど、とにかく「鮮やか!!」という印象です。
ラストの和音をわざとゆっくりと異常に引き延ばした終わり方が大変個性的ですけど、見事だと思います!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

1984年の大曲吹奏楽団

大曲吹奏楽団がコンクールで演奏したチャンスの「交響曲第2番」は、先日コメントした中にあった秋田県立横手高校の「神の恵みを受けて」とたまたま同じ日だったので、これまたステージ係だった自分はステージ裏で聴いていました。
「さすが、昨年の東北代表・全国銀賞!」と感激したのを今でも覚えています。でもごめんなさい、もしかしたらチャンスよりも課題曲だった「シンフォニエッタ」の方に興味津々だったかもです…。
ちなみにこのときの指揮者は現在の「小塚類先生」ではなく、当時は地元中学吹奏楽部の顧問でもあった「田村忍先生」でした。田村先生はその後もいくつかの中学の吹奏楽部を指導され、教頭先生・校長先生も務められ秋田県内地区吹奏楽連盟会長も歴任されました。もしかしたら定年退職されたかな??
チャンスはこの2番もですし、あれだけ演奏された「呪文と踊り」もですが、今はあまり演奏されませんので残念ですが、たまに地元のコンクールでこの曲を挑戦する学校があるので個人的には嬉しいですね。
先日からの管理人様の投稿にありましたが、大編成のリード・マクベス・ネリベル・ジェイガー、そしてチャンスの曲を、小編成はオリバドッティ・エリクソン・スウェアリンジェンの曲をコンクール自分曲や各演奏会でもっともっとエントリーしてほしいですね!

チャンスに関連して

 法政二校の演奏、確か関東大会で生演奏を聴いています。メカニックできっちりとした演奏だったと記憶しています。また、さらに3年前のコンクール県大会では交響曲第二番の第一楽章を取り上げた高校がありました。その学校、当時ではまだ珍しかった金属製のコントラアルト・クラリネットを使用していて、独特な不気味さを醸し出していました。

 呪文と踊り、全国大会の招待演奏で小学生による演奏を聴いて、技量の高さに驚かされた思い出もあります。また、簡潔な形式ゆえに音楽としての構成がしっかりしていて、聴き応えある作品だと思えました。

 朝鮮民謡による変奏曲は、マーチングになったバージョンに接したことがありましたが、余りにもズタズタに流れが切り裂かれていて閉口したことがあります。アメリカではこう云ったマーチング化した作品も結構あるのでしょうかね?

大曲吹奏楽団

一秋田県民 様


大曲吹奏楽団と言うと、90年代末にて全国3金を成し遂げた小塚先生が大変印象的ですけど、
その基礎を作り上げた田村先生も忘れてはいけないですね!
チャンスも悪くはなかったですけど、前年のネリベルの「トリティコ」の方が私的にはインパクトがありました!
小塚先生は一時期、中央大も振られていたことがありましたけど、小塚先生を持ってしても偉大なる前任者の林先生時代を
超えることは出来なかったというのは、吹奏楽団と指揮者には相性というものもあるのかもしれないですね。

大曲を振った時の方が小塚先生は生き生きとされているような感じもあったりします。

そういえば、田村先生が大曲を振られていた頃には、秋田の一般の部には、NG吹奏楽団もありましたね~!
最近も支部大会にはずっと出ているようですけど、代表の壁はかなり厚いようですね。
NG吹の初出場の際のシベリウスの1番は、あの渋すぎる選曲が嬉しかったですし、シベリウス独特の「ほのかな情熱」を
巧みに表現されていて大変印象的でもありました。

チャンスは関東の小編成では結構耳にする機会も多いので嬉しいですね!

チャンス

とりあえずホラ吹き 様


法政二高の演奏を生で聴いた事があるという人は初めてお目にかかりましたので、大変嬉しいです。
(あのチャンスの2番の第二楽章のクラリネットソロを担当した奏者は後日、一時期同じ職場だった偶然もありました・・)
法政二高の演奏はメカニックだけどテクニックに優れていて、なおかつ第三楽章のティンパニソロ以降の展開が
大変熱くて、個性的な解釈もかなり聴く事が出来ましたので、面白い演奏だったと思います。
ちなみにこの年の関東大会には、あの野庭高校が「海の歌」で関東大会初出場を果たしていました。

「挑戦民謡の主題による変奏曲」のマーチングバンドアレンジは私も聴いた事がありますけど、どうしてもカットは
ああなってしまいそうですね・・
ちなみにリードの「ロシアのクリスマス音楽」もマーチングバンド用のアレンジがなされていて、こちらも朝鮮・・以上の
斬新な(?)カットがされまくっています・・!

おぉ~!NG吹奏楽団!!

はい、管理人様、NG吹奏楽団も秋田で大活躍している社会人バンドですね!自分の地元のバンドです。
シベリウスの1番は本来なら1985年しか聴けなかったはずでしたが、翌年NG吹が初めて定期演奏会を開催した際に再演されて、とても感激した記憶があります。
確かに最近は秋田吹と大曲吹が存在している影響で東北大会突破が厳しいんですが、久しぶりの全国大会出場の日が来ることを期待しています。
逆に言うと、管理人様の故郷の宮城の社会人バンドには、名取交響吹奏楽団と泉シンフォニックウィンドオーケストラという素晴らしいバンドがあるじゃないですか。
特に名取は現在の楊鴻泰先生指揮の演奏も素晴らしいんですが、現在は泉の荒井富雄先生時代も前任者の近藤久敦先生時代も素晴らしい演奏でしたよ!

NG吹奏楽団

一秋田県民 様


NG吹奏楽団って最初にチーム名を聞いた時は「コミックバンドなのかな・・?」と感じたものでした・・(汗)

最初にシベリウスの1番というとてつもなく渋い曲を演奏しているのを聴いた時は
「全然NGじゃないじゃん!」とすら感じたものでした。
リードのエルサレム讃歌の演奏も大変スケールが大きくて好印象だったと思います。

秋田県内では現況、大曲と秋田という東西二大横綱に挟まれる形で苦労されているようですけど、
それだけ秋田の層の厚さを物語っているのだと思われます。

個人的には近藤久敦先生時代の川口アンサンブルリベルテという私の地元の吹奏楽団の演奏が大好きだっただけに、
「なんでよりによって泉シンフォニックに引き抜かれるんだよ―」と
少し恨めしい気分になったものでした・・(汗)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4238-250c05f9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |