プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


A.ハチャトゥーリアンというと管弦楽の演奏会でも吹奏楽コンクールの自由曲でも定番なのは
誰がなんといってもバレエ音楽「ガイーヌ」なのだと思います。
以前も書いたと思うのですけど、20世紀に作曲されたクラシック音楽の中で最も知名度というか
「あ・・少なくとも一度は耳にした事があるメロディーだ!」と思われる曲の一つこそが
このハチャトゥーリアンのバレエ音楽「ガイーヌ」~剣の舞なのだと思います。
そして私自身がハチャトゥーリアンというと、艦これの白露お姉ちゃんではないけど「この曲がいっちば~ん!」と思えてならない
曲こそが交響曲第2番「鐘」だと思います!
ただ残念なことにこの交響曲第2番「鐘」は知る人ぞ知る曲の範疇にはいりそうでもあるのですけど(汗・・)
私自身はとにかく私が生きている間に一度でいいからこの交響曲を是非是非聴いてみたい気持ちで一杯です。
「マイナーシンフォニー」として音楽史の中に埋もれてしまい、
人々の記憶から忘れ去られてしまうにはあまりにも勿体無い曲の一つと私は確信しています。

これはあくまで私自身の好みではあるのですけど、
アーノルドの交響曲第2番・第4番、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、
ウィリアム=シューマンのヴァイオリン協奏曲、
ウォルトンの交響曲第1番、松村禎三の交響曲(第一番)、
コープランドの交響曲第3番、エルガーの交響曲第2番、バーンスタインの交響曲第3番「カディッシュ」、
トゥービンの交響曲第4番、ニールセンのバレエ組曲「アラジン」などは
世間一般的には確かにマイナーなのだけどもっともっと多くの人に聴いて欲しいクラシック音楽だと思いますし、
こうした曲はまだまだ一杯いっぱいあると思いますし、
逆に私自身がまだ「知らない音楽」も数多くあると思いますので、
「生涯、死ぬまで勉強、勉強・・」のつもりで、私自身がまだ知らない音楽の事も死ぬ瞬間まで色々吸収し続ければいいなとも
思っています。

ハチャトゥーリアンの交響曲第2番「鐘」もそうした曲の一つだと思います。

確かに位置づけとしては「マイナーシンフォニー」というのは分かってはいるのですけど
この曲の素晴らしさが一人でも多くの方に分かって頂ければ、この曲を一度でいいから聴いて頂ける方が表れるとしたら
当ブログの管理人としては、こんなに嬉しい事は無いと思います。

ハチャトゥーリアンの交響曲第2番「鐘」ですけど、タイトルの「鐘」は正式なものではありません。
曲全体を通して「鐘」が効果的に使われているからという理由での俗称に過ぎないのですけど
「そんなに鐘=チャイムが派手に使われていたっけ・・・?」みたいな感じもあるのですけど、
「鐘」という響きが何か個人的に大変気に入っているので私は「鐘」というタイトルについては大歓迎という感じです。

この曲が作曲されたのは1943年で、まさに第二次世界大戦というか対ドイツ戦の真っ只中の影響が濃厚で、
この交響曲にはガイーヌ」で提示された様な「民族主義的」な香りはあまり感じられません。
聴こえてくるのは「戦時中」という大変な緊迫感だと思います。
とにかく第一楽章から第四楽章に至るまで終始大変な緊張感に包まれています。
その意味では、ガイーヌとか仮面舞踏会とかヴァイオリン協奏曲みたいに気軽に聴けるような類の曲では
無いと思いますし、
比較的親しみやすい作風のハチャトゥーリアンにしては・・・「戦時リアリズムの悲劇」とか「劇的緊張感」をかなり意識し
決して気軽には聴くことは出来ない大変重厚感が漂う曲だと思います。
「戦争中」という異常事態でないと多分書けそうにない本当に真に迫った音楽なのだと思います。
この交響曲第2番「鐘」は戦後間もない頃に作曲された交響曲第3番「シンフォニーポエム」のような能天気な曲ではありません!
交響曲第3番「シンフォニーポエム」のような「明るい、すべてが明るい!!」みたいな前向きな明るさの塊のような曲
ではありませんし、
第一楽章冒頭からして、あの重厚感と悲壮感はとにかく聴いているだけで周囲を壁で囲まれた様な「圧迫感」すら
感じさせてくれていると思いますし、
第三楽章の悲劇的アダージョの金管セクションとドラの哀しみに満ち溢れた咆哮は胸がギューーーッと引き締まる気持ちで
一杯になってしまいます。
第四楽章も決して「救済」の音楽ではありません。
フィナーレの出だしは明るいファンファーレで開始され、途中「生きる希望」を示唆する部分もあったりするのですけど、
最後は劇的だけど陰惨な雰囲気と劇的な高ぶりの感情で曲が閉じられ、
「戦争はまだまだ続いているんだ・・・」みたいな事を見事に暗示していると思います。

結果的にソ連は第二次世界大戦の戦勝国となり、
1945年前後には色々な作曲家が祝典的な交響曲を発表するのですけど
当時のソ連を代表する3人の作曲家のそうした交響曲へのアプローチが三者三様なのは大変興味深いものがあります。

一例を挙げると・・

プロコフィエフ/交響曲第5番

→曲の全てが霊感と瑞々しさに満ち溢れ、戦争終結とは関係なく、とにかく20世紀の名交響曲の一つ

ハチャトゥーリアン/交響曲第3番「シンフォニーポエム」

→オルガンに金管奏者15人のバンダを含む、とにかく明るく華やか過ぎる能天気な祝祭音楽です!

ショスタコーヴィッチ/交響曲第9番

→そんな「国家のめでたい事は私には興味はありません」とばかりに
 スターリンからの「派手で祝典的な曲を書いてくれればありがたい」との意向忖度せず見事にすっぽかし、
 軽い「おもちゃ箱」みたいな曲を作り、スターリンの激怒を招いてしまう・・

そのあたりは各人の「個性の違い」というのも相当あるのかもしれませんよね。

話がそれました・・(汗・・)、ハチャトゥーリアン交響曲第2番「鐘」に話を戻しますと、

この交響曲は四つの楽章から構成され、演奏時間も50分を越すかなりの大作です。

ハチャトゥーリアン自身が「戦いの主題」と呼ぶ緊迫した主題をベースにしながら、暗く劇的な緊張感に満ちた第一楽章・・・
ガイーヌのような民族舞曲の要素もあるのだけど、硬質な響きのピアノが派手に乱入したり、
打楽器が大活躍を見せたり、「戦争真っ只中のハードなスケルツォ楽章」をイメージさせる第二楽章・・・
深刻で重厚で重々しいアダージョの楽章なのだけどアダージョ楽章としては異例とも思える凄まじい大音量の金管と
ドラの咆哮が乱入し聴く者の心を鷲掴みにしてしまう第三楽章も大変印象的ですし、
第三楽章の途中ではアルメニア民謡に基づくテーマがグレゴリオ聖歌の「怒りの日」のあのメロディーと組合わさり融合し、
「怒りの行進曲」のような感じとして展開されるのが大変印象的です。
ラストの第四楽章は部分的に明るいし、確かに「凱旋行進曲」のように聴こえなくもない個所もあるのだけど
最後は悲劇的雰囲気のまま終わり、
「まだまだ戦争は継続していく」みたいな得体のしれない緊張感と不安感で終るところが20世紀の交響曲らしいと思います。
ラストの壮絶な不協和音がそれを見事に象徴していると思います。
聴き方によっては「たとえ戦争が終結したとしても自分たちの苦難はまだまだ続くし、この戦争で失ったものは
あまりにも大きい・・結果として私たちの心の中には埋める事が決してできないポッカリとした穴が開いてしまった・・」
という事も示唆しているような印象も感じたりもします。

「埋もれた名作」なのですけど、一人でも多くの皆様に聴いて欲しい交響曲だと思います。

この曲を聴く場合、CDとしては、断然、ネーメ・ヤルヴィ指揮のスコットランド国立管弦楽団が素晴らしいと思います。
(ハチャトゥーリアンがウィーンフィルを自作自演した演奏も素晴らしいです!)

さてさて、ここから先は、エピソードというか余談として聞いて欲しいのですけど、
このハチャトゥーリアンの交響曲第2番「鐘」を吹奏楽コンクール用にアレンジして
全国大会で見事に金賞に輝いたチームがあります。
それが1980年の秋田県立花輪高校なのです!

プログラム上では、ハチャトゥーリアンの交響曲第2番「鐘」第一楽章と表記されていますが、
実態は、第一楽章の緊迫感漂う部分をメインに構成し、第四楽章の劇的な集結部分を結合させた
おいしい部分の総集編とも言えそうな感じもあります。
私自身が原曲の管弦楽版を全く知らないで、花輪高校の編曲+カット版を聴いた時には、
「第一楽章でこんなに劇的に終わらせてこの後の展開はどうなってしまうのだろう・・」と
感じたものですが、上京して上野の東京文化会館五階の音楽資料室で原曲を聴いた時、ぶったまげたものです。
「花輪高校の演奏は小林先生の創作アレンジと言っても過言ではないのかも・・」と感じたものでした!
だけど小林先生の編曲の素晴らしさ・構成の素晴らしさには、ある意味感服いたします。
花輪高校の演奏は本当に迫力十分です。
小太鼓の素晴らしい撥さばき、金管セクションの重厚な咆哮、花輪の一つの頂点だと思います。
花輪高校というと洗練された音色、どこまでいっても割れない豊かな美しい響きとデリケートさが魅力でもあるのですけど、
ベースの音色・サウンドが大変洗練されているから、あれほどまでの「凄まじい大音量」でも
少しも「煩い!!」・「喧しい!!」と感じさせないのは とにかく「お見事!!」という言葉しか出てこないです。
冒頭のあの「ジャジャジャー――――ン!!」・「タアーン タァー!!」という原曲の「戦いの主題」が炸裂し
冒頭で既にノックアウト状態と言う感じです。
あの金管セクションの鳴りっぷりはとにかく半端無いものがあるのですけど、
あんな凄まじい音量でも音が全く割れずクリアに響いているのは、まさに「驚き」以外の何者ではないです!!
冒頭部分が終わると一旦静かになり、この時の木管セクションのひそやかな感じも金管の不気味な感じも素晴らしいですし、
動と静のあまりにも極端すぎるとも言える「落差」がとてつもなくダイナミックスに感じます。
この年の花輪の持ち味は、音色の透明さ+洗練さ・豊かな音量、そして何よりもダイナミックスレンジの巾広さ!!
これに尽きると思います!!

花輪高校は、こうしたロシアのマイナーシンフォニーがよく合っていると思います。
後年、「バッカスとアリアーヌ」とか「チェックメイト」・「三角帽子」を演奏していましたが、
花輪高校にこうしたフランス音楽やメジャーな音楽はあまり似合わないような気もします・・(汗・・)
花輪高校のこの演奏のラストの高まりは、「この後自分達はどうなってしまうのだろう、どこへ向かっていくのだろう、
誰にも分らない、不安だ、まずい・・・」という悲壮感・切迫感が本当によく表現されていたと思います・

結果的に、ハチャトゥーリアン自身も第四楽章ですらその答えは明確に提示せず、
交響曲第3番「シンフォニーポエム」のあまりにも明るすぎる世界観でもって
「自分にはこうした明るい路線が合っているのかもしれない」と確信されたのかもしれないですね。

これは私の勝手な創造なのですけど、小林久仁郎先生にとっては、
1980年の「鐘」の演奏と82年のウォルトンの1番と84年のシンフォニーポエムは
「人と戦争」をテーマにした三部作の演奏だったのかなと感じる事もあったりします。
80年の「鐘」で不安感・焦燥感を抉り出し 82年のウォルトンで「不安には不安を持って対処する」みたいに提示を出し、
84年の「シンフォニーポエム」で「不安からの開放」を謳い上げたのかもしれません。

花輪高校は翌年も大体似たような事をやってくれています。

1981年の自由曲は、プロコフィエフの交響曲第3番第一楽章なのですけど、
花輪高校の演奏は、第一楽章から主に構成し、ラストの終結部の悪魔的な響きは第四楽章から構成されています。
つまり1980年の演奏と同様に、第一楽章と第四楽章から構成されたものなのでした。
1981年の花輪高校のプロコフィエフの交響曲第3番は、終わらせ方が妙に劇的というか悪魔の歯ぎしりみたいな
終わらせ方をしているのですけど、
原曲の第一楽章は静かに回顧的に終わらせています。

要は小林先生は2年連続して、マイナーシンフォニーの第一楽章を自由曲として選び、終結部に第四楽章の
劇的な場面を繋ぎ合わせるという荒業を見せてくれているのですけど、 
小林先生のアレンジの上手さと言うか、曲の構成の素晴らしさが光っているとも言えると思いますし、
ああしたすてきな芸当ができるのは後にも先にも小林久仁郎先生以外存在しないのかもしれないですね~!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4237-eca77825
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |