浦和の調ちゃん【第一期?】 第5話:人生は迷いの連続である・・ → 公式HPで続編の第二期2018年放映開始予定とされていますけど、昨年に続いて順延となる可能性も濃厚で、まだまだ迷走中なのかもしれないですね・・(汗)

4 0
2015年に放映されていた埼玉県ローカルショートアニメ / 浦和の調ちゃん【うらわのうさぎちゃん】ですけど、
昨年、2017年度に一度は公式から「2017年に二期放映決定」と発表されたものの結局はその後に放映順延と告知され
今現在に至っています・・
私としては、浦和の調ちゃん第二期という形でも浦和の調ちゃんの続編という形の「むさしの」のどちらでも構わないのですが、
(「むさしの」の登場キャラは公式HPでは既に発表されていて、一期の主要メンバーに加えて新キャラも追加という
事になっていて、結果として浦和VS大宮という因縁の構図をアニメ上でも再現という形になっているようです)
なかなか続編放映開始日が正式発表されないのがなんとも歯がゆい所でもあります・・

そうした中、先日「浦和の調ちゃん」の公式HPにおいて「2018年にむさしの!放送開始!」という一報が告知されていましたので、
昨年の二の舞にならないように今年はなんとか第二期の放映が実現してくれればとっても嬉しいですね~!
昨年の経緯もありますので、あまり過剰期待をしない範囲で
「本当に放映されればラッキー!」みたいな軽いノリで気長に待ってみたいと思います。
それにしても2016年頃あたりから「浦和の調ちゃん第二期鋭意制作中」という告知が公式で登場してから3年近く
ほとんど進展していない訳でしたけど、それでも公式では「間もなく」とか「鋭意準備中」という言葉が飛び出し、
結構浦和近辺においてイベントやグッズ販売も展開していましたので、あまりのその遅さに
「おまえはそば屋の出前なのか~」とツッコミを入れたい気持ちでもあったりします・・(汗・・)

2015年の第一期の放映終了から今現在に至る軌跡は、もしかしたら「迷走の連続」だったのかもしれないですね・・

だけどとにかく何も無い無い、浦和レッズ以外何も名物も全国的知名度が無い埼玉県浦和エリアにおいて、
こうした「浦和の調ちゃん」というローカルアニメがかつて放映されていた事自体、大変貴重なものであり尊いものでも
ありますので、このブログの管理人は単にさいたま市南区と隣接している川口市に居住している立ち位置に過ぎないのに、
なぜかブログ内でも2015年以降既に100回以上「浦和の調ちゃん」記事を掲載させて頂いているほど実は
「埼玉愛」(?)が深いとも推察されますので、
とにかく浦和の調ちゃん第二期または続編の「むさしの!」の放映の実現を心の底から実現できればいいなぁ~!と
思っています。

浦和の調ちゃんの続編関連は「迷走の連続」であったのかもしれないですけど、
「浦和の調ちゃん」第5話のタイトルは「人生は迷いの連続である」というものでもありましたので、4年前から
「迷いの連続」というのは既定路線だったのかもしれないですね・・(汗・・)















この第5話では、三室美園が初登場してきます。

結果論になってしまうのですけど、三室美園は第5話と第11話の計2回しか登場しませんでした。
独特な「不思議ちゃん」みたいな立ち位置のキャラでもありましたので、
もう少し見て見たかったな、もう少し他のキャラとの絡みも見て見たかったなという感じもして勿体無い感じはありました。
そしてこれも結果論になってしまうのですけど、
「浦和の調ちゃん」という5分間ローカルショートアニメは、その尺の短さが原因なのでしょうけど、
8人のメインキャラが一堂に揃う、つまり8人が全員揃うという回は実は意外にも一度もありませんでした。
これも少し勿体無かったのかもしれませんよね。
ちなみにですけど、この第5話は、田島桜を除く鉄道部全員と三室美園と生徒会2名が登場していましたので
田島桜さえちらっとでもいいから登場していれば8人が唯一登場してきた回となっていました。

三室美園は本当に不思議ちゃんでしたね!

教室の目の前にある職員室に行くのですら迷ってしまうと言うすさまじすぎる方向音痴は楽しいものがありました!
三室美園の通学経路は、
浦和美園駅→東川口駅→武蔵浦和駅→北戸田駅とかなりの乗継をしないと浦和第三高校(浦和南高校がモデル)
まで辿りつけないはずなのに、
こんな極度な方向音痴でよく毎朝毎朝遅刻もしないで学校に登校できている方が不思議なくらいですよね~(笑)
浦和美園は設定の上では「風紀委員会の委員長」という立ち位置になっていますけど、
浦和第三高校は、生徒会長がコスプレしまくりの彩湖で風紀委員長が方向音痴の美園と言う事で、
一体どんだけゆるい学校なんでしょうかね~(笑)
あのアホの大谷場南が、この学校では「成績優秀」という設定になっているくらいですから、
「浦和の調ちゃん」は普通の人って道祖土緑と田島桜くらいしかいなかったのかもしれないですね~







e1871433_convert_20150826204129.jpg


e78025bf_convert_20150826204102.jpg







「三室美園」の名前の元ネタですけど、ま、こんな話を書いても埼玉県以外の方は「何言っているのかさっぱりわからん・・」
みたいな話になりそうなのですけど、
「美園」という地名を聞くとサッカーファンの皆さまでしたら、「埼玉スタジアムがあるところね」と言われると思います。
浦和レッズの試合やサッカー日本代表の国際Aマッチなどでも頻繁に使用されていますし、
FIFAワールドカップ予選や親善試合において日本代表のホームゲーム開催実績を多く持ち、
首都圏では横浜国際総合競技場とともに日本代表の事実上のメインスタジアムとして用いられている競技場であったりも
しますし、埼玉関連ネタでは数少ない全国的に通用するワードなのかもしれないです・・

だけど、このスタジアムに来たことがある人ならば、多分ほとんどの方は感じると思うのですけど、
とにかく「交通アクセス」は良くないですね・・(汗)

名前は「埼玉スタジアム」ですけど、浦和駅や大宮駅から近い訳でもなく浦和駅からバスを利用すると
40分程度は掛かると思います。
最寄駅は埼玉高速鉄道の「浦和美園駅」なのですけど、浦和美園駅から埼玉スタジアムまでは
徒歩で20分程度は覚悟された方が宜しいと思います。
決して駅から間近という事ではないです!
埼玉県の事を全然知らないで、サッカー観戦だけを楽しみに浦和に来られた方は、
「埼玉スタジアムって、浦和駅から徒歩10分程度じゃないの・・? なんでこんなに遠いの・・!?」と愚痴られるのかもしれないですね!

この「埼玉高速鉄道」ですけど、とにかく料金が高い!!事でも知られています。
初乗り運賃は210円で、これは日本の地下鉄として京都市営地下鉄と並ぶ最高額であり、
全体的にも日本の普通鉄道としては高額の部類に入ると言われています。
この鉄道は、都内の地下鉄南北線と乗り入れの形をとっていて、
都内からこの鉄道を利用すると、南北線利用の間は料金が普通に設定されているのに、
赤羽岩淵からの「埼玉高速鉄道」に入った瞬間から料金が大幅に上がるというイメージがあったりもします。
赤羽岩淵から終点のこの「浦和美園」まで7駅だけど運賃は470円で、
都内の王子駅から浦和美園まで乗った場合は640円も掛かります!

この運賃の高さは千葉県の「北総線」を彷彿とさせてくれていると思います。

最後に・・第5話のタイトルは「人生は迷いの連続である」となっていますけど、
「カーナビ」を使用していても道に迷う時はありますからね。
例えば、埼玉県飯能市の笠縫とか川寺とか岩沢という再開発エリアは、区画整理地とか仮換地が大変多いせいか、
ナビに当該住所を入力してもナビが新しく生まれ変わった道路とか宅地に反応しないことが多々あり、
結果的に画面が唐突に「砂漠」みたいな表示となり、その砂漠を彷徨って迷い歩くみたいな事も結構あり、
三室美園のような状態になってしまう事も多々あったりもしますね~(笑)


関連記事
ページトップ