かもめの玉子 → 萩の月と並んで東北を代表するすてきな銘菓ですね~!  ゆびのりピピやアミグリさんが描かれたひよこルーミアとの相性も最高のように感じられますっ! (笑)

10 -
改めて言うのも何ですけど、埼玉って本当に「何も無い無い何も名物も銘菓もない・・、おまけに県民の郷土愛も
47都道府県で最もうすいところ」と感じずにはいられないですし、
そうした中で頑張っている「浦和の調ちゃん」でお馴染みのあの十万石まんじゅうとか彩果の宝石などは
「素晴らしい! 今後も数少ない埼玉名物として頑張ってPRしてほしいなぁ~」と思ったりもしますね!

さてさて、先日なのですけど、イトーヨーカドー店舗内に「東北物産展」が開催されていて、東北六県のすてきな食べ物やお菓子
などがたくさん展示されていて、こういうのは見ているだけで楽しいですし
「食べてみたいな~!」というお菓子とか名物料理等に目が奪われてしまいそうです!

私自身、生まれは青森で主な育ちは仙台でもあるのですけど、例えば仙台ですとこうした物産展でもお馴染みの食べ物というと
萩の月・ずんだ餅・牛タン・笹かまぼこ・白松がモナカ・支倉焼・仙台ゆべし・生どら焼き・ほや貝など
たくさんあるのですが、
こんなにもすてきな銘菓・名物が揃っているのを見ると「埼玉はしょぼいねぇ・・」と思わずにはいられないのですけど、
ま・・埼玉は「何も無い無い、な~んにもない」というのが最大の名物であり、
例えば私のように田舎から出てきた人間がすんなり馴染みには最適の街と言えそうなのが埼玉県の浦和・大宮・川口エリア
なのだと思います!

その東北物産展で展示されていたすてきな銘菓の一つが岩手県の「かもめの玉子」でした!

かもめの玉子も萩の月同様に東北を旅行された皆様にとっては、お土産の定番の一つだと思います!

かもめの玉子は、さいとう製菓株式会社が製造している岩手県大船渡市の郷土銘菓でして、
白餡を薄いカステラ生地で包んで焼き上げ、全体をホワイトチョコでコーティングした卵型のお菓子です。

ころんとした丸い形、ネーミングのかわいらしさ、素材にこだわることで生み出されたやさしい味わいの全てに
センスがあふれた銘菓であると言えますけど、
やっぱり「これって卵そのまんまじゃん!」とツッコミが入りそうなあのまるっこい雰囲気に食べる前から癒されそうです~!











004_convert_20180425104055.jpg







南三陸の大自然に悠々と翼をはためかせている「かもめ」をモチーフにしたお菓子なのですけど、
考えてみると三陸沿岸ではお馴染みのかごめをモチーフにするのは自然な雰囲気なのかもしれないですし、
お菓子で「玉子」をイメージさせるのは実は簡単にようでいてかなり難しいものはあると思われますので、
やはり現場の制作者の皆様のご苦労には本当に頭が下がる想いで一杯です。

ここにも日本の「すてきなモノづくりの魂」が込められているのかもしれないですね。







005_convert_20180425104124.jpg



007_convert_20180425104146.jpg






見た目も「玉子そのまんまじゃん!」という感じですね~!

殻が付いたままの卵にも感じられますし、ゆで卵のように見えたりもしますね。
(ゆで卵みたいというと板東英二が泣いて喜びそうなお菓子なのかもしれないですね・・汗・・)

包みを開けると、まわりを包むホワイトチョコの香りがほのかに上品に伝わってきます。
この時点で既に大成功のお菓子だと思うのですけど、このかもめの玉子をパカッと二つに割ると、
あらあら・・予想通りなのですけど、まるで本当にゆで卵みたいな見た目になってしまいます。

この黄色い部分は白餡を黄色っぽく着色したのだと思うのですけど、これが本当に黄身そのもののように
見えたりもしますね。
あ・・そっか・・表面はホワイトチョコレートでコーティングされているのですけど、このホワイトチョコレートは殻というイメージ
なのかもしれないですね。
そしてカステラ生地がイメージさせているものが卵の白身と言えそうですね。

黄身をイメージさせるしっとりとした白餡がねっとり口いっぱいに広がる食感がすてきだと思います!
餡なのですけど洋風のお菓子の味わいも醸しださせていて、甘いけど極端に甘すぎる事も無く、上品に洗練されて
まとまったお菓子と言えると思います。
「かもめの玉子」は小さいお子さんにもご年配の皆様にも老若男女にも誰からも愛されるお菓子と言えるのだと
思います!

このお菓子を食べた後は「ラーメン大好き 小泉さん」ではないけど思わず「ふはーー」とか言っちゃいそうですね・・(笑)

そして渋い熱いお茶がなんだか無性に飲みたくもなってしまいそうですね。







縺九b繧\convert_20180425110930





そして「かもめの玉子」も定番お土産という事に決してあぐらをかかずに、新しい商品や味を模索し続けているのも
すてきだと思います。
ここ最近は季節限定の味も人気との事で、春はいちご、夏はメロン、秋は栗、冬はみかんといったラインナップをそろえる他、
丸ごと一粒栗の入った「黄金かもめの玉子」、黄味餡の中にりんご果肉がたっぷり入った「りんごかもめの玉子」、
ほろ苦さがあとをひく「かもめのショコラン」、お祝いの席にぴったりの「紅白かもめの玉子」など
通年で楽しめる定番品も多いというのは開発者の不断の努力の賜物だと思いますし、こうしたお菓子一つとっても
日本の「素晴らしきモノづくりの伝統」みたいなものが伝わってきていると思います。

最近耳にした話では都内の「ゆりかもめ」とのコラボ商品も以前はあったという話を聞いたことがあるのですけど、
その商品は今の所は関東近辺では目にした事はないですね・・







008_convert_20180425104209.jpg




これはちょいとした余興ですけど、先日当ブログでレビューをさせて頂きました「ゆびのりピピ」のかわいいひよこちゃん
なのですが、自分で言うのもなんですけど(汗・・)
ひよこと卵=玉子をモチーフにしたお菓子の相性は当たり前の話かもしれないですけど
「どんぴしゃなのかも~」と感じてしまいますね・・

ゆびのりピピのひよこのゆるかわいらしさと癒しと「かもめの玉子」のやはりあのなんともいえないチャーミングな雰囲気は
最高のお菓子と玩具の組合せと言えるのかもしれないですね。

ゆびのりピピが横にいると、なんだか「玉子を食べちゃうのが申し訳ないのかも・・」とちょびっとだけ感じそうですね。







hiyohiyo-ru-mia_convert_20140507165947.png








さてさて、ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!

今回ご紹介させて頂く作品は、「え・・どうしてこの流れでルーミアなんだ・・?」と思われる方も多いのかとは思うのですけど、
その登場理由は先日の当ブログでの「ラーメン大好き 小泉さん」における鶏のから揚げと天下一品ラーメンの中で
ルーミアが登場した理由とほぼ同じなのかもしれないです・・(汗・・)

上記のルーミアはアミグリさんが2014年5月に描かれた「びよびよルーミア」です。
そしてこのひよこルーミアは、昨年当ブログで展開をさせて頂きました「アミグリさんが描かれたルーミア特集」において
「泣き顔ルーミア」と共に皆様から最も反響と称賛のコメントが寄せられたイラストの一つでもありました、

「ぴよぴよルーミア」はひよことルーミアのすてきなコラボで、
ルーミアももちろんとってもかわいいですけど、ひよこちゃんも同じくらいとってもとってもかわいい思います。
ひよこちゃんが一羽びょこんとルーミアの頭の上に乗っかっている構図がとっても愛らしいです!
ルーミアだったら、たとえ思いがけずにひよこが自分の頭の上に乗っかってきても気づかず、
周囲の妖怪たちからそれを指摘されてはじめて「そーなのかー」の気が付くのかもしれないですね・・・(笑)

上記のゆびのりピピとかもめの玉子のコラボ写真を撮っている最中に、私の脳裏に浮かんだのが
「ラーメン大好き小泉さん」であり、アミグリさんが描かれたこの「ひよこルーミア」であるというのも、
ルーミア→かわいいけど実は鳥頭なのかも・・? と ラーメンと鶏のから揚げの相性はすてき と 
かもめの玉子→ ひよこみたいという私の感想がなんだか脳内でMIXしてしまったのが、今回またまたアミグリさんの描かれた
「ひよこルーミア」を転載させて頂いた理由なのかもしれないですね・・(笑)

そしてそれ以上に、ひよことルーミアという意外すぎる組合せを思いついてしまうアミグリさんの発想の柔軟さは
お見事!としか言いようがないと思います。

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんが描かれた「びよびよルーミア」は
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも当ブログへの転載やご紹介を快諾して頂きありがとうございます!

今週土日のトップ記事はいずれも東方語りの予定です。

そしてここにもアミグリさんの描かれた東方キャラがすてきに登場してきますので、是非ぜひ今度の土日の当ブログ、
及び、アミグリさんのすてきなブログ「 dream fantasy」も
何卒宜しくお願いいたします!


関連記事
ページトップ