プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「アリス」と言う名前は特に英語圏では大変ポピュラーな名前だと思います。

日本で言うと今現在ならば、結衣・陽菜・さくらなどに相当するような名前なのかもしれないです。

ちなみに2017年度の女の子の人気の名前ランキングは、

1.咲良(さくら)
2.結菜(ゆうな)
3.葵(あおい)
4.結衣(ゆい)
5.陽菜(ひな)
6.凛(りん)
7.陽葵(ひまり)  
9.優愛(ゆあ)
10.莉子(りこ)

との事です。名前というのは時代によってかなり人気に差が出ますので、果たしてこのランキングが10年後に
どう変動しているのかは神のみぞ知る世界なのだと思います。
私が小学生・中学生の頃ですと、女の子の名前は3人に2人程度は「子」という漢字が入っていたと思うのですけど、
最近では「子」は随分と少なくなってきましたし、上記のランキングに一つでも入っていたのはむしろ
意外でもありました。

「アリス」という名前は、英語・フランス語圏で広く見られる女性の名前であり、
12世紀以降にイギリス・フランスで流行し、17世紀中頃までに廃れ19世紀中頃に復活した経緯があり、
特に1865年に発表された「不思議の国のアリス」の影響度は相当大きなものがあったと言えそうですし、それが
今現在でも大変ポピュラーなのは「アリス」という名前の魅力なのかもしれないですね!

ちなみにですけど、「アリス」という言葉は「少女」の象徴や代名詞として使われていると指摘する専門家も相当数
いるとの事です。

さてさて・「アリス」というワードを耳にして「不思議の国のアリス」を連想された方はごくごく一般的な皆様という感じもありますし、
谷村新司・堀内孝雄など3人から構成されるフォークバンドのアリスを連想される方は立派な昭和生まれの昭和育ちで
しかも、少なくとも私よりは年上または一回り以上上の世代の皆様なのだと思います・・(汗・・)
今現在の若い世代の皆様ですと、堀内孝雄さんというと「演歌もポップスも歌われる渋い歌手」とか
谷村新司というと、「昴」とか24時間テレビでお馴染みの「サライ」というイメージもあるかとは思うのですけど、
私の世代で言うと「アリス」としてのジョニーの子守唄・チャンピオン・夢去りし街角・ 秋止符 を思い起こすのかも
しれないですね~・・(汗)

そして「アリス」という名前はアニメ・ゲーム作品ではかなりの作品で既に登場している名前ですし、
それだけ知名度が高い名前というのか「ヨーロッパ的な名前」として定着しているのだと思います。
アリスと名が付くキャラは大体が金髪で色白な女の子というイメージもあるのかとは思います。
そこにあるのはやはり不思議の国のアリスの影響やイメージと言えると思うのですけど、
全体的にはとても可愛い子が多いと思います!
(後述しますけど、私にとっての「アリス」とは言うまでもなく東方屈指の金髪美少女のアリス・マーガトロイドに尽きると思います!)

それでは「アリス」という名前が登場している作品で印象に残っている作品をいくつか挙げさせて頂きますと
どんな感じになるのでしょうか・・?

1.「きんいろモザイク」のアリス・カータレット

2.「ガールズ&パンツァー 劇場版」に登場している島田愛里寿(しまだ ありす)

3.ゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ」のお年頃なアイドルの橘ありす(たちばなありす)

4.ライトノベル「ソードアート・オンライン」のアリス・ツーベルク

5.「ARIA」のアリス・キャロル

6.漫画「食戟のソーマ」の薙切アリス(なきりありす)

7.アリスSOSのアリス

上記で記したアリスはあくまでほんの一例なのですけど、さてさて・・本記事においては、
dream fantasy」の管理人のアミグリさんが
過去から現在において描かれてきた「アリス」と名前が付くキャラのイラストを是非皆様にご覧頂きたいと
思います。
結果的に、プリキュア・版権作品・東方作品といい感じにばらけていますし、ここに登場するアミグリさんが描かれたアリスも
初期の頃の作品、最近の作風に近い作品、デジタル、アナログなど多彩な側面も見られますので、
アミグリさんのそうした多様性というのか作風の変化というのも感じ取って頂ければ幸いです!








kyuarozetta!!_convert_20130724153416.png






それではアミグリさんが描かれた「アリス特集」においてオープニングを飾って頂く作品は、
アミグリさんが2013年7月に描かれた「ドキドキプリキュア」より四つ葉ありす=キュアロゼッタです!

キュアロゼッタ以前の歴代の黄色系プリキュアというと、「あざとい」とか「明らかに受けを狙っているというキャラが
多かったような気もしますし、それをとことん極めたのがスマイルの「キュアピース」なのかもしれないです。
「黄色系プリキュア」というと、サンシャインとかミューズのように
極めて優秀でお強い御方もいたのですけど、やはり全体としては、マスコットとかあざといみたいな印象が強いような気も
するのですけど、そうした「黄色=あざとい=ポンコツ」みたいな従来の概念を完璧にくつがえしたのが
ありす=キュアロゼッタであり、ありすのプリキュア史的歴史的意義は相当大きいと思きいと思いますし、
あざといだけじゃないの黄色系プリキュアを確立した先駆的存在とも言えると思います。

ドキドキプリキュアは、マナと六花という二大ヒロインがでん!と構えている中では、確かに全体的な印象は
「控えめ」という感じもなくはないのですけど、 要所要所で引き締めてくれている大事な役割も持っていたと思いますし、
ありすは5人の中では一番「大人」という印象がありました。

アミグリさんが描かれた「ありす=キュアロゼッタ」は、四つ葉ありすの変身時の口上の「陽だまりポカポカ」を
絵に描いたようなあたたかさがあると思います!
全体的にとっても「あたたかさ」が感じられ、ごちうさではないけど「心ぴょんぴょん」みたいな気分になってしまいそうな
とってもすてきな作品だと思います。
このとびっきり大きなツインテールやウインクをしている様子はもはや「あざとさ」というのではなくて、
かわいいを極限に貫いているとすら感じられます。

とにかくこのロゼッタは素晴らしい完成度を誇っています!

このままドキドキプリキュアのアニメ原画として採用されても全く違和感がないほどの完璧さがあるとすら感じられます。







pandora_convert_20091208160353.png







ここから下の2作品は、アミグリさんが描かれたプリキュア・東方以外の版権作品からの二人のアリスを
ご紹介させて頂きたいと思います。

まず上記はアミグリさんが2009年12月に描かれたパンドラハーツのアリスです。

パンドラハーツとは不思議の国のアリス・鏡の国のアリス等の童話をモチーフにしたダークファンタジーと言え、
原作は月刊Gファンタジー連載のコミックで2015年まで連載が続けられ、一度アニメ化もされています。
不思議の国のアリスをモチーフにしている点においては、上記でちらっと出ていた「アリスSOS」の世界観に
少しだけ共通するような感じもあります。

アリスはパンドラハーツのヒロインで、主人公と契約を交わした血染めの黒うさぎです。
可愛らしい容姿とは裏腹に、凶暴かつ男勝りで欲しいものは強引にでも手に入れたがる自己中心的な性格ですけど、
あれこれ考え込まないさっぱりした部分もあり、時折ツンデレな一面も見せるという
どちらかというと厄介な御方でもあります。

アミグリさんが描かれるパンドラハーツのアリスは、憂いを帯びた表情が大変印象的です。

そしてアミグリさんが大好物である「長髪」もみごとに決まっていると思います。フリルの描き方も巧いですね!

全体的にはアミグリさんが描かれるアリスからは、東方のさとり様みたいにどこなく「心、ここにあらず・・」みたいな
寂寥感も漂わせていると思います。
確かに表面的には乱暴でわがままなのかもしれないですけど、アリスは実は既に100年以上前に命を落としていて、
今現在のアリスは一言で言うと化け物みたいなものです。
そして、生前の記憶は、死亡時の殺され方がよほど屈辱的ださったのか悲劇的だったせいなのか、
記憶は全てアリスの意思で抹消しています。
だからアリスにとっては「果たして自分とは一体どんな存在だったのだろう・・」という自分に対する問いが頭を離れることも無く、
そうした背景がアミグリさんが見事にアリスの心象というのか心の内面を「絵」として表現されているのだと
思います。

パンドラハーツのアリスは2009年12月というアミグリさんのかなりの初期作品で、しかもこの作品は全て手描きという
アナログ作品なのです!
それでいてこんなにも完成度が高いという事は特筆に値するのだと思います。

そしてアリスの名高いセリフとして「やっと見つけた 私の手がかり…」というのがありますが、これはアリス自身が
生前の記憶を取り戻して自分の死の真相を初めて知ったという事に由来しています。
東方のゆゆ様も亡霊なのですけど、ゆゆ様は生前の記憶もはたしてあるのかないのかよく分からない御方ですし、
自分の死体が本当に桜の木の下で眠っているのかも実は分かっているのかわかっていないのか不明なのですけど、
そうした事がゆゆ様のあの特有のおっとりとした雰囲気にも繋がっているようにも感じるのですけど、
パンドラハーツのアリスの場合は、生前の記憶と自身の死の真相を知ったという事で、アミグリさんが表現されたような
「憂い」に繋がってるいると言えるのかもしれないです。








arisu-kinmz-2015_convert_20150610172345.png








続きまして二つ目の版権作品は、アミグリさんが2015年6月に描かれた「きんいろモザイク」のアリス・カータレットです!

このきんいろモザイクの原作は漫画作品で、2013年と15年にアニメ化もされています。

この「きんいろモザイク」なのですけど、イギリスでホームステイを通じて友人となった日英両国の少女達が成長後、
日本で再会して繰り広げる物語をコメディタッチで描くというお話でもあるのですけど、
アリスのメインのお相手役ともいえる「大宮忍」もとってもかわいいキャラです!

大宮忍も可愛いけど、イギリスの自宅にホームステイしていた忍を慕って日本にやってきたアリスも
忍に負けないくらい可愛いですね!
外国人少女というとなんとなくですけど、大柄とか豊かなボディみたいなイメージもあったりするものですけど、
「きんいろモザイク」のアリスもそうですし、「ハナヤマタ」のハナもそうなのですが、
アニメで描かれる外国人少女が小柄でちびっこという設定が意外と多いと言うのもおもしろいものがあると思います。

アリスのストロベリーブロンドのツインテールと青の瞳がとってもかわいいですし、アリス=金髪少女みたいなイメージを
ストレートに絵にした設定とも言えると思います。

アミグリさんが描かれたこのアリスはとてもかわいいと思います!
金髪ツインテールというアリスの最大の魅力をアミグリさんが最大限かわいく描かれた作品といっても過言ではないと思います!
アリスの髪には常にかんざしが差されていますけど、これは忍がプレゼントしたものです。
ピンクのカーディガンもアリスにとてもよく似合っていると思います。
アリスのこのちびっこかわいい雰囲気がとてもすてきに描かれていると思います。

アミグリさんの描かれたアリスなのですけど、随分と背景が美しいなぁ・・と思っていたら、アミグリさんご自身は
「背景はクリップスタジオの素材ブラシでささっと描きました」との事でしたが、
いやいや、これは「ささっ・・」というレヴェルではないと思いますよ!
アミグリさんの作品って、もちろんキャラの魅力を「アミグリワールド」を遺憾なく発揮して美しく幻想的に
描かれるのですけど、よーく見てみると背景の描かれた方も秀逸なものがたくさんあると思います。

そして同じ版権作品というカテゴリの中でも、アナログとデジタルとか描かれた時期の違いはあるものの、
パンドラハーツのアリスとの違いを見事に描き分けられているのも特筆に値するものがあると思いますし、
今更言うのも何ですけど「同じアリスという名前でも雰囲気とか世界観は全然違うものだ・・」という事を認識させてくれた
素晴らしい両作品だと思います。








a-risu!!_convert_20130612124633.png




rorisu-01_convert_20151115171630.png








そして最後に満を持して登場させて頂く作品は、私が東方作品の中でも屈指の大好きキャラの一人でもありますし、
東方屈指の美少女と呼び声が高いアリス・マーガトロイドです!

東方の作品には旧作と今現在の新作という二つの版があったりもします。
「PC-98版(旧作)」と今現在の「Windows版」では、「東方Project」というタイトルに変更はなくても
設定・登場キャラ・ストーリーは大きく変わりますし、旧作と新作にはあまり接点が無いような感じすらあります。
現在の東方の世界は言うまでもなく、ゆかりんが張った博麗大結界によって外界と隔離された「幻想郷」が
メインの舞台になっているのですけど、
旧作のPC-98版の時点では「幻想郷」という場所もそうした名称すらも提示されていません。
そしてなによりも霊夢の名前は、旧作においては、旧字の「博麗靈夢」という名前となっています。
新作版に移行以降は、新先のWindows版の初作である「東方紅魔郷」の時点で、
「旧作全体の設定を一掃した」ということで、旧作のPC-98版の登場人物の大半は新作のWindows版には未登場です。
旧作から新作に最初から移行できたキャラは、霊夢と魔理沙のみで、
新作の途中から、「旧作の復活キャラ」として登場したのは、風見幽香とアリスの2名のみです!

そういう意味においては、アリスは大変稀有なポジションと言えると思いますし、旧作でも新作でも
どちらの版でも人気が高いというのはすごい事だなぁ・・と改めて感じる事もあります。

「東方妖々夢」の中でアリスは旧作からの復活キャラとして登場してきます。
そのシーンを再現してみると・・・

アリス:しばらくぶりね。
霊夢:何もないところに逃げないでしょ?
アリス:しばらくぶりね。
霊夢:さっき会ったばかりだってば。
アリス:いや、そういう意味じゃなくて。私のこと覚えてないの? まぁ、どうでもいいけど。
霊夢:それはともかく、春度って何?
アリス:どれだけ、あなたの頭が春なのかの度合いよ。
霊夢:あんまり、高くても嫌だなぁ。でも、どうしてこんなに冬が長くなったのよ?
アリス:春度を集めてる奴が居るからよ。
霊夢:あんたは関係無いわけ?
アリス:あるわけ無いわ。
霊夢:じゃ。
アリス:ちょっと! 折角、旧友と出あったと言うのに、手土産はあんたの命だけかい?
霊夢:誰があんたみたいな七色魔法莫迦と旧友なのよ。

アリスの「旧友と出あったと言うのに、手土産はあんたの命だけかい?」というセリフは
旧友という言葉を使って旧作からの復活という事を示唆しているのがとても興味深いと思います。

さてさて、そんな訳でアミグリさんが描かれた東方のアリス・マーガトロイドの作品として、旧作としてのアリスと
今現在のWindows版のアリスの新旧揃い踏みのアリスを是非皆様にご覧頂きたいと思います。

まず上のアリスは、アミグリさんが2013年6月に描かれた現在のWindows版のアリスであり、下のアリスは
アミグリさんが2015年11月に描かれた旧作アリスです。
2013年6月のアミグリさんが描かれたアリスですけど、これは文句なしに「かわいい~!」といえる可愛さ満点の
アリスだと思います。
実はアリスというと霊夢と少し似ている面があり、普段はどちらかというと無愛想であまり笑わないみたいな印象も
持たれがちなのかもしれないですけど、アミグリさんが描かれたこのアリスの「すてきな微笑」が大変
印象的ですし、このほんわか笑顔のアリスに思いっきり癒されそうです!
「美少女は本当にいいものだなぁ~」という事を改めて痛感させられたようなすてきな作品と言えると思います。
アリスというと二つ名の一つとして「七色の魔法使い」というのもあるのですけど、背景の「虹」を彷彿とさせる
七色の遣い方がとても鮮やかだと思いました!

2015年11月にアミグリさんが描かれたいわゆる旧作・アリスですけど、この東方旧作(怪綺談)のアリスは、
今現在の美少女・アリスよりはいくぶん幼い雰囲気になっているのが新作と旧作の違いなのかもしれないですね。
現在のアリスもとってもかわいくてすてきな美少女ですけど、旧作アリスもとってもかわいく描かれていて、
このロリっぽいアリスも大好きです!
アミグリさんらしいちょっと「きょとん・・」とした雰囲気も最高だと思います!
真っ青な瞳と金髪がとてもきれいですし、キラキラした背景も美しいです。

旧作からの復活組の一人の風見幽香は現在と旧作があまりにも違いすぎる為、現作と旧作における同一性は
あまり感じないのですけど、アリスに関しては「同じなのかも・・」と感じさせるものが大なのだと思います。
雰囲気が似ているというのもありますし、旧作が幼く描かれているから現在のアリスは「旧作から成長した」と素直に
感じることが出来るというのがその要因と言えるのかもしれないです。

だけど私はアミグリさんが描かれた旧作アリスも今現在のアリスもどちにもとっても大好きです!!

上記のアミグリさんが描かれた「名前がアリス繋がりの作品群」は、
その権利は全て上記の作品の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品や上記のオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!

是非宜しくお願いいたします!!

→  dream fantasy
関連記事
スポンサーサイト

コメント

アリスって聞いて、なぜか洋画のバイオハザードの主人公が思い浮かびました、あとはやはり東方ですかね~。日本人の女の子の名前、とても良いですよね。キラキラネームまでいくとちょっと、って人も、ここにあるような名前ならOKなのではないでしょうか^^個人的には、名前だけでかわいい!って思ってしまうようなものも入っているように思いました^^

アリス

八咫烏(全力稼働中) 様


アリス=美少女みたいなイメージがどうしてもありますね~(笑)

やはりそこにあるのはアリス・マーガトロイドの影響なのだと思います!

最近の日本の女の子の名前はかわいくてすてきなものが多いけど、時に読み方がわからなくて
困ってしまう事がありますね・・(汗)

アリスといえば

こんにちは。
ボクのアリスといえばHELL ALICEですね。
アニメ「SHIROBAKO」の劇中アニメ「第三飛行少女隊」のエンブレム。
メイド風のアリスが笑顔で大鎌を持ってる姿はヘルアリス。
市販のデカールはないためPCで作るしかないのかなぁ。

アリスと言えば東方のアリスが思い浮かびますね~!

そして、東方以外でもアリスという名前のキャラを描いていたんだなぁーと再認識できました!

素敵に作品のご紹介をしていただきうれしいです!!

東方のアリスは旧作も今現在も、どちらもとても美少女だと思いますっ!

色々なアリスがいるものですね~

五航戦の愛鷹  様


> HELL ALICEですね。
> アニメ「SHIROBAKO」の劇中アニメ「第三飛行少女隊」のエンブレム。


これは初めて耳にする作品でした。

色々なアリスがいるものですし、この第三飛行少女体にはずいぶんとすてきな美少女達が登場しているのですね~

教えて頂きありがとうございました!

アリス

アミグリ 様


今回はちょっとした「アミグリさんが描かれたアリス特集」みたいなものでしたけど、
複数のジャンルでさまざまなアリスを描かれていたアミグリさんのすてきな多様性を感じさせるものが
多々あったと思います!
そしてアナログ作品もデジタル作品もそれぞれアミグリさんらしさが存分に溢れていたと思います。

そうした中でも東方のアリスはやはり断然抜きんでているものがあると思います!

特に旧作アリスは、現在のアリスよりも少しロリっぼい要素が感じられ、一部で「ロリス」と言われているのも
分かるような気がしましたし、
アミグリさんの描かれた旧作アリスからも「幼女としてのかわいらしさ」みたいなものもすてきに
伝わっていたと思います!

今回も当ブログの特集記事に色々とご協力して頂きまして本当にありがとうございました!

サ行やラ行の音を含む名前は綺麗な印象を与えると言いますがアリスという名前はそんな日本人の感覚にもハマるのかもしれませんね。
私はアリスという名前を聞くとディズニーの方のふしぎの国のアリスが浮かびます。この名前からはドレスを着た金髪少女のイメージが外れませんw

東方旧作はよく知らないのですが旧作時代のアリスはWin版とちょっと印象が違うものだったのですね。アミグリさんが描かれた旧作アリスはお人形さんのようなロリ可愛さを感じさせてくれます。アリスの名のイメージにぴったりな美幼女さんですねぇ。

アリス

schwert 様


サ行やラ行の音を含む名前は綺麗な印象を与えるというお話は「なるほど~」と感じさせるものがありますし、
確かにアリスの語感の響きは透明感がありすてきなものがあると思います。
そしてアリスというと古今東西問わず「金髪美少女」というイメージがありますし、それを
決定的にしたのがディズニー映画だと思いますし、
私にとっては東方のアリス・マーガトロイドだと思います!

東方旧作なのですけど、世界観が全然異なっていて、例えば霊夢にしても旧作では空を飛べずに
亀に乗って移動をしているのは面白いものがあると思います。
旧作アリスは東方ファンの間では「ロリス」と言われるくらい幼くロリッぽい雰囲気に溢れているのですけど、
アミグリさんの描かれたアリスは、旧作の幼女がそのまんま現在の美少女・アリスに成長したような
印象がありますね~!



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4232-0ec26c8d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |