アミグリさんが描かれたオリジナル作品特集 その⑨ : 季節は「春」から夏へ移ろうとしています・・・ → アミグリさんが描かれた春と夏の二つの季節をモチーフにされたオリジナル作品のご紹介です!

6 0
「春ですよ―」とは東方のリリーホワイトでお馴染みではあるのですけど、例年ですと4月は寒い日と暖かい日が
交互に訪れると印象がある中、今年に関しては「ずっと暖かかった・・」という印象が大変強いですし、
「春ですよー」のリリー役割は今年は3月だけで終わってしまったのかなぁ・・とも感じております。
例年でしたら初夏の陽気というと5月下旬以降のお話というイメージもあったのですけど、今年に関しては
4月で既に関東各地でも30度越えという日が続いていた事を思うと、既に4月で初夏に入っていたのだなぁ・・と
感じざるを得ないですね。
外界でも東方の幻想郷でもこんなにも異常気象が続いているという事は、これは単に限られたエリアだけの問題ではなくて
地球規模での「異変」がもしかしたら既に私たちの知らない所で進行中という事なのかもしれないですし、
もしかしたら・・? 人類に対するカタストロフィーはすぐそこまで来ているのかもしれないです・・・
日本で言うと、22世紀のうちには・・または21世紀の中盤以降では、「四季」という概念が崩壊し、
極端に暑い夏と極端に寒い冬の狭間にほんの少しだけ春・秋っぽい雰囲気が垣間見えるだけ~という事になるのかも
しれないですね・・

私たちも日本の美しい四季というものは、今のうちにじっくりと噛み締めておく必要があるのかもしれないですね・・

とにかく今現在は、まだ四季らしきものは残っておりますし、残っている限りは四季の変化というものを楽しまさせて
頂きたいものです。

そして今現在はGW真っ只中の5月初旬なのですけど、既に季節は春から夏へ移ろうとしています。

話はガラっと変ってしまうのですけど、私が高校・大学時代に在籍していた吹奏楽部(団)において、なぜかしらないのですけど、
太田裕美が大好きな先輩が直属の上司と言うのか先輩として私の上に君臨するパターンがあったりして、
高校の時は「へー、そーなのかー、そんな歌手もいたっけね・・」という感じで今現在の視点ですと
「おまえは東方のルーミアなのか―」と自分にツッコミを入れたい気持ちもあったりするのですけど、
大学の時にも太田裕美が大好きな先輩が上にいるとは予想外な事で、当時は「二度ある事は三度あるのかも・・」と
感じていたものでした。
そんな訳で当時の先輩たちが太田裕美の曲を収録したカセットテープ(→古いっすね・・もはや死語の世界の領域ですね・・)を
押しつけるように渡され「いいから一度聴いてみろ」とかなんとか言われて何度か無理やり聴いたものですけど、
あの独特の甘ったれた声には抵抗感はあったものの、歌唱力は極めて高い御方でしたし、
印象に残る曲もいくつかはあったものでした。

その中の一曲が「青空の翳り」という曲でした。

「青空の翳り」は歌詞が大変素晴らしく、
失われた淡い恋から立ち直りかけた女の子がようやく空を見上げて暮らしてゆくつもりになったのに、
初夏の爽やかな青空がまた静まりかけた思い出を揺り動かし、
「私はもっとしっかりしないといけない・・」と理屈では分かっているのだけど
思えば思うほどに、その人が自分にとって大きく大切な存在だったのだと気付いていく・・

そんな歌詞だったと思います。

太田裕美といえば「木綿のハンカチーフ」が大変有名ですけど、
「さらばシベリア鉄道」とか「君と歩いた青春」とか「南風」といったすてきな名曲もあるんだねぇ・・と感じさせてくれた
カセットテープだったと思います。

あの「青空の翳り」の歌詞はすいません・・私もうろ覚えで間違っているかもしれないですけど、

私も心残り吹き消して 過去にはやさしく手を振るわ
あなたにこだわらず生きてゆく 余裕が生まれて来たけれど
春から夏へ移り行く 空はさわやかすぎて
かえって辛い季節だわ あなたへの想い 私の心のすみずみまで 広がったまま

そんな感じの歌詞だったような記憶があります・・

そしてその中の「春から夏へ移りゆく」という歌詞の部分が同時に素晴らしいサビの部分でもありましたので、
あの歌詞のインパクトはなぜかしらないですけど、今でもインパクトがありますし、
季節が春から夏へ移ろうとしている時に、あの「青空の翳り」をふっ・・と思い出す事もありますね~・・・(汗・・)

あ・・なんか本記事は前振りがやたら長すぎました・・(汗・・)

要は春から夏へ季節がうつりゆく様子はすてきだし、それが日本の「美しい四季」なのだと思います!

そして、春と夏をテーマにしたイラストと言うと・・・そう!  dream fantasy のすてきな管理人さんのアミグリさんが描かれたイラストが大変印象的であったりもします!

さんな訳でちょいと前振りが長すぎましたけど(汗・・)
アミグリさんが描かれた春と夏の二つの季節をモチーフにされたオリジナル作品のご紹介をさせて頂きたいと思います。
そして本記事の最大のポイントは「アミグリさんの完全オリジナル作品」のみを転載&ご紹介させて頂き、
本記事にはいわゆる版権作品は一つもありません!

あくまでもアミグリさんの描かれた春と夏をモチーフにされたイラストにこだわって、ここにちょっとしたミニオリジナル特集を
させて頂きたいと思います。
そして本記事は実質的に「アミグリさんが描かれたオリジナル作品特集 その⑨」に相当いたします!









orizinaru-doresu-03_convert_20170403165159_convert_20180423204415.png








今回のアミグリさんが描かれた「春から夏へ・・すてきなオリジナル作品ミニ特集」のオープニングを飾って頂く作品は、
❀spring❀と題されたアミグリさんが2017年4月に描かれた女の子です!

この女の子は「春」をイメージさせてくれているような雰囲気に溢れていると思います。
衣装はどこなく秋っぽくもあるのかもしれないですけど、全体を貫くこのすてきなキラキラ感とか
女の子の優しい眼差しが「春」を伝えているのだと思います。

フリルもレースもとても丁寧に描き込まれていてとても好感が持てますし、
カチューシャみたいな髪飾りもとってもかわいいと思います、
胸元と腕のリボンも袖のレースやスカートのフリルもとても清楚な雰囲気に溢れていると思います。

この「❀spring❀」を描かれた際のアミグリさんのコメントは
「最初はとてもあっさりした服を着た女の子だったんですが、後からいろいろ加筆して少しは、華やかになったかな…?(´・ω・)」
との事ですけど、赤系統の暖色の配色のため確かに外見は少し華やかさが感じられますけど、
全体的には落ち着いたトーンの仕上がりだと思います。

女の子の頬を赤らめた様子も清楚な少女の雰囲気が可憐に伝わっていると思います!

















上記の作品も「❀spring❀」と同様に春をイメージしたすてきなオリジナル作品です。

アミグリさんが2013年3月に「春ガール」とタイトルを付けられたオリジナル作品です。
そしてこの作品はデジタルではなくてアナログ作品でもあります。
(塗りは色鉛筆によるものです)

この「春ガール」はアミグリさんが3月に描かれたというせいもあるかとは思うのですけど、イラストの至る所から「春」を
すてきに伝えていると思います。
そして女の子の若草色のチョッキやピンクトーンの髪型はすてきな春の色遣いなのだと思います。
東方式に表現すると、リリーホワイトの「春ですよー」をイメージさせたイラストといっても
差し支えは無いほど「春満開」を見事に私たちに伝えていると感じられます。
風にたなびく長髪の髪や春に相応しい新緑をイメージさせるようなモスグリーンのチョッキの雰囲気や
桜を彷彿させる少女の淡いピンク色の髪とか背景のピンク色の花びらなど
至る所に「小さな春」が散らばっているかのようなすてきな作品だと思います。

春らしい色遣いをナチュラルに素朴に伝えていると思います。 この春ガールはアナログ描きの勝利ともいえそうですね~!

女の子の髪が舞っているのはもしかしたらこの日が「春一番」だったのかもしれないですね・・(笑)

内心では「寒い冬が終わってとっても嬉しい! これから暖かくなってきたら衣替えをして家の庭の家庭菜園コーナーにて
なにか野菜を植えてみよう!」みたいな脳内妄想を湧き起こしてくれそうなてすてきな春のオリジナル作品だと思います!









usa-kuma-azarasi-04_convert_20170402145932_convert_20180423205721.png







続きましてアミグリさんが2017年4月に描かれました「春だね~❀」とタイトルが付けられた
お花畑で遊ぶうさぎと熊とアザラシの三匹が揃って寄り添っているとってもかわいいオリジナル作品です!

アミグリさんのオリジナル作品としてあの丸っこい不思議生物ちゃんもとてもかわいくて見ているだけでとっても癒される
作品が多々あるのですけど、アミグリさんが描かれるこうした小動物のオリジナル作品は実は大変珍しいようにも
感じられます。そうした観点では大変貴重な作品と言えそうですね~!

三匹ともとにかくとってもかわいくかわいく描かれていて、見ているだでなんかホッ・・とするというか癒されるものが
間違いなくあると思います!
こうした小さなかわいい動物たちも見ているだけで思わず笑みがこぼれてきそうです!
うさぎというとバニーガールとか擬人化されたうさきちゃんでもお馴染みですけど、アミグリさんの描かれるこのうさちゃんからは
「かわいらしさ」というもののお手本のような雰囲気すら漂っていると思います。
そしてこの三匹の中では私のいっちば~ん!のお気に入りはこのアザラシちゃんです!
このアザラシは「多摩川のタマちゃん」みたいでとってもかわいくて大好きです!

タマちゃんが気持ちよさそうに川辺でお昼寝してゴロゴロしていそうな雰囲気が伝わって来ていて、なつかしくもあり
とてもかわいいと改めて感じたものでした~! (笑)








20130416155913b67_convert_20180424150651.png





kakikakikako0-_convert_20180424150739.png








上記の2作品はアミグリさんが2013年4月に描かれたオリジナルの女の子です!

そしてこの作品から下は「春」の季節が終わりを迎え、初夏・・そして本格的な夏へ向かおうとしてしている作品群という
事になります!

この作品を描かれた当時のアミグリさんのタイトルは「らくがき」という事になっていて
「今回は「カキカキけいじばん」というサイトで絵を描いてみました!!雰囲気的に手書きブログに近い感覚でした」との
事ですけど、いやいやこの女の子の憂いと何かを心に秘めたような雰囲気はとてもじゃないけど、らくがきというレヴェルでは
ないんじゃないの・・?と思ってしまいますね~!

タンクトップが夏をイメージさせているのですけど、全体のトーンがブルーというせいもありますけど、
この女の子の表情にはどこか憂いが漂っているようにも感じられます。
夏の到来と言うと気分的には「やったー!」とか「これから楽しい夏休みが始まるじゃん!」みたいなノリノリな雰囲気も
あるのかとは思うのですけど、この女の子の表情からはどことなくですけど、
上記の「青空の翳り」ではないですが、
春の頃には「もう忘れてしまおう・・」と決意していたはずのあの「苦い思い出」を初夏の爽やかな青空が再び思い出させる
みたいな脳内妄想が沸き起こりそうなとてもしんみりとしたナイーブで抒情的な作品だと言えると思います!

この作品には2種類ありますけど、上が元の作品で下の作品はSAIで加工した作品で、
下の作品は全体の色彩感とか目も少し塗り直しをされているそうです。

そうですね・・これはあくまで私の好みですけど、私は下のSAIで加工した方がお好みです!

全体的に透明感が増し、目の憂いが強調され、結果的に女の子のナイーブさと清らかさをより強く伝えているようにも
感じられます。

いや~、やっぱりアミグリさんの作品は東方や艦これ等の版権作品も素晴らしいですけど、こうしたオリジナル作品も
本当に素晴らしいものが内在されていると思います。









37496966_p0_convert_20161122071403.png








上記の作品は「 dream fantasy
掲載されたものではなくて、2013年8月に「夏。」というタイトルを付けられたpixivに掲載されたオリジナル作品です。

すぐ上のらくがきと題された作品と同様に全体が青の基調ですけど、背景も女の子もこの「青」がとても美しいと思います。

女の子が横顔でもなくて正面でもなくて少し斜めから描かれている点がとても新鮮に感じられるポーズだと思います。

どことなく「凛とした雰囲気」は普段のアミグリさんの作品とは少し異なるような雰囲気も伝わり、
少しだけ厳格さというのか「どこか遠いところを見つめている少し寂しそうな眼差し」がとても印象的です。

この女の子は果たしてどんな事を胸に秘めてこうした表情をされているのでしょうか・・?

その答えを知っているのは作者のアミグリさんだけなのでしょうね・・

らくがきも「夏。」もブルーを基調にされているのですけど、アミグリさんにとってもブルーとは「涼しさ」というよりも
「憂い」みたいな気持の方が伝わってきそうなイメージもあるのかなぁ・・と思ったりもします。








samaaoriizinnn_convert_20120623131332.png







ここから下の3作品はまさに明るく弾けるような「夏祭り」みたいな作品群だと思います!

ストレートに「夏の華やかさ」が伝わってきているのがすてきだと思います!

jまず上記の作品はアミグリさんが2012年6月に描かれました「summer」です。

こちらは、とあるコンテストに応募された作品との事です。当時のアミグリさんの記事を一部引用させて頂きますと、
「夏っぽいイラストを描いてみました」との事なのですけど、
タイトルの「サマー=夏」に相応しい「太陽の日差しを一杯いっぱい浴びているような
「明るい、そうだ! 全てが明るい!」みたいなまっすぐな気持ちがストレートに伝わってくる秀作だと思います。

女の子のサイドテールがとってもかわいいですね!

アミグリさんにしては珍しい半ズボンが新鮮です! そして上着のセーラー服みたいな服装もとってもかわいくてお似合いです!
私的に大変ポイントが高いのは、この子が霊夢・早苗さんみたいな袖を着用されていて、
霊夢みたいな「脇見せ巫女さん」みたいに仕上げられているのもとても斬新だと思います!








natuyasumihosi_convert_20130819155328.png







続きましてアミグリさんが2013年8月に描かれた「夏休み」です。

これは文句なく楽しめる作品だと思います。下手くそな私のつまらん解説なぞ全く無用の
一目で楽しさ・ワクワク感・ハッピー感が伝わってくる作品だと思います!

女の子の「さーて、これから楽しい夏休みが始まるわよぉ―――!!」みたいなウキウキ&ノリノリのご機嫌な様子が
手に取るようにわかる作品だと思います。

ウインクもピースサインもツインテールもとにかくみんなとってもかわいいです!!








ori-mizu-san_convert_20120815101154.png







大変名残惜しいことに本日の「春から夏へ・・すてきなオリジナル作品ミニ特集」も
上記のイラストをもって一旦お開きにさせて頂きたいと思います・・(汗・・)
2016年~17年にかけて当ブログで展開させて頂きました「アミグリさんが描かれたオリジナル作品特集」も
まだまだ継続中でありますし、今後も当ブログではアミグリさんの作品は版権作品に留まらず
オリジナル作品ももっともっと取り上げさせて頂きたいと思っておりますので、皆様方におかれましては、どうか今後とも
アミグリさんのオリジナル作品も何卒宜しくお願いいたします!

今回の特集のフィナーレ!を飾って頂く作品は2012年8月に描かれた「オリジナル水着の女の子」ですっ!

この作品は「夏」そのものですね~!!

この作品を描かれた経緯はpixivで開催されているイラコン用に描いた絵との事です。

手にしていたアイスクリームが美味しそうですし、ポニーテールの髪型に、髪の黄色のリボン・ピンクのチェックの水着・・
夏と言えば女の子の水着だと思いますし、そうした意味ではとにかく夏にいっちば~ん!相応しい作品だと思いますし、
女の子がめちゃくちゃかわいいです~!!
夏はこれからが本番なのですけど、私の気分は既に夏全開ですね!

アミグリさん! どうかこれからも素晴らしいオリジナルの方も描いて頂きたいと思います!

上記のアミグリさんのオリジナル作品は、その権利は全て上記の作品の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんのブログ「dream fantasy」は、
東方・艦これ等の版権作品の二次創作作品や上記のオリジナル作品など
すてきなな作品が一杯いっぱい詰まっているまさに「宝石箱」みたいなとっても素敵なブログです!
宜しければ、少しでもアミグリさんとかアミグリさんの作品に興味を持てた方がいらっしゃいましたら、
アミグリさんのこちらのブログを一度見て頂けれましたら、とっても幸いです!

是非宜しくお願いいたします!!

→  dream fantasy
関連記事
ページトップ