FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


フランスのG.シャルパンティエ という作曲家は忘れられつつある作曲家なのかもしれないですね。

G.シャルパンティエ はかなり長生きをされた方で、生まれたのは1860年で亡くなったのは第二次世界大戦後の1956年です。
1860年代というと世界史的にはどんなことが起きていたのかというと、アメリカ南北戦争とか太平天国の乱とか
イタリア統一戦争とか、はたまた日本では桜田門外の変とか池田屋事件等が起きていた頃でもあります。
太平天国の乱とか桜田門外の変とかいうとなんだかとてつもない大昔のように感じたりもするのですけど、
その時代前後に生まれた方の没年が、その年の日本の経済自書の「もはや戦後ではない」という言葉が流行語大賞を
受賞した年と同じというのは、「歴史というものは案外あっという間なのかもしれないよねぇ~」という事を示唆しているようにも
感じられます。

G.シャルパンティエ は元々がJ.マスネの弟子という事もあり、若くしてその当時のクラシック音楽作曲の登竜門ともいわれる
ローマ大賞を受賞したり、フランスロマン派音楽の最後を飾る人とも一時期言われていたりもしました。
そしてその頃にG.シャルパンティエ が作曲した歌劇「ルイーズ」が大当りし、作曲家としては最高のスタートを切り、
順風満帆な作曲家生活と思われていたのですけど、実はその後は鳴かず飛ばずの状態が続き、
女性を対象とした音楽院の開設に乗り出すもこれも鳴かず飛ばず・・・
第一世界大戦後はほとんど作曲することもなくなってしまいます。
晩年頃にフランス政府より勲章を授かったり再評価の論評がわずかに起きたりしていたのは、せめてものの救いだったのかも
しれないです。

そんなG.シャルパンティエ がクラシック音楽に残した作品で後世に残っている作品というと上記の歌劇「ルイーズ」、そして
今回取り上げる組曲「イタリアの印象」の2作品のみといっても決して過言ではないと思います。
だけど世界のクラシック音楽の作品として作曲された作品というのは有名無名を問わなれけれぱ、それこそ星の数ほど
あると思われる中、その生涯に一つでも後世に残る作品が作曲されたというのは作曲家にとっては
たとえ「一発屋」と酷評されようがそれはそれで名誉ある事なのかもしれないです。

シャルパンティエ がローマ大賞を受賞し、留学と賞金の見返りとして一つの作品を作曲して
提出することが義務付けられていたのですが、そこで作曲されたのが交響詩「ナポリ」という曲です。
この作品がかなりの好評という事で、気をよくしたシャルパンティエ が交響詩「ナポリ」を終曲とする五楽章形式の組曲を
後日作曲することとなり、これが組曲「イタリアの印象」という事になるのです。
この組曲は第二次世界大戦前後は結構な人気曲でオーケストラの演奏会でもかなりの頻度で演奏される人気曲だった
とのことです。しかし最近においてこの組曲が演奏されることはほぼ皆無で、新しい録音も最近ではほとんど無いように
思います。
そしてこの組曲を聴くとほとんどの方が感じられると思うのですけど、第一楽章から第四楽章までの4曲は静かで内省的で
抒情的なメロディーなのに、突然第五楽章で陽気なバカ騒ぎになってしまうという違和感みたいなものは
ありそうな気はします。
それは第五曲のナポリが一番最初に作られ残りの楽章は後から継ぎ足したという作曲の経緯とタイムラグが
そのように感じさせるのかもしれないです。
第一~第四楽章は静かな音楽なのに第五楽章で唐突にバカ騒ぎとどんちゃん騒ぎが開始される点は、
マーラーの交響曲第7番「夜の歌」の構成に近いものがありそうな感じもあったりします。
(マーラーの7番は1~4楽章が夜と幽霊の音楽なのに、第五楽章で一転して眩しい昼の音楽になってしまい、
第5楽章ラスト近くの3~4人の奏者でかき鳴らすチャイムの響きは、あまりにも明るすぎで、第四楽章までのあの陰気さは
いったい何だったの~!?と感じる方は相当多いと思います・・)

組曲「イタリアの印象」は下記の5曲から構成されています。

Ⅰ.セレナード

Ⅱ.泉のほとりで

Ⅲ.ラバに乗って

Ⅳ.山の頂にて

Ⅴ.ナポリ

Ⅰのセレナードは、ゴンドラに揺られながらゆっくりと海を眺めているみたいな雰囲気です。
68小節にも及ぶチェロによる主題が延々と語られていきます・・
Ⅱの泉のほとりは谷間の清流と羊飼いの笛を彷彿とさせる音楽です。
Ⅲのラバに乗っては、ラバのトロットと鈴の音の描写が大変印象的で、フルートの甘いメロディーとそれに合の手を入れる
ホルンの響きが印象的です。
Ⅳはアルペン・ホルンが爽快に響くような壮大な音楽です。
山の高さを感じさせる大胆な上昇音型などスケールの大きな部分もありますけど素朴さという印象のほうが強いようにも
感じられます。
Ⅴは前述のとおりバカ騒ぎが響き渡ります! そしてこの楽章のリズム感はナポリの舞踊(サルタレロ)に基づいた独特のリズムを
取り入れたものであり、そうした前例の曲としてベルリオーズの序曲「ローマの謝肉祭」が挙げられると思います。

この曲をCDで聴く場合、お勧めの演奏は 東芝EMIから出ている、ルイ・フレモー指揮/バーミンガム市響のマスネのル・シッドと
カップリングとして収録されているP.デルモー指揮のパリ・オペラ座コミューンだと思います。
他にもマスネの絵のような風景も収録されていますから、マスネとシャルパンティエという師弟関係の作品が揃っていますので、
曲の相性も申し分ないと思います。

さてさて、組曲「イタリアの印象」というと私にとって忘れられないのは吹奏楽コンクールの吹奏楽アレンジ版としての演奏
なのですけど、1981年の弘前南高校の演奏に尽きると思います!

1981年の弘前南高校というと栄光の「全国大会5年連続金賞」達成の最後の5年目という事で、関係者皆様のプレッシャーは
相当なものがあったと推察されます。
その重圧の頂点は全国大会ではなくて東北大会の場であったのかもしれないです。
そしてその年の東北大会を生で聴く機会に恵まれた私は今にして思うと大変貴重な経験をしたのだと思います。

その当時の私は吹奏楽もクラシック音楽もまだ何も知らない白紙の状態でしたし、
吹奏楽コンクールにおいてどのチームが名門校であるとか過去にどういう名演を残してきたか等の
情報は何もなく、1981年の東北大会の時点では、
当時の花輪高校・秋田南高校の偉大さは知る由もありませんでしたし、
弘前南高校が実はこの時点では、4年連続全国大会金賞を達成し、1981年が「5年連続金賞→翌年は名誉ある特別演奏」 への
王手が掛かっている年という認識は全くありませんでした。
そうやって全くの白紙の状態で何の先入観も予備知識もない状態で聴いた弘前南高校に対する率直な私の感想とは・・

〇とにかくサウンドが上品で洗練されている

〇演奏もff時に決して大音量を出さないし音が割れない

〇表現がおとなしすぎるのが気になるし少し抑揚に欠ける印象があり、どこに曲の盛り上がり箇所があるのか不明

〇男性的でも女性的でもなく中性的な印象

〇自由曲の魅力が今一つよく伝わってこない

〇ホルンなど音が薄くなった部分の音程が少し芳しくない点があり、全体的にモヤモヤしている・・・

という感じで、良い部分も多々あるけど、マイナスポイントも目立つ演奏だなと感じていました。

率直に書くとその当時の私自身の嘘偽りのない感想としては、銀賞レベルの演奏という印象で、
この年の東北代表は「花輪・磐城・大曲で決まりじゃん! 次点が仁賀保高校かな・・?」という認識でした・・(汗)
成績発表で弘前南高校が全国大会代表・金賞と発表された際は少し驚いたものです。

だけど、結果的に弘前南高校は約一か月後の普門館での全国大会では大化けしたと思います!

東北大会のもモヤモヤした印象は無くなり、洗練されたサウンド+「内面的感情の高ぶり」の静かなエネルギーを
全国大会では聴かせてくれたと思います。
全国大会の演奏は、「おおらかな気持ちの高まり」も十分感じさせてくれ、
5年連続金賞の最後を飾るのに相応しい本当に素晴らしい演奏を後世の私達に残してくれたと思います。

1981年の全国大会での弘前南高校吹奏楽部は一言で言うと上品の極みなのだと思います。
同じ年の東北代表の花輪と・磐城みたいな「毒」はまったくありません!!
音楽が終始ゆったりと流れていき、それが実に自然にすーーーっと胸にしみこむ感じです。
課題曲は、とにかく前半の幽玄さが素晴らしかったし、アレグロ以降もサウンドが荒れることなく
終始美しく流れていました。
ラストのトランペット二重奏をフルートデュエットに置き換えていたアイディアも面白かったと思います。
そして圧巻は自由曲・・・
シャルパンティエの組曲「イタリアの印象」を自由曲にする場合、ほとんどのチームは賑やかなⅴのナポリを
選曲する事が多いのですけど、ⅤではなくてⅢとⅣの静かで内省的な部分を取り上げたのは
内省的な演奏を得意とする弘前南らしいと思いますし、むしろそれは大正解だったと思います。
ラスト近くのホルンのように音程が少し怪しいとか音がかすれているみたいな
現在の視点で見てしまうと難点もあるのですけど、そうしたミスを感じさせない「自然な音楽的な高まり」が
とても素晴らしかったと思います。
Ⅲのラバに乗っての鈴を使っての表現がとてもユニークで楽しかったけど、ウキウキ感としっとりとした感じの
両方の感情を適度にバランスよく表現していたと思います。
圧巻はⅣの山の頂きですね!
この部分は本当に素晴らしかったです!
高揚感とやはり情感溢れる感じのバランスが大変素晴らしく、
聴いていて「なんかホッとするし安心感がある」みたいな普段着のままの自然な演奏をのびのびと
聴かせてくれていたと思います。
ⅢとⅣも特に大きく派手に盛り上がるという箇所は少ないのですけど、
そうした曲でもあんなにも自然な音楽的盛り上がりとか気持ちの高揚感を示すことが出来るものなのだと
本当に感心したものです。
「ゆったりとした中にも前進する気持ちを忘れない、だけど音楽自体はとってもナイーブ」という
大変矛盾した感覚を見事に両立してしまった演奏とも言えるのですけど
とにかくあのナチュラルな感じとかのびのびとした感じはお見事ですね!!
緊張感・プレッシャーは全部東北大会で捨ててきて、全国大会では自分達が持っているものをほぼ100%
出し切った演奏なのだと思います。

当時の弘前南のティンパニはこの時代でもいまだに手締め式を使用していたりとか、チューバもロータリー式ではなくて
古めかしいピストン式を使っていたりと、公立校らしい「予算の無い中頑張っている」みたいな雰囲気もあり、
予算がなくても自分達の音楽を手作りで作っていこうみたいな「温かい雰囲気」も伝わってきて
とにかくとても温かい演奏を聴かせてくれましたし、
結果的に少し危なかったかもしれないけど、無事に「5年連続金賞」を達成できて本当によかったと思います!!

こういうしっとりとした「イタリアの印象」を吹奏楽で味合うことができるというのは多分今後はありえないといえるのかも
しれないだけに本当に貴重な経験を感じさせてくれた当時の弘前南高校吹奏楽部の皆様には、
あの演奏から37年後の埼玉の地から敬意を表させて頂きたい気持ちでいっぱいです!

そしてこの一年後の東北大会では、私の音楽上の運命を変えることになった花輪高校吹奏楽部の
ウォルトン作曲 交響曲第1番終楽章との出会いが待ち構えていたとは、この当時の私には知る由もありませんでした・・
そしてその1982年の東北大会では、弘前南高校はもはや伝説と化しているあのフォーレの組曲「ぺリアスとメリザント」を
ノーカットで吹奏楽アレンジ版としての演奏を後世の私たちに貴重な音楽的財産として
残してくれていたのでした!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ようやく

 毎日のブログ更新のパワー、只々恐れ入ります。自分もこのブログを読むのが習慣と化しています。同時に昔の吹奏楽体験が走馬灯のように思い巡らされていており、吹奏楽経験も人生に於いて重要だったのだな、また今後の後半生に生かさねばと、感じる次第です。

 ウォルトンの交響曲第1番、やっとCDを入手して聴きました。そして検索して花輪高校の実況も聴き、貴殿の「のめり込み」にも少しは認識出来るものが、感じられました。金管の華やかさと絶妙のタイミングでのゲネラルパウゼ(全休)は、ただ単に鳴りっぱなしの曲よりもインパクトがありました。また英国の近代曲が近頃意外とトレンドとなっているのも、どことなく聴き易さを覚える曲想からとも思え、さらにその派生も、米国の作曲家にも及んでいるようにも感じられもしました。

 マーラーの7番、第5楽章での変貌ぶりは、大半の方が面食らうようで、急にハリウッド映画の音楽まがいの登場で辟易とする人も。尤もこの第5楽章の主題は、第1楽章での主題を短調から長調に変え、さらに反行形に変形させたもので構成されているとか。こんな手の込んだ仕組みまで認識して聴く人はあまりいないでしょうが、吹奏楽でもこの部分をコンクールで演奏した高校があったようです。凄い学校、今後も出てくるのでしょうね。

 弘前南高校の「ペレアスとメリザンド」、これも実演を普門館で聴いていて、音が遠かったのですが非常に良いサウンドで音楽が流れていた記憶が微かに想い浮かんできました。フォーレ、美しいサウンドの作品が多く、でも少々郷愁も感じられ、ドイツ系の作品群とは真逆。でもそんな真逆なシェーンベルクの「ペレアスとメリザンド」も結構好きだったりする自分、結構分裂症かも。いやはや、ちと気をつけないと・・・。

 吹奏楽談義、まだまだ楽しみにしていますよ!

ありがとうございます!

とりあえずホラ吹き 様


ありがとうございます!

当ブログの吹奏楽・クラシック音楽カテゴリをまともに見ていただける方なんているのかな・・?と日々感じるほど、
このカテゴリに関しての反応・反響は極めて低くて、私自身も一時期このカテゴリを放置していたこともありましたけど、
そう仰って頂けて大変光栄に感じますしありがたいと思います。
私自身、専門的に音楽を学んだこともなく、あくまで素人が過去の記憶をベースに気ままに語っているだけではありますが、
そのように言われるととても励みになりますので大変うれしいです。

花輪高校のウォルトンの1番はたぶん音源はレコードだと思うのですけど、あのレコードの音質は極めて悪いもので、
当日の会場の雰囲気を必ずしも反映されているとはいい難い面が多々ありますけど、
トランペットソロ以降の展開は圧巻だと思います。全休はたぶんカットの都合で結果的にそうなったようにも聴こえますけど、
小林先生らしい演出だと思います。
小林先生の花輪高校最後の普門館は、ブリスというイギリス人の作曲家のバレエ音楽「チェックメイト」でしたけど、
先生にとってはイギリス音楽もロシアマイナーシンフォニーと同様になにか大切なものがあったのかもしれないですね。

マーラーの7番は第三楽章の幽霊の走り抜けみたいな不気味さと第四楽章の温和なセレナーデ風な感じからの終楽章の
展開があまりにも強引で急変のため、ほとんどの方は「あれれ・・」となってしまうのかもしれないですね。
だけどあの錯綜ぶり・分裂症みたいな雰囲気はマーラーそのものだと思いますし、
マーラーも「たまにはこんなあっけらかんな音楽もいいのかも・・」と感じていたのかもしれないですね。

弘前南の特別演奏の「ぺりアスとメリザント」を吹奏楽の響きだけであんなにも音楽的に内省的に聴かせることが
できるなんて驚異的だと思います。
二曲目で「熊蜂の飛行」を演奏したと思いますけど、クラリネットの指の運指は驚愕でした~!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4230-93ab35d1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |