FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


小泉さんって本当に謎の美少女JK転校生ですよね~(笑)
クラスメイトとも談笑する様子もほぼ皆無で無口で無愛想で、見方によっては「小泉さんは実はコミュ障なのか・・?」とも
感じてしまうのですけど、
アニメ本編の中でも描かれていた通り、例えば小泉さんが登山に行った際には山道ですれ違う人たちとは普通に挨拶
していましたし、ラーメン博覧会で女の子が迷子になっていた時には一緒に親を探していましたし、
小泉さんは決してコミュ障ではなくて、単に無愛想で自分が興味がある事=ラーメン以外眼中にないという感じなのでしょうね。
そして何よりもあんなミステリアスな美少女が実はラーメン食べまくり大好きというあのすてきなギャップが
このアニメの最大の見どころであるのだと改めて感じてもおります。

小泉さんにとっての価値基準とは何かと言うというまでもなく「ラーメン」だけなのかもしれないですね~(笑)

それを示唆していたのは下記の大沢悠と小泉さんのとんこつラーメンを巡る会話だったと思います。

小泉さん : あなたは乳白色のスープ全てがとんこつベースだと思ってませんか?

悠 : えっ!違うの?正直そんなに詳しくない私からすると白いスープで濁ってるのはとんこつ、
    透明なのは塩、茶色いスープで濁ってるのが味噌で、透明なのは醤油…くらいしか意識してなかったよ

小泉さん : そんな認識で良く今まで生きて来れましたね! 驚きです・・

悠 : いや普通そんなもんだって!特に困ったことなかったし!

この辺りの会話は小泉さんらしいと思いますし、この場面の二人の会話に「小泉さんらしさ」がぎゅぎゅ~ッ!と
詰まっているようにも感じたものでした。
小泉さんの手にかかってしまうと大沢悠の人生そのものがラーメンの認識一つだけで完全否定されるのも
いかにも小泉さんらしい話でもありましたし、私のツボに入ってしまい夜中に一人で大笑いをしていた場面でもありました~!

「ラーメン大好き 小泉さん」の中では、とんこつラーメンも何度か登場していましたね~!

最近では「とんこつラーメン」のカップヌードルも随分と進化し美味しくなったと思います。
20世紀頃にも既にそうしたカップヌードルとしてのとんこつラーメンもかなりの数が商品化されていたと思うのですけど、
その中には大沢悠の「白いスープで濁ってるのはとんこつ・・」という認識程度で作られたと思えるような激マズの
とんこつカップ麺もあったように思えるのですけど(汗・・)
博多の本場そのもののイメージに近そうな本格的な商品もありますし、九州にお住いの皆様にとっては
「こんなマイルドなとんこつスープはとんこつラーメンじゃない!」とお感じになるようなあっさり系のとんこつラーメンも
ありますし、とにかくその進化は現在進行形で日々変化を重ね続けている事は素晴らしいと思いますし、
開発者等関係者の皆様の日々の努力には敬意を表させて頂きたいと思います。

さてさて、本記事においては、最近私自身が食べさせて頂きましたセブンイレブンのオリジナルプレミアム商品の
一風堂の赤丸新味 博多とんこつについて簡単にレビューさせて頂き、
小泉さんがとんこつラーメンに対して熱く語っていた「ラーメン大好き 小泉さん」第7話の簡単な振り返りを
させて頂きたいと思います。















PB商品(プライヴェートブランド)というその企業グループのオリジナルブランド商品というと、以前ですと
いかにも「安かろう、悪かろう・・」みたいな大量生産方式・下請け泣かせみたいなちょいとあんまりよくないイメージも
あったように思えたものですし、名前を挙げて大変恐縮なのですけど、イオンのPB商品の一個68円程度のPBカップヌードルは
具はしょぼいし味は激マズだし、「価格が安いだけじゃん・・!」と感じていましたし、
そのせいでPB商品全体に正直あまり良いイメージは持ってはおりませんでした(汗・・)

だけど最近のコンビニ・スーパー等のPB商品の充実は目を見張るものがあると思います!
特に名前を挙げて恐縮ですけどセブンアイホールディングスの「金シリーズ」、特に金のハンバーグ・金のビーフカレーは
とてもじゃないけどPB商品とは思えない美味しさがあると思います!
同シリーズの金の麺・金の抹茶アイス・金のおにぎりも同様にとっても美味しいと思います。

そうしたセブンアイホールディングスの商品として、最近セブンイレブンにて、一風堂の「赤丸新味」というメニューを再現した
カップ麺が販売されていました。
一風堂は福岡に本店を持つ、福岡発祥のラーメンチェーン店です。
博多ラーメンでは一蘭と共にトップ争いをしているラーメン店でして、
メニューは二種類がメインでして、こってりピリ辛の「赤丸新味」と博多とんこつの源流「白丸」が人気商品だそうです。
このセブンイレブンの一風堂の「赤丸新味」ですけど、お値段は正直言って安くないです!
一個258円+税だったかな・・?
だけど福岡の「一風堂」と言うと大変な名店ですし、関東に住んでいる人間としては「一度は味わってみたいとんこつラーメン」
だと思いますし、こうやってカップ麺で名店の味を再現できるなんて、一体どんな感じ味なのだろう・・?と
大変興味津々でしたし、何よりも最近の「ラーメン大好き 小泉さん」の影響もあり、
「本場のとんこつラーメンを再現したカップ麺を食べてみたいなぁ~」と思い、この日の昼ごはんは
この一風堂の「赤丸新味」に「けって~い!」となったものでした・・・(By プリキュア5~夢原のぞみ)

一言で感想を書くとめちゃくちゃおいしいカップ麺だと思いますし、この完成度の高い美味しさは、
PB商品のイメージを軽く超越し、「インスタント麺はラーメンではない」と思われている方に是非味わっていただきたいものが
あるとすら感じています。
特にあの濃厚なんだけどクリーミーなスープは絶品だと思います。
とんこつの旨みたっぷりのスープは、辛みその旨みと辛みと見事に融合していると思いますし。
本場のとんこつラーメンらしい細麺とスープとの一体感もPB商品の概念をとっくに飛び越えている美味があると思います。
厚みのあるチャーシューはとても美味しいですし、このチャーシューがカップ麺の具材とはいまでも信じられない
想いで一杯です! とんこつラーメンのカップ麺の原点とも言えそうな明星食品の「うまかめん」のチャーシューのうすさとは
隔世の感があったりもしますね・・

セブンイレブンのカップ麺といえば他にも「すみれ」や「山頭火」がありますけど、
あの商品もとても美味しいと思います!
移り変わりが激しいコンビニのラーメン商品棚の中で長らくポジションを守っている数少ない商品だと思いますし、
こうやっておいしいカップ麺をPB商品として開発・企画化されている関係者の皆様の絶え間ない努力には頭が下がる想いで
一杯ですし、街中のへたな激マズ一杯600円程度のラーメンを食べるなら、この一風堂の「赤丸新味」を
味わった方がはるかにすてきなランチタイムを過ごせそうな予感もあるのだと思います。







002_convert_20180422174547.jpg





添付の小袋は5つで、辛味噌と黒香油、液体スープ、粉末スープ、かやく、チャーシューから構成されています。

インスタント麺の場合、スープというと粉末スープに調味油という感じで二種類というパターンかまたは一種類のみという
パターンが大半だと思うのですけど、スープだけで三種類もの要素から成り立っているのも
商品としての力の入り具合が感じられますし、3種類ものスープの要素を投入するからあのような魅力的な味を
引きだせているのかもしれないです。
上記で3種類と記しましたけど実際は、一つの袋に辛みそと黒香油の二種類が付いていますので、
実質的にこのスープは、粉末スープ・液体スープ・辛みそ・黒香油の四つから構成されているという事になると思います。
ちなみにですけど黒香油というのは、当ブログでも最近ネタにさせて頂き、「ラーメン大好き 小泉さん」の第一話でも
登場していた「馬油」(マー油)の事です!

最初に入れるのはかやくとチャーシューのみです。
(かやくはネギときくらげです。きくらげのコリコリ食感も麺との絡みで楽しむ事ができると思います)

博多ラーメンなので麺が細いのが印象的で、最近レビューさせて頂きました熊本ラーメンの中太麺とは違いがありますね~








003_convert_20180422174608.jpg






作り方ではお湯を入れてから3分後に・・となっていますけど、細麺ですし、本場のバリカタ麺的なものがお好みの方は
2分半程度でも構わないと思います。
麺がほぐれたら粉末スープ、液体スープ、マー油と辛味噌を入れます。

上記画像は4種類のスープを融合させる前のものですけど、マー油(黒香油)の黒さと辛みその赤色が
少しばかりグロテスクに感じたりもします・・(笑)

さてさて・・これらをかき混ぜ融合させると果たしてどんな味になるのでしょうか・・?








004_convert_20180422174627.jpg







スープは博多ラーメンらしいガッツリとんこつスープで、さすが4種類ものスープを融合させただけのものはあると思います!

非常にクリーミーでコクがありますし、辛みその味もゴマの味っぽいものも感じさせてくれていると思います。
味自体は大変濃厚で、それなりの重さは感じるのですけど、決してくどいとかしつこいという味ではなくて
「濃い感じ」がジューシーに舌に伝わってくるという感覚なのだと思います。
マー油が入ったことでさらに旨味がUPしているようにも感じられます。
そして本場のとんこつという事で懸念された「キツイ香り」もなく、大変食べやすい一杯だと思います。

このセブンイレブンの一風堂の「赤丸新味」は本当にとっても美味しいです!
「博多とんこつラーメンって本当においしいのだなぁ~!」と心から叫びたくなってしまうような商品だと思いますし、
当ブログも今年に入って随分とカップ麺のレビューをさせて頂いておりますけど、
ここは私に代って艦これの白露お姉ちゃんに言って頂きますと、
「当ブログのカップ麺レビューの中では群を抜いていっちば~ん!に美味しい!!」と断言しても差し支えは無いと思います。

黒マー油と辛みそのコラボというのは香ばしい香りとピリッと辛いスパイスが絶妙のハーモニーを生みだすという
事でもあるのですね~!

とにかくとっても美味しかったです! 「ごちそうさまでした~!」と天とセブンアイホールディングスに感謝!という感じです!








f1055eb3-s_convert_20180422174815.jpg






上記でとんこつラーメンのすてきなカップ麺としてのレビューをさせて頂きましたけど、「ラーメン大好き 小泉さん」第7話にても
このとんこつラーメンの事は小泉さんによって熱く語られています!

第7話は大沢悠が美沙・潤と共に夏休み初日と言う事で「どっかに遊びに行こう」と言う事で浅草まで遊びに来たのですけど、
悠は事前に(当然ながら)小泉さんに対して「一緒に遊びにいこっ・・」とお誘いします・・(笑)

悠 : とりあえず明日どこかで遊ばない?
小泉さん : お断りします。明日は旅行に行くので
悠 : えっ、どこに?
小泉さん : 日本全国です

この流れは「ラーメン大好き小泉さん」のすてきなお約束ですね~(笑)
ストーカーの如く(?)毎回毎回悠は小泉さんに「小泉さ~ん! ラーメン食べにいこっ!」とお誘いして毎度の如く
「お断りします・・」と冷たくあしらわれるのは、このアニメ作品の中では小泉さんのラーメン完食時におけるあの恍惚の表情の
あの「ふは――」と同様に大いなる見どころの一つだと思います~! (笑)
そして上記画像の中村美沙のすてきなツインテ美少女振りもこのアニメの見どころの一つだと思います!

ちなみに小泉さんはこの第7話にて日本全国ラーメン食べ歩き旅行と言われていましたけど、それは早い話が
悠たちが遊びに来ていた都内の浅草にラーメンを食べにくると言う事なのですが、
浅草こそが日本のラーメンの一つの原点とも言えるそうでして、この浅草を起点として全国でさまざまなラーメンが
生まれていったそうです。
そして浅草にはそうした理由で全国各地のさまざまなご当地ラーメンの店舗が勢揃いしているそうでして、
小泉さんの「日本全国ラーメン食べ歩き旅行」というのは、浅草で全国各地のラーメンを食べまくるという事だったのです。








ac97625c-s_convert_20180422174710.jpg




1f5733f9-s_convert_20180422174528.jpg








悠は浅草で遊園地・お化け屋敷・ラーメン店等でたっぷり遊んだ後に、美沙・潤と現地解散したのですけど、
ここでまさかの(?)小泉さんと浅草にてバッタリ出くわすという事になります。
そして小泉さんは明らかに嫌そうな顔をしていたのですけど(汗・・)、大沢悠は「ここで会ったら百年目~!」と言わんばかりに
小泉さんに(いつもの?)まとわりつきを開始し、小泉さんと共に浅草のラーメン食べ尽し、そしてこれが結果的に
小泉さんと共に過ごすすてきな日本全国ラーメン旅になったのかもしれないですね~(笑)

それにしても大沢悠は小泉さんと一緒にラーメンを食べる時のあのうっとり顔はすてきなものがありますね~!(笑)
小泉さんのあの嫌そうな顔とはエライ対照的であったりもしますね・・(汗・・)
だけどなんだかんだいっていつも小泉さんは大沢悠とラーメン食べまくっているという感じですし、小泉さんはラーメンを
食べている時だけはいつものあの無愛想はどこへやら・・という感じでラーメンの事を熱く語っていますし、
小泉さんは案外普段も誰かに対してラーメンについて語りたかったのかもしれないですね~

そして後半において、小泉さんはとんこつラーメンについて大変熱く語りだします!

正直・・私自身も「ラーメン大好き 小泉さん」を見るまでは、「とんこつラーメンは全部博多ラーメンだと思っていた・・」
なんていう誤解も多分にあったと思いますけど(汗・・)
そうした私の誤解もこのアニメ作品で随分と修正されたものですし、大沢悠にとっても私にとっても「小泉さん、さまさま~」
なのかもしれないですね!

小泉さん : 一言に…博多ラーメンと言ってもさまざまです。
        この店は豚骨発祥の地、久留米の味を受け継いだコクのあるスープとストレートの細麺が特徴です。

小泉さん : そしてこちらは佐賀の有名店、精養軒の味を継承する伝説の佐賀ラーメンです。
        数ヶ月熟成させた濃厚な豚骨スープとふっくら柔らかい麺が特徴です。

悠 : 麺がふっくらしてる…豚骨ラーメンにもいろいろあるんだねー

この悠のセリフは私自身のセリフとほぼ同じなのかもしれないですね~!









5dd6d428-s_convert_20180422174652.jpg








小泉さんのラーメンに対する思いの深さと言うのか、小泉さんにとって浅草とは「ラーメンの聖地」と言えるのだと思いますし、
浅草でラーメンを食する事が小泉さんにとって至福のひと時であり、
同時に浅草でラーメンを食べる=日本全国各地のラーメンを食べるという事なのだと思います。

ここ浅草は…すべての始まりの地、なのです
この店の店主は浅草生まれの浅草育ち
ラーメン発祥の地、浅草に想いを馳せて昔ながらの懐かしい味を作り続けているのです
東京は下町で生まれた醤油ラーメンがさまざまな形に進化して全国に広がり、
ここ…浅草を巡るだけでも日本中のいろいろなラーメンと出会う事が出来るのです

この小泉さんの言葉にこそ「小泉さんのすてきなラーメン愛」が凝縮されているのだと思います。

悠 : そっか…!小泉さんはホントに旅行してたんだね
小泉さん : 最初にそう言ったじゃないですか
悠 : そっかあ…私、小泉さんと一緒に旅行してるんだ

そして悠にとってのこの旅行とは「ラーメン食べまくり」なのですけど、この回も悠も小泉さんもラーメン食べまくっていましたけど、
一晩で5~6杯程度のラーメンをこんなかわいい美少女達が食べまくるというこのギャップが
堪らないものがあると思います~! (笑)








ae8a1565-s_convert_20180422174733.jpg








悠 : 醤油豚骨?

小泉さん : 下町に愛された江戸っ子ラーメン…ここ浅草を中心に広がっていった味です

悠・小泉さん : 浅草から広まったラーメンが…九州で豚骨になり、こうしてまた――

悠・小泉さん : 東京に帰ってきたんだ…

とんこつラーメンというと素人的には博多というイメージがあったりもするものですけど、
浅草ではじまった味が全国へと受け継がれていき、味やスタイルが発展継承していく中で、再び「とんこつ醤油」という味で
東京に戻ってくるという小泉さんのお話は、とても共感を生む話だと思いますし、
ここにも小泉さんのすてきな「ラーメン愛」が詰まっているのだと思います~!








e84ad08d-s_convert_20180422174754.jpg





fb1de310-s_convert_20180422174834.jpg





ちょっとしんみりとした「ラーメン大好き 小泉さん」第7話の後半パートですけど、その締めはやはり小泉さんらしいものが
炸裂していたと思います! (笑)

悠 : でもま、実際にじゃないけど…ラーメンならこうして一緒に旅行できるんだね

悠 : ねえ!次は本当の旅行に行こうよ!沖縄とか!私、小泉さんの水着が見たいなあ…
小泉さん : 嫌です。それでは・・

悠 : 見て、小泉さん!来週花火大会があるんだって!一緒に来ようよ!

小泉さん : 結構です

悠 : えーー!? 行こう行こう行こう!小泉さんの浴衣見たい見たい見たいー!

小泉さん : お断りします

この作品は、最後に小泉さんのあの「お断りします」か「ふはー」のどちらかをされますと、
物語全体がとっても締まって見えますよね!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

「そんな認識で良く今まで生きて来れましたね」なんて、小泉さんに言われたら、ドキッとしますよ~。しかし、とんこつっていうと、私は博多だけだと思っていましたが、そんなことないんですね~。あの匂いがダメって人もいますが、色々挑戦してみてもよいのかもしれませんね^^

攻めの姿勢

こんにちは。
一風堂の赤は革新の「赤」で、悠ちゃんがチョイスしたネタです。
「あたしは攻めの姿勢でいくよ、小泉さん。」
このときのボイストーンは艦これ川内さんの「夜戦」に似てます。
ボクも一風堂では「赤」を食べますよ。
GWは久しぶりに食べに行こうと思います。

とんこつラーメンも美味しいですよね♪
ネギと紅しょうがいい感じで(^-^)

一風堂…食べたことはないけど
お高いラーメンということは知ってました。
やっぱりお店の味に似せてるんでしょうね♪

小泉さん・・・

八咫烏(全力稼働中) 様


小泉さんって見方を変えれば結構ドS的な発言を大沢悠にすることがたまにあったりして、ファンの間では
「小泉さん実は女王様説」みたいなものすら飛び出ているようです・・(笑)

小泉さんが食べるとんこつラーメンはどれもみんなおいしそうに見えてしまいますねからね~!

一風堂

五航戦の愛鷹 様


福岡にはこうした本場のとんこつの名店が数多く揃っているからすてきだと思います~!

小泉さんは大阪遠征はされていましたけど、博多遠征をされたらとんこつばかり食べまくるのかもしれないですね~!

確かに・・

なんとなくですけど大沢悠と川内の雰囲気は被る時があるようにも感じられますね~(笑)

カップ麺でも・・

napo 様


とんこつラーメンはあの細い麺とバリカタがいいですよね~!

そしてなによりもあのスープは絶品だと思います!

一風堂を見事に再現したセブンイレブンのオリジナルラーメンは、とてもじゃないけどインスタントとは思えないです!
特にあのスープの味は最高だと思います!

ラーメンの聖地といえそうな場所がたくさんある中でも浅草はとくに大きな存在なのですねぇ。ラーメン大好き小泉さんは毎回食べてばかりのアニメでしたけどちゃんと勉強になるのも面白いところですw
浅草から広まったラーメンが九州で豚骨となり再び東京へ、思わず感動してしまいそうな壮大ストーリーにも感じますね。

小泉さんの原点・・

schwert 様


私自身もまさか浅草がラーメン発祥の地であり「原点」であり、浅草を起点として全国各地に素敵なラーメンを生み出し、
それがまた浅草に戻ってくるという背景は「ラーメン大好き 小泉さん」を見るまでは知らなかったのですけど、
ラーメンに関して私達に色々と教えてくれる事の多かったこのアニメには感謝の気持ちで一杯ですね~!

是非第二期も制作してほしいと思います!

それとアニメ版では大沢悠はボーイッシュな雰囲気でしたけど、原作漫画ではもう少し女の子っぽい要素も感じさせて
いたものですが、あれは「小泉さんストーカー」としての悠を意識した上での
演出なのかもしれないですね~(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |