「 黛敏郎(ウィットカム編曲) / 映画音楽「天地創造」~ノアの方舟・メインテーマ → 広大なスケール感漂う素晴らしい音楽だと思いますし、吹奏楽アレンジ版では、兵庫県の三木中学校の素晴らしい名演が残されています! ついでに「舞楽」(BUGAKU)についても少しばかり記させて頂きます。」のコメント一覧

24hirofumiさん

初めまして

初めまして、24hirofumiと申します。以前より拝読させて頂いております。学生時代は兵庫県でブラバン小僧をやっていました。パートはクラリネットでした。今回三木中学校のお話が出たので初めてコメントさせて頂きます。僕自身は三木中学校とは関係がありませんが。
神戸、秋田と連続して全日本に出場した三木中は76年に新しい中学校と学区が分割されました。それでも県大会2位で代表となりました、このときのメインストリートとパンチネロはいずれも素敵な演奏で僕は強く印象に残っています。その翌年がこの天地創造で、その次の年はBJにはエリクソンの曲が掲載されていましたが、実際はロシアの復活祭でした。関西大会では全国を意識し過ぎたのか、豊かな響きを誇るこの学校のサウンドが力みで乱れてしまったのが残念でした。ただ、県大会の時点では烏帽子中のOB連中はダッタン人の今津より凄い演奏で、グランプリ(1位)じゃないのはおかしいと云っていました。
その次の年はトッカフでまさかの県落ち、その翌年はリストのレプレで関西ダメ金となり、そこで長谷川先生から次に先生に替わったようです。
中学生とは思えない大人びた美しいサウンドを持って、特に課題曲の演奏にブレがなかったのをよく覚えています。それと先生の体格に似合わずポップス系が上手でした(笑)
あまりに懐かしくて、長々と失礼致しました。これからもエントリー楽しみにしております。

URL 編集

ぬくぬく先生 さん

コメント頂きありがとうございます!

24hirofumi 様



こんな辺境の当ブログをご覧になって頂きありがとうございます。

24hirofumi 様の素晴らしきブログと異なり当ブログは素人が趣味で気まぐれに書いているものに過ぎませんので、
こうやって専門的に本格的に音楽を聴かれている方からのコメントは、大変嬉しいですし同時に励みに
なります。

三木中に限らず1970年代~90年代の兵庫県の公立校の活躍は目を見張るものがあったと思いますし、
今現在のように資金力が豊かな私立校が上位を占めているのとは違っていて、そこにあるのは「手作りの音楽」と
いえるのかもしれないですね。
三木中の77年の課題曲のドリアンラプソディーはこの年の全国大会でもNo.1の表現力だったと思いますし、
天地創造のメインテーマのスケールの大きさは圧巻だったと思います。

兵庫県の吹奏楽と言うと、私的には兵庫高校と西宮高校を指導されていた吉永先生の類稀なるあの表現力と個性は
本当に素晴らしいものがあったと思います。

こんな拙いブログですけどどうか今後とも宜しくお願いいたします。

URL 編集