FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


アルルの女

前回、松本市の旭町小学校の下校の合図のBGMがドヴォルザークの「ユーモレスク」と書きましたが、
思えばこの学校は、オンポロ校舎のくせに、なぜか音楽教育に当時力を入れていたのかもと思わせるような
所がありました。
結構オンポロ体育館で、自衛隊の音楽隊とかプロの楽団を招いてミニ演奏会か何かを
していたような印象があります。
その時、印象に残っている音楽が一つありまして、それが
ビゼーの劇付随音楽「アルルの女」第二組曲~メヌエットです。

この曲はハープの伴奏に支えられて、フルートが牧歌的なソロを展開していくのどかな曲なのですけど、
中間部が、オケが「ゴーゴーゴー」と幾分咆哮する部分があります。
それまで比較的静かなフルートの音色だったので、子供達もその急展開と言うか、
pからffへの音の落差に驚いたのかもしれませんよね、体育館のあちこちから
どよめきが起きたのが何か妙に印象に残っています。

今でこそ、アルルの女のメヌエットなんて曲がそれ程ダイナミックスレンジの広い曲とは到底
思えないのですが、子供の感性と言うのは、意外と確かなものなのかも
しれませんよね。

よくppの部分から、突然ffの大咆哮の代表的音楽として
ハイドンの交響曲第94番「驚愕」~第二楽章が取り上げられますけど、
現代人の感覚から言うと、別にそれは驚愕でも何でもないのですけど、確かに18世紀の貴族・貴婦人を
主な聴衆とした演奏会としては、「びっくり」だったのかもしれませんよね。
確かに第二楽章は、単調なメロディーが二回展開され、聴衆がウトウトする頃に、
全楽器とティンパニーが突然ffでダン!!とやるのですから、当時の聴衆はびっくりしたかも
しれませんよね。
ま、それはクラシック音楽がのどかな頃の話ですけどね・・・

例えば、マーラーの交響曲第6番「悲劇的」なんかは、全楽章を通して重苦しい響きと展開が
支配され(例外は第三楽章)
第四楽章では、ハンマーが二回も撃ち落された挙句、やっとラストが見えてきたと思ったら、
いきなりppの中、闇の背後からナイフで刺されるように、fffの一撃が待っているのですから、
これはもう反則の域を超えていると思います・・・
チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」第一楽章も似たような要素があり、
前半は比較的ゆったりと静かな展開なのに、中間部で全音でfffの一撃の後は、快速な演奏が展開されていく
のですけど、最初のあの部分を生演奏会で聴いた時は、その落差に思わずのけぞってしまった
程でした・・・

だけど、ppから急激なfffへの展開の曲なんてのは腐るほどある訳ですし、
別に「アルルの女」がそれ程すごい曲とは思いませんけど、子供にはこのくらいが丁度いいのかも
しれませんよね。
余談ですけど、ジャン=フルネが日本フィルを振った時の事です。
フルネとしては、演奏に満足がいかなかったせいもあると思うのですが、
打楽器セクションの横に、その日のプログラムでは使用するはずがないプロヴァンス太鼓が
こっそり置かれていましたので、
「ははーん、この日のアンコールは、アルルの女からファランドーレの踊りかな?」と思っていたら、
フルネは機嫌が悪そうに早々に引き揚げていきましたので、
この日のアンコール、そしてファランドーレはありませんでした・・・
こういう事も演奏会にはあるものですよね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/422-f0afdbe1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |