FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回のその①の続きです!

前回のその①の簡単な復習をさせて頂きますと、

小物妖怪の鬼人正邪は、自らは表舞台には登場することなく、打ち出の小槌の力を有する少名針妙丸を利用する事で
自らの都合のいいように少名針妙丸を陰で操り、自らの目的である「幻想郷の崩壊と下剋上」を達成するために
黒幕的に陰で暗躍していたというのが「東方輝針城」の異変の概要であるのですけど、
鬼人正邪という黒幕が、

1.ゆかりん・ゆゆ様・永琳と言った大物ではなくて小物の下っ端妖怪が初めて黒幕的立場として暗躍

2.純粋な悪意をもって幻想郷内に異変を起こした初めての人物

という点において大変特筆されるべきものがあった作品と言えるのだと思います。

それにしても改めてですけど正邪のような下っ端小物妖怪が悪意を持って打ち出の小槌の力を有する少名針妙丸という
善意の塊の人物を利用すると恐ろしいことになってしまうという事を提示したのが本作品の意図ではないのかな・・と
感じたりもしますね。
人と言うものは美辞麗句の言葉によってこんなに簡単にコロッ・・と騙されることがあるものだという事を
物語っていると思えますし、もちろん「人と言うものは全てが信用できない」と最初から相手を泥棒みたいな目で
警戒してみると言うのもよくない事だとも思いますし、
騙す方の論理では「そんなの騙される方が悪いじゃん」という事なのかもしれないですし、
逆に騙される側の論理では「社会全体はある意味、性善説でかろうじて成り立っているのかもしれないのに、
そうした根幹的な部分で、悪意をもって他人をだますなんて全く言語道断!」と言えるのかもしれないですし、
要はどっちもどっちなのかもしれないですね。

正邪は自分一人では何もできないひねくれ者の小物妖怪なのですけど、そんな正邪が目を付けたのが
一寸法師でお馴染みの「打ち出の小槌」なのです。
打ち出の小槌は鬼の魔力が込められた道具であり乱用するとそれだけ自身の身を滅ぼす危険性を秘めています。
一寸法師の「打ち出の小槌」というとお伽噺的には、人々を困らせていた鬼を退治するために一寸法師が
孤軍奮闘して鬼を成敗退治し、そのご褒美として結果的にお姫様より打ち出の小槌の魔力により
極端に小さかった体が普通の成人男性並みの体格に変身する事ができたというお話で、お話としては
その後その打ち出の小槌がどうなったのかについては語られていません。
東方の世界においては、一寸法師の末裔が
「豪華な城を建てて民を支配したい」と小槌に願って輝針城を造り上げたところで小槌の魔力は尽きてしまいます。
その結果どういう事が起きたのかと言うと、鬼の住む世界に一寸法師の末裔の子孫たちが幽閉され、
一度は先祖たちが退治したはずの鬼によって苦しめられるという経験を味わってしまいます。
それはすなわち、小槌が願いを叶える際に求められる「代償」による現象とも言えると思います。
その後、一寸法師の末裔たちは打ち出の小槌の恐ろしさを身を持って経験した事で小槌を封印する事になってしまい、
針妙丸たち現在の一寸法師の末裔たちの小人族は、打ち出の小槌の効果も代償も、はたまたその存在すら
知らぬまま現在の幻想郷で暮らしていた事になります。
正邪は自身の野望を叶えるために打ち出の小槌を使うことを考えましたけど、
打ち出の小槌は小人族にしか扱えないので、無知な針妙丸を利用することにして、正邪自身は黒幕として
この異変を影で操る事になったのです!
そして正邪は針妙丸をだまして言葉巧みに自分の都合の良いように嘘の歴史を吹き込みはじめ、
「さあ、弱者が見捨てられない楽園を築くのだ!」といういわばウソの革命理論を黒幕が善意の針妙丸に洗脳させた
という事なのだと思います。

こうして針妙丸は小槌の本当の怖さとその代償を知らぬまま、正邪の言う通りに小槌を使い始める事になります。
小槌は針妙丸の願いを受けて、針妙丸を大きく強く変化させ、ただの道具を付喪神に変え弾幕や敵を大きくさせたものの、
正邪の計算外の事も色々と起きてきます。
それだけ打ち出の小槌の魔力というものは破壊的なものであり、元々が単なるひねくれ者の小物妖怪の正邪が
コントロールできる代物ではなかったという事なのだと思われます。
その結果として意図せず洩れ出した魔力が無関係の妖怪達を凶暴化させ、霊夢・魔理沙・咲夜さんという
「チーム妖々夢」のある意味最強自機チームによってこの異変は解決をされていきます。
この異変は、正邪という小物黒幕が仕組んだものでしたから、結果的に幻想郷内に大きな混乱もなく収拾されましたけど、
もしも黒幕は黒幕でも例えば、ゆかりん・ゆゆ様・永琳・八坂神奈子・ヘカーティア様といった超大物の皆様が
万一この打ち出の小槌をゲットしたとしたら、怖ろしい黒幕として幻想郷を恐怖と崩壊へと追い込んでいった可能性も
あるのかもしれないですね・・
ある意味、正邪という小物黒幕が企んだからこそこの程度の最少被害で済んだという事も言えるのかと思います。

異変後 、正邪は逃亡を図り現在は行方不明状態なのかな・・?
(天子ちゃん同様、ゆかりんからきつ~いお仕置きを食らったのかな・・?という妄想もありそうですし、確か東方茨歌仙の
背景の雑魚キャラとしてチラっと登場してもいましたので、幻想郷内で無事は無事・・という事なのかもしれないですね・・)
針妙丸は元々は少女の膝下程度の大きさしかなかったのですけど、
打ち出の小槌を使いすぎた代償としてさらに小さくなってしまいます(目測で20cm程度)
小槌の魔力の回収期が終わり元の大きさに戻れる日が来るまで、霊夢に博麗神社で保護してもらっているのが現況で、
そのあたりは「東方鈴奈庵」でも描かれていたシーンもありました。

こうして無事に「東方輝針城」の異変は解決されたけど、この異変で劇的に変化を遂げた付喪神の皆様たちもいるのですけど、
今回の異変では、付喪神は付喪神でも劇的な変化があったというのは、九十九姉妹や堀川雷鼓という
楽器の付喪神というのも、一応は楽器経験者でもある私にとっても大変興味深いものがあると思います。

堀川雷鼓は元々は和太鼓の付喪神であるのですけど、「東方輝針城」の異変において、
鬼の魔力(打ち出の小槌)の影響により和太鼓等の楽器に魔力が宿り凶暴な感情も芽生え始めるだけでなく、
この魔力によって楽器やその奏者の自我が魔力に乗っ取られる事を強く懸念し、和太鼓と奏者を一旦切り離して考え、
幻想郷ではなくて外界の楽器・・ここでは吹奏楽とか管弦楽ではお馴染みの楽器であるバスドラム(大太鼓)を入手し、
和太鼓と魔力の源である太鼓奏者を切り捨て、その異変による魔力の支配から逃れることに成功し、そうした事を
九十九姉妹等他の楽器の付喪神たちにも教え、魔力からの楽器への支配を排除し、楽器としての「個」の自我の確立に
成功します。

今回の異変前は、和太鼓の付喪神として人間たちから楽器として操作されないと何もする事ができないという
ある意味消極的で受動的な事しかできなかったのですけど、この異変によって
「自分たちも人間たちに単に楽器として演奏されるだけに留まらず、自分たちも一人のプレイヤーとして音楽に関わりたい!」という
積極的な自我を確立する事が出来たというのは、この異変のマイナスではなくてプラスの側面として
評価されてもいいのではないのかな・・?とも感じたりもしますね。

異変の解決後、掘川雷鼓は、今後の自身の音楽活動とか生きる道について色々と熟慮した中で
ついに一つの方向性と可能性に辿り着きます。
そう・・! それこそがプリズムリバー三姉妹への合流という道なのでした!

その話が提示されていたのは昨年久しぶりに東方公式書籍として発売されていた「東方文果真報」なのですけど、
この東方文果真報というあややが文々。新聞以外に発刊している一種のガセネタ(?)週刊誌において、
とあるページに「プリズムリバー三姉妹の楽団のプリズムリバー楽団解散!」という記事が掲載されていて、
その写真はこの三姉妹が深々とファンに対して「申し訳ない・・」と頭を下げているものでしたので、私も最初にあれを
詠んだ時は正直「え・・まさか・・!?」という想いで一杯でした・・
上記の話ではないですけど、音楽はある意味「感情」から成り立っているものですし、奏者間の意見や考えや音楽観に
あまりにもズレが起きると音楽が音楽として機能しなくなる側面も多々ありますし、
鬱の音楽の長女のルナサと躁の音楽の二女のメルランの間にもしかして「埋まりそうもない音楽上の溝」がついに
三女のリリカの調整ですらも対応できないほどの確執になってしまったのかな・・?と懸念したものでしたけど、
音楽面では三姉妹の間の音楽観のズレがちょっと目につようになりつつあったプリズムリバー楽団に対して
「堀川雷鼓」という新しい血を入れることで、更に音楽上の進化を遂げようという意図がそこにはあったのだと言えるのかも
しれないです。
義理とは言え姉妹関係ですので、普段は言いたくても言えない事を堀川雷鼓お姉さまという第三者をリーダーに
据えることによって第三者としての中立公平な観点から三姉妹が奏でる音楽に色々とアドバイスをする事も可能なのだと
思いますし、従来までのルナサ=弦楽器・メルラン=金管楽器・リリカ=鍵盤楽器に加えて、掘川雷鼓のパワフルで情熱的な
パーカッションを加えることでこれまでの方向性とは異なる「新しい音楽としての方向性」を更に高めていけるという事で、
プリズムリバー三姉妹にとっても新しい居場所を見つけられた堀川雷鼓にとっても
まさに「ウインウインの関係」が構築出来て、この合流話はとてつもないプラスが両者の間にはあったものと
思われます。

うーーむ、正邪もろくでもない黒幕でありましたけど、幻想郷の音楽事情の上ではとてつもない貢献を結果的に
果たしてくれたと言えるのかもしれないですね~!








wakasagisan_convert_20130721175535.png








さここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。
前回のその①は2面ポスの赤蛮奇でしたけど、今回転載&ご紹介をさせて頂くアミグリさんのイラストも「東方輝針城」に
登場されていたキャラの皆様たちです!

上記のとってもかわいいお人魚姫さんのわかさぎ姫は、2013年7月にアミグリさんが描かれた作品です!

わかさぎ姫は東方輝針城ステージ1面の霧の湖「淡水人魚の涙」のステージボスなのですけど、1面ボスという事で
めちゃくちゃ弱いです~(笑)
普段は歌を歌ったり、石を拾ったりして暮している大人しい妖怪で、人間には敵対心を持たないおっとり系の淡水人魚である
設定ゆえに「弱い」というのはある意味お約束でもありますので仕方がないと思います。
東方輝針城の異変により、打ち出の小槌の魔力に影響されわかさぎ姫は霧の湖で暴れてしまいます。
だけど前述の通り元々力的には圧倒的に弱いものでして、霊夢らによって退治され今現在はすっかりおとなしくなっています。

わかさぎ姫は、簡単に言うと人魚みたいなものです。

人魚は人魚でも和服を着た人魚というのが幻想郷らしい話だと思います・・(笑)

深い青色に肩につかない程度の縦ロールの髪型をしており、耳の位置には人魚らしくひれのようなものが付いていて、
下半身のスカートのように見える部分は鱗のようにフリルが重なっていて、
肩紐とスカート裾全体に白いフリルがふんだんに盛られているのが大きな外見の特徴だと思います。
和装という事で、帯は紫色で橙色の帯紐を蝶々結びのようにして結んでいるのが面白いですね~!

そうそう、わかさぎ姫というと、ネタ的にはミスティア・ローレライと並んで東方屈指の「食べちゃいたいキャラ」と化しているのは
気の毒だけど、ある意味仕方ないのかもしれないですね~(笑)
ミスチーは鶏肉という事で、ゆゆ様から「食べちゃいたいキャラ」として日々狙われているような感じもあるのですけど、
そうした意味においてはわかさぎ姫も同じですね・・!
ゆゆ様から「天ぷらまたは刺身にして食べちゃいたい!」と狙われているのかもしれないですね・・
それと万一ですけど、わかさぎ姫が化け猫キャラの橙やお燐ちゃんにばったり遭遇した場合は、まるで魚を追っかけまわす
猫のようにマジで食べられちゃいそうな危険があるのかもしれないですね・・(汗・・)

アミグリさんが描かれたわかさぎ姫はとっても可愛いです!

アミグリさんが描かれたわかさぎ姫はあえて下半身というか魚っぽい外見の部分をカットされていますので、
かわいい和服のお姉さんという印象があります。
このふんわりとおっとりとした優しそうな雰囲気は、西洋の人魚姫伝説のようなちょっともの哀しい雰囲気ではなくて、
いかにも幻想郷らしい不思議ちゃん系なのだけどとにかくめちゃくちゃかわいいと印象を見ている人に
間違いなく伝えていると思います。
青のふんわりとしたウェーブのかかった髪と帯がとても魅力的に描かれていると思います。

こういう可愛いおさかなちゃんというか人魚姫もアミグリさんによってすてきに「絵」というお料理をされることで
天ぷらとして食べちゃうよりももっとすてきにアミグリさんによって調理をされた事になりますから、
アミグリさんは、素晴らしい絵師様であると同時にすてきな絵の調理師と言えるのかもしれないですね!!













続きましてアミグリさんが描かれた「東方輝針城」キャラの中で、3面ボスとして登場する今泉影狼 です!
この今泉影狼 はアミグリさんが2013年8月に描かれた作品です。

今泉影狼 の元ネタは獣耳がかわいいから狐さんなのかな・・?とも感じる方もいらっしゃるのかとは思うのですけど、
その正体は外界では絶滅したとされるニホンオオカミです!
今泉影狼 は分類的には妖怪というのではなくて、藍・橙・マミゾウ・うどんげちゃん・てゐといった妖獣という立ち位置なのかも
しれないです。

赤蛮奇の正体はろくろ首で、人里内に住みながら自らの正体がばれるのを恐れて人里でも目立たぬように
ひっそりと暮らしていた赤蛮奇と同様に 、今泉影狼は月の夜は毛深くなるのを気にしており、肌を覆い隠してひっそりと
暮らしていたというのが基本設定です。
狼なのですけど、落ち着いた性格の持ち主であり、狼に変身した状態であっても冷静さを失うようはことは皆無です。

だけどわかさぎ姫や赤蛮奇同様に打ち出の小槌の魔力に影響され竹林で暴れてしまい、
霊夢たちによって退治をされてしまいます。

うーーむ、東方輝針城のポスの皆様は全体的に知的でおとなしいキャラが多いと言うのに、こうしたキャラ達を
魔力によって大暴れさせてしまう原因をつくった正邪はやはり迷惑黒幕なのかもしれないですね・・

今泉影狼というと長いストレートの黒髪・けものフレンズを彷彿とさせる獣耳が生えており、手の長く鋭く赤い爪が
大変印象的なキャラでもあると思います。
普段はドレスを身に纏っている事が多いのですけど、これはおしゃれとかそういう事を意図したのではなくて
毛深い体質を隠しているというのも女の子らしい発想なのかもしれないですし、
「満月は毛深くなるから出てきたくなかった」とか「抜け毛の処理が面倒」等の発言も
狼なんだけど毛深い体質はちょっと恥ずかしい・・というのもなんだか幻想郷のキャラらしい話なのかもしれないですね。

アミグリさんの描かれた今泉影狼は、とても聡明な雰囲気が漂っていると思います。

狼女というよりは賢そうなすてきな女の子という印象を感じたりもします。

そしてなによりもこの狼の耳という獣耳がとてもよくお似合いだと思います!

狼女だけど人に恐怖を与える印象ではなくて、聡明て知的な美人さんという雰囲気がすてきに伝わってきていると
思いますし、アミグリさんが大好きと言う「長髪」がとてもよくお似合いだと思います。
そしてこのピンっ!と立った獣耳には魅かれるものが多々あります!
そしてかわいいけど、手には長い赤い爪は「狼」としての表現もきちんと描かれているのはさすがだと思います!

長い爪というとミスティア・ローレライもそうでしたけど、ミスチーの場合は武器としての爪という雰囲気も
ありそうなのですけど、今泉影狼の場合は、知的でクールですので誰かと喧嘩をしたりバトルをするための爪ではなくて
おしゃれ感覚としての長い爪という印象もありそうです!

上記のわかさぎ姫と今泉影狼のイラストは、その権利は全てアミグリさんに帰するものであり、
当ブログでの転載はアミグリさんからのご厚意とご了解の下転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

来週土日の当ブログは、トップ記事共に東方キャラ語りとさせて頂いております。
その記事にはアミグリさんが描かれたイラストとしては当ブログ初転載の作品も含まれていますので、
大注目して見て頂けるととても嬉しいです!
今度の土日も当ブログで皆様のお越しをお待ち申し上げます!
その前に、明日は5月13日と言う事で別にこいしちゃんとは何の関係もない日時ではあるのですけど、
当ブログにおいてはなぜか・・?
一日早い「5月14日はこいしちゃんの日!」の前倒し記事を掲載させて頂きますので、こちらの方も是非ご覧頂ければ
幸いです!

それでは最後まで本記事を読んで頂きありがとうございました!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

打ち出の小槌、乱用してはならなかったのですね。まあ、何でも使えて回数制限のないものなんて、この世には存在しないでしょう。その力が強ければ強いほど限定されねばなりませんね。日本国憲法にも濫用せず~とありますものね^^アミグリさんの描かれた絵、人魚さんだけど上半身だけっていうのもおもしろいですね^^

魔法のアイテムは一度だけの使用に限られる・・?

八咫烏(全力稼働中) 様


お伽噺としての「打ち出の小槌」は一寸法師を大きくしてお姫様と結ばれ、めでたしめでたし・・という感じで
終わっていたと思いますけど、
東方の世界はその続編みたいな形で大変興味深く提示をしていたと思います。

そうした魔法のアイテムとうのは、使用制限が課せられ、アイテム一つに付一度程度の使用しか認められないという
事なのかもしれないですし、そうした魔法のアイテムを使用したからには「代償」という犠牲がつきまとうという事を
示唆していて、要は「世の中にうまい話は無い」という事を提示しているようにも感じられますね。

わかさぎ姫は公式では全身の姿も描かれていますけど、あれはどうみてもお魚ちゃんですので、ゆゆ様・橙等の
餌食になりかねないですので、「わかさぎ姫のお伽話としてのファンタジー感」を出されたいための
アミグリさんのすてきな演出と言えるのかもしれないですね~!

アミグリさんのイラストは何度見てもキラキラ♪
キューティクルいっぱいの綺麗な髪だわぁ~
羨ましい限り♡

ありがとうございます!

napo 様


いつもアミグリさんの描かれたイラストをすてきにお褒め頂きありがとうございます!

モチーフは日本古来の妖怪さんなのですけど、こわいとかおどろおどろしく描き上げるのではなくて、
キラキラをまぶされながら、見ている私達にかわいらしさと美しさを十分に伝わるように描かれている点が
素晴らしいと思います。

ちなみにですけど、アミグリさんの髪についてのお好みは、「黒髪ロング」なそうです!

私欲のためだけに何も知らない者を騙して使い捨てる。創作的にはおいしい悪役と言えそうですけど普通に考えたらとんでもないゲス野郎ですね…なんてこんなこと思ったら正邪は喜んでしまうでしょうかw
狙い通りひっくり返した世界を次にどう動かすとか深く考えてなさそうなあたり小物臭くて可愛いのかも…。

今回もアミグリさんのイラストは美しいです!わかさぎ姫のおっとりさんな感じがすごく温かでいいですね。食べられキャラだけど食べるよりずっと眺めていたいそんな可愛すぎる一枚だと思います。

小物黒幕

schwert


天子ちゃんと正邪は「悪意」がそこにあるかないかだけの違いで結果的にやっている事は同じでしたけど、
天子ちゃんは決して小物ではなくて、ある程度の権威みたいなものも有していたから、ゆかりんは「これは危険」と
考え、お仕置きを食らわしたと言えるのかもしれないですけど、
正邪の場合はそこまでの大物感が皆無だから、ゆかりんもガン無視という感じだったのかもしれないですね~

アマノジャクみたいな子はリアルでもいたりするものですけど、可愛い女の子なら全然OKですけど、おっさんだったら
これははた迷惑以外の何者でも無いですね・・

アミグリさんの描かれたイラストをお褒め頂きありがとうございます!
このおっとりとした雰囲気がかわいいですし、ゆゆ様から「食べちゃいたい~」と思わせるのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4218-03742091
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |