FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


私が中学生・高校生を過ごしていた1980年代中盤頃って、当時のJC・JKの皆様の制服って
私自身が東北の田舎に住んでいたというせいもあるかとは思うのですけど、女の子は大半がセーラー服だったようにも
感じられます。
今現在のJKの皆様のセーラー服って「かわいい~」とか「美少女の象徴」とか「なんだかコスプレみたい~」と
思わせる点も多々あるのかとは思うのですけど(汗・・)
当時の私の印象としては
「ただでさえ東北の田舎の女の子たちはさえない子が多いのに(汗・・)、学校指定のセーラー服を着用すると
余計にださくてあか抜けない印象が増すのかも~」と感じていたものでした・・(→失礼な話ですよね・・滝汗・・)

だけど私自身が都内近郊に上京してみると、そこで目にしたものとは当時の洗練されたかわいいJKの皆様たちでして、
しかも制服はセーラー服ではなくて大半がブレザー制服という印象があったものでした。
当時の私の感覚でいうと「JKさんたちの制服ってセーラー服かジャンパースカート系が多い」みたいな印象もありましたので、
当時はブレザー制服のJKんたちが「かわいいな~」と感じていたものでした・・(汗・・)
でも当然ながら中には昔ながらのセーラー服が制服の学校もたくさんあり、都内近郊のセーラー服のJKさんたちを
見ていると「えー、東北の田舎のさえないセーラー服JKさんとは全然雰囲気も着こなしも洗練さも違うじゃん!」と
感じていたものでした~! (汗・・)
ま・・1980年代後半以降は、そうした地域差みたいなものも急速に解消される傾向にありましたし、
田舎の学校でもブレザー制服の学校がだんだんと増えていき、同時に地方のセーラー服のJKの皆様たちの着こなし・洗練さは
年々確実に上昇していったような印象もあったりしたものでした・・

私が中学生の頃って、横浜銀蠅とかなめ猫とか3年B組金八先生のあの校内暴力シーンなどに象徴されるように、
素行があんまりよくない男の子はツッパリ、女の子はスケバンみたいな用語もありましたし、
特に女の子のスケバンさんはセーラー服のスカート丈を地面に引きずるほど長くするなど制服を改造することが流行
していたような時代でもありましたし、
今現在のJKさんのスカートは短め傾向ですけど、当時はどちらかというと長いスカートの方がステイタスみたいな雰囲気すら
あったと思います。
学校側は「服装の乱れは生活の乱れ」という標語を掲げ厳しい校則による服装チェックを実施したものの
全体的な効果は今一つであり、やむを得ずその対策として一部の学校では、
着崩すことが難しい制服として、セーラー服からタータンチェックのスカートのブレザースーツに変更し、
その効果としてチェックのスカートは丈を延ばすと格好悪いため改造する者が激減したというものがあったと思われます。

そうした事もあってか全国的にはJC・JKの皆様の制服はどつらかというとセーラー服からブレザーへと主流が
変っていったようにも感じられます。

だけど「セーラー服のJKの皆様」というのは私達男性にとっては、永遠の憧れかもしれないですし、
「清純さのシンボル」というのも多少はあるのかもしれないですね~(汗・・)

とにかく男の子というものはいくつになっても「「セーラー服のJKさん」を見るとドキッ・・となってしまう存在なのかも
しれないです・・(汗・・)

本記事では以前レビューさせて頂きましたセーラー服のJKさんフィギュアレビュー振り返りをさせて頂き、後半に
dream fantasy の管理人様のアミグリさんが
過去に描かれたすてきなセーラー服JKさんをラブライブ・オリジナル・オリジナル+東方という
三つの異なるジャンルから転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。









003_convert_20180120162210.jpg








まず最初に今年の2月にレビューさせて頂きました「Project575」から正岡小豆フィギュアです!

改めて言うのもなんですけど、やっぱり夏服の女子高生さんのフィギュアっていいものですよね~!

この正岡小豆フィギュアは普通の女子高生さんを素材にしたものですけど、この「普通っぽさ」というのが
逆にとても新鮮に感じられたりもしますね。
正統派・正攻法みたいな感じで「ストレートなかわいらしさ」がどど~んとダイレクトに伝わってきているような感じもありますね!
そして正岡小豆といういかにも普通のJKさんだからこそ、セーラー服本来のあの清楚な雰囲気をこうやって立体化しても
瑞々しく伝えている事が出来ているようにも思えますね!
艦娘たちのセーラー服もとても素晴らしいと思うのですけど、あれはあくてま艦装の一環としての装備なのであり、
どちらかというと「戦闘スタイル」という感じもあるのかとは思うのですけど、
正岡小豆の夏服セーラー服というのは、彼女たちJKの学校での普段着そのものでもありますので、
いかにもこの「普通~」という印象がそうした清楚な雰囲気を醸し出しているような感じもありますね~!

やっばりJKたちのセーラー服というのは絶対的正義なんだなぁ~!という事を再認識させられた正攻法なフィギュアなのだと
改めて感じたものでした!

こうした正統派の古典的なセーラー服なのですけど、黒タイツ・短いスカート・肩に下げるカバンあたりには
やはり今風の要素も感じられて、
古典的な5.7.5の俳句の世界とproject575という新しい言葉の遊びという新旧のすてきな融合というものを見事に
示唆しているようなフィギュアであると改めて感じたものでした!

普通らしい感覚と溌剌とした元気一杯の明るい雰囲気が立体化されたフィギュアにもとてもよく表現されていると
思います。
ちなみにですけど正岡小豆の仲間に小林抹茶というやはりとてもかわいいJKさんがいるのですけど、
小林抹茶の髪型は緑色という事もありなんだか雰囲気が少し東方の早苗さんっぽいです・・(笑)
早苗さんは今でこそ幻想郷の守矢神社の風祝という巫女さんを務めていますけど、つい最近まで外界で女子高生さんを
されていたのですけど、外界時代の早苗さんの制服についてはセーラー服説とブレザー制服説という二つの見解が
あり、この論争(?)については実はいまだに決着が付いていないと思われますけど、早苗さんのJK時代は理系という事を
考えると「ブレザー制服の上に白衣をまとっている」みたいなイメージもありそうですけど、セーラー服としての
早苗さんも見てみたい気持ちも当然ありますね~! (笑)

小林抹茶のセーラー服フィギュアも中古店をメインに探しているのですけど中々見当たらないですね・・・








010_convert_20180413165457.jpg






続きまして艦これの潮です!
(というか先日レビューさせて頂いたばかりですよね・・汗・・)

決して繊細な仕上がりではないフィギュアとも言えると思いますが、潮の内省的な雰囲気と外見上のすてきなギャップという
フィギュアのコンセプトも見事だと思いますし、
やはり何と言っても少女のようなあどけない表情こそが全てだとも言えそうなフィギュアだとも言えると思います。

少しおどおどした性格が表情にもよく表れていると思います。

豊かな胸とと可愛らしさに目が釘付けになるので、フィギュア自体に多少粗さがあったとして気にならないのかも
しれないですね・・(笑)

「少し…自分に自信が持てるようになると良いなって…思います」

いつもオドオドしている臆病娘の潮なのですけど、
そんな潮が勇気を振り絞って戦う姿に提督たちは心ときめくものがあると思いますし、提督たちは
潮のボディーをチラ見しながら「自分達も頑張ろう!」と思っているのかもしれないですね・・(笑)

とにかく「ごちそうさまでした~!」としかいいようがないすてきなフィギュアだと思います。








kurosawa-daiya-01_convert_20160825141739.png








さてさて・・ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。
今回はアミグリさんが描かれたセーラー服作品の中で、ラブライブとオリジナル、そしてオリジナルと東方の融合作品
というそれぞれジャンルが異なるセーラー服娘をご覧になって頂き、そのかわいらしさを皆様にも是非
楽しんで頂きたいと思います!

最初に登場するのは、アミグリさんが2016年8月に描かれた「ラブライブ!サンシャイン!!」の黒澤ダイヤです!

黒澤ダイヤは「ラブライブ! サンシャイン」の主役クラスの黒澤ルビィのお姉さまです!

完璧なお嬢様というオーラに溢れていると同時にダイヤのかわいらしさもきちんと表現されているすてきな作品だと
思います!

黒澤ダイヤというと、チャームポイントは口もとのホクロだと思うのですけど、
アミグリさんが描かれたダイヤのこの「ホクロ」が少しだけ大人っぽいというのか
どことなく色っぽいような雰囲気も感じさせてくれているのは、ダイヤのお姉さんキャラとしての立ち位置をイラストにも
しっかりと反映させてくれている他にならないと思います。

ダイヤの長髪もとてもすてきで、この流れるようなサラサラヘアもやはりお姉さんキャラらしい雰囲気を醸し出していると
思います。
そしてなによりも、半袖の夏服セーラー服がとてもよくお似合いだと思います!

それにしても「ラブライブ!」や「ラブライブ! サンシャイン!」は人気が衰えない作品だと思います。
埼玉でも現在東京MXにて「ラブライブ」の再放送を展開中ですけど、やはり何度見ても飽きることはないですね~!
最近の小さい女の子は、プリキュアよりもプリパラ・ラブライブの方を見る事の方が多いのかも・・というデータは
理屈の上ではなんかわかる気もしますね・・(汗)







rakurizi_convert_20120906113815.png







続きましてアミグリさんが2012年9月に描かれたオリジナルのセーラー服の女の子です!

セーラー服でおかっぱの髪型がちょっとレトロっぽくて逆に新鮮です!

妖夢がセーラー服を身に纏ったらこういう雰囲気になるのかもしれないですね・・(笑)
だけどもしもですけど妖夢がセーラー服コスプレをやってその隣にゆゆさまとゆかりんの二人の東方大物キャラがいたら、
妖夢はこのふたりの子供にしか見えないのかもしれないですね・・(汗・・)

アミグリさんが描かれるセーラー服娘というというまでもなく艦娘としての作品が大変印象的でもありますし、
正攻法の正統派のセーラー服艦娘というと吹雪・浜風・明石・島風・多摩ちゃんなどが大変印象的ですけど、
艦娘のセーラー服は水兵としての艦装みたいな側面もありますので、ここでは一旦除外させて頂きますけど、
こうした普通のセーラー服の女の子のオリジナル作品もこうした「普通らしさ」をとても自然体で描かれているのが
大変印象的でもあります。

少しきょとんとしたお顔もかわいいし、サードアイの管みたいなハートマークもすてきです!

そしてアミグリさんのお言葉によると、女の子の瞳にもひそかにハートが描かれているのもポイントとの事ですけど、
確かに・・!
改めてこのオリジナルの女の子をよく見てみると「なるほどね~! これはすてきなアィディア!」と感心させられるものが
多々あると思います!







tehehen_convert_20121125152750.png







続きましてアミグリさんが2012年11月に描かれた「らくがきー一応オリジナル(・ω・)」とタイトルが付けられた
オリジナル作品です!

この作品がdream fantasy にて掲載当時には
「色合いが天子ちゃんに似てしまったのは偶然ですっ
そして一度は泣き顔とか描いてみたかったのです><」と記されていましたけど、
確かに実はいっちば~ん!最初にこのオリジナルを拝見させて頂いた時は
「東方の天子ちゃんのセーラー服コスプレなのかな・・?」と感じたのですけど(汗・・)
頭にあの例のバーミヤンの(?)桃が乗った帽子を被っていませんので、天子ちゃんと確かに雰囲気は似ているのかもだけど
この作品はオリジナルというか東方作品を意識したすてきなオリジナル作品と言えるのだと思います。

そしてこの泣き顔のセーラー服の女の子のセーラー服ですけど、よく見てみると一番上の黒澤ダイヤのセーラー服と
色の雰囲気はよく似ているのですけども、
黒澤ダイヤの方は華やかさ・明るさを感じるのに対して、こちらのオリジナルの女の子はやはり泣いているせいもあってか
どちらかというと内省的な雰囲気を感じさせてくれていると思います。
そして、同じセーラー服に似たような色彩という共通点があるのにこんなにも見ている人に異なる印象を与えてくれるというのも
アミグリさんのすてきな表現力なのだと思います!

泣き顔の天子ちゃんっぽいセーラー服の女の子というと
「ゆかりんみたいなちょいとこわそうな(汗・・)レディから怒られちゃったから涙ぐんでいる」みたいな解釈もありそうですけど(汗)
ゆかりんは、決して理由なく人を泣かせるような事はしませんので、それはこの子にもなにかそれらしい原因が
あったのかもしれないですね・・

こうした泣き顔を見ると、以前アミグリさんが描かれた「泣き顔ルーミア」を思い出してしまいますね!
あのルーミアもとっても魅力的でした!!

上記の黒澤ダイヤ・オリジナルの女の子の2作品は、その権利は全て上記の作品の絵師様である
アミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

さてさて、今週土日の当ブログなのですけど、本記事においては「セーラー服の女の子」をメインにさせて頂きましたので、
それに呼応する形で、やはりセーラー服っぽい衣装を身に纏った艦娘と版権作品のフィギュアのレビュー記事を
させて頂きたいと思いますし、ここにも当然アミグリさんの描かれたイラストがたくさん出てきますので
今度の土日も是非当ブログをご覧になって頂けるととっても嬉しいです!

それでは最後まで記事を読んで頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

憧れと幻想

こんばんは。
セーラー服の女の子はカワイイと思いたいですよね。
それが2次元でも3次元でも。
高校のころ、先輩の知りあいの女子高のお姉さま方から可愛がられました。
そのせいか女の子に憧れと幻想を抱きすぎて、今に至っています。

そういえば、野口五郎さんが新・御三家で人気を博していた頃、セーラー服の女の子に怯えていたそうです。
う~ん、そういうもんスかねぇ。

私はブレザーよりも断然セーラー服派なんですよね~^^やっぱりぬくぬく先生も書かれているように清純といいますか、すごく清い感じがするんですよね。ブレザー派はださいとか言ったりしますけど、私はやはり断然セーラー服がいいな!と思います。艦これ、潮みたいなのもいいですね~^^

こんばんは。

最近は、アニメも漫画も、ブレザーが多いですが、
昔のアニメや漫画はセーラー服が多かったですよね。

その分、中学も、高校も、ブレザーの学校だったので、
かえってセーラー服の学校が羨ましかったですw

セーラー服のJKの皆様は絶対的正義・・!!

五航戦の愛鷹 様


セーラー服、特に夏服セーラー服のJKの皆様たちは間違いなく絶対的正義だと思いますね~!

見ているだけで「眩しいなぁ・・」とか「かわいいよねぇ・・」という気持ちになってしまうのは昔も今も
ほとんど変わりがないと思いますし、
そこにあるのは「若さと言うのは制服を着れる特権を有している事なのかも・・」と感じてしまいますね・・(汗)

セーラー服も素晴らしい!!

八咫烏(全力稼働中) 様


東北の田舎から初めて上京し、初めて吹奏楽コンクールの都大会予選会・高校の部で見た時の
品川女学院高校のあの純白の夏服セーラー服を見た時の衝撃は大きかったですね~! (汗)
「なんだ・・田舎のださいきこなしセーラー服お姉さまとは全然違って、すごい洗練されていてかわいくてきれいで
こういうのを美少女というのだなぁ・・」と音楽はそっちのけで感動したのを
よく覚えています・・(汗)

男の子というものは幾つになってもセーラー服のJKの皆様に心ときめくものがあるのかもしれないですね~!

艦これのおかげなのかも・・?

鳴らない携帯 様


私の世代とエリアでは、男の子は学ランで女の子はセーラー服かジャンスカという感じでしたので、
当時は「セーラー服=ださい、ブレザー=洗練されおしゃれ」という感じでもありましたけど、
徐々にセーラー服が少数派と化していく過程の中で
「セーラー服もかわいくて清楚な雰囲気がいいよね~」と思えるようにもなりました。

最近ではやはり艦これの影響も多分にありそうですね・・(笑)

せーラー服かブレザーが、どちらも世の健全な男子の心をとらえて離さない魅惑のアイテムですね。ただセーラー服に関してはリアルで目にする機会がなさ過ぎて「お上品な子が多そう」「濡れると透けるって本当…?」みたいな変な妄想が膨らんでましたw
私の周りにはセーラー服を採用してる学校が全くなくて「セーラー服は二次元だけのお楽しみ」みたいに感じていたのですけど最近では二次元界もブレザー派になりつつあるようですねぇ…。

アミグリさんの描かれたセーラー服少女はとても可愛いです!こうした可愛い女の子たちのイラストを見るとセーラー服が少数派になるのはもったいないよなぁとも感じます…

すてきなセーラー服娘

schwert 様


以前ですとあまりにもセーラー服の制服が街中に溢れかえっていて、どちらかというと
「セーラー服ってなんかださいよね・・その点、ブレザー制服は都会的洗練さがある」と感じていたものですけど、
ご指摘の通りセーラー服がどちらかというと少数派になってくると逆にセーラー服の普遍的絶対的価値を
認識させられてしまいますので、まったく・・リアル社会での男の子たちの妄想というのは
「いつになっても変わらないよね・・」としみじみ認識してしまいます・・(笑)

雨や汗でセーラー服の背中部分がうっすらと透けて見えるというのは、私のリアルの経験上ある意味本当だと
思います。
中学の頃の吹奏楽部の私の担当楽器は女の子しかパート内にいないクラリネットでしたけど、
夏場ですと汗で背中のブラジャーがうっすらと浮き立って見えていたのは、ある意味役得でもありました・・(汗・・)

アミグリさんが描かれたセーラー服娘をすてきにお褒め頂きありがとうございます!

アミグリさんのセーラー服娘はあのすてきな清楚な雰囲気が素晴らしいと思いますね~!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4216-01d99a64
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |