FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日の「ラーメン大好き 小泉さん 第12話」記事にて「名古屋めしは素晴らしい!」と書かせて頂き、
その中で台湾ラーメンについてレビューさせて頂きましたけど、
そのすてきな名古屋めしの一つの「天むす」について、あれは名古屋が発祥の地と思っていたら、
実は天むすの発祥の地は三重県津市であり、津名物でもあったのですね~!

「天むす」と言えば、「名古屋が発祥でしょ?」 と思われる方も多いと思いますし、
そりゃ、「えびふりゃ~」というくらい海老が大好きというイメージがタモリによって定着していると言えなくもありませんし、
天むすは名古屋めしは普通にガイドブックにも掲載されていますからね・・

いえいえ実は、天むすは名古屋が発祥の地ではなくて三重県津市がその発祥の地でもあったのです!

「天むす」とは言うまでもなく海老の天ぷらを具にしたおにぎりの事ですけど、
1950年代に三重県津市大門にある天ぷら定食店「千寿」の賄い料理として考案されたのが始まり立ったとの事で、
忙しくて昼食を作る暇もなかったご主人のために奥様がせめて夫には栄養のあるものをと、
車エビの天ぷらを切っておむすびの中に入れたところ、「とてもおいしい」と喜んでくれて
いろいろと苦労を重ね味付け法を工夫し、編み出した結果、あの「天むすの誕生」となったそうです。
当初はお得意様限定のいわゆる裏メニューだったそうですけど、あまりにも評判がよく、最終的に「天むす一本でいこう!」と
決断し、今現在も天むすを専門にされているとの事です。

こうしたそもそもの発祥の話を見てみると「えー、それだったらどうして三重県津市の名物が名古屋名物として
転化しちゃったのかな・・?」と思われる方も多いと思いますし、
タモリの初期の頃の「名古屋人はエブフリャー、うみゃーぎゃーといって食べる」というネタに感化されて(?)
エビフリャー大好きの名古屋人が津名物をパクッたのかな・・?とヘンな誤解をされがちなのかもしれないですけど、
実際は、津の千寿という元祖のお店から製法等を伝授された名古屋の元時計店店主夫妻が暖簾分けをして貰い、
これが結果的に全国的に広まってしまい、結果として本来の元祖・発祥のお店である津の千寿はあまり知られていなくても
名古屋めしの天むすは知っている~という感じになったのもなんだか面白いものがありそうですね~








繧€縺吝、ゥ_convert_20180415234950






最初にお断りしますが、名古屋の皆様は決してエビフライのことを「エビフリャー」とは言いません。
それ以前にエビフライが名古屋名物であることや名古屋めしの一つである事を否定している人もかなり多いとは
聞いています。

以前勤めていた会社に名古屋出身の人がいますし、私の高校時代の吹奏楽部仲間で今現在は愛知県在住のメンバーが
いますけど、皆さん言われますには
「名古屋人は断じてエビフライの事をエビフリャーとは言わないし、ましてやタモリが茶化したように
エビフリャー、うみゃーぎゃーとは絶対に言わない」との事です。
そして皆さんが言う事には、確かに元の生れが三河で高齢者の方だと語尾にみゃあとかだぎゃーというのは多いけど、
最近の若い子ではそうした方言を日常で使っている方がむしろ珍しいのではないのか・・?」との見解でした。

発端はタモリが名古屋弁の語尾である「みゃあ」を茶化し「ナゴヤ人はエビフリャーばっか食べとる」と言ったことから
えびふりゃあというあの言葉の響きと、「名古屋ではエビフライをよく食べるらしい」という勝手なイメージだけが全国的に広まり、
このネタに名古屋の飲食業界が乗じて名古屋名物として売り出し定着したというのが真相とも言えるそうです。
もともと愛知県人は海老が大好きとの事で、お祝いには海老料理は欠かせず、
海老せんなどの菓子も有名で、海老フライだけが特別ではないそうです。

それとやっぱりあのエビフリャ~の響きが「名古屋弁を茶化している」とお感じになっている人も相当多いと思われますし、
私の元同僚の名古屋出身の人も「その点はタモリに文句言ってやりたい」と言っていたのが
大変印象的です。
それとその彼が言うには鳥山明の「Dr.スランプ アラレちゃん」で登場してくる宇宙人なのになぜか名古屋弁を使用している
ニコチャン大王のイメージもあるんじゃないの・・?とも言っていました。

それにしても天むすってとても美味しいと思います!

というかやはりおにぎりの中にえびのてんぷらを入れてしまえ~!というあの発想は簡単なようでいて、案外と中々
思い浮かばない発想だとも思いますし、
エビのてんぷらとごはんってあんなにも相性はいいものだと感心もしますし、例えば塩分・調味料・タレの配分など
お店の方でないとわからない作る上での難しさもあると思いますし、こんなすてきな料理を思い浮かばれた事に
敬意を表したいと思います。
埼玉の人間からすると、「ま・・おいしければその発祥の地が津であっても名古屋であってもどっちでもいいんじゃないの・・?」
という感じでもありますし、タモリが茶化した事で逆に名古屋ネタがあそこまでブレイクし、結果的に現在の名古屋めしの
大人気にも繋がっているといえなくもないですので、その辺りは・・ま・・どうでもいいのかなぁとも思ったりもしますね・・

今でも三重県、特に津の方に言わせると
天むすを名古屋名物とすることは納得がいかないと言うのも確かに分からなくはないですね・・
発祥の地が津である上に、暖簾分けをしたお店が名古屋にあるとはいえ、名古屋だけに天むすがある訳では
ないですからね・・
三重県のなかで名古屋文化が全く感じられない名張などでも、この天むすだけは普通にメニューとして
扱われていることもありますので、天むすは名古屋名物であると同時にやはりすてきな三重名物の一つとも
言えるのかもしれないですね・・

そうそう・・天むすの付け合せには「きゃらぶき」が添えられているのも大きな特徴でもありますけど、あのきゃらぶきは
漬物みたいな役割というか箸休めみたいな意味がありそうですね~!
天むすととてもよく合っている付け合せだとも思えます。









CIMG1448_convert_20180415235130.jpg



CIMG1449_convert_20180415235213.jpg







天むすというのは言うならば「和のサンドイッチ」みたいな感じもありますよね~!

パンの代りにご飯で具を挟み、その具材と言うのも海老天という日本の料理そのものでもあるのですけど、
こういう食べ方もとてもすてきだと思いますし、
最近では、イオン・オリジン弁当・ヤオコー等の総菜コーナーでも普通に売られていて、別に名古屋・津に行かなくても
そうした名物を日常的に食べられるというのもありがたいものがあると思います。

最後に・・天むすの一つの応用なのかな・・?

うちの近くのスーパーでは結構以前より「やわらかひれかつの巻き寿司」というのも売られているのですけど、
感覚としては、お寿司の一つなんだけど、ちょっと意外な素材を挟む事でおいしさも更にUPと言う意味では
天むすに近いものがあるのかもしれないですね~(笑)

例によって・・(汗) 閉店間際では30%または半額の値引きシールが貼られている事が多々あり、そういう時に
ちょいとささやかなぜいたくを楽しむというのも、庶民のささやかなハッピーという感じなのかもしれないですね・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

天むすの話を聞いて、京友禅、加賀友禅の話を思い出しましたよ。あとは山形県酒田市だけで〇餅を食べている理由とか。物事が伝来するには、かならずその理由があるわけですね。また勉強になりました^^

そうだがや

ニコチャン大王、懐かしいですね。
頭にお尻があって、触覚に見せかけて、実は鼻だったり、
足の裏に耳があったりと、
鳥山ワールド満載のキャラですね。


自分が初めて天むすを食べたのが中学校の時でした。

親が、たまたま近所の弁当屋さんで見つけて買ってきました。

甘辛いタレでとてもおいしかった記憶があります。

そういえば大学のクラブの同期で、愛知出身(名古屋人ではなかったけど)が一人いましたが、
「みゃーみゃー」言うことは無かったですね。
もちろん、エビフリャーとも言わなかったと思います。

あと、名古屋のイメージはパチンコですかね(笑)

自分はパチンコはしなかったのですが、
同期、しょっちゅうパチンコに行っていて、
周りからパチプロと思われていたようです。

実際のところ、勝ったという話はほとんど聞きませんでしたが(笑)

へぇーそうなんや( ˙◊˙ )
三重の津市なんや~知らなかったぁ。
海老ふりゃーの入ったおにぎり
美味しいよね♪
棒カツの巻き寿司も美味しいね♪(๑´ڡ`๑)

知らなかったです。

へ~~

そうなんですね。

知りませんでした。

始めて見たときは大丈夫かな?と

思いましたが、美味しいですよね。

勉強になりました。

名古屋=ドラゴンズorグランパス

こんばんは。
名古屋めしで好きなものは、味噌カツですね。
博多は矢場とんが店舗を出しているのですけど、おいしいですよ。
九州人は赤味噌を口にしないから新鮮な衝撃を受けます。

ボクの名古屋といえばドラゴンズかグランパスかなぁ。
ドラゴンズは落合さんが大好きで、グランパスはストイコビッチの大ファンです。
ちなみに名古屋弁は「どえりゃー」じゃなく「でら」を言います。
最下位を表す「どべ」も名古屋弁が本家ですね。
ナゴヤドームで「燃えドラ」歌いたいなぁ。

元祖と暖簾分け

八咫烏(全力稼働中) 様


なるほど~! 確かに今回の話は京友禅、加賀友禅の話と被る点が多々ありますね!

元祖と暖簾分けをされた先ではよく「どちらが本当の本家なのか・・?」みたいな争いが起きるという話は耳にしますけど、
天むすはそうした事も今の所は無いようで、
名古屋も津もどちらもなかよく美味しい天むすを私たちに提供し続けて欲しいものですね~!

ニコチャン大王

某大学の卒業生 様


ニコチャン大王に反応して頂きありがとうございます~! (笑)

漫画とアニメの中でニコチャン大王が「自分の頭にパンツをかぶり、あかんぺえをしたら大変卑猥なものになってしまう」と言う
シーンは当時は大爆笑ものでした・・(汗)

天むすは時折コンビニでも商品化される事があり、価格はちょっと高めですけど、やはりあの甘辛いタレがおいしいな~と
思ってしまいますね!

名古屋とパチンコというと昭和の頃の野球ギャグ漫画の「頑張れ タブチくん」でも何度かネタにされていたのが
印象的です!

おにぎりとフライの相性は最高!

napo 様



えびの天ぷらにとんかつといった揚げ物をおにぎりの具材にするという発想はとても面白いものがありますけど、
味の相性としては見事なハーモニーがあるのだと思います。
そして天むすの場合はあの甘辛のタレが更におにきりの美味しさを引き立てていると感じられます。

美味しければ名古屋でも津でもどちらでもいいやーと思ってしまいますけど、何も名物も銘菓が無い埼玉県民としては
うらやましい話ではありますね・・(笑)

甘辛のタレがポイント

優子 様


名古屋でも津でも発祥の地はどちらでもいいのかな・・?と感じてしまいますし、
おいしければ別にどっちでもいいじゃん・・とも思ってしまいますね(笑)

天むすは一つのおにぎりとも言えるのですけど、揚げ物が具材である事の面白さとあの甘辛のタレとお米の相性は
最高である事をすてきに立証した食べ物と言えるのかもしれないですね~!

名古屋は名物がいっぱい!

五航戦の愛鷹 様


ラーメン大好き 小泉さんの中で、大阪から東京への帰り道で、名古屋めしにひきずられて思わず名古屋で
途中下車をしてしまった小泉さんの気持ちはよく分かるほど、
名古屋には魅力的でおいしい名物や食べ物が溢れていると私も思います!

味噌カツいいですよね~! 私も大好きです!

ドラゴンズは長期低迷中ですけど、かつてのあの個性派野武士集団のような際立つ個性を感じさせるチームに
なってくれればうれしいですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |