FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


幻想郷においての絶対的タブーというのか絶対的な不文律というものの一つが、
妖怪は過度に人間たちに危害を加えてはいけないというものだと思いますし、そうした事がないように
幻想郷内を日々監視・パトロール・チェックをしているのがゆかりん・・というかゆかりんから命令を受けた藍だとも思えますし、
それを自主的にしているのがマミゾウ親分なのだと思われます。
そして幻想郷における「最大の罪」とは何かと言うと、ゆかりんの事をBBAという事ではなくて(汗・)
人間が妖怪化する事なのだと思われます。
ゆかりん=八雲紫様は幻想郷内で最も幻想郷を愛しているすてきな御方なのですけど、同時に幻想郷内のパワーバランスを
維持させるのに日夜隠れたご尽力をされている御方なのだと思います。
ゆかりんがどうしてあんなにも「東方儚月抄」で永琳に対して最大限の未来永劫のプレッシャーを与えるような事を
していたのかというと、そこにあるのは「幻想郷内のパワーバランスの維持」という事に尽きるのだと思いますし、
永琳・輝夜・うどんげちゃんという月からやってきたよそ者勢力に対しては、
「幻想郷内において医療行為・薬事行為等により過度に人間勢力に対する肩入れをしない事」を暗に求めているのは
やはりそこにあるのは人間達が過度に力をつけて幻想郷内の人間対妖怪勢力のパワーバランスが壊される事を
何よりも嫌がっていた事が挙げられるのだと思われます。

幻想郷では人間が妖怪化する事が一番の罪悪と言われているのですけど、それでは妖精が妖怪化する事は
はたしてありうるものなのでしょうか・・?
それ以前に妖精というある意味自然現象そのものが「妖怪」という恐ろしい存在に変容してしまうという事は、
認められるべき事象で特段罪には問われないものなのでしょうか・・?

そうした疑問に対する一つの答えを示唆しているものが「東方花映塚」において、閻魔様の四季映姫様(ヤマザナドゥ)が
妖精・チルノに対して発した警告・・
「貴方は妖精なのに強い力を持っています。貴方は自然の力で元に戻れない。
 ダメージを負うかも知れない。貴方が死ねば、きっと私達が貴方を裁く」というものなのかもしれないです。
映姫様の言われている事は意外と大きいものがあるのかもしれないです。
妖精と言うものは、自然現象そのものであり、
地獄の閻魔様=地獄の最高裁判長ですら、そうした「自然現象を裁く事」は自分達の仕事の対象外であるはずですし、
基本的には、いたずらばっかりしている妖精を閻魔様が裁く事はないはずなのです。
そして閻魔様のお裁きの対象は人間は当然の事として、それ以外にも「妖怪」たちもそのお裁きの対象から逃れられる事は
実は無いのです!
これ、よく言われる話なのですけど、幻想郷内では最強妖怪の名をほしいままにしているあのゆかりんですら、
唯一苦手にしているのが四季映姫様というのはある意味定説化しているのかもしれないですし、ゆかりん自身も
「あの御方(四季映姫の事)には所詮は敵わない」と言われているのは、ゆかりん自身、
「自分にだっていつの日にか天命が尽きる日がやってくるだろうし、そういう日迎えたとしてもおとなしく従おう・・」と
考えている事の裏付けなのかもしれないです。
そうした観点から、四季映姫様という閻魔様が妖精・チルノに対してそうした警告を発する事の意味というのは、
もちろん映姫様が調子こいてイタズラしまくっているチルノに対して大袈裟な事を言って少し懲らしめてやろう・・という意図も
多生はあるのかもしれないですけど、同時に妖精は見過ごすけど妖怪の罪は見過ごす事は出来ないという事で、
チルノをもしかしたら映姫様自身は、妖怪そのものまたは今はまだ妖精だけどいずれ妖怪になってしまう可能性が高い妖精と
認識をされている事を示唆しているのかもしれないです。
そうそう、あのゆかりんだって光の三妖精の一人のルナ・チャイルドに対して「あなたが一番妖怪に近い」と言っていましたし、
映姫様の言葉ではないですけど、妖精といえどもいずれ「妖怪」へと進化をする可能性はあるという事なのかも
しれないですね。
そして上記の問いに対しては、幻想郷内では人間が妖怪化する事は絶対的タブーであり絶対に許されないものであり、
霊夢の成敗・退治の真っ先の対象になるものだと思われます。
だけど妖精の妖怪化という事は常識が通用しない幻想郷においては意外とよくある話という事で終ってしまい、
黙認も認可もへったくれもなく妖精が妖怪化を果たしてしまったとしても「またか・・いつもの事ね・・」という程度の認識に
なっているのかもしれないですね。
だから現時点では可愛いかわいい妖精ちゃんのチルノ・大妖精・ルナチャイルドがいつ妖怪に変容したとしても不思議でも
なんでもないし、それが簡単に容認される世界が幻想郷という事なのかもしれないですね。

さてさて、上記で述べてきた事・・妖精が妖怪化する事について「それもありなのかも~」と真っ先に思い浮かぶのは
誰が何と言っても幻想郷内でも最強の妖怪の一人と以前から呼び声が高い風見幽香なのだと思います。

風見幽香は、幻想郷を一年中何処かしら花が咲いているところへと放浪している妖怪という事で、
「花を操る程度の能力」を有しています。
なんかこれだけ見ると、「花を愛している優しい妖怪さんじゃないの?」みたいに誤解をされてしまう方も
多いのではないのかなと思うのですけど、その実態は、
幻想郷内でも最強クラスの妖怪の一人で、「危険度は極高・人間友好度は最悪」という評価を阿求からも受けています。
その阿求からは同時に「人の精神を逆撫でするのが大好き」とまで評されています。
設定の上では、「弱いものいじめ」が大好きで、人間や妖精どころか幽霊や妖怪にまで
片っ端から虐めるのが日課との事なので、やっぱり幻想郷でも屈指のドSキャラと言えるのかもしれないですね・・

「東方花映塚」においても、幽香はあの地獄の閻魔様の四季映姫様に対してなんと・・・・!!
「誰が一番強いのか白黒はっきりつけてやる!」と喧嘩を売っていますし、
(チルノの「あたいったら最強ねっ!」の無鉄砲さとは明らかに違います・・幽香は怖いしめちゃくちゃ桁外れに強い・・)
四季映姫様からも
「そう、あなたは少し長く生きすぎた・・・・」とか
「貴方は少しおかしくなっているのかもしれない」とまで言われる始末でもあったりもします。

そんな幽香ですけど、実は元々は「妖精」だったのではないのかみたいな説も以前から根強くあり、どちらかというと
これが今では定説になりつつあるのかもしれないですね。
今現在のあの幽香のドSぶりとおっかなさを見てしまうと
「ほんとかな? いくらなんでもあの幽香が元は可愛いかわいい妖精ちゃんの訳はないでしょ・・・」と思う方が
大半なのではないかと感じます。
要は「花を操る」とか「花を愛している」とか「花が咲いているところをあちこち放浪している」という
キャラ設定が「花をこよなく愛する者に悪い人は本来はいないんじゃないの・・・?」みたいな想像が
そうした「幽香妖精説」の根底になっているのかなとも思われます。
前述のようにチルノやルナチャイルドが「実は既に妖怪化しているとか妖怪への道を辿っている・・」みたいな話も
そうした説を補強するものになっているのかなとも思われます。

「常識的な事が通用しないのが幻想郷」という世界観においては、
本来可愛いかわいい妖精ちゃんが、「妖怪」になるという話も決してありえないという事ではないかもしれないですよね。

風見幽香はもしかして・・? 妖怪化する前はチルノや大ちゃんたちと花が咲き誇る丘や広場にて他愛も無く無邪気に
遊んでいたのかもしれないですし、そうした過去の記憶が幽香はおっかない妖怪なんだけど
どことなく「やさしさ」みたいなものも秘めていると思われていそうな要素にもなっているのかもしれないですね~!









hapiyu-karin_convert_20130118192555.png








さてさて、ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」のすてきな管理人さんのアミグリさんのイラストのご紹介コーナーです!!
今回転載&ご紹介させて頂く二つの作品は言うまでもなくアミグリさんが描かれた風見幽香です!

上の風見幽香はアミグリさんが2013年1月に描かれた作品です。

この幽香は、眼光鋭いドSの妖怪としての幽香ではなくて、「花の妖精」のイメージに相応しい優しい幽香のイメージに
近いと思います。
もちろん妖怪みたいなちょっとトチ狂った幽香もすてきですけど、
「その真の正体は実は花の妖精・・?」みたいな説を示唆するようなアミグリさんが描かれる幽香もとても素晴らしいと思います!

この幽香のイラストを「dream fantasy」内で掲載された時のアミグリさんのコメントは、
「笑顔が似合うと思います!」
「夏っぽいさわやかな絵になったかなーと思います!」
でしたけど、確かにアミグリさんが描かれた幽香は、笑顔が可愛いさわやかな幽香だと思いますし、
「花の妖精」に相応しいとっても可愛いかわいい明るい幽香だと思います!

背景のひまわりもとっても爽やかで夏らしいと思います。
ちなみにですけどこのひまわりはアミグリさんがアナログで描かれたものです!

アミグリさんのブログの企画で夏場に何度か「夏らしい絵を描こう!」というとってもすてきな企画が展開される事もありましたけど
この幽香は、そうした「夏らしい絵」に相応しい一枚だと思います。









happi-!!yu-ka-2014_convert_20140118170013_convert_20140123105122.png









続きましてこちらの幽香は2014年1月に描かれた作品です。
2013年版の幽香も夏らしい爽やかな雰囲気のとっても可愛い幽香でしたけど、
そこから更に「笑顔」とか「夏の雰囲気」が進化されて描かれたのがこの2014年版の幽香だと思います!

そして幽香の髪に飾られている「ひまわり」がとっても可愛いですね!

2013年版に比べてお目目がぱっちりとしていて、髪のひまわりがより強調されて力強く表現されている点は
アミグリさんの一年間のすてきな進化なのではないのかなぁ・・とも思ったりもします。

アミグリさんが描かれる幽香は、幻想郷のすてきで可憐な夏娘だと思います。
春のリリー、夏の幽香、秋の秋姉妹、冬のレティさん・・この5名が「東方の素敵な四季娘」と言えるのかもしれないですね~!

上記の幽香のイラストは、アミグリさんのご厚意で転載のご了解を頂いているもので、
その権利は全てアミグリさんに帰するものですし、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!

今回は夏らしい風見幽香のイラストで皆様にお楽しみ頂けましたけど、実際の季節も既に5月も中旬を迎え、
間もなく本格的に暑い夏が到来しようとしています。
当ブログではそうした暑い夏も寒い冬もアミグリさんが描かれた作品はこれからもどんどん転載&ご紹介をまだまだ
続けていきたいと思っていますので、とうかこれからも何卒宜しくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりですo(^o^)o

突然の長期休・・出張から帰ってまいりました!
長い旅でした(^p^)

留守にしている間ブログをちょくちょくのぞいてくださり
ありがとうございますm(_ _)m
そちらは相も変わらずアミグリさんの応援し隊長をがんばっておられるようですな!
自分もまたゆっくりと再開していきますので
よろしくお願いいたします

おおぅ。アミグリさんの絵からだと、なんだか無邪気な幽香が見て取れますね~。昔東方強さランキングとか見て、すっごい上位にいたような幽香。人の精神を逆撫でするのが大好きってすごい性格ですね~。妖怪化、ですか。なんかかっこいい妖怪になれるなら大歓迎ですけどね~^^;

お久しぶりです!

みけねころんそう 様


ご無沙汰しています! 無事にお元気でいられる事に安堵しています。

これからも無理のない範囲で更新してくださいね・・

いえいえ・・そんな「アミグリさんの応援し隊長」なんておこがましいですよ・・(笑)

私はアミグリさんから「生きるチカラ」を頂いているようなものですし、アミグリさんから逆に応援を頂いているような
ものなのかもしれないですね。

幻想郷最強妖怪の一人

八咫烏(全力稼働中) 様


アミグリさんのイラストをお褒め頂きありがとうございます!


幽香はもちろん、ゆかりんの強さまでには及んでいないのかもしれないですけど、
他の妖怪なんぞ目でもないという感じの圧倒的な強さは間違いなくあると思います。
そして普段の雰囲気はいつも微笑んでいて温厚なんだけど、「強い妖怪ほど、能ある鷹は爪を隠す」という
感じなのかもしれないですね。

そうした強くてドS満開の幽香ですけど、「花を愛する」とか「花を求めてさまよい歩く」という事で、
「実は優しいキャラでは・・?」みたいな事も以前からよく言われていますけど、
そうした優しい幽香を見事に表現したのがアミグリさんの素晴らしいイラストなのだと思います!

アミグリさんの2013年、2014年の一年で
ちょっとキラキラが出てきてますね~
今のキラキラ、キラキラ感は
少しずつ成長されたんですね♪(´∇`)

アミグリさんの進化は止まらないのです!

napo 様


いつもアミグリさんの描かれた作品をすてきにお褒め頂きありがとうございます!

アミグリさんの最近の作風はご指摘の通り、別に最近突然始まった訳ではなくて、毎年毎年着実に進化と変化を重ねられての
作風なのだと思います。
「dream fantasy」をくまなくご覧頂けると分かるのですけど、2010~11年の初期作品の中にも
キラキラ感が発揮されている作品も既に見受けられていて、
少しずつ着実に変化をされていき、それが今現在の作風になっていると言えるのかもしれないです。

現在のアミグリさんの作風のキラキラ感が決定的に表現されたのが、今にして思うと2016年末のフランちゃんという作品
だったと言えるのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4205-c756405f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |