FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東方Projectに登場するキャラの皆様ってほとんど全てが濃厚なキャラの皆様であるのですけど、
その中でも特に紅魔館メンバーの皆様のあの濃すぎるキャラは本当に素晴らしいものがあると思います~!
紅魔館には、ご主人のあのわがままおぜうさまのレミリア様や完璧なるメイド長の咲夜さんがほぼ牛耳っているのだと
思うのですけど、紅魔館ファミリーには少しばかり謎めいた魔法使いもいたりもします。
その魔法使いこそがバチュリー・ノーレッジなのですけど、パチュリーさんもキャラ的に相当濃い御方だと思いますし、
キャラが立っているというのかとてつもなく個性的な魔法使いなのだと思います。

バチュリーさんが一体どうして・・? どんな縁があってあの恐怖と畏敬の吸血鬼のスカーレット姉妹が住んでいる
紅魔館の居候として棲みついているのかは正直謎だと思います。
居候を許可したのは、レミリア様のいつもの「気まぐれ」という事かもしれないですけど、
お互いに「パチェ」・「レミィ」とファーストネームみたいな感じで呼び合う仲という事を考えると、単なる気まぐれとも思えないし、
第一あの面倒くさがり屋で動く事が大嫌いなあの風変りのバチュリーさんがレミリア様や咲夜さんにゴマをすりまくって
今後の未来永劫の居候をお願いしまくるというのもありえない感じなのだと思いますし、
何よりも咲夜さんはパチュリーさんの事を「パチュリー様」と敬語で呼びかけ、パチュリーさんは咲夜さんの事を
呼び捨てですので、少なくともこの二人の関係性はパチュリーさんが上という感じも否定は出来ないと思います。
うーーむ、その辺りはいまだに謎ですね。

パチュリーさんは、別名「動かない大図書館」の名前の通り、基本的には日が当たらない地下の図書館に
こもりっきりでほぼ一日中読書に費やしています。
確かに「知識」は豊富なのかもしれないし、頭も相当いいと思われますし、かなりの「知恵者」という感じが強いのですが、
俗にいう「知識人の弱さ」とか「頭でっかち」とか「頭はいいのだけど、理屈ばかり達者で実践が出来ていない」を
まるで絵にしたような御方だとも思えます・・・(笑)
知識は豊富なのですけど、頭でっかちで、知識の源が本であり「経験」ではないので、
実践的でないというのか微妙にずれているのは否定できないのかな・・・?
紅魔館での本来の役割というか、レミリア様から求められている「紅魔館で問題が発生した場合の解決請負人」みたいな
役割を本来は請け負っているはずなのですけど、逆にトラブルメーカーになる事も結構ありましたね・・・(笑)
レミリア様からも時に咲夜さんからも
「役立たずの知識人」とか
「知識人はもう間に合っている、これ以上要らない」などと言われている始末ですからね・・・ (笑)

レミリア様としては、
「うちには完璧なメイドの咲夜がいるし、別にパチェにそうした厄介な問題に当たらせなくてもいいじゃん・・
備えあれば憂いなしという感じでそのうち何かの機会で多分ちっとは役立つんじゃないのかな・・・
それよりも今は、私の話し相手というか相談相手としてここにいて貰おう」みたいな意識があるのかもしれないですね。
そうじゃないと、あのわがままで気まぐれでとにかくおっかない吸血鬼のレミリア様が
ああいう陰気で全然行動的でないパチュリーさんを手許に置いておく訳はないと思ったりもします。

とにかく「紅魔館」は「謎」が多いお屋敷です。

レミリア様の考えとしては、
「万が一、私と咲夜に何かあった場合は、フランの事は頼んだわよ!」みたいな「隠された意図」があったりする故に
パチュリーさんの居候を許可し続けているのかもしれないですよね。
実際それが現実化した場面もかつてはありましたよね!
そう! 、「東方儚月抄」において、レミリア様と咲夜さんが月侵攻のためにロケットに乗り込み一か月近くに渡って
紅魔館を留守にしていた時期がありましたけど、
レミリア様の意図としては「本当はこの館を留守にするのはまずいし、万一あの宇宙人勢力=永琳一派に
攻撃されてしまうのはもっと面倒・・・
だけど、うちにはパチュリーを残しておくから、そんなに期待はしていないけど、
館の管理とかフランの世話なら何とかやってくれるのかも・・」みたいな「安心料」とか「万が一の際の保険」みたいな感覚で
パチュリーさんを居候として置き続けているのかもしれないですよね。

そしてもう一つ考えられるのは、
咲夜さんは確かに有能なんだけど、どちらかというと館内のボケ要員ですし、
レミリア様もわがままお嬢様でとにかく「無茶振り」ばかりする御方ですし、
紅魔館には、ブレーキ役というのかツッコミ役が不在でもあったりします。
パチュリーさんは確かに一見陰気で口数が少ないのかもしれないですけど、決して「暗い人」ではないのですよね!
理屈っぽいのだけど決して性格は暗くは無いし、意外と肝が据わっていたり、言いたい事ははっきりと言う御方でもあります。
だから、紅魔館のツッコミ役とかレミリア様&咲夜さんのとてつもない無茶振りに対する館内の貴重なブレーキ役も
兼ねているのかもしれないですね。
こうやって改めて考えてみると、確かに紅魔館の一切合切を仕切るのは咲夜さんなのですけど、
パチュリーさんはパチュリーさんで、パチュリーさんにしか出来ない役割も担っていると思いますし、
それがむしろレミリア様が実は意図している事なのかもしれないですね。
















CIMG1421_convert_20180410165625.jpg










上記でレミリア様の「隠された意図」みたいな事を記しましたけど、実際に東方公式作品の中でも
「紅魔館で何かあった場合でレミリア・咲夜不在の場合は、あなた・・パチュリーがちゃんと仕切りなさい!」みたいな事を
象徴しているシーンがあったのも大変印象的でした!

パチュリーさんって本当に面白い人ですよね!!
一見あんなに眠たそうでだるそうでかったるそうな魔法使いなのに、時々「なにこの人・・実はすごい・・!!」みたいに
思わせる意外性を有した御方でもあるのかなとも思います。

その一例が「東方儚月抄」のとあるシーンでした。

レミリア様・霊夢・魔理沙・咲夜さんたちを乗せたロケットが無事に月に向けて進行中の際に、
門番の美鈴を造作もなく捻り倒した永琳御一行が音も無くパチュリーさんの
腰かける椅子の背後に忍び寄った際の 永琳とパチュリーさんの息詰まるような会話は読んでいて痺れまくりでした!!
あのシーンは大変な迫力というのか、静かな攻防戦という雰囲気があったと思います!
「息詰まる」とはあのような雰囲気なのだと思います。
永琳も意外とワルなのかな・・? (ゆかりんも相当のワルだけど永琳もそれ以上のワルなのかもしれないですね・・)
パチュリーさんの背後に「弓矢」を突きたてて恫喝し、
「誰が今回の件の黒幕なのか白状しろ!!」みたいな感じで静かに迫っていたのは大変印象的でした!!
もしもパチュリーさんが無駄な抵抗を示してしまったら、そのまんま背後から弓矢でズブッ!!と
刺し殺す展開になっていたのかな・・・?
その位の見応えがあるシーンだったと思います。
このシーンで明らかになったのは、パチュリーさんの意外と肝が据わっていた事ですね!!
あのシーンは永琳も素晴らしかったけど、何一つ動じないパチュリーさんも素晴らしかったです!!
それでいて時に永琳に対して軽口を叩くパチュリーさんは、まさに怖いもの知らず!!
なんとなく「へたれ」とか「弱そう・・」みたいなイメージがありそうなパチュリーさんの存在感を見事に提示し、
度胸も据わっている事を私たちに見せつけていました!!
あの時の永琳の意図って何なのでしょう・・?
「真の黒幕が誰か!?」なんてのは、賢者の永琳には既にお見通しなはずだと思われますし、
それでもあえて危険を顧みず紅魔館に侵入した意図って何なのかな・・・?
判断に迷うけど「最終確認」という感じなのかな・・・・?
聡明な永琳は、当然自分達の行動をゆかりんが逐一監視している事は承知しているはずだと推察されますし、
あの一連の大胆な行動は、ゆかりんに対する「一つの警告」だったのかもしれないですよね・・・
小説版にて永琳はゆかりんから宴席に招待され、そこで提供された月界の「酒」をゆかりんから見せつけられる事で
逆にゆかりんから永琳に対する「逆警告」を見せつけたという事でもありますので、
幻想郷内の二大勢力の永琳とゆかりんのプライドとブライドがぶつかり合ったシーンとも言えるのだと思います!
そしてパチュリーさん自身も今回の一件の真の黒幕は実はゆかりんである事はとっくの昔にお見通しで、
それを「古くから幻想郷にいるあの困った妖怪」と評していたのも皮肉屋っぽい醒めた感じもあるパチュリーさんらしい言い回し
でしたし、パチュリーさん自身も
「どうせ月にたどり着いたとしても霊夢・レミリアたちが敗北するのは目に見えているから、たまにはレミリア自身も
痛い目に遭うのも悪くは無いのかも・・?」と考えていたのも大変印象的ではありました。

そしてあの場面において永琳はお供としてなぜか従者のうどんげちゃんではなくて、永琳にとってはある意味絶対的な君主とも
言えそうな輝夜を同行させているのは少しばかり判断に迷う感じはあったりもします。
輝夜をどうしてあんな危険な場面に同行させたのでしょうか・・?
危険な事はうどんげちゃんが被ればいいのにとも感じるのにあえてそうさせたという事は、永琳が輝夜に対して
「地上で生きていく覚悟」を改めて自覚させたという解釈も出来ると思いますし、
はたまたもっと単純な事で、普段は永遠亭にほぼこもりっきりで妹紅・慧音先生との(いつもの)決闘ごっこをする以外は
あまり外出しない輝夜に対して、「たまにはこんなスリルを味合うのもいいんじゃないの・・?」みたいなある意味永琳の
おふざけみたいなものなのかもしれないです。
そう言えば、あの紅魔館パーティーにおいて、漫画版のコマからは切れちゃっていて確認は出来ないのですけど、
あのシーンの左上にいたのはフランちゃんと輝夜ですよね・・??
フランちゃんと輝夜という幻想郷ではさとり様に次ぐ二大ひきこもりと言われているあの二人がパーティーに参加していた
というのももしかしたら大変貴重なものがあるのかもしれないですね~(笑)

それと、レミリア様・咲夜さんたちが月に長期滞在中の紅魔館って、もしかしたらご主人とメイド長がいないゆえに
不在中の館内はとてつもなくやりたい放題だったのかもしれないですね~!
美鈴は居眠りし放題で、パチュリーさんは読書し放題、妖精メイドたちは紅魔館内の掃除などは一切放棄し遊び呆け、
フランちゃんは広い館内を暴れ放題だったのかもしれないですし、
あの期間中はまさに「鬼の居ぬ間の洗濯状態」だったのかもしれないですね~(笑)
不在中の紅魔館の主人はもしかしたらパチュリーさんが紅魔館の主人カッコカリ~だったのかもしれないですし、
パチュリーさんも伸び伸びと過ごされていたのかもしれないですね・・(笑)
そして「やばい・・いよいよ戻ってくるタイミングなのかも~」という時に慌てて全員で後片付け&大掃除をしていたのかも
しれないですね・・・(笑)










haro+pachuri-n_convert_20131013170237.png









さてさて、ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」のすてきな管理人のアミグリさんが過去に描かれたイラストの転載&ご紹介コーナーです!
そして今回ご紹介させて頂く作品は言うまでもなく2作品ともパチュリーさんです!

まず上のとっても可愛いパチュリーさんは、アミグリさんが2013年10月に描かれた「とりっくおあとりーと★」の
とってもふわっとして可愛いパチュリーさんです!!
チルノとか光の三妖精みたいないたずら迷惑妖精がこうしたハロウィンでの
「いたずらするかお菓子をご馳走するか・・」と言ったとしたら、なんかとんでもないポンコツイタズラを色々と
しそうな雰囲気もあるのですけど、
パチュリーさんがこういうセリフを言ったとしても
「あ・・どうぞ、どうぞ・・・お好きなようにしてください!!」みたいに、言われた方もニッコリとしそうな雰囲気が
ありますよね!!
ま、パチュリーさんは魔法使いでもありますので、その気になればとてつもない魔法を色々と駆使して
素敵なイタズラを色々とお披露目してくれそうで、それを見るのも何か楽しいのかも・・・??

ふわっとした衣装がとっても素敵ですし、
背景のかぼちゃとかいかにも吸血鬼の館らしいコウモリがとっても見栄えがしますよね!
まさに「ハロウィン」に相応しいすてきな一枚だと思います。








pache-pache-000011_convert_20171106164222_convert_20180419232528.png








続きましてアミグリさんが昨年末・・2017年11月に描かれたパチュリーさんです!

多くのすてきな東方絵師様が描かれるパチュリーさんは、どちらかというと眠そうとかだるいといったイメージで描かれるか
またはいかにも恐怖の館の紅魔館に居候している魔女に似つかわしいような何を考えているのかよくわからない
悪魔のような魔女といったイメージで描かれる方が多いような気もしますけど、
アミグリさんの描かれるパチュリーさんは、今回転載させて頂いている3枚のバチュリーさんをご覧頂ければ
一目瞭然のように、かわいらしい少女とかふんわりと透明感が漂うやさしい雰囲気の魔法使いといったようなイメージが
伝わっているようにも感じられます。

上記の2017年11月に描かれたパチュリーさんはそうしたふんわりとした優しい透明感もすてきですし、
何よりもやわらかいタッチがパチュリーさんのふわっ・・とした雰囲気によく合っていると思います。
公式設定の「魔女」とは思えないようなふんわりとした優しそうな雰囲気のパチュリーさんだとも感じられますし、
ちょっと「きょとん・・」とした雰囲気も伝わってきていて色々と脳内妄想が沸き起こりそうです。
レミリアさまがまたまた無茶難題を言ってきて少しあきれている感じとか
魔理沙が地下の大図書館にコソ泥にやってきたのとばったり遭遇してしまったりとか、はたまた
魔理沙とパチュリーさんの関係を色々と脳内妄想して焼きもちを妬いた
アリスが乗り込んできて「なにそれ・・?」みたいなきょとん・・としたお顔の
パチュリーさんみたいな感じとか色々と想像できそうですね・・(笑)

ZUN帽も相変わらずよくお似合いだと思いますし、リボンが全体にとっても花を添えている様な感じもします。
このパチュリーさんは「魔女」ではなくて、なんとなくですけど
水中や空間を漂う「妖精さん」みたいな雰囲気もありそうだと思います!








sama-pache-dedsuyo!!_convert_20140724175502.png










続きましてアミグリさんが2014年7月に描かれたパチュリーさんです!

このパチュリーさんは色彩感に溢れとってもファンタスティックだと思いますし、とってもお美しいと思います!

紫色をベースにしながらも部分的に「水色」を入れているため「涼しげな印象」ももたらしていると思います。
掲載当時のアミグリさん自身によるコメントでは
「フリルも透けている感じで塗ってみたけどどうでしょうかー」とありますけど、
その透明感こそが「清涼感」に繋がっていると思いますし、やっぱり夏に相応しい「涼風」みたいに
爽やかな風が舞っているみたいな雰囲気が漂いますよね!!
印象としては、まさに「川辺に佇む美少女」という感じだと思います。

パチュリーさんは公式設定の上では、紅魔館地下に閉じ籠って一日中本を読み耽っていて
太陽とか日焼けとか真夏みたいなイメージは実はあんまりないのですけど、アミグリさんの手に掛かってしまうと、
こうした透明感・爽やかさ・清涼感が伝わってくる素敵な作品になってしまうのがとても素晴らしいと思います!

ちなみになのですけど、このパチュリーさんは私にとっても実は思い入れがある作品の一つでして、
アミグリさんは、お絵描きサイト pixivにもかなり以前からたくさんの作品を投稿されているのですが、
私自身がアミグリさんの作品でpixivにて初めてブックマークしたのがこの「パチュリーさん」でもあったのでした!

私自身もその後、pixivにて他の絵師様の作品も日常的に拝見させて頂いているのですけど、
改めて感じる事は、
他の絵師様の作品ももちろん素敵な作品が多くて心から共感・感嘆するばかりなのですけど、
「やっぱりアミグリさんの作品が一番だよねっ!」という感じになってしまい、私のpixivにおけるブックマーク作品は
実はいまだにアミグリさんの作品以外は一つも存在しておりません!!
私にとってアミグリさんの描かれる作品は、艦これの白露お姉ちゃんではないけど、
「東方も艦これもオリジナルもその他版権作品もアミグリさんが描かれた作品がいっちば~ん!」という事なのだと思います!

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんが描かれたパチュリーさんは、当然ながら
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  も
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんはです(^^)/
今回は東方、パチュリーの記事ですね。
パチュリーは個人的に紅魔館の参謀としてのイメージが強いです。司令官のレミリア、前衛の咲夜、美鈴、参謀のパチュリー、切り札のフラン。紅魔館はそこだけで家族が完成していますね(^^♪パチュは斜に構えて動かない描写が多いキャラクターですが、総じてここ一番で決める…そういった印象があります。

アミグリ様の描くパチュリーはふんわりとした優しい雰囲気ですね。アミグリ様の画風ともベストマッチで大変可愛らしいと思います(^^♪

パチュリーってああ見えて実は相当な歳だって、気いたことがあります。しかし、ずっと本を読んでいられるってのは、ある意味自分なりに充実した人生を生きているのかもしれませんが^^;しかし、弓矢で脅されてもびびらないなんて、肝っ玉が据わっているんですね。ああいうおとなしいタイプほど、ちょっとやそっとのことではびびらないのかもしれませんね^^;

やる時はやる・・のかも・・?

ごにぎり 様


パチュリーさんは紅魔館メンバーの中でも特に謎が多い御方でもありまして、どうやって一介の魔法使いが
恐怖と畏敬の吸血鬼に取り入って居候を許可されたのかは永遠の謎なのかもですね・・
普段は全然動かないしほぼ地下深く引きこもり状態だけど「やる時はやる」という感じの人という印象は
確かに強いかもですね~

二次創作では魔理沙とパチュリーさんの仲に焼きもちを妬くアリスというのがよくありますけど、なんか微笑ましいですね(笑)

アミグリさんの描かれたパチュリーさんをすてきにお褒め頂きありがとうございます!

昔の作品も最近の作品もアミグリさん独特のふわったとしたファンタジー的雰囲気がとても見事に表現されていると
思います!

肝っ玉パチュリーさん

八咫烏(全力稼働中) 様


パチュリーさんは謎の多い魔法使いでして、そのご年齢も全く不明ですね・・
一つ言える事は、500歳のレミリア様よりは年上で、鴉天狗の1000歳のあややよりは年下という感じなのかも
しれないですね。

儚月抄での永琳に対するプレッシャーにも全く動じないパチュリーさんはその肝っ玉の太さも素晴らしいと思いますが、
あれは単に「眠かっただけ・・」とか「目の前の本を早く読みたいから永琳が何言っても最初から興味がなかった」とか
色々と妄想は発生しそうですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |