FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の「ラーメン大好き 小泉さん」記事において、「トマト」は医者いらずの栄養の塊りのすてきな食べ物の一つと
記しましたけど、同様に医者いらずの食べ物として知られているのもりんごなのだと思います。
以前から書いている通り私自身は生まれ自体は青森県生まれでもありますので、こうした青森の名産品の一つの
りんごにはやはりどこかしか郷愁みたいなものも感じるのかもしれないですね~

温泉ホテル等の朝食バイキングではたくさんのおいしい食べ物が「これでもかっ!」と言わんばかりに出てきて
朝からハッピーな気持ちになれたりもするものですけど、
そうした中でもりんごジュースとかヨーグルトは別に特段珍しいものではないのだけど
「これがないと朝食バイキング」と言えないのかも~と感じさせる食べ物の一つなのかもしれないですし、
栄養価の面でもりんごとヨーグルトの組合せはある意味最強の組合せの一つとすら言えるのかもしれないですね。

さてさて、そうしたりんごとヨーグルトのすてきな組合せはかなり古い時期よりグリコの「朝食りんごヨーグルト」で
商品化されていますけど、私はこの朝食りんごヨーグルトは結構大好きで、我が家の冷蔵庫には常に結構な確率で
入っている食材の一つだと思います。
そして単品ではなくて三個か四個の連バックになっていものをついつい買ってしまいますね・・

そうした「朝食りんごヨーグルト」なのですけど、「嘘から出た誠」という訳ではないのでしょうけど、
2017年のエイプリルフールにてグリコがお茶目たっぷりに洒落っ気で「夜食りんごヨーグルト発売決定!」みたいな事を
HPで記したところ、これが意外と(?)反響を呼んだようでして
「これは面白いアイディア」
「なんでそうした事に今まで気が付かなかったんだろう・・」
「朝食りんごヨーグルトは別に朝だけではなくて考えてみると昼とか夜も普通に食べている・・」
「キリンの午後の紅茶は午後にならないとなんとなく飲みにくいけど、グリコの朝食りんごヨーグルトも朝でないと
気分的にちょいと食べにくいのかも・・」
「夜に食べるりんごヨーグルトという商品があっても別にいいんじゃないの・・?」
みたいな声も結構寄せられたみたいで、そうした声を受けてグリコが今年の4月に入ってあくまで期間限定・数量限定
ですけど「夜食りんごヨーグルト」の発売を開始していました!









螟憺」歙convert_20180407202044








「夜食りんごヨーグルト」は上記で書いた通り
2017年に江崎グリコが発表した「エイプリルフールネタ」 が元ネタで、当時、「朝食りんごヨーグルトを
朝以外に食べると罪悪感があるのかも・・」という一部のの声に応える形で「夜食りんごヨーグルト」を発売すると
発表されていました。
それを数量限定・期間限定という事なのですけど、1年越しで商品化したわけなのです!
文字通り「嘘から出た誠」みたいな商品として実現しちゃったといえるのかもしれないですね。

だけど別に通常版の朝食りんごヨーグルトと今回の限定発売の「夜食りんごヨーグルト」は別に味自体に
変化はなにもありません! (笑)
これは商品パッケージが変っただけでなくて、特殊塗料を使用する事で暗闇で光るパッケージとなっているのが
大変ユニークだと思います!









螟憺」溘j繧薙#_convert_20180407202107










そもそも「朝食りんごヨーグルト」は1997年の発売当時に「朝食の欠食率」が増加している背景を踏まえて発売されました。

グリコの調査結果としても、約4割の人が朝食時以外に「朝食りんごヨーグルト」を食べている、という結果
出ていたという事で、まずは2017年のエイプリルフールジョークネタとして発表し、
その反響をうけ、時間帯を問わず、日常生活の中で気持ちを切り替えたい時や気分を上げてスッキリしたい時に
ぴったりのフルーツヨーグルトとして、数量限定で「夜食りんごヨーグルト」「夜食みかんヨーグルト」を発売したというのが
今回の企画の趣旨だったようです。
グリコというというまでもなく関西の企業ですけど、関西のこうした洒落っ気というのかすてきないたずら心は
関東の企業も少しは見習う必要があるのかもしれないですね~(笑)
パッケージには暗闇で光る仕掛けが施されており、光をためた後に暗闇に置くと
「夜食りんごヨーグルト」「夜食みかんヨーグルト」のデザインが浮かび上がります。
この「夜食りんごヨーグルト」「夜食みかんヨーグルト」は、税別126円で220万個限定となります。
暗闇で光るので、夜に隠れてこっそり食べるのにも便利な一品と言えそうですね・・(笑)









縺・↑縺弱ヱ繧、_convert_20180407202018







朝食りんごヨーグルトと夜食りんごヨーグルトのコンセプトに少しばかり近いものがあるとすると
浜松の名物の「うなぎパイ」とブランデーを加えた「うなぎパイ V.S.O.P.」と言えるのかもしれないですね~(笑)
うなぎパイ自体はなぜかしりませんけど元々が「真夜中のお菓子」ともいわれているのですけど、
「うなぎパイ V.S.O.P.」の方は更にもっと「夜」とか「大人っぽさ」を意識させた商品のようでして、
高級ブランデーの芳潤な香りとナッツの王様マカダミアの風味を包み込み、浜名湖名産うなぎパイの頂点を極めた
最高級パイと言えるのかもしれないですね~!

朝食りんごヨーグルトと夜食りんごヨーグルトとの違いは商品パッケージだけではなくて、ちゃんと味にもすてきな差別化を
図れている点なのだと思います。

ちなみにですけど浜松のうなぎバイは全国的にも大人気銘菓でもありまして、とある調査によると
「また食べてみたい名産品のお菓子」として北海道の白い恋人、長崎の長崎カステラと並んでこの浜松のうなぎバイも
ベスト3にランクインをされていたそうです!
うーーむ、何も無いない・・何も名物も銘菓も無い埼玉県民としてはこうした全国的に有名で名高い名産品があるというのは
「とってもうらやましいなぁ・・」と思ったりもしますね~(笑)
私も何度もこの浜松のうなぎバイもうなぎパイ V.S.O.Pを食べたことがありますけど、何度食べてもおいしいな~と
感じますね~!!
ウナギのエキスをパイ生地に練りこんで焼き、最後に蒲焼のようにたれを塗って仕上げた春華堂の登録商標でも
あるのですけど、うなぎの味はほぼ皆無なかわりに濃厚なバターの風味とあの香りがとっても
すてきだと思います!

「浜松」と言うと、私的には「音楽の街」というイメージがあったりもします。
やっぱりそれは「ヤマハ浜松」の存在が大きいのかな・・?
元来、浜松市はオートバイや木工・繊維関連など、「モノづくりの街」として名を知られていますけど、
やっぱり最たるものは「楽器制作」ですよね!!
河合楽器製作所・ローランドなど、名だたるメーカーが浜松市に集結していますし、
国内でのピアノ生産量は第1位ですからね!!
そして吹奏楽コンクール的には、かつては浜松工業高校と浜松商業高校が全日本吹奏楽コンクールで何度も
素晴らしい名演を残してくれていたのも今でも大変鮮烈な印象を残してくれていると思います!

浜松は「世界最大規模の楽器の街」という印象が強いですね!

浜松は、吹奏楽コンクールの関係で「浜松アクトシティ―」に行ったことも何回かありますけど
音響的にも見た目にも素晴らしいホールでしたね!!
ついでに書くと、一度うちの奥様と温泉旅行に行った舘山寺温泉とか浜名湖とか本当に素晴らしかったですね・・・!!
死ぬまでにもう一度ぐらいは是非行ってみたい街の一つだと思います!
(舘山寺温泉近辺の観覧車とかフラワーパークも大変印象的でした!)

私の勝手なイメージがあるのかもしれませんけど、静岡県はとっても住みやすい街というイメージがあったりもします。
気候が温暖で住んでいる人達も温厚な人柄の方が多く食べ物も美味しいし、
同時に「おっとり」というすごくいいイメージがあったりもします。
あくまで個人的な話なのですけど、知人とか職場で知っている人で静岡出身の人ってみんななんか
温厚で温和で人間的に魅力がある人が多いみたいなイメージがあったりもします。
何でそんな印象を持っているかと言うと、
以前もこのブログで書いている通り、私自身は1990年~96年の間は山梨県の金融機関の支店に在籍していたもので、
その際の甲州人の「強引さ・よそ者排除意識・身内意識の強さ・甲州弁のガラの悪さ」等に
いささかうんさ゜りしていた面もかなりあり(あ、勿論、甲州には甲州の良さは一杯ありますよ! 汗・・)
当時、仕事上、隣接県という事で静岡の方と色々と接点を持つ機会も多く、
その「人柄の良さ・おっとり感」に正直驚いてしまい、
「なんで隣同士の県なのに、こうまでも違うんだ! やっぱり今でも県民性の違いってあるもんだ!!」と
しみじみと感じたものでした・・








 繧ォ繝弱Φ_convert_20150217115217







カテゴリ相違かもしれませんが(汗・・)
「スイートプリキュア」も実は「音楽」を物語の背景にしている要素もありまして、
主人公たちが住んでいる「加音町」(かのんちょう)は、「音楽の街」という事をキャッチフレーズにしています。

以前から思っていたのですけど、「スイートプリキュア」のモデルとなった舞台はどこかな??とふと考えてみたら。
「浜松市」を真っ先に思い浮かびました。

もちろんスイートプリキュアとか加音町というのはアニメでの架空のお話なのですけど、
スイートの舞台となっている加音町の雰囲気がどことなく浜松を彷彿とさせるものが
あったもので、何かそんな事を思わず感じてしまいました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

夜食りんごヨーグルト…まさかこんなヨーグルトが出ているとは恥ずかしながら知りませんでした。そして実際商品化もwしかもパッケージに拘るという。この発想はありませんでした(^^♪
うなぎパイも美味しいですよね(^^♪…いかん、また深夜の飯(お菓子)テロが!

プリキュアの町の元ネタ。考えた事がありませんでしたが、実は結構あるのかもしれませんね。町の風景は個人的にはSSですね。海や夕暮れがきれいなシーンが印象的でした。

一日一個のりんごで医者いらずってやつですね。しかし、嘘からでた誠のりんごヨーグルト夜バージョン。蛍光性能完璧ですね^^浜松市は昔、木材で加工していた職人さんが多いと聞きました。ちかくに森林が多かったのも影響していたみたいですね。今は、津波の影響を恐れて、工場が内陸へと移動しつつあるということで、少し勢力図がかわりそうな感じもしますが…。

味はいじらずパッケージだけ夜食仕様というのが遊び心があって面白いですね。誰もが「そこかよ!?」とツッコミを入れずにはいられないやつですね。
ただ「おとなのふりかけ」を子供の時に食べてきた身としてはこういう商品の「朝食~」とか「夜食~」とか「午後の~」とかには逆らいたくなりますw
きっと皆さんこういうのに限ってちゃんと朝食で食べてますね。

加音町と似た雰囲気の町とはなんだか楽しそうですね。プリキュアに登場する町にもやっぱりモデルがあるのでしょうか。ぴかりが丘が東京都練馬区にあるのは作中に情報が出てましたけど他にもいろいろありそうですよね。

夜食ヨーグルトのパッケージは面白いですよね。
実際には見た事ないですが、
暗い所で見てみたいです^ ^

うなぎパイV.S.O.Pというものが
あるのは知りませんでした。
美味しそうですね。
とても気になります^_^

SSの舞台は・・

ごにぎり 様


夜食りんごヨーグルトは多分ですけどほとんど出回っていないので、見つかる方が奇跡なのかもしれないですね~

そして数量限定販売ですので多分もう販売はしていないと思います。

艦これの季節限定グラフィックみたいなものなのかもしれないですね~(笑)

SSの舞台はとても美しかったですね! あれはよく言われますけど鎌倉の江ノ電の沿線がモデルになっているのは
まず間違いないと思いますし、海岸の風景はそっくりだと思います!

浜松

八咫烏(全力稼働中) 様


夜食りんごヨーグルトは一年越しで嘘から出た誠的に商品化が実現しちゃいましたけど、ああいう洒落っ気がわかる企業は
多分ですけど今後も生き残っていけそうな気もしますね・・

浜松は確かに音楽の街・楽器の街だとも思いますが、少子高齢化らより子供の数がとんどん減っていき、
学校や吹奏楽部の減少→楽器生産の減少というのは避けられない方向性というのは随分前から言われていますし、
ご指摘のような工場の海岸沿岸からの撤退というのもありそうですので、浜松というすてきな街もこれから
変化は起こりそうな予感もあるのかもしれないですね。

プリキュアの舞台

schwert 様



なるほど・・! おとなのふりかけもこれに近いものがあるのかもしれないですね~(笑)

夜食りんごヨーグルトは数量限定でしたので多分店頭にはほとんど流通していなかったと思いますけど、
あの夜行性塗料の発想はとても面白いと思います!
普通は夜とかおとなというとお酒入りみたいな発想を思い浮かべるのですけど、そういう安易な発想をしないのが
楽しい所だと思います!

プリキュアのモデル舞台として、SSの江ノ電沿線とか初代の大泉学園近辺というのもありましたし、
ほぼ確定しているのは姫プリのはるかの実家は埼玉県川越市という事ですけど、
フレッシュのクローバータウンは戸越銀座みたいな雰囲気もあるのかな~とも感じています・・(笑)

ブランデーの香り

kirakiya.rumari 様


夜食りんごヨーグルトは、夜とか大人からのイメージ→お酒を入れるという発想ではなくて
夜というイメージを夜光塗料で表現するというそのお茶目さがとてもかわいいなぁ・・と思ったりもしますね。

うなぎパイV.S.O.Pは、通常版に比べてブランデーの香りを取り入れていて、濃厚なバターの食感とほのかなブランデーの香りの
二つを同時に楽しむ事ができるというのも面白いものがあると思います!

遊び心…いいですよね♪
好きだわぁ♥(ˆ⌣ˆԅ)
真面目・マジメ・まじめもいいけど
遊びは必要♪

嘘から出た誠

napo 様


このグリコの「夜食りんごヨーグルト」は昨年のエイプリルフールでのグリコのHPにおいてガセネタ記事として登場したものが
思わぬ反響を呼んでついに一年後に商品化を実現したという事で
こうした「嘘から出た誠」的な遊び心の商品の発想はとてもすてきだと思いますし、
この柔軟な発想は今の日本にとっても必要な事なのかもしれないですね~!

そして味自体は朝食りんごと同じやねん・・というオチも関西らしいと思います! (笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |