兼田敏 / ウインドオーケストラのためのファイヴ・イメージズ → パッサカリアと違って抽象的過ぎてイメージが湧きにくい謎みたいにモヤモヤ感が漂う曲です。聴き方によってシェーンベルクみたいな雰囲気すら漂わせていると思います。

2 0
二日連続の兼田敏関連記事です!

兼田敏の吹奏楽作品と言うと、誰が何といっても「シンフォニックバンドのためのパッサカリア」でほぼ決定という
感じもあります。
兼田敏の作品で演奏される頻度と言うと吹奏楽コンクールでもコンサートでも圧倒的にパッサカリアなのだと感じますし、
他にもバラード・序曲・エレジー・交響的瞬間・交響曲などの優れた作品も多々あるのだとは思いますが、
やはり代表作と言うとパッサカリアという事になってしまうのだと思います。
兼田敏は吹奏楽コンクールの課題曲も幾つか作品を残していて、私の世代よりも一回り上の世代の皆様ですと
1967年の課題曲の「ディヴェルティメント」を思い出されるのかもしれないですし、
私の年代ですと1986年の課題曲B「嗚呼!」を思い出されるのだと思います。
(私自身は大学の吹奏楽団で嗚呼!を演奏しましたけど、あの課題曲はあの焦燥感と重たさが私にとってはちょっと嫌でして、
この課題曲を吹くのだったら、変容・序曲・テイクオフを演奏してみたかったです! 汗・・)
ちなみに私のようなオールド吹奏楽ファンで兼田敏というとパッサカリアと嗚呼!以外では、
日本民謡組曲「わらべ唄」~Ⅰ.あんたがたどこさ Ⅱ.子守歌 Ⅲ.山寺のお尚さん を思い出される方も
多いような気もします。

それにしても兼田敏の死はあまりにも早過ぎたと思います!
享年67歳だったと思いますが、まだまだこれからが円熟期という感じでしたし、これからも日本の吹奏楽の発展のためには
絶対に欠かすことは出来ない貴重な人材と誰しもが思っていた御方でしたので、その早過ぎる死には心より
お悔やみを申し上げたいと思いますし故人のご冥福を祈るばかりです。
盟友の保科洋が、現在、吹奏楽コンクールでは大人気となっている「復興」を作曲され保科洋自身が再ブレイクを
果たしているような感じでもありますので、「波の見える風景」の真島氏共々「惜しい方を亡くしたものだ・・」と
無念に感じるばかりです。

兼田敏の吹奏楽作品についてそのタイトルの表記なのですけど、
ある時は、「吹奏楽のための・・・・」、ある時は・・「シンフォニックバンドのための・・・」
そしてまたある時はウィンドオーケストラのための・・」と微妙に変化しています。
これは兼田敏の「吹奏楽」について年を重ねるごとになにか「意識の変化」みたいなものがあったという事なのでしょうか・・?

兼田敏の作品って全体的には例えばバラード・エレジー・交響的瞬間・嗚呼!に代表されるように大変内省的な印象が強く、
「心の風景」とか「その人の心の中の本音」を恥じらいを込めてひそやかにあぶりだしていくといった「奥ゆかしさ」みたいな
作風という印象が私の中であったりもします。
そうした意味において、パッサカリアは珍しくエネルギーを外に向けて思いっきり発散させているようにも感じられますし、
シンフォニックバンドのための序曲や交響的音頭や日本民謡組曲は「日本人でないとなかなかわからないわびさびの世界」を
表現しているように感じたりもしています。
そうした作風の中で「これって本当に兼田敏の作品なの・・?」と実は以前から一つ気になっている作品があったりもしまして、
兼田敏にしてはちょいと異質というか奇妙に感じてしまう作品が一つあり、それが何かと言うと
「ウインドオーケストラのためのファイヴ・イメージズ」という五楽章構成の8分くらいの曲なのです。

この曲って、パッサカリアみたいな分かりやすいエネルギーの放出+形式美といった雰囲気は微塵もありませんし、
「シンフォニックバンドのための序曲」みたいに「日本人で良かった・・・」みたいな「和のわびさびの世界」でもありませんし、
それまでの作風とは明らかに性質を異にしているし、今現在でも例えば静岡大の演奏や東京佼成の演奏を聴いても
何を言いたいのかさっぱり分からない言語不明瞭意味不明みたいな曲にしか聴こえてこないです。

5楽章構成の曲なのですけど、全体も8分程度の決して長くは無い曲ですので一つの楽章の演奏時間も極めて短いです。
Ⅰ・Ⅱがゆったりとした楽章、Ⅲが早い楽章、Ⅳがゆったり、Ⅴが早い楽章となってはいますけど
各楽章ごとの緊密性とか繋がりはほぼ皆無で、楽章ごとにバラバラな印象があります。
「心象」というのか「各自の心の風景」を描いた曲なのかもしれませんけど、
この曲で作曲者が私達に何を伝えたかったのかは、今でも私にはまるで理解できませんし、
この曲から「何かを感じ取れ・・」と無茶振りされても多分無理なような気がします。
こうやって書いてしまうと、いかにも私がこの曲が大嫌いなようにも聞こえてしまうのかもしれないですけど(汗・・)
確かにそれは否定はしませんけど、なにか妙に引っかかる曲でもあったりもします。
推理小説を読んでいて、ラスト1ページまで来ているのに何一つ謎が解明されず、
唐突に小説が閉じられるみたいな何とも言えない「すっきりしない感」が何かこの曲の持ち味なのかなとすら感じてしまいます。
曲自体別に激しく盛り上がる部分や泣かせる箇所は皆無ですし、聴かせどころも無いですし、ドラマも葛藤もありません。
あるのは「モヤモヤ感」のみと言っても過言ではないと思います。
だけど、この曲を聴いていると「別にストーリー性や劇的緊張感だけが音楽ではないじゃん」と思う時もありますし、
その妙なモヤモヤ感自体を楽しむというのがこの曲の一つの魅力と言えるのかもしれないですね。

ヘンな曲であるのは言うまでも無いのですし、兼田敏の曲としてはかなり異色な曲だとは思うのですけど、
もしかして兼田敏は「今までの路線」とは違う「何か」をこの曲でもって表現したかったのかもしれないですし、
路線変更みたいなものももしかしたら狙っていたのかもしれないと邪推してみたくもなってしまいそうです。
パッサカリアのような分かりやすさとは異なる何かを演出したかったのかな?とも思ったりもします。
この曲って何となくですけど 、あの無調音楽バリバリのシェーンベルクの「管弦楽のための五つの小品」と
どこかしら雰囲気と感覚が似ているような感じもあったりするように感じる事もあったりもします。
すこーーーしだけ似ているような感じもあったりします。
兼田敏とシェーンベルクやウェ―ベルン等の新ウィーン楽派との類似性を唱えている方も一部で既にいらっしゃるようですけど、
「さすがにそれは少しほめ過ぎだし、そこまではさすがに兼田敏も意識していないでしょ・・」と感じるのですけど、
確かにウェーベルンやシェーンベルクといったドライで無機質な音楽とモヤモヤ感と
この「ウインドオーケストラのためのファイブ・イメージズ」のモヤモヤ感はほんの少しだけ接点がありそうな感じも
実はあるようにも感じたりもします。

この曲は過去の吹奏楽コンクールでもほとんど演奏される事も無く、元々の委嘱団体である静岡大学吹奏楽団
による1988年の東海大会の演奏ぐらいにしかコンクールの演奏記録としての音源は残されていません。
静岡大学の演奏は、この捉えどころの無いモヤモヤ感をかなり適切に表現出来ているとは感じられるのですけど、
こういう曲を自由曲にされたら、奏者も困ってしまうのかもしれないですね・・(汗)

東京佼成ウインドオーケストラというプロの吹奏楽団からもこの曲はCD化されていますので、
あまりお勧めはしませんが、興味がある方は是非聴いて頂きたいと思います。
(多分、第一~第二楽章を聴いただけで退屈で嫌になってしまうと思いますけどね・・汗・・)

兼田敏についての記事なんて滅多に書く事も無いと思いますので(汗・・)少しばかり序曲と交響的音頭についても
少しばかり触れさせて頂きたいと思います。

「シンフォニックバンドのための序曲」の出だしはいかにも牧歌的な雰囲気で始まり、
オーボエのソロが実にパストラーレな雰囲気を醸し出していると思います。
昔のバンドジャーナルを見てみますと、
1970年代に前橋商業を指導し、邦人作品、特に小山清茂の作品を広めた大木隆明先生が
「私が取り上げたい邦人作品特集」の中で、真っ先にこの兼田敏の「シンフォニックバンドのための序曲」を挙げられていて、
「当部に上手なオーボエ奏者が入部してきたら今すぐにでも演奏してみたい曲」と相当高い評価をされていたのが
大変印象的です。
この序曲はゆったりとした出だしから開始され、展開部に入ると唐突にメロディーラインが変わり
音楽が躍動していったかのように感じたらすぐに静かな部分となり、終始静と動が静かに繰り返されるような感じでもあります。
こうした「ゆったりとした感覚」って何となくですけど日本人の心にドンピシャという感じがあり、
日本人にしかわからない感覚を覚えたりもします。
「郷愁」とは違うとは思いますけど、「心のふるさと」みたいにどこかなつかしい感じがすてきですし、
終わり方も実にあっさりと終わるのが実にこの曲らしい感じもあります。
盛り上がる部分もあまり無いし、確かに地味な曲なのですけど、こういう内省的な雰囲気はわびさびの世界にも
つながるようなものがあるのだと思います。

「シンフォニックバンドのための交響的音頭」はある意味異色な曲なのかもしれないです・・

交響的音頭は、人によっては「日本版ボレロ」と言われることもあります。

「ボレロ」はラヴェル作曲の大変メジャーな曲で、曲の開始から小太鼓が一定のリズムを最後まで叩き、
メロディーは終始変わらないものの、ロ楽器を変えることで曲に変化を付けて延々15分程度繰り返していくという曲です。
(ラスト3分前あたりから小太鼓がもう一台追加され計二台で叩き、
 ラスト1分前辺りでティンパニが変調した所でメロディーラインに初めて変化をつけるという構成も素晴らしいです!)

「交響的音頭」はボレロと同じように終始打楽器が一定のリズムを叩き、
(ボレロのように小太鼓だけというのではなくて、ティンパニ・小太鼓・大太鼓・シンバルという
 打楽器セクションとしてリズムを終始刻む事がボレロとの大きな相違点と言えると思います)
そのリズムに乗っかる形で、様々な管楽器の組合せが、同じような素朴なメロディーを延々と8分近くつないでいくという
ある意味単調でモノトーンのかたまりみたいな曲です。
この曲誰もが感じると思うのですけど 、一言で言うと、非常に泥臭い曲と言えると思います。
悪く言うと、「何の突っ込みもボケもなく、淡々と鄙びた旋律を打楽器の一定のリズムに乗っけた
何のオチもない曲」とも言えます。
この鄙びた感覚、素朴な村祭りの行列みたいな感覚は、西洋の感覚では理解しにくいものがあるかもしれません。
日本人だから「何となく理解できる・・・」みたいな感覚の曲と言えるのかもしれないです。

この「交響的音頭」は技術的にヘタなチームが何の工夫も無く気持ちを込めないで演奏されると、とてつもなく退屈で
冗長に聴こえるのですけど、うまいチームが演奏し「日本人のわびさびの感情」を込めて演奏されると
とてつもなくツボにはまってしまう曲と言えると思います。
泥臭い日本的な吹奏楽作品というと、例えば渡辺浦人の交響組曲「野人」とか小山清茂の太神楽など色々と
あるとは思うのですけど、この交響的音頭の泥臭さを超える邦人作品は
多分これから先も出てこないような予感もありますね・・ この曲自体に「洗練」のせの字もないというのも大変面白いですし、
この曲がパッサカリアの兼田敏と同じ作曲者というのもすてきな多様性と言えるのかもしれないですね~!


関連記事
ページトップ