FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


「シンフォニックファンファーレ」という吹奏楽コンクール課題曲のタイトルを聞いて1972年の課題曲を思い浮かばれた方は
相当な吹奏楽マニアで同時にオールド吹奏楽ファンなのだと思います。
シンフォニックファンファーレはマーチなんですけどドラが豪快に鳴り響く曲でもあったりして、あの豪快な雰囲気は
最近の吹奏楽コンクール課題曲では「ありえないのかも~」という感じの課題曲だとも思いますし、ここにも吹奏楽コンクールの
進化というものも窺えると思われます。

シンフォニックファンファーレというタイトルで似たような課題曲というと1985年の課題曲C/シンフォニックファンファーレとマーチ
なのだと思います。
この課題曲はある意味大変分かり易い課題曲でもありまして、タイトル通りの曲そのものだとも思いますし、
冒頭の金管セクションによるファンファーレとそれに続くマーチの二つの要素から構成されています。

最近当ブログでは、1985年の課題曲B/波の見える風景という歴史に残る素晴らしい名曲課題曲があったせいもありますし、
課題曲Dとして「ポップ・ステップ・マーチ」という大変分かり易くて技術的にそれ程大変では無い課題曲もあったせいも
あるのですけど、1985年の吹奏楽コンクールの課題曲C/シンフォニックファンファーレとマーチは
気の毒なほど人気が無い課題曲だったと思います。
曲の構成はファンファーレとマーチから構成されて大変分かり易い曲であるのは間違いないのですけど、
難易度が高い割には演奏効果が得にくいこの課題曲Cの不人気ぶりは作曲者の仲本政国氏には大変申し訳ないのですが、
「ちょっと仕方がないのかな・・」と思わせるものはありそうな気もします。

全国大会でも、この課題曲を選択するチームは少なく、
職場・高校・大学で各1チームのみ、中学では4チームが取り上げていましたけど 一般の部はゼロです。
しかもこの課題曲Cで金賞をゲットしたチームは一つもありません。
あの九州の名門、ブリジストン久留米ですら銀賞に留まっています。

この課題曲意外と難しいです!

冒頭の金管によるファンファーレが完璧に決まったチームは、ほとんど記憶にないと思います。
それほど高音域のファンファーレではないのですけど、この課題曲のスコアを見るとなんとなくわかるように
意外と不協和音が調性とメロディーを曲全体が支配していて、ファンファーレと言うと一般的には華麗・壮麗さ・洗練さという
イメージがあるものなのに対して、この課題曲のファンファーレ部分は華麗と言う感じではなくて曲の雰囲気に
少しばかり不協和音の要素が感じられるからあまり華やかな感じがしないという違和感が
この課題曲が敬遠気味だった理由なのかもしれないです。
そしてファンファーレ部分が終了しマーチの部分が展開されても 意外とリズムが決めにくいというか、
何か吹いていると妙にギクシャクしてしまう錯覚があったりもします。
全体的にあまり「行進曲」という感じはしませんし、歩きながら吹くマーチという感じはほとんどしません。
どちらかというと野外用というよりは屋内用のコンサートマーチと言えるのだと思います。
そう言えばこの年の課題曲D/ポップ・ステップ・マーチも意外とリズムがギクシャクしやすい雰囲気もあったりして、
この年の課題曲にマーチを選んだチームは意外とリズムをそろえる事は大変だったと言えるのかもしれないです。

「シンフォニックファンファーレとマーチ」は冒頭の少しばかり風変わりで不協和音要素がある所も珍しいのですけど、
マーチの展開部分に入っても、中間部にチューバの重々しいソロが入ったり、 打楽器の「トムトム」にソロ部分を与えたりと
曲の中に従来の課題曲ではほとんど見られなかった面白い要素が仕掛けられているのは大変面白いものが
あると思います。
マーチというと展開部はffの連続で一直線に終結部に向けて突進していくという感じもあるのですけど、この課題曲は
終結部の前に曲を一旦静粛な雰囲気にさせた上で、マーチの展開部としてソロ楽器自体を使用する事自体異例とも
言えるのですけど、その異例な展開の中で
吹奏楽コンクールの課題曲やオリジナル曲としては大変珍しい「チューバ」という縁の下の力持ち的楽器の「チューバ」に
光を当てているのは大変素晴らしいものがあると思いますし、
当時のチューバ奏者にとっては「大変だけどやりがいはありそう!」と意気に感じる課題曲だったようにも感じられます。
実際、吹奏楽コンクールの自由曲もそうですけど課題曲においてチューバにソロが登場する事自体極めて珍しく異例な
ものですので、当時のチューバ奏者の皆様にとっては
「そんな普段ボンボンボン・・とひたすらリズムを刻み全体の合奏の土台を支えている役割の自分たちがこんなソロなんて・・」と
思われたのかもしれないですけど、同時に「こんな機械は滅多にないし、是非チャレンジしたい!」と思わせる
ものがあったと思いますし、チューバ奏者にとっては腕の見せところと言えるのかもしれないですね。

確かに課題曲としては不向きかもしれませんけど、 コンサート用の曲としてはかなり面白いものがあると思います。
冒頭のファンファーレに対して、チューバのソロがファンファーレを変奏するような感じでもありますし、
最終的には再度冒頭のファンファーレが全楽器で再現され、華々しく閉じられます。
今改めて聴くと、「あ、意外と面白い曲だったんだな・・・」と思ったりもします。
マーチなのに、華麗な部分と静かな部分の対比の要素がある面白いものがある曲なのだと思います。

この「シンフォニックファンファーレとマーチ」には、「これが決定的名演!」という名演も少ないように思えるのですけど、
この中で素敵な名演が残されています。
中学の部でこの課題曲を取り上げた四国代表の雄新中学校の演奏が素晴らしい演奏だと思います。
演奏がキビキビしている上に、愛くるしいほどキュートな表情を見せてくれます。
冒頭の不協和音的ファンファーレのバランス感覚も申し分ないと思いますし、マーチとしての展開部も躍動感と若々しさに
溢れていたと思います。
チューバのソロはさすがに中学生では荷が重かったとも思えるくらい部分的にたどたどしい感じもありましたけど、
全体的には清らかさと華々しさが感じられました!
自由曲の「こうもり」序曲も素晴らしい演奏だったのですけど、 なぜかこの年は銀賞なんですよね・・・
(いまだに、1985年~87年の雄新の銀賞は納得いきませんね!
 あの3年間の演奏は全て金賞に相応しい演奏だったと私的には感じております!!)

埼玉県の職場一般の部を代表する名門チームというと「川越奏和吹奏楽団」の名前が挙がると思いますが、
この川越奏和が初めて県代表として関東大会に臨んだ際の自由曲は、あの「ダンス・フォラトゥーラ」でお馴染みの
クロード・スミスの 「祝典のための序曲」でしたし、
課題曲が「シンフォニックファンファーレとマーチ」だったのでした!
当時の編成は30名近くの小編成で、現在のプロみたいな雰囲気とはえらい違いの素朴でのびのびとした雰囲気を
漂わせていた演奏でした。 吹奏楽の名門チームの原点と言える演奏なのかもしれませんよね。
そしてあの「シンフォニックファンファーレとマーチ」の演奏は、とてつもなく正攻法のアプローチで曲の隅々まで
才気煥発みたいな雰囲気に溢れていました。
あの演奏はトラヤのカスタムテープで聴いたことがありましたけど、そのテープの存在が現在行方不明となっていて、
あの演奏をもう一度聴いてみたいなぁ・・と感じたりもしますね。

この「シンフォニックファンファーレとマーチ」の演奏として東京佼成の参考音源もありましたけど、あの演奏も
結構ワイルドであり野性味みたいな雰囲気もありまして、ああいう解釈も面白いものか
あると思っています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

シンフォニックファンファーレとマーチ、大学1年生の時の定期演奏会で演奏しました。
確かにマーチっぽさはどこにもないのですが、
自分の中では名曲中の名曲。

当時の現役部員メンバー編成が
フルート2
クラ3
サックス3
トランペット2
ボーン2
ホルン2
ユーフォ2
チューバ1
打楽器4
と、少数精鋭部隊ではあるが、小編成の部に出場となるとそこそこのバランス(笑)

定演の時期になると、どこからともなくOBがやって来るのですが、
どういうわけかOBの大半が金管軍団。

記憶の限り、その時の定演の編成(OB・トラ含む)が
フルート4
クラ4
サックス4~5
トランペット10~11
ボーン7~8
ホルン4
ユーフォ2
チューバ1
打楽器5と、
持ち替えで有名な京都の某高校並みのビックリ編成に(笑)

確かにファンファーレ部分は迫力満点だったのですが、木管の旋律部分があまりにも貧相に。

その翌年の夏に高校の同窓会で、
偶然、高校時代の恩師(当時吹奏楽部の顧問)にあった時、
たまたまその演奏会を聴きに来ていたらしく、
パンフレットに自分の名前があることに驚いていたとのこと。

それ以上に
「あの編成はブラバンというよりビッグバンド」と、手厳しいコメント。

その同窓会の2か月後に、だれも予想しなかった全国行き(笑)

いいですね、シンフォニックファンファーレとマーチ、大好きです。
社会人になってやりました。
結構いろんなことが盛り込まれていて、トムトムもそうチューバの旋律もそう、ホルンのパオーンもあり、終わり方も結構斬新です。
自分g一番好きなのはラストに向かって accel. +crec.してtuttiに向かうところかな。
1985年バンザイ!

行進曲の課題曲C

この「シンフォニックファンファーレとマーチ」がそうですが、課題曲Cと課題曲Dの2曲が行進曲の年だと、Dは比較的平易で取り組み安く課題曲に選曲される傾向が強かったのですが、Cは技術的難易度が高く音楽的にも難しい解釈だったりで、結果としてあまりコンクール等で演奏されなかったことが多かったですよね…。
具体策に曲名を挙げるとシンフォニックファンファーレとマーチはもちろん、「シンフォニック・マーチ」「カタロニアの栄光」「クロス・バイ・マーチ」あたりがそうでした。行進曲の課題曲がCとEの年でしたが「コンサート・マーチ´87」もそうだったかもしれませんね。
ただ、これらの曲をしっかりとしたアンサンブルでサウンドが厚く、よくまとめあげた演奏は見事なものでしたね。
コンクールで演奏されるのは1年だけですが、何らかの演奏会等で聴いてみたい曲たちです。

すごい編成・・!

某大学の卒業生 様


元の編成もOBの編成もとてつもないアンバランスさが逆に見事だと思います! (笑)

この金管に極端すぎるほど偏った編成でのサウンドというのも客席ではどのように聴こえるものなのか
興味津々的なものもあったりしそうです。

1985年の課題曲B/波の見える風景のような繊細な曲ですとこうした編成は圧倒的に不利だと思うのですけど、
「シンフォニックファンファーレとマーチ」のように原曲が金管優勢に書かれていると、
むしろ演奏効果としては極めて高いものがありそうな気もしますね。

少ないとはいえクラリネットが極めて優秀だから、ああやって二回目の全国大会出場を果たされたのだと思います!

シンフォニックファンファーレとマーチ

まったく 様


1985年の課題曲は「波の見える風景」という類稀にみる名曲と演奏しやすい「ポップ・ステップ・マーチ」が
ありましたので、煽りを受ける形になってしまった「シンフォニックファンファーレとマーチ」はちょっと気の毒な
演奏頻度になってしまいましたけど、あの素晴らしい内容は、演奏回数という事よりももっと大切なものを
後世の私達に残してくれているのだと思います。

そして生で聴いていてもあのチューバのソロには痺れるものがありましたし、ご指摘の通りラストに向かっての追い込みと
全体での強奏は素晴らしかったと思います!

85年の高校の部は、ほとんどの方は天理のセント・アンソニー・ヴァリエーションを推されると思いますが、
もちろん天理のあの歴史的超名演も私も大好きですけど、それ以上に習志野の波の見える風景と名電のプラハが
実に鮮烈な印象を私に残してくれていたと思います!

課題曲C

一秋田県民 様


ご指摘の通りだと私も思います!

シンフォニックマーチ・シンフォニックファンファーレとマーチ・コンサートマーチ87・スタウト・アンド・シンプル、
清くあれ、爽やかなれ、ロックンマーチは「2曲マーチの中でちょっと人気薄」の典型例だったと思います!

2曲マーチの年の中で、どちらも人気がないという珍しい年が79年で
(というかあの年はあまりにもフェリスタスの一人勝ち過ぎましたね・・)
どちらも人気があったのが90年なのかな・・とも思いました。

以前もどこかで書いたと思うのですけど、人気がない課題曲Cのマーチとして、私が強く推したいのは
スタウト・アンド・シンプルです!
あの曲の構成美は「シンブル イズ ベスト」そのものだとも思いますし、繰り返しの多さをしつこさと感じさせない
素晴らしいものがあったと思います。

過激なる舞曲

毎年のことなので慣れてます(笑)

トランペット・トロンボーンが20人近くもいたら、
かなりの音圧です。
同じステージに立つ奏者の立場としては、
後頭部に直撃(笑)

客席から聞いたことがないのであくまでも想像ですが、
持ち替えで有名な京都の某高校の「華麗なる舞曲」を荒々しくした感じでしょうか?

特にポップス・ジャズ系の曲を演奏するときは
トランペットの1st担当(3~4人)のうち
1~2人がサラッっと1オクターブ上げはお約束。
時にはエリック宮城並みに2オクターブ上げするOBも。
それもさわやかなドヤ顔で(笑)

当時のクラパートの合言葉が
「ラッパに負けるな」でした(笑)

そんな環境だったので、
クラパート、どこの学校よりも音だけはデカかった(らしい)

そういえば…

今思い出したのですが、
同じ年の定演で、
「波の見える風景」も演奏していました。

前半部分は物静かに(木管少ないから)、
そして後半部分はかなりの爆音だったと思います。

まぁ、色物バンドですから、なんでもアリです(笑)

定演では「卒業までに必ず一度はソロを吹かなければならない」という暗黙のルールがあり、
自分も2年生の時に早速ソロデビュー(ディズニーメドレーのディキシー部分)しました。
ろくに楽譜も読めなかったのに、無理やりご指名。
指使い丸覚えでスタンドプレイ&スポットライト付き。

でもよくよく考えてみれば、クラパート常時3人程度しかいなかったので、
毎回ソロみたいなものではあったのですが(笑)

それはよく分かりますねぇ~(笑)

某大学の卒業生 様


トランペット・トロンボーンが20人近くもいたら、
かなりの音圧です。

→ それはよくわかりますね(笑)
  
 私も高校の頃、たまにOBとの合同演奏をやった時には、男子高校ゆえに来校するOBは金管奏者が多く、
 金管の前方に位置する木管奏者に対する音圧のプレッシャーは相当なものがあったと思います・・(笑)

91年のパンチネルロもクラリネットの人数はたとえ少なくても、確かに豊かで清涼な音は、しっかりとCDにも
収録されていたと思いますよ!

波の見える風景

某大学の卒業生  様


波の見える風景は私自身も都大会・関東大会・全国大会等各地の演奏を色々と聴いたものですけど、
やはりご指摘の通り、前半は貧弱なサウンド、後半はやたらと豪快に鳴り響くという演奏が極めて多かったのは、
この曲は91年の課題曲B/コーラルブルーと同様に元々が鳴るように作られた曲だからと言えるのかも
しれないですね。

そうした意味では習志野高校のあの繊細でやさしい響きは超高校生級の素晴らしい名演だったと思います。

確かに・・

クラリネットパートが極端に少ないとどんな曲を拭いていてもソロ扱いみたいになってしまうのは
男子バンドあるある話の一つなのかもしれないですね~(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4187-f9a0a6c0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |