FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


この話は以前もちらっと書いた事がありますけど、うちの奥様の唯一の実妹は現在は埼玉ではなくて
熊本県に住んでいます。
うちの奥様は夢見がちでいつもほとんどがボケっ・・としているような御方であり(汗・・)
ある意味仙人さんみたいな雰囲気もあり浮世離れしたような人とも言えるのですけど、その妹は姉とは全く異なり
性格は現実的で堅実で、一言で言うとリアリティーの塊りでかなり年下の旦那と3人の子供の生活を支えるために
昼も夜も働きまくっている凄い御方でもあり、彼女を見る度に
「一体どんだけこの姉妹は顔も性格も考え方も似ていないんだぁ~!」と思わざるを得ないです・・

そして既に熊本に移り住んで今年で18年目を迎えているせいもあるのですけど、その言葉は元々の育ちの埼玉の言葉ではなく
(というか埼玉には元々方言らしきものはほぼ皆無ですし、埼玉県民のほとんどは標準語使用なのだと思います・・)
彼女もその旦那も3人の女の子のお子さんたち全員は、結構武骨で荒っぽい熊本弁を使用しています・・
というか熊本弁はまくしたてられると、正直何を言っているのかさっぱりわからんですね・・(汗・・)
一番上のお姉ちゃんも既に黒のセーラー服がよくお似合いのすてきなJKさんになっていますけど、そんなかわいいJKでも
「むしゃんよかよ」(→かっこいいね~)とか「あとぜきせんといかんよ」(→ちゃんと戸締りしてね・・)とか
「うまかばい・・」(→おいしいねぇ~)とか何とか言っているのを横で聞いていると
「埼玉のJKとはエライ違うね・・、やっぱ日本は広いのかも~」と感じずにはいられないですね~!

さてさてそんなうちの奥様の妹(実際には妹がいない私にとってはこの妹とか義妹という響きはすてきですね・・)も
時折ですけど「熊本ラーメン」を送ってくれる事もあったりします。
最初にこの熊本ラーメンを食べた時って、
「これって本当に九州のとんこつラーメン系なのかなぁ・・、博多や久留米と比べて豚骨のアクがそんなに強くないし、
強烈なとんこつ臭も少ないし、何よりも博多とんこつみたいに麺が極細とかバリカタではないじゃん・・」と
感じたものでした。
熊本ラーメンって全体的には豚骨系ラーメンなのですけど、福岡に比べると全然マイルドであり、むしろ関東人にとっては
食べやすいとんこつラーメンと言えるのかもしれないですし、麺が極細ではなくて中太というのも一つの特徴と
言えるのかもしれないです。
そしてこの熊本ラーメンを食べていると「このスープに浮いている黒い脂みたいなものって何なのかな・・?」といつも
感じていたものでした。
ちなみにその正体は馬油(マー油)というにんにくを揚げた油との事です。
熊本というとその素晴らしき特産品の一つが馬肉・馬刺しでもありますから、実は私自身も
「ラーメン大好き小泉さん」の大沢悠と同じように
「馬油と言うものは、馬肉から摂られた馬の脂なのかな・・?」と勘違いをしていた時期もありました・・(汗・・)

そうそう、この熊本ラーメンについては「ラーメン大好き小泉さん」の記念すべき第1話でも登場していましたねっ! (笑)

「ラーメン大好き小泉さん」第1話の中で大沢悠はついつい知ったかぶりのつもりで
上記で書いた「このスープに浮いてる黒っぽい奴」、つまり馬油の事を
「馬の油がとんこつスープにこんなに合うなんて知らなかったー!
まさに豚と馬の奇跡のコラボレーション!いや良いね!“うまあぶら”!」とあの小泉さんに対して喋ってしまい、
この時、小泉さんのラーメン愛に対してスイッチONの状態を発動させることになってしまいます。
後述しますけど、管理人の私自身も「馬油」の呼び方はマーゆと呼ぶこと自体は知ってはいましたけど
「ラーメン大好き 小泉さん」を視聴する瞬間までは馬油というのは大沢悠が勘違いしていたのと同様に
「マー油というのは馬肉の脂身なんだ・・」と誤解していましたので、
私も小泉さんから「チッ・・なんにも知らない奴・・」とあの冷たい視線で見られていたでしょうね・・(汗・・)

この「ラーメン大好き小泉さん」については後半で再度語らさせて頂き、その前にその熊本ラーメンの特徴の一つである
馬油(マー油)をふんだんに使用したサッポロ一番の「名店の味 桂花 熊本マー油豚骨 」というカップ麺について
レビューをさせて頂きたいと思います。




















冒頭でも書いた通り、義妹が熊本在住と言う事で時折お歳暮等で「熊本ラーメン」を頂戴しておりまして、
生麺としてこの熊本ラーメンを食べる機会は何度かあったのですけど、恒常的に熊本ラーメンを食べる事は
そりゃ出来ないです・・
だけどさすが日本のインスタント麺の進化は素晴らしいですよね~!
熊本ラーメンは袋麺もそうですしカップ麺でも既に商品化され、現在もスーパー等で探せば見つける事はできます。
先日レビューさせて頂きました富山ブラックや横浜家系ラーメンなどのように、現地に行かなくてもこうやってカップ麺で
そうしたご当地ラーメンを食べる事が出来るのは幸いですし、ありがたいことですよね!

先日「サッポロ一番 名店の味 桂花 熊本マー油豚骨」というカップ麺をスーパーにて発見しましたので、
馬油が入ったあの独特な熊本ラーメンを食べる事が出来ました!
本記事においては、この熊本では名店の一つとして知られている「柱花」でメニューとして提供されている熊本マー油豚骨
についてまずはレビューさせて頂きたいと思います。

このカップ麺は、創業昭和30年だという熊本ラーメンの老舗有名店「桂花(けいか)」の人気メニュー「桂花拉麺」を
再現したもので、まろやかな豚骨スープに香ばしいマー油を利かせた熊本マー油豚骨となっています。
まろやかで濃厚な豚骨スープに香ばしくコクのあるマー油を合わせたクセになる味わいのスープと言えると思います。
麺は張りとしっかりとした噛み応えがあるコシの強い中太のちぢれ麺で、スープの絡みが絶妙だと思います。
そして熊本ラーメンの特徴の一つのマー油という黒い液体がラーメンの表面をびっしりと覆っていて、
このマー油(揚げるあるいは炒めるなどして焦がしたニンニクとごま油で作った調味油)の香ばしさはかなり食欲を
そそります!
博多・久留米の本場のとんこつラーメンのような強烈な豚骨香がそれほどしないのも一つの魅力と思います。










008_convert_20180329155554.jpg









麺以外としてかやく、後入れ液体スープ、後入れ特製調味油が入っています。

麺は、強いコシを想像させる特徴的な中太ノンフライ麺となっています

そして麺自体に黒い粒のようなものが見えるのは、これはにんにく加工品というか焦がしガーリックの粒なのだと
思われます。
この時点で香ばしいにんにくの良い香りも漂ってきますね~
(にんにくと記しましたけど、食後の匂いの後始末の処理に困るほどのレヴェルではなくて、比較的あっさりとしています)

液体スープと調味油を食べる直前に注入したら、豚骨の旨味とマー油が一気に広がり香ばしい風味が漂ってきます!









009_convert_20180329155613.jpg








一口このスープを飲んだだけで「ああ、思いっきり美味しい!」と感じられるのは間違いないと思います!

濃厚な豚骨スープの上に、ニンニクを利かせた香ばしい黒っぽいマー油がたっぷりと浮いていて、焦がしガーリックの
食欲そそる風味がなんともたまらない仕上がりだと思います。
既に書いている通り、にんにくとか焦がしガーリック風味と記していますけど、それほど強烈なにんにく風味ではないですし、
食後に「あのにんにくの香りが残ってしまうのかも・・?」という心配はそれほど無いと言えるカップ麺だと思いますし、
昼間に食べたとしても食後の歯磨きさえちゃんとしていれば特ににんにくの香りを周囲の人たちに気づかれる心配も
ないのではないのかな・・?とも感じられます。

それにしてもマー油ってこんなにも香ばしい香りの演出を果たしてくれているのですね!
「ラーメン大好き小泉さん」の中で小泉さんが大沢悠から「うまあぶら」と呼ばれて内心でカチン!と来ていた理由が
よくわかる気がしてきました~(笑)
濃厚な豚骨スープではありますけど、すっきりとした飲み心地は最後まで飽きの来ない仕上がりとなっていると
思います。
しつこくないあっさりとした感じのとんこつラーメンと言えるのだと思いますけど、一口に「九州のとんこつラーメン」と言っても
こうやって色々と種類も味も風味も異なるものなのですね~!
熊本というとどことなく武骨というイメージもあり、
「とんこつラーメンも男っぽい味でないといけない」みたいな雰囲気もありそうですけど、実際は本場の久留米・博多と異なり、
あっさり&さっばりとしたお味になるものなのですね!
九州のとんこつラーメンと言うと極細麺というイメージもありましたけど、熊本とんこつラーメンは、麺自体が中太であるのですが
麺とスープが絶妙に絡んできて、とてもたべやすいですし、
あっという間にツルツル~ッと完食し、スープも最後まで飲み干してしまった・・という感じでもありました。

これは本当にとても美味しいカップ麺だと思いますし、下手な街の激マズラーメン店の600円近いラーメンを食べるのだったら
198円のこのカップ麺を食べた方がはるかに元が取れるような気がしますね!

それにしてもマー油は風味豊かですね!
マー油独特の風味が美味しくマッチし、まろやかなスープをクセになる味わいに仕上がっていると思います。
くどさは全くなくちょうど良い食べ応えを感じる仕上がりとなっているのがすてきですね!

このラーメンの味の決め手はやはり「マー油」に尽きると思います!
他のカップラーメンというか、とんこつ系カップラーメンに比べると風味が全然違うと思います!









6e5a63b9-s_convert_20180329155727.jpg





6cf35a60-s_convert_20180329155710.jpg








既に散々書いているのですけど(汗・・) 「ラーメン大好き 小泉さん」第一話の後半の学食でのランチの際に
この馬油も登場してきます!
というか、こうした普通の高校の学食にこんな「熊本ラーメン」というメニューがあるなんてすごいものですね・・!
小泉さんは美少女転校生なのですけど、どういう経緯で転校してきたとか前の学校はどんな感じだったのか等については
実はなんにも語られていません。
こうやって見てみると小泉さんって本当に謎の美少女転校生ですよね~(笑)
クラスメイトとも談笑する様子もほぼ皆無で無口で無愛想で、見方によっては「小泉さんは実はコミュ障なのか・・?」とも
感じてしまうのですけど、
アニメ本編の中でも描かれていた通り、例えば小泉さんが登山に行った際には山道ですれ違う人たちとは普通に挨拶
していましたし、ラーメン博覧会で女の子が迷子になっていた時には一緒に親を探していましたし、
小泉さんは決してコミュ障ではなくて、単に無愛想で自分が興味がある事=ラーメン以外眼中にないという感じなのでしょうね。
そして何よりもあんなミステリアスな美少女が実はラーメン食べまくり大好きというあのすてきなギャップが
このアニメの最大の見どころであるという点はこの第一話の時点で既に見事に提示していたと思います。


悠 : このスープに浮いてる黒っぽい奴のせいかな…
    あ!そっかアレか!ボードに書いてあった…“うまあぶら”!そうだよ!この“うまあぶら”が良い味出してるんだよ!
    馬の油がとんこつスープにこんなに合うなんて知らなかったー!
    まさに豚と馬の奇跡のコラボレーション!いや良いね!“うまあぶら”!

悠が得意になって誤った悠の感想を小泉さんにペラペラと喋っていた時に小泉さんの内心は実は既にブチ切れモードで
「こいつ・・何も知らないくせに何言ってやがる・・」みたいな心境になっていたのかもしれないですね・・(笑)

小泉さん : “まーゆ”
         “うまあぶら”ではなく“まーゆ”と呼びますこの場合
         ちなみに化粧品などに使用される馬の油とは違い、
         ラーメンの馬油はにんにくを焦がして香りを移した香味油のことです

うーーむ、実は最近まで「馬油」を悠同様に馬肉の脂と勘違いしていた私も小泉さんから冷たい視線を浴びせられるのは
間違いなさそうです・・
そしてついでに義妹からも「にーさん、そんな事も今まで知らなかったんだ~」と言われちゃいそうですね・・(汗)

そしてこの後、小泉さんのうんちくは延々と続く事になります・・

小泉さん : 関係あるとしたら鶏です。熊本系のスープはとんこつと鶏ガラのミックス
        馬油を使うことでルーツである久留米、玉名系よりコクがあるのが特徴です
        本場の馬油となるともっとにんにくの風味が強めですしチップ状にした揚げにんにくを入れるのが定番です

そうですね~、小泉さんは語りたかったのかもしれないですね~(笑)

そして一口にとんこつラーメンと言っても、久留米・玉名・熊本などなど色々とあるものなのですね!

本当にこの「ラーメン大好き 小泉さん」はラーメンネタ話としても大変意義があるものがあったと思いますね~!

そしてこのシーンのラストは言うまでもなくあのセリフで閉じられます!

悠 : あ!ねえ!私そのお店のラーメン食べてみたい!今度一緒に行かない!?

小泉さん : イヤです お断りします・・・

小泉さんのあのふはーやお断りしますのあのセリフにはこの1~3月の間は痺れっ放しでもありました~! (笑)








03c95eea-s_convert_20180329155650.jpg





6257edfb-s_convert_20180329155752.jpg







更に後日の話・・

悠 : こんなラーメン初めて!白いスープだからとんこつラーメンかな…
    あれ?でもこの前の熊本とんこつとは全然違う味だけど…

小泉さん : 当然です 
         このスープは鶏ガラベース。あなたは乳白色のスープ全てがとんこつベースだと思ってませんか?

悠 : えっ!違うの?正直そんなに詳しくない私からすると白いスープで濁ってるのはとんこつ、
    透明なのは塩、茶色いスープで濁ってるのが味噌で、透明なのは醤油…くらいしか意識してなかったよ

小泉さん : そんな認識で良く今まで生きて来れましたね驚きです

悠 : いや普通そんなもんだって!特に困ったことなかったし!

うーーむ、この辺りの会話は小泉さんらしいですね~! (笑)

小泉さんの手にかかってしまうと大沢悠の人生そのものがラーメンの認識一つだけで完全否定されるのも
いかにも小泉さんらしい話でもありました!

そして第一話の締めは当然ながら言うまでもなく・・

悠 : 今日も一緒に行こうよ小泉さん!

小泉さん : お断りします

悠 : やったー!朝一で小泉さんと話が出来たー!今日は良いことあるかも!

「ラーメン大好き 小泉さん」の魅力は小泉さんのヘンな美少女振りにありましたけど、大沢悠のこの何を言われても
めげない感じも大きな見どころの一つでもありましたね~! (笑)
大沢悠のあの「何を言われても肯定的にとらえてしまうとてつもなくポジティブな感じ」は私も見習う必要が
あるのかもしれないですね~!

小泉さんって意外とSっ気があり、大沢悠はほぼMっ気満々みたいな感じもあつたのかもしれないです。
この二人はなんだかんでいって案外どこかで気が合うのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

そうだったのか

こんにちは。

この回はボクも見てました。
しかし、小泉さんほど知っていたかといえばノーでした。
とんこつラーメンでも、ココまで奥が深いのかと逆に感心しました。

小泉さんのおかげでオフの外食はラーメンが定番に。
有名店・無名店だろうがハシゴしちゃいました。
孤独のグルメが、こんなに楽しいものとは!
もう彼女には感謝しかないですね。

桂花って新宿にお店だしていませんかね。一度、新宿のあたりで看板を見た気がします。すごく有名な店だったような。馬油。馬だとは思っていませんでしたが、しかし正体が何かまでは知りませんでした。そうだったんですね~。また一つ勉強になりました。ぬくぬく先生様からは、学ぶことばかりですね。ありがとうございます<(_ _)>

小泉さん、素晴らしい!!

五航戦の愛鷹 様


それにしても小泉さんのラーメンに対する知識と愛の深さは素晴らしかったですね~!

ああいう美少女金髪JKさんがラーメン二郎や天下一品等に普通に入店出来る事自体、すごい!と思いますけど、
美少女JKさんが一人でラーメン食べまくりという「孤独のグルメ」をやってくれたあのすてきなギャップに
第一話からノックアウトされたものでした~!

私じゃないですよ~(笑)

八咫烏(全力稼働中) 様



いえいえ、私にお礼を言われるのはお門違いでして、
感謝の気持ちは是非ぜひ「ラーメン大好き小泉さん」の素晴らしき制作スタッフとすてきな美少女金髪JKさんの小泉さんに
お伝えして欲しいです~! (笑)

柱花は、新宿に4店ありますし池袋にもあります!

そして店舗のスープとカップ麺のスープには遜色は無いと思いますし、日本の製麺会社のモノづくりの素晴らしさには
感服するばかりですね!

馬のあぶら

馬の皮下脂肪を原料とする動物性油脂のことである。ウィキにはこうありました。だから馬のアブラで間違ってはいないと思います。

Re: 馬のあぶら

senri32 様



> 馬の皮下脂肪を原料とする動物性油脂のことである。

→ それは化粧品等で使用される馬油の事で、今回の熊本ラーメンの馬油(マー油)とは違うものですので
 一応フォローを入れさせて頂きます・・

私、「ばーゆ」だと思ってたぁ~
そして、馬油は塗り薬だと。

食べれるんだぁ〜って思ったけど
そりゃ馬だもんね〜当たり前か(笑)
豚骨に入れると美味しいんだぁ…
今度、食べてみよ♪

にんにく系ですからね・・(笑)

napo 様


あの黒い液体こそがマー油であり、その正体はにんにくを揚げたものという事で、実は「馬」には全く関係がないというのが、
面白いものがありそうですね~!
熊本ラーメンには必ずあの黒い香ばしい液体がスーブに入っていて、とにかくあの香りをかぐたけで食欲UP!というのは
間違いないと思いますよ~!

同じとんこつラーメンでも、博多も久留米もすてきな味だけど熊本も忘れてはいけないという事なのだと思いますね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |