FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


実は結構久しぶりの東方カテゴリ記事なのかもしれないですね・・(汗・・)

というのも当ブログの3月は管理人の私が言うのもなんですけど、とにかく怒涛の東方記事ラッシュという感じでも
ありましたので、少しばかり「東方は少し満腹状態なのかも・・!?」という状態に一時なってしまい少しばかり
ご無沙汰させて頂いておりましたし、最近の当ブログはなんだかしらないけど
「ここのブログはいつからラーメンブログになってしまったのか・・?」とお感じになる方もいらっしゃるのではないかと
思うぐらいとにかく「ラーメン大好き 小泉さん」の事ばかり書きまくっていましたので、
当ブログの大切な根幹カテゴリの東方が少しばかり手薄になっていまい、こんな事しているとゆかりん=八雲紫様の
お怒りを買ってスキマ送りの刑に処せられそうな雰囲気でもありましたので、4/13~15の三日間は
東方キャラの中でも私が最も愛してやまないゆかりん=八雲紫様とそれに関連してゆゆ様・妖夢について少しばかり
語らさせて頂きたいと思います。

4/14は主にゆかりんについて、4/15はゆゆ様について記事をUPさせて頂く予定ですけど、
この二日間の記事の予習を兼ねて、本記事においては「東方儚月抄」のゆかりん=八雲紫様の真意や意図について
少しばかり振り返りをさせて頂きたいと思います。
今回は「東方儚月抄」にのみ的を絞り、八雲紫様の「真意」について少しばかり考えてみたいと思います。

「東方儚月抄」は、表面的な内容は、第一次月面戦争時に月の民に完膚なきまでに叩きのめされて敗北を蒙った
ゆかりんが月の民に対するリベンジと綿月姉妹に対して一矢を報いるために、吸血鬼のレミリア様たちを焚き付けて
月への侵略を試み、ここに第二次月面戦争を引き起こしたという事でもあるのですけど、
この物語に絡む各勢力の思惑が複雑に錯綜したというお話でもあると思われます。
「東方儚月抄」は見る人の評価次第では
「そんなまどろっこしい二重囮作戦なんてしなくても最初からゆゆ様一人だけを月界に派遣し、
ゆゆ様特有のあのステルス特性と穢れ無き体質をフルに活用させて、スキを見て綿月姉妹のお屋敷から何かお宝を
盗ませても、結果としては同じじゃないの・・?
別に霊夢たちをロケットに乗せてまで月に行かせる必要もないじゃん・・」みたいに言われる方もかなり多いとは思います。
だけどこの物語におけるゆかりん=八雲紫様の最大の目的は、
第一次月面戦争のリベンジとか綿月姉妹に一泡吹かせるとか月世界のお宝を盗み出す事ではないのです。
そんな単純な復讐物語ではないのです!
そしてゆかりんのターゲットは唯一人、永琳だけなのです!
その永琳に対して「未来永劫の不安感を与え続ける事」としてゆかりんが意図した事とは、
霊夢たち幻想郷の主要メンバーという第一の矢を放ち、ゆかりん自身と藍という第二の矢を放ち、
さすがに「もうこれ以上の持ち駒・策は無いだろう・・」と月の民=綿月姉妹に思わせておいて、
誰かにひっそりとこっそりと月世界の何か「お宝」を盗ませることで
(その盗み出しの犯人は、言うまでもなくゆかりんの盟友のゆゆ様です!)
永琳に対して「私が想定した第一の矢と第二の矢を超越する第三の矢って一体何なの・・?
あの困った古い妖怪は、そんな私が事前に考えていた事もはるかに超越しちゃう事も出来てしまうんだ・・・
それって一体何なの・・・? わからないからから不気味で怖い・・・
やっぱりあの困った古い妖怪だけはあなどれない・・」と言う 目に見えない「不安感」を植え付けさせることなのです!!

そうしたゆかりんの真意・意図を紅魔館パーティー以前よりもはるか前に既に看破し、
ゆかりんから特段事前に「あれやって、こうやって」と打ち合わせや指示を一切受けていなくても
ゆかりんの意図通りの事をやってのけたゆゆ様の存在感は「さすが!」という感じだと思います。
「東方儚月抄」の黒幕兼影の主人公はゆかりん=八雲紫なのですけど、それを更に背後から支えた立役者こそが
ゆゆ様なのだと思いますし、この物語の真のMVPはむしろゆゆ様と言えるのかもしれないです。

東方儚月抄は、漫画版と小説版があるのですけど、出来れば両方をご覧になって頂きたいです。

漫画版を読んでみると、色々とすっきりとしない点が多々あるのかとは思います。
その一つが「ゆかりんの思惑」というのか「ゆかりんの真意」だと思います。
ゆかりんがあの豊姫への屈辱的な土下座と謝罪、そして藍と共に両手を縛られるというまさに屈辱!!
そんな事まであえてして、ゆかりんが「求めたもの・欲したもの」って一体何なのでしょうか・・?
漫画版では、その点は「綿月姉妹をぎゃふんと言わせる」という一泡吹かせるみたいな事だけで説明をしているのですけど、
それだけだとあまりにも動機が脆弱すぎる気がするのです。
あの誇り高きゆかりんが、あのプライドが高くて「自分こそが幻想郷を守り愛している最大の功労者」と考えている
あのゆかりんが月世界のリーダーでもある綿月姉妹をぎゃふんと言わせるだけで あの屈辱を我慢できるものなのでしょうか・?
否!! 我慢できる訳がないのです!! だってあのゆかりんが
瞬間的な「ぎゃふん!」だけで自らの土下座という屈辱を耐え凌げるはずはないと思うのです。

ゆかりんの「第一次月面戦争敗北の屈辱を果たす」とか「リベンジ」というのは、別にゆかりんの真意でも何でもないと
それだけは断言できると思います。
そしてゆかりんにとっては、霊夢・魔理沙・レミリア様・咲夜さんという東方のトップスター達が
依姫に勝利しようが負けようがどうでもいい事なのだと思いますし、それはあくまで綿月姉妹の妹の方を釘づけにしておくという
二重囮作戦の一環に過ぎないのです。
そして紫自身と藍が綿月姉妹の姉の方にバトルで敗れる事も予定通りでありますし、それはやはり二重囮作戦の
一環に過ぎないのです。
そしてゆかりんの真の狙いは、霊夢たちでもなくてゆかりん達でもなく、それ以外の「正体不明の誰かが何かを仕出かす」
と言う事なのだと思います。
だからゆかりんにとっては、万が一霊夢が月の民から「勝手に降神術を使った」という罪に問われ獄門打ち首になったとしても
レミリア様たちが永遠に幻想郷に戻ってこれない事態になったとしても
「それは仕方がないのかもね・・」という事なのかもしれないです。
ゆかりんにとっては第三の矢であるゆゆ様が何かを仕出かすことが最重要問題でありますし、
綿月姉妹がぎゃふん・・と言おうが言わまいがそれすらも「知ったこっちゃない・・」と言う事なのかもしれないですし、
ゆゆ様が何かをやらかしたことで幻想郷内の月の民一派である「永琳」そのものに永遠の不気味なプレッシャーを
与える事が出来たか否かがこの「東方儚月抄」の最大の成果と言えるのだと思います。
そしてそれが結果的にゆかりんにとっては大満足としての結果で終結したからこそ、ゆかりんのあの満面の勝利宣言の笑顔に
なったのだと思います。
ちなみにゆゆ様が仕出かしたことは綿月姉妹のお屋敷から古酒を盗み出す事で、この古酒をラストシーンで
ゆかりんが永琳に振る舞った事で、この古酒盗み出しが活きてくるのです!

それではゆかりんの本当の「真意」はどこにあったのでしょうか・・?

小説版の最終章におけるゆかりんと藍との会話などから判断すると、 そこに垣間見えるのは永琳の影なのだと思います。
(ゆかりんはそれを「住民税」という表現で例えていたのは大変印象的です)
ゆかりんの本音であり最大限腐心しているのは「幻想郷内の秩序を維持する事」です。
そして換言するとそれは、「幻想郷内のパワーバランスを維持する事」だと思います。
ゆかりんにとって、例えば、神奈子と諏訪子と早苗さんのように外界からやって来た者であっても
結果として幻想郷内の信仰が増えて、神と妖怪の存在意義が高まるというのであれば、それは全然OKなのだと思います。
また聖白蓮のように「神も仏も人も妖怪も皆平等」と考える御方は、ゆかりんにとっては
「こんなありがたい御方はいない」みたいに感じているのかもしれません。
つまり、神奈子も早苗さんも白蓮さんも別に「人間側」だけの立ち位置に立っているとはいえないのです。
幻想郷における最大の罪とは何かと言うと、「東方鈴奈庵」で示唆されたとおり、「人間が妖怪化する事」なのです。
幻想郷は、外界との間に結界を張る事で外界から完全に遮断された世界であり、
その世界に妖怪たちが棲みつき、「妖怪は時に人を襲い、人間は妖怪を敬い恐れるもの」という暗黙のルールの下、
共に共存共栄していくというものであり、
どちらかの勢力が過度に大きくなる事は絶対にNGなのです。
ゆかりんにとって一番恐れる事態は何かと言うと、「何らかの要因」により、人間が過度に力を付けたり、
場合によっては人間が妖怪化する事により、人間化した妖怪が既存の妖怪勢力を凌駕する事なのだと思います。
ゆかりんが一番願っている事は、幻想郷内のパワーバランスを現況通り維持し、
人間が過度に力を持たないようにすることなのだと思います。
だからこそ、ゆかりんは、幻想郷内の人里に「座敷童」というスパイを放ち、人間たちの動向を日々監視し、
時には、式神の藍を使って幻想郷内の結界のチェックや人間たちの動向確認をさせていると思われます。

そうした中、永琳・うどんげちゃん・輝夜が「月世界」からやってきて、 幻想郷内の「迷いの竹林」の中に「永遠亭」を築いて、
そこを拠点としてやっている事は何かと言うと、妖怪寄りの立場・行動というよりは、
例えば、人間に対して薬を調合し、病気の処方・治療までするなどどちらかと言うと人間よりの行動を 取っています。
ゆかりんとしてはそれが面白くないというよりは、そうした行為が結果的に幻想郷のパワーバランスを壊す可能性があると
思慮されているのかもされないです。
「薬の調合程度なら別にかまわないけど、あまりにも人間寄り過ぎると幻想郷内で
人間の勢力・パワーが増大してしまう危険性がある」
「そうした幻想郷内での人と妖怪のバランスを逸脱する行為はいかがなものか・・・」
「今のうちに何か手を打っておかないといけないのかもしれない・・」
「何か警告みたいなものを今のうちに発するのも悪くは無いのかもしれない」
「永琳一派は月世界出身であるから、月に関わる騒動を起こして、永琳に、今後あまりにも目立つ行動を
取り過ぎると、今度はこんなもんじゃ済まさないよ・・みたいな予告を事前にするのも悪くは無いのかもしれない」
「永琳は月の使者を全員殺して、この世界に残っている経緯もあり、月に対しては何かしらの
うしろめたさは感じているはずだし、その月に関する事で、私=八雲紫が関わっているという事を永琳に見せつけておけば、
永琳もきっと何かは察するはずかもしれない」
「永琳は蓬莱の薬を飲み不老不死だから、これからずっと未来永劫生き続けるのだから、
今後も誰かが月世界に対してちょっかいは掛け続ける事は可能という不気味さを永琳の長い余生の間に
植え続けさせることは必要なのかもしれない」

そうした事をゆかりんとしては意図したのかもしれないですよね。

ゆかりんの意図は「永琳という幻想郷内のパワーバランスを壊しそうな可能性のある者の芽を早いうちから摘んでおく」という
事なのかもしれないです。

「永琳の危険な兆候は今のうちに摘んでおく必要がある」
「永琳に対しては、郷に入れば郷に従え! つまり、幻想郷内においては幻想郷のルールに従ってもらわらないと困る」
そういった事を結果的に二重囮作戦+ゆゆ様という第三の矢発動というとてつもなくまどろっこしい作戦をしてまでも
永琳に対して無言のプレッシャーを与えたかったのだと思います。

だからこそ、ゆかりんは「「東方儚月抄」においては、 月侵略とか第一月面戦争の敗北の雪辱を果たすという意図は
全くないと思います!
本気で月侵略を夢見て綿月依姫に完膚なきまでに叩きのめされてしまったのはレミリア様唯一人です・・!(汗・・)
ゆかりんの「東方儚月抄」におけるターゲットは永琳だけです! そしてゆかりんの意図は「永琳に対する警告」なのです!

永琳は元々は月から来た種族です。

永琳が元々住んでいた月世界は、幻想郷の全妖怪を結集したとしても勝てそうもないとてつもない戦力差と科学力の
違いが既にあるのだと思います。

ゆかりんとしては、永琳の幻想郷内での医療行為に眉をしかめているだけに留まらず、

「永琳は月の使者を全員ぶち殺し、月世界に帰りたくとも帰れない立ち位置」

「月世界の現リーダーの綿月姉妹は今現在も永琳を慕って尊敬しているから、
永琳が月世界の住民たちと和解を図る可能性だってある」

「恐ろしいのは、永琳と月世界の住民が結託して、幻想郷の人間を巻き込んで、
幻想郷内のパワーバランスを著しく損ねてしまう事であり、それだけは絶対に避けたい」

「それだったら、今のうちに永琳に対して月世界に関する事で何らかのプレッシャー、何か目に見えない不安を
今のうちに与えておく必要があるのではないか」

そうした事も多少はゆかりんの脳裏を掠めていたのかもしれないですね。

永琳としては、
「私は幻想郷という静かな場所で輝夜と共にひっそりと目立たぬように今後も・・否! 永遠に暮らしていきたい」と
願っていたのかもしれないですけど、
「永琳の将来の危険性」を今のうちに摘んでおこうとゆかりんは意図したと言えるのかもしれないです。








蜆壽怦謚Юconvert_20180329012924








小説版の「東方儚月抄」の最重要と思える部分を下記に抜粋させて頂きたいと思いますが、
それを読んで頂いても、ゆかりんの意図はある程度は把握することが出来るのかなと思います。

「新しく住人となった月の民は、妖怪ではなく人間であることを選んだの。つまり、
永遠亭のあの者達は人間を選んだのよ」

「あの者達は妖怪のルール下には入らず、人間の社会に入ろうとしているじゃない?
薬を売って歩き病人が居れば診察する。それは人間の世界での営為であり、妖怪の社会のそれとは異なる」

「確かに、我々妖怪とはちょっと馴染めてないですね。里の人間にとっては変わった妖怪だと
 捉えられている様ですが…」

「しかし、幻想郷の人間の義務を果たしていない」

「人間の義務…ですか。そう言われてみればそんな気もしますね。あの者達は妖怪を恐れないし、
 それどころか人間の力を強めパワーバランスを崩しかねない。ですがそれと月侵略計画と何の繋がりが…」

「さっき言ったでしょう? 私は住民税が欲しいと。
 人間の力を強めると言っても、怪我や病気を治したり、人間の護衛につく程度なら何て事もない。
 それよりは、納税の義務を果たして貰わないと、社会には参加できていない」

そうなんですよ!! ここ!! まさに小説のこの部分が「最重要部分」だと思います!!

ゆかりんは「住民税」みたいな表現を取っていますけど、これを換言すると、
「あなた達、永琳一派は幻想郷に逃げ込んできて、ここでひっそりと暮らしている。
それ自体は私は何とも思っていない。
そのまんまひっそりと永遠に生き続けていけばいい。そんな事は私のしったことではない。
だけど、幻想郷で暮らしている以上は、幻想郷のルール、つまり、人間に対して過度に肩入れせずに、
人と妖怪のパワーバランスを絶対的に守れ!!」という事なのだと思います。
つまりは「郷に入れば郷に従え!  幻想郷で永久に暮らす決意をしたというならば
幻想郷のルールに従え!」という事なのだと思います。

小説版の最終章におけるゆかりんと永琳の二人だけの「宴席シーン」はとにかく、ゾクゾクとさせられたもので、
あれは「精神的な一触即発」の世界だと思います。

あの圧巻のシーンを少しだけ下記に抜粋させて頂きますと・・・・

「普段の労を労うお酒でも、と思いまして」
永琳の頭の回転は速い。だが回転の速さは時として弱点にもなる。永琳は理解できない物に対しては、
わざとらしい余裕を見せてしまう。動揺を見せたくないのだ。
しかし賢い者が考えのない余裕を見せたとき、その時が一番の弱点である。
それは賢い者ならみんな知っていることだ。
「あら、有り難う」と言ってお酒を受け取った。
「失礼ね。毒なんて入ってないわ」これはどうやら紫のギャグらしい。
「? 多少の毒は薬ですわ」
そういって、永琳はお酒を呑んだ。
そして彼女は固まった。

──永琳は再びお酒を呑んだ。間違いない。このお酒はただの労を労う為に用意されたお酒ではない。
くだを巻いたサラリーマンが、誰も理解できない言葉を吐きながらの安い焼酎なんかではない。
月の都で千年以上もかけて熟成した超超古酒である。
そう、永琳が月の都に居た頃から寝かせていたお酒なのだ。
「こ、このお酒は……?」
永琳は明らかに動揺した。考えのない余裕を見せた瞬間、つまり弱点を狙われてしまったからだ。
永琳がこのお酒を忘れることはない。穢れの多い地上では味が変わってしまい作り出せない純粋さ、
そして何年も寝かせたであろう奥深さ。
「貴方も故郷を離れて千何百年か。そろそろ望郷の念に駆られる頃だろうと思いまして、
 月の都をイメージしたお酒の席を用意致しました」
紫はにやりと笑った。その笑顔は永琳の心の奥深くに刻まれ、忘れることの出来ない不気味さをもたらした。
死ぬことのない者へ与える、生きることを意味する悩み。正体の分からないものへの恐怖。
それが八雲紫の考えた第二次月面戦争の正体だった。

いや―――、これはもうこの小説版のクライマックスですね!

正直、私の下手な解説なんて全く不要です!

上記の二人の会話が「全て」を物語っていると思います。

永琳の視点から見てみると、

「紫って一体なんなんだ・・」・「こいつはとてつもなく不気味・・、本音としては今すぐに斬殺するか毒殺してやりたい・・!」とか
「八雲紫という古くからいるあの困った妖怪が意図している事って一体何なのだ・・」といった
永琳の「目に見えない不安」に対して容赦なく抉り出していくみたいな「不気味さ」が間違いなくあると思います。
永琳にとってはこれは本当に「美味しくないお酒」だったと思いますし、
ゆかりんにとってはまさに「勝利の美酒」とも言えるのかもしれないですよね。

ゆかりんは幻想郷最大のヒロインですね!

やはりそこには幻想郷の二人の賢者の「ピリピリとした繊細な心理戦」が色々とあったのかもしれないですね。

最後に・・上記の会話をもう少し噛み砕いて私の脳内妄想を少し加味しますとどうなるのかというと・・

ゆかりん:「日々、人里での人間に対する医療活動、感謝しております。ご苦労様です・・」

→ゆかりんの心の本音としては
 「ふんっ、別に自分達の生活費を稼ぐだけなら目をつぶってあげるけど、人間に対する過度な肩入れとか
 延命行為だけは勘弁してよね!」
 というのがあったのかもしれませんし、

永琳 : 「日々の幻想郷内の結界の管理のご苦労には心より敬意を表させて頂きます。いつもお疲れ様でございます・・」

→永琳の本音としては
 「ふんっ、あんたは所詮はいつも寝てばかりで、そうした結界の管理やパトロールは全て藍がやっているに過ぎないでしょ・・」
 みたいな事を思っているのかもしれません。

これは「東方茨歌仙」第35話を踏まえた妄想なのですけど、
霊夢が永琳から月界の重力波観測装置を借りてきて、その結果として
結界のスキマを操るゆかりんの居場所が特定したという件に関して

ゆかりん:「月にはまだまだ珍しいものがあるようですね・・」
 →ゆかりんの心の本音としては
  「そんな月のお宝なんて奪おうと思えばいつでも出来る、調子に乗るんじゃないわよ!」
  という感じなのかもしれないですし、

永琳:「いえいえ、霊夢があなた様の行方を知りたいといってきかなかったものですから・・」
 →永琳の本音としては
 「あんたの居場所何て知ろうと思えばいつだって把握できる。いつまでも自分だけが神出鬼没と思っていたら
 そのうち痛い目に遭うわよ!」
 という感じなのかもしれないです。

うーーむ、こうやって私の脳内妄想の中でも幻想郷のゆかりん・永琳という二大ヒロインの迫力と存在感は
凄いものがありそうですね!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

なんとも深い考察に驚きました。しかし、幻想郷のパワーバランスを守るためとか、ある種、そこにはもう政治的な要素まで入っているのですね~。しかし、永遠の不安というのは、これは恐ろしいものでありますね^^;不安ほど恐ろしいものはないと思います。永劫に生き続ける身を持つものであれば、なお恐ろしいものですね。

ゆかりんの意図

八咫烏(全力稼働中) 様


ゆかりんほど幻想郷を愛している人はいないのだと思います。

そしてゆかりんが愛した幻想郷内の秩序とパワーバランスをたとえ本人にその気が無くても壊す可能性がある人物に関しては、
たとえ永琳のようなゆかりんよりも更に年上の御方であっても絶対に容赦はしないというのが、
ゆかりんの「素晴らしき幻想郷愛」を物語っているのだと思えますね~!

やはり私にとってゆかりんは幻想郷の最大のヒロインですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4185-f94f5eeb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |