FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


主人公なのになぜか影が薄いとか主役のはずなのになぜか地味キャラ~というのも
アニメ・漫画・ゲームの世界では案外よくある話なのかもしれないですね・・(笑)
当プログでは「主人公なのに影が薄い」というとよく出てくる名前が「響け! ユーフォニアム」の久美子なのですけど、
久美子の場合は、普段は目立たなくてもおいしいところだけは最後にしっかりと持っていくみたいな雰囲気もありますし、
一期は麗奈の百合役として、二期はあすか先輩の引き立て役としての存在感も遺憾なく発揮していたと
思いますし、一期・二期を通して「失言女王」としての久美子の余計な一言も「響け! ユーフォニアム」の見どころの一つでも
あったのかな・・・と感じたりします。
そして当ブログでは時折登場してくるガールズ麻雀漫画の「咲-Saki」の主人公の宮永咲もある意味典型的な
主人公なのに影がうすくて空気みたいなキャラとも言えるのかもしれないですね・・(笑)
そしてこのネタを喋ってしまうと「管理人の実年齢っていったいいくつなの・・?」と思われるのかもしれないですけど(汗・・)
1970年代の発刊間もない頃の「週刊少年ジャンプ」を経営の軌道に乗せた立役者の一つが「トイレット博士」だとも
思うのですけど、この漫画において主人公のトイレット博士ほど作者すらもネタにしてしまう程の
「名前だけの主人公」という陰口をほしいままにした主人公はないと思います・・
中盤から後半にかけては存在はおろか、セリフも登場シーンも何も無いのに、タイトルだけはその名前が付けられているという
ある意味とてつもない漫画だったのかもしれないです・・


物語の構成上なくてはならない存在が「主人公」だと思いますし、主人公の視点というのは
基本的にストーリーの主観になる事が多く、視聴者の感情移入先として投影されることが多いような感じもします。
だけど時折ですけど、上記で既に書いた通り、「主人公」のはずなのに空気扱いされるようなキャラクターも
いたりもします。

とあるサイトの数年前のランキング結果なのですけど、「主人公が空気すぎるアニメ・ゲーム」が
発表されていた事もありました。
さてさて、「主人公」がいっちば~ん!空気だったのは、どの作品だったのでしょうか?

1位 黒子のバスケ(黒子テツヤ)
2位 機動戦士ガンダムSEED DESTINY(シン・アスカ)
3位 おそ松くん (6つ子)
4位 涼宮ハルヒの憂鬱(キョン)
5位 男子高校生の日常(タダクニ)
6位 ワールドトリガー(三雲修)
7位 ゆるゆり(赤座あかり)
8位 進撃の巨人(エレン・イェーガー)
9位 戦国BASARA2(前田慶次)
10位 たまごっち! ゆめキラドリーム(まめっち)

1位の黒子テツヤと2位のシン・アスカは多分ですけど誰しもが納得する結果であるのかもしれないですね~! (汗・・)

そしてこのランキングに堂々と第7位にランキングされたのは「ゆるゆり」の赤座あかりでした~!

アッカリ~ン! というか赤座あかりちゃんもこの結果を耳にしたとしたら、本人も「自分は空気キャラ」と自覚していますので、
こんなメジャーな作品のキャラ達に挟まれる形で自分もベスト10入りを果たせるなんて本望なのかも~!と
感じているのかもしれないですね!

主人公なのに影が薄い赤座ゆかりちゃんが主人公(笑)を務める「ゆるゆり」の簡単な概要を記させて頂きますと、
七森中の「ごらく部」に所属する女子中学生4人をメインに、笑いあり百合ありのまったりとした日常生活を描いた作品でして、
このアニメの最大の特徴は、主人公のあかりは基本的には明るく楽しい女の子なのですけど、
なぜかしらないですけど(?)「主人公なのに影が薄い」とか「存在感が希薄・・」とついつい言われてしまうのが
一つの特徴と言えるのかもしれないですね・・(笑)
登場人物としては決して目立たない人物キャラではないのですけど、
アニメにおける出番の少なさや周囲からの主人公にあるまじき不遇な扱いこそが活躍の場であるというのが
一つのお約束事になっているのも大変楽しいものがありますよね!

「出番が増えますように」と願いを掛けた短冊が風で飛ばされたことに示唆されるように
物語が進行するに従って不憫さが増していったような感じもありますし、
いい子だけど影が薄い不憫な子として原作でもアニメでもむしろ「存在感のうすさ」を逆にネタにされている描写も
多々あったのはとても面白かったですね~!
あかりちゃんは空気キャラとか言われているものの、その存在感のうすさ自体をあかりちゃんが自虐ネタにする事で
どんどんあかりちゃんの人気が上がっていったという側面もなくはないのかな・・?とも感じたりもしますし、
本当に存在感がうすいキャラはいつの間にか物語からフェイドアウトされていくパターンが多いと思いますから、
そうした意味においては、なんだかんだいってもみんなからいじられそれなりに存在感らしきものも発揮しているようですので、
むしろあかりちゃんは空気キャラを演じていると言った方がいいのかもしれないですね~! (笑)

さてさて、本記事においてはそうした影のうすい(?)赤座あかりのお団子ヘアがとってもかわいいフィギュアのレビューを
簡単にさせて頂き、このフィギュアのかわいらしさ以上の以上の溌剌としたかわいらしさを誇っている
「dream fantasy」のアミグリさんが描かれたあかりちゃんのイラストを再度皆様に見て頂き、
あかりちゃんは東方・艦これ以外の版権作品キャラという立ち位置でもありますので、当ブログでは結構久しぶりになりますけど、
アミグリさんが描かれた「ファンタジスタドール」という版権作品からカティアちゃんと鵜野みこの二人の素晴らしい作品を
改めて皆様にご覧頂きたいと思います!

冒頭にて「主人公なのに影が薄いキャラ」みたいな事も記させて頂きましたけど、その意味においては
「ファンタジスタドール」の鵜野うずめというマスターもそうしたキャラに相応しい立ち位置と言えるのかもしれないですね。










CIMG1351_convert_20180327153922.jpg




CIMG1352_convert_20180327154001.jpg








赤座あかりのフィギュアはとってもかわいいですね~!

その辺に居る街のJCみたいな「普通の雰囲気」がアッカリ~ンそのものだと思うのですけど、例えば艦娘みたいな
際立った個性がそんなには見られなくて「そんなに特徴が無いのかも・・!?」というすてきな空気感に溢れているといった
仕上がりなのだと思います。
箱の横の元絵でも4人のメインキャラの中でも右端に立っていて一番目立たない感じがあかりちゃんというのも
アッカリ~ンらしい話なのかもしれないですね・・(笑)

このゆるゆりの赤座あかりフィギュアの商品概要は下記の通りです。 

メーカー : セガ
サイズ : 全長 18cm
箱 : 縦24cm 横13cm 奥行き13cm
発売時期 : 2012年7月
種類 : プライズ系フィギュア

あかりちゃんフィギュアの最大のポイントと言うか仕上がりの良し悪しの材料は何かと言うと
あの独特な髪型・・お団子ヘアなのだと思います。

果たしてこのフィギュアにおいて、あかりちゃんはどんな表情を見せてくれてあの独特なお団子ヘアがどのように
立体化されているのかにも着目して頂ければ幸いです!








CIMG1353_convert_20180327154026.jpg








このあかりちゃんフィギュアは6年前のプライズ系フィギュアでもありますし、
セガプライズのお手軽フィギュアでもありますので精緻な造型は最初から期待すべきではないのですけど、
ゆるゆりらしいあのゆるい雰囲気を醸し出させるのだったら、メーカー正規品といった精巧な作品といったものではなくて
プライズ系みたいな少しばかり手抜き系の方がいいのかも~と感じさせるものがあると思いますし、
このあかりちゃんはそうした意味ではプライズ系の作品としてはうってつけと言えるのかもしれないです!
普通にかわいらしさが引き立っていると言っても過言ではない仕上がりだと思いますし、東方・艦これの正規品みたいな
「精密な製図」みたいな精巧さとは異なり、いかにもごらく部所属のあのゆるい雰囲気がこのプライズ系には
見られるのだと思います。
そうした意味ではこのあかりちゃんフィギュアはプライズ系で制作されたから成功なのだと言えると思いますね~!

アホ毛とお団子も実にすてきに仕上げられていると思います。

ゆるゆりの制服はとっても可愛いのですけど、立体化されてもこうしたかわいらしさは見事に表現されていると思います。

片足が浮いているのは艦娘だと「躍動感」を感じるけど、あかりちゃんの場合は「なんか転びそう・・」と感じさせるのは
あかりちゃんらしい話なのかもしれないですね・・(笑)








CIMG1354_convert_20180327154051.jpg







あかりちゃんのお団子ヘアがとてもかわいくキュートですね!

こうしたお団子みたいな髪型が印象的なキャラというと、プリキュアのキュアサニーや四つ葉ありすとか東方の華扇とか
はたまた「ストリートファイター」の春麗とか艦娘の那珂とか
2月にレビューさせて頂きました「Project575」の正岡小豆が挙げられると思うのですけど、
このあかりちゃんのお団子はこうしたキャラの中でも群を抜いた可愛らしさが秘められていると思います!

赤座あかり・・アッカリ~ン! の髪型もかなり個性的というのか、やはりあの左右のお団子ヘアがとても印象的です!
周りからはよくお団子バズーカとかてるてる坊主とかからかわれていたのも楽しかったですけど、
お風呂や睡眠時などでお団子を解いた状態でも髪の長さが殆ど変わらないため、
ショートカットのあかりがどうやって髪型をああしたお団子にできのかについては実は謎であり(笑)
例えばドールに付けるようなウィッグを付けているのではないのか・・?という疑惑がもたれているのも分かるような気もします!









CIMG1355_convert_20180327154119.jpg







赤座あかりの後ろ姿もお団子が極めて強い印象をもたらしてくれていると思います!

前方から見ても「かなり独特な髪型」と感じるのですけど、後ろから眺めても「すごい独特な髪型・・!」と感じます。

上記で散々あかりちゃんは地味で主人公なのに全然存在感がうすいキャラと記したのですけど、
改めて立体化されたフィギュアを見てみると
「少なくともこの髪型は際立って個性だよね~」と感じさせてくれるものがあると思います。

そしてやはり何度見ても、あかりちゃんは基本的にはショートカットのはずなんだけど、一体どうやって
左右二つのお団子を構成できるボリュームを維持しているのだろう・・と思わせる謎はあるような気もしますね~(笑)









CIMG1356_convert_20180327154146.jpg





CIMG1357_convert_20180327154215.jpg




CIMG1360_convert_20180327154320.jpg








とにかくとってもかわいいあかりちゃんだと思います!

「こんなにかわいいしお団子もすてきに決まっているのに影がうすいなんてちょいと信じられないのかも・・!」と
感じさせてくれるすてきなフィギュアだと思います。

目がくりくりっとしているのもあかりちゃんらしい「普通のJCっぽいかわいらしさ」をもたらしてくれていると思います!

この赤座あかりのフィギュアはねんどろいどもありますし、メーカー正規品のフィギュアも実は既に商品化されているのですけど、
私個人の感じとしては、ゆるゆりのゆるい感じとかあかりちゃんの普通らしさという意味においては
このセガのプライズ系が「いっちば~ん!」と感じさせてくれるものがあるのもなんだか面白いものがありそうですね~!









yuruyuri-akari-01_convert_20151114173524_convert_20170226214113.png








ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人のアミグリさんの
すてきなイラストのご紹介コーナーです!

上記の作品はアミグリさんが2015年11月に描かれた「ゆるゆり」の赤座あかりちゃんです!

アミグリさんが描かれたこのあかりちゃんは、左右のお団子ヘアがとっても可愛いです!
正岡小豆やキュアサニーのお団子は一つですけど、
あかりちゃんのお団子は左右に二つというのが大きな違いなのだと思います。
どちらかというとシンプルなデザインなのですけど、こうしたわかりやすさとふわっとした感じが
アミグリさんらしい「やわらかさ」を引き出しているようにも感じられますね。

アミグリさんが描かれた赤座あかりは、JKの皆様のすてきなかわいい愛らしい妹さんみたいな雰囲気に
溢れていて、ちょっと幼い雰囲気がやはりすてきですね!
アミグリさんは、こうしたかわいい妹キャラを描いたら本当にドンビシャ!という感じがしますよね~!
そのすてきな事例の一つがこいしちゃん・フランちゃん・春雨ちゃんと言えるのかもしれないですね!

さてさて、あかりちゃんは東方・艦これ以外の版権作品キャラという立ち位置でもありますけど、久しぶりに
アミグリさんが描かれたそうした東方・艦これ等以外の版権作品も少しばかり転載&ご紹介をさせて頂きたくなりました!
そんな訳で下記において、アミグリさんが描かれた代表的な版権作品と言う事で
「ファンタジスタドール」からの二人のキャラのイラストを改めて皆様に是非ご覧になって頂きたいと思います!



















上記のイラストは、2013年10月に描かれた「ファンタジスタドール」のカティアです!!

カティアのちびっこい雰囲気とか青の髪型・衣装がとってもかわいいと思います!
設定の上ではお菓子大好きドールなんですけど、まさに「お菓子」みたいな可愛らしさが漂っていると思います。

このイラストはアミグリさん自身も「カティアちゃんらしいカティアちゃんを描けた!」と大変お気に入りの一枚です。

ちなみにですけどこの「ファンタジスタドール」なのですけど、これは2013年夏に放映されていたアニメ作品です。

このアニメの概要を簡単に記すと・・・

中二の鵜野うずめは、ある日特殊な能力を持つ女の子・ファンタジスタドールを実体化できる
不思議なカードを手に入れてしまった事で大きく運命が変わってしまいます。
うずめはカードマスターとなり、5人の個性的なドールたちと契約し、
さまざまな武器やコスチューム、特殊イベントのカードを組み合わせて戦っていかねばならなくなります。
そうしたうずめの戦いの日々を描いたのがこの作品の概要です。
ちなみにうずめのドールの一体が、上記イラストのカティアちゃんであり、その他に、ささら・しめじ・小明・マドレーヌが
うずめのドールです。
一言で言うと、人化する謎のカードを巡って女子中学生達が戦うカードバトルアニメと言えると思います。

だけどこのアニメですけど、実はかなり内容は深いです!

どのあたりが深いのかと言うと、要は「自我」を有したドールが自分の意思を有し時に苦悩するという事に関して、
「自我を有したドールとは、人なのかただのお人形さんなのか」という古典的哲学を孕んでいる物語という見方も
出来るんじゃないのかな・・とも思ったりもします。
そしてこの「ファンタジスタドール」が深い・・と感じさせる点は、
実はドールたちは基本的にはただのデータに過ぎず、
使用者には絶対服従であり、用が済んだら簡単に捨てられる運命にあり、その結果として、カティアちゃんもそうなのですけど、
ここで登場するドールたちは一度はマスターから「用済み」として捨てられた過去を持っているという点なのだと
思います。
マスターに忠誠を誓うことはベストな選択ではないという事をドールたちは骨の髄まで認識しています。
うずめは基本的には平均点以下の普通の女の子です。
だからドールたちは、うずめを新しいマスターとして受け入れることができません。
そうした背景の中で、マスターとドールの関係は本来どうあるべきなのだろうか・・?
ドールにとっての本当の幸せとは何なのだろうか・・?という
「ドールたちが思い悩む」という哲学的矛盾を内在したというのがこのアニメの隠れた本質ではないのかな・・と
ふと思ったりすることもありますね。 









unomiko_convert_20130917165821.png








続きまして同じく「ファンタジスタドール」から鵜野みこちゃんです!

ちなみにこちらの鵜野みこちゃんは2013年9月に描かれたものです。

みこは、鵜野うずめの妹で小学校3年生です。
うずめよりははるかに大人っぽくてしっかり者で、うずめを朝叩き起こしているのは、実は
このみこちゃんなのでした! (笑・・)
外出時に背負っているうさぎのリュックサックと、寝る際のうさぎのナイトキャップがとっても可愛いのが
大変印象的です。

アミグリさんが描かれた鵜野みこちゃんはとってもかわいいです!
「ロリ可愛い!」という言葉がぴったりくると思います!
このツーサイドアップ気味の髪型とかうさぎのリュックとか全体が白のトーンの雰囲気は、まさに「可愛いうさぎちゃん!」
というオーラに満ち溢れていると思います。
カティアちゃんの可愛らしさに匹敵する可愛らしさに溢れていると思います。
アニメの上でもこのカティアちゃんと鵜野みこちゃんはとっても仲がいいです!

そうそう!

今現在の「ピクシブ百科事典」で掲載されているこの「鵜野みこ」の記事ですけど、そのプロフィールイラストを
飾っているのが、アミグリさんが描かれたこのみこちゃんですっ!!

上記のこのとってもかわいいあかりちゃんとカティアちゃんとみこは
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

当ブログだけではなくて、是非、アミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

明後日から5月ですね~!

当ブログは4月も5月も、そしてこれからもアミグリさんのブログ dream fantasy を応援させて頂きたいと思いますので、
何卒宜しくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

これは見事なお団子ヘアですね^^あかりちゃん。かわいいです。が、影の薄い主人公ってのは、けっこういるもんですね。まあ、逆を言えば、他のキャラがすごくキャラ立ちしているってことですかね。主人公になりうるキャラって、案外型にはまってしまいがちなので、人気投票やってみると、主人公って3番手ぐらいになてしまいますよね^^

このあかりちゃんが主役なんや~
パッケージの箱をみると
その隣の金髪の娘が主役かと…
そっか〜空気みたいな主役もありなのね~

こういう主人公もありなのかも・・・

八咫烏(全力稼働中) 様


ゆるゆりはアニメでも原作漫画でも「主人公なのに影が薄い」という事は散々ネタにされていましたけど、
主役なのに影がうすいという設定自体が一つの大きな特徴でもありますしキャラ立ちしていると言えるのだと
思います。
ゆるゆりは、箱絵の左端のふわふわツインテの子のようにちょいと腹黒っぽい子もいたりして、みんな個性は強かったようにも
感じられる中で、あかりがいじられキャラという事で、みんなからネタにされる事で
主役らしさも垣間見せている様な感じもあったと思いますね~!

存在感のうすさ=いじられキャラの愛されキャラ・・?

napo 様


あかりちゃんの存在感のうすさとそれをネタにされる愛され上手のいじられキャラ振りがこの作品の大きな魅力
と言えるのかもしれないですね~!

箱の元絵の右側にいるのがあかりですけど、左側のモフモフツインテールの子の時折見せる腹黒さもこの作品の
見所だったと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4183-18295ad2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |