FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


「トマト」というとあくまで私個人の話ですけど、「トマト銀行」を思い出してしまいます・・(笑)

私自身は今現在は住宅・建築業界に在籍していますけど、遠い昔に(汗・・)社会人デビューを果たした際に在籍していたのは
旧・相互銀行(現・第二地方銀行)業界でしたので、
トマト銀行の前身である山陽相互銀行と耳にすると「なんだかなつかしいねぇ~」と感じてしまいます。

トマト銀行は、1989年に山陽相互銀行から普通銀行に転換して現在の「トマト銀行」になったのですけど、
当時は「なんというキラキラネーミング!と随分話題にもなったものですし、
当時の銀行名称としては斬新であったため、流行語大賞の候補に挙げられる程でもありました。
ちなみにですけど、その当時「トマトジュース」でお馴染みのあの「カゴメ」が新規に口座を開設する事でも当時話題になって
いたものでした。

トマトというと私個人としては生野菜として食べる時は正直それ程好きではないですし、そんなに積極的に摂ろうとは
あまり思わないですね・・・
決して「まずい野菜」とは思わないのですけど、例えば生トマトをがぶっとかぶりついて食べた時のあのすっぱさが
「ちょっとねぇ・・」と感じるのかもしれないです。
だけど面白いもので、トマトジュースにして飲んだり、パスタや炒め物として使用されたトマトは「本当に美味しいよね~」と
感じるからなんだかその辺りは不思議なものがありそうです。
そして後述しますけど「トマト」はラーメンの具材としては結構ポピュラーな素材のようでして「ラーメン大好き 小泉さん」の中でも
何度か登場していました、私もバスタやミートソースも当然大好きですけど、「トマト麺」もラーメンとしては大好きです!
特に夏場に食べる「冷やしトマトラーメン」のあのさっぱりとした美味しさはすてきなものがあると思います!

そのトマトなのですけど、例えばりんごが「医者いらずの食べ物」と言われると同じように
トマトが真っ赤に熟すると街のヤブ医者たちが真っ青になるとも揶揄される通りりんごと同様に医者いらずの食べ物としても
結構知られているようですね~!

トマトに含まれる成分の「リコピン」は、強力な抗酸化作用を持っています。
生活習慣病の原因のひとつが「体内の活性酸素の増加」と言われていますので、
リコピンの抗酸化力は生活習慣病の原因を抑制してくれるとも換言出来そうです。

また、リコピンは悪玉コレステロールを分解する力も持っています。
効能や効果としては、血中のコレステロールの酸化を予防して血栓を防ぎ、
血流を改善する働きや肥満予防にも有効な成分です。

トマトに含まれている、リコピンやβ-カロテンを効率よく吸収するにはトマトジュースも最適なそうですし、
トマトと油を一緒に摂るとより栄養の吸収率をアップさせることができるそうです。
そうした観点からトマと言うものは、
加熱により吸収率が高まるので、トマトソースや、シチュー、スープなど、加熱調理して食べるのがおすすめといえそうですね~!

そうした意味では、後述しますけど空腹のために道端で倒れ込んだ小泉さんを自宅にお持ち帰りをして
小泉さんの体を触りまくるというイタズラではなくて←コラコラ・・汗・・!
そんな小泉さんのために「手作りトマトラーメン」を作り上げた大沢悠は案外と理に適っていたのかもしれないですね~!
以前も書いたと思いますけど、大沢悠は将来ほんとうにすてきなお嫁さんになれそうですね~!

トマトの加熱調理というと私的に大変印象的なのは、松屋の「トマトカレー」ですね!
最初にあれを食べた時の感想は、「うんっ! これはカレーではないよね!」という感じでしたけど、
カレーであってカレーでないあの独特の味は 最初に食べた時の衝撃は大きかったです。
生トマトの酸味とニンニク風味を強烈に前面に出したその味わいは、 カレー感は正直かなり少なめで好き嫌いの分かれるとは
思うのですけど、 独特の味わいにハマる人はハマるメニューだと思います。

さてさて、本記事においては、トマトを使用した日清の「クリーミートマトヌードル」のレビューを簡単にさせて頂き、
その後に「ラーメン大好き 小泉さん」にてトマトが登場していた第3話と第5話を簡単に振り返らさせて頂き、そして最後に
「dream fantasy」のアミグリさんが過去に描かれた「野菜」というか「野菜を擬人化した」すてきなやさしいイラストを
転載&ご紹介させて頂きたいと思います。



















日清のカップヌードルシリーズでのトマトというと私的には「チリトマトヌードル」を思い出してしまいますね。

あの商品が発売されたのは私が高校生の頃の話ですので1980年代前半の話ですね・・(汗・・)
確か発売は1982年頃だったと記憶していますけど、こんな事書いてしまうと管理人の実年齢がバレバレですね・・(汗・・)
ちなみにチリトマトヌードルは理由は分かりませんけど、2010年頃あたりまでは関東近辺でしか発売されなかったようでして、
日清のお膝元で長い間発売がされていなかったのも不思議な話だとも思います。
艦これの白露お姉ちゃんではないけど、私が「いっちば~ん!」最初にあのチリトマトヌードルを食べた時の衝撃は
結構大きかったのかもしれないです・・
「え・・なにこの今まで食べた事も無い味・・! 辛いけどやたらと酸っぱい面白い味!」と感じ、当時吹奏楽部の練習の終了時に
近所のハムカツ・鶏のから揚げ等を扱っている肉屋でこのチリトマトも置かれているせいもあり、ハムカツと一緒に
このチリトマトをよく食べていた記憶がありますね~(笑)

今回レビューする「クリーミートマトヌードル」はチリトマトのような鋭角的な酸っぱさはあまりないと思います。

その代わりにトマトの酸味とチーズのクリーミーな味わいが美味しく仕上がった「クリーミートマト」となってします。

この商品は実は以前も商品化されていた事もありますので、今回の発売はリニューアルという事なのだと思います。
ちなみにリニューアルの前後で変化した事は、具材として入っていたピーマンをブロッコリーに変更していた事だと
思います。

このクリーミートマトヌードルを食べてみるとすぐに皆さま感じられると思うのですけど、
チェダーチーズの濃厚なまろやかさにトマトの酸味が大変バランスが取れていて、濃厚なんだけど適度に酸味も
効いているという印象が大変強いと思います。









002_convert_20180324172412.jpg








熱湯を入れて3分経過したのが上記画像です!
チェダーチーズが美味しそうに溶け、濃厚さを感じる出来上がりですし、ほどよくチーズが溶けている様子は
お分かり頂けるのかなと思います。

そして意外といっては何ですけど思ったよりは野菜が入っているのかもという印象もありました。









003_convert_20180324172430.jpg








かき混ぜるとチーズはもちろんのこと、具材として入っていたトマトも完全に溶けてしまいました。

チリの風味がほどよい口当たりを感じさせ、その後にはすぐトマトの酸味に加えて、
まろやかなチーズのコクが味わい深く仕上がっています。
ピーマンからブロッコリーに変更されたことによって、ピーマンの苦みがなくなりまろやかなトマトスープ的な味が
一段と強調されていると感じました。

たとえはへんかもしれないですけど、CoCo壱カレーの夏限定メニューのトマトがふんだんに入った夏野菜カレーに
たっぷりとチーズをまぶしてかけてあるような味というものを私自身は感じたものでした。
とにかくトマトの酸味とチーズの相性ってこんなにもすてきなものがあるのですね~!

全体的にはチリという辛さは抑制され、代わりにトマトの酸味を一段と強調され、ここにチーズと野菜が絡んでくるという
味だと思います。
どちらかというとカップヌードルなんですけど「家庭的な味」という印象すらうりました。

あ・・家庭的というとだから「ラーメン大好き 小泉さん」において小泉さんをお持ち帰りしてしまった大沢悠は
自宅で「トマトラーメン」みたいなものを調理して小泉さんにご馳走してあげていたのですね! (笑)
忘れられがちですけど、大沢悠は学校では幽霊部員だけど一応は「家庭部」に所属しているようですしね・・










9de38bce-s_convert_20180322163800.jpg








すでに先走って先日の「富山ブラック」の記事の際に大沢悠の小泉さんをお姫様抱っこして自宅にお持ち帰りしてしまった件は
触れてしまいましたけど、
食べたくて仕方がないラーメン店が休業日だった事を知らないで食べに行ってしまい、
ショックと空腹で失神して道端に倒れ込んでいた小泉さんを
お姫様抱っこして自宅にお持ち帰りした悠は、あの瞬間こそが悠にとって最大の幸福のひと時だったと言えるのかも
しれないですね~(笑)

小泉さんの体を結果的に触れまくる事ができた悠にとってはまさに感涙ものの出来事だったのだと思います。

うーーむ、私も小泉さんをお姫様抱っこして自宅にお持ち帰りをさせて頂きたいものですっ! (汗・・)

それにしても小泉さんはいつも不愛想ですよね~(特に大沢悠に対しては・・笑・・)

その小泉さん失神事件の直前にも、

悠 : 日曜ヒマ?一緒にどこか行かない?

小泉さん : 行きません 

悠 : なんでー!

小泉さん : 一人で過ごしたいので

悠 : 美沙や潤とは仲良くしてたじゃーん!私だけ冷たくされるの納得いかなーい!

小泉さん : 私は誰かと仲良くなった覚えはありません

悠 : もっとフレンドリーに行こうよー!人類みな兄弟ー!

小泉さん : 人類より麺類派です


うーーむ、我々人類は小泉さんの前では「その時人類は麺類に敗北した・・」ということになるのかもしれないですね・・(笑)

ま、小泉さんも決して人間嫌いとかコミュ障という訳ではなくて(汗・・)、なんだかんだいって大沢悠とラーメンを一緒に
食べに行くことは日常茶飯事ではあるのですけどね・・(笑)










ce1056aa-s_convert_20180324172748.jpg





40fa298a-s_convert_20180324172533.jpg




437ac888-s_convert_20180324172706.jpg










そんなわけで大沢悠は念願の(?)小泉さんテイクアウトを果たしちゃいます! (笑)

小泉さんをお姫様抱っこした際の悠の視線はなぜか小泉さんの胸元でしたね・・(汗・・)
というか視聴者の大半は「まずい・・小泉さんが悠にイタズラされちゃうのかも・・!?」と感じていたのかもしれないですね・・(汗・・)

だけど悠は確かにヘンなボーイッシュな美少女ですけど、そこまではヘンタイさんではありませんでした・・(笑)

夕方ころにようやく目覚めた小泉さんに対して「おなかがすいたでしょ・・」と悠手作りラーメンを小泉さんに
ご馳走していたのは「さすがっ!」という感じでもありましたけど、
悠にとっては、「響け! ユーフォ二アム」の久美子のあの不滅の名言、「その時、私は命を落としても構わないと思った・・」という
心境だったのかもしれないですし、悠にとっては「本望を果たせた!」という感じなのかもしれないですね~! (笑)

この時に悠が小泉さんにご馳走してあげた手作りラーメンこそが「トマトラーメン」みたいなものでした!

「スープの味はなんでもオッケー!インスタント麺をトマトジュースで茹でて、
具は炒めたにんにくと残り物の野菜と肉類をガーッと炒める。
肉はベーコンでもウインナーでもオッケー!仕上げに粗挽き胡椒と粉チーズを少々で出来上がり!」とのことでしたけど、
悠が作ったあのトマトラーメンは見るからにおいしそうでしたし、あれのベースがインスタント麺とは到底思えない仕上がり
だったと思います!
やっぱり悠は将来は家庭的ですてきな奥さんになりそうですけど、思い込みとやきもちは激しそうだから、
旦那が浮気でもやらかしたら大変な修羅場になりそうですね~(汗・・)
余談ですけど、もしも小泉さんが将来だれかとお見合いをさせられた場合、相手の人がラーメンに全く興味を示して
くれなかったら、即効であの不滅の名言の「お断りします・・」と言うのかもしれないですね~(笑)

小泉さんは悠が手作りしたそのトマトラーメンをあっという間にスープの最後まで完食しただけでなく
「おかわり頂けますか?」とまさかの追加要求! (笑)
そして小泉さんの
「店ラーメンと家ラーメンの魅力はまったく別物。どちらが美味しいかの議論はまったく無意味です!」という言葉は
いかにも小泉さんらしいものでした!
結果的にこの後小泉さんは悠がつくった醤油味に卵プラス野菜プラス片栗粉で!酸辣湯麺!や
味噌味に市販の鯖缶とカレールーで!鯖味噌カレーラーメンや
豚骨味にベーコンと牛乳プラス、ポーチドエッグで!カルボナーラ風ラーメン!黄身がトロトロ、黄身と豚骨!も完食し、
最後にシメで・・冷製で鶏そぼろと梅のお茶漬け風ラーメンも完食し、ラストで言うまでもなくあのいつもの「ふはー」と
なってしまいます! (笑)









05308b53-s_convert_20180324172728.jpg









さてさて、その翌日ですけど悠のロッカーにはなぜかラーメンのクーポン券がたくさん置かれていました!

それは言うまでもなく小泉さんのしわざなのですけど、お礼がラーメンクーポン券というのも小泉さんらしいですし、
その様子を陰でこっそりと見ている小泉さんは不器用なんだけど「かわいい~!」というオーラに溢れていたと思います!

悠 : 小泉さ――

小泉さん : 昨日のお礼です

悠 : 逃げた!

悠 : ねえ!これって“一緒にお店行こう”ってこと?

小泉さん : 違います。お一人でどうぞ

悠 : またまたー!ホントは一緒に行ってくれるんでしょ?

小泉さん : お断りします

悠 : 楽しみだなー!

うーーむ、このあたりの流れは「ラーメン大好き 小泉さん」を語る上では鉄板の安定した流れですね~!










7ea1c6e3-s_convert_20180324172513.jpg




42d035fc-s_convert_20180324172552.jpg





d1b5583b-s_convert_20180324172807.jpg









「ラーメン大好き 小泉さん」において第5話でもこの「トマトラーメン」が冒頭で登場していました。

そしてこのシーンではなんと・・! 小泉さん単独のナレーションから開始され、小泉さんの「実は私は・・」みたいな
心の深層を吐露し、「えーー、小泉さんは実はそんなことを思っていたんだ・・!?」と思わせておいて、
実はそのナレーションはいつものように小泉さんにつきまとっていた(?)大沢悠でした~! (笑)

最近の私のお気に入り――真っ赤なトマトラーメン

つるつるした縮れ麺に絡む、仄かな酸味と甘みのトマトスープ。更にそこにトロトロのチーズが溶け合って…

うーん、これは…堪りません

そしてトマトラーメンのもう一つの楽しみ方と言えば…

ご飯を残ったスープに投入してリゾット風に…これもまたこのラーメンの醍醐味・・

トマトラーメンと言えば…以前、悠さんに作って頂いたラーメン。あれもトマト味でしたねぇ・・

フランスではトマトを“愛のリンゴ”と呼ぶとか。つまりトマトは愛のメタファー
確かにあのラーメンは愛情がたっぷり詰まっていました…

いつも素直になれなくて冷たい態度ばかり取ってしまうけど…私だって本当は悠さんと仲良くなりたい

この熟れたトマトのような熱い想い…!いつか貴女に伝えたい…

うーーむ、このあたりの大沢悠のナレーションはまさに悠の「すさまじい妄想」以外の何物でもありませんでしたね~(笑)

第3話での悠の自宅でのトマトラーメンの話がここでも再度活きていたのは構成がうまいと思いましたし、何よりも
小泉さんが食べていたトマト風味のリゾットは本当に美味しそうですね~!
あれは私もトマトのホイール缶を使用してこの夏にぜひ作って食べてみたいです!

そして小泉さんの「さっきから何ぶつぶつ言ってるんですか?鬱陶しいです」はいつもの小泉さんそのものでしたね~!(笑)

そうそう、第3話での悠のエプロン姿はアニメ版もよかったけど、原作コミック版はもっと素晴らしくて、あの悠は
正真正銘のボーイッシュな正統派美少女そのものでした~!!







yasasa03_convert_20120527163903.png









さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂く作品は、上記で「トマトラーメン」の事をグダグタと書いてしまいましたので、それに呼応する形で
アミグリさんが2012年5月に描かれたオリジナル作品というのか、野菜をアミグリさんとしてとてもゆるく可愛く
描かれた野菜のイラストです!

アミグリさんの「オリジナル作品」というとやはりすてきな美少女系という作品が多いのですけど、
時折描かれるまんまるな感覚がなんとも不思議でゆるかわいい「謎の生物」といった
作品の感覚に近いものがこの「アミグリさんが描かれた野菜」と言えるのかもしれないですね!

なぞの生物のあのまんまるの感じがどことなくお団子っぽくも感じられ「食べちゃいたい!」と感じさせてくれましたけど、
今回の作品も「野菜」という事もありますので、やっぱり「食べちゃいたい!」と感じさせてくれるのが
あると思います。
美味しそうなんだけど、食べるのがもったいないみたいな可愛らしさもそこにはあるのだと思います。

ちなみにですけど、アミグリさんの野菜観としては、
「ちなみに私は玉ねぎが苦手です。トマトときゅうりも苦手;;
だけど描くのは好きです^p^
ジャガイモと大根は大好きですね~」というものか゜あるとの事でした・・(笑)

ちなみに私は野菜は、しいたけ以外は何でも食べられると思いますし、にんじんもピーマンも大好きです! (笑)

関係ないですけどもアミグリさんの第二ブログともいえそうな「つなビィ」ではたまにですけど、アミグリさんが
食べようとされていたカップヌードルの画像も登場していたりもするのですけど、
アミグリさんもラーメンを食べた後には、小泉さんのように「ふはー」とされるのかな・・?? (汗・・)









iroyasa-i_convert_20120206102317.png








続きまして上記の「アミグリさんが描かれた野菜」のすてきな姉妹編ともいうべき2012年2月に描かれた
同じく野菜のイラストというのか、擬人化されたこれもまたとってもゆるくてかわいい擬人化された野菜です。

ちなみにこの2012年2月の野菜は当ブログでは初めての転載&ご紹介になります!

上のイラストと同様に擬人化された野菜ちゃんがとてもかわいいです~!

でもこんなかわいい野菜ちゃんでもゆゆ様が見てしまうと「食べちゃいたいくらいかわいい・・」となってしまいそうですね・・(笑)

上のイラストがトマト・じゃがいも・玉ねぎが含まれているということで「゛トマトカレー」みたいなメニューも考えられそうですけど、
下のイラストはにんじん・きのこ・ブロッコリーが含まれていて、こちらは「冬のシチュー」を思い出してしまいそうですね!

キャベツだけがなんだか涙目になっているのもちょっとかわいそうだけどかわいいです~!

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんが描かれた野菜の擬人化イラストは、
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも当ブログへの転載やご紹介を快諾して頂きありがとうございます!

今週土日のいずれかには、先日の「アミグリさんが描かれたプリパラ特集」の続編も登場してきますので、
是非当ブログや dream fantasy の方も
ご覧頂けるととっても嬉しいです!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

トマトよく食べます。ちょっと値段が気になるときは、手が伸びにくいですけど。チーズに、トマト。ラーメンですか。なんだかちょっとイタリアンですね。でも味がそれとなく想像できます。さっぱりしていておいしそう。ある程度、歳を経ると、その良さはわかってきそうですね。ヘルシーで女性も好みそうですよね~^^

トマトのパスタ好きです(^p^)
去年はミニトマトがたくさんなって食べ放題状態でした(* ̄∇ ̄)ノ
一見激辛ラーメンに見えるトマトラーメン
見つけたら食べてみましょうかね(^○^)

こんばんは。

生トマトの食感が苦手というのは少なくないお話ですよね。
私は平気ですけれど同僚に苦手が人がいて、その人も「加工したトマトなら大丈夫」らしいです。

北海道を周遊していて、様々な「ご当地トマトジュース」に出会うことができました。
缶ジュースや瓶詰めになっているものもあり、購入して車内で飲んでいたりしたのを思い出しました。

トマト

八咫烏(全力稼働中) 様


トマトのリコピンは人間の健康には不可欠な要素の塊りでもありますし、医者いらずの食べ物とも言えますので、
こうした熱いスープ冷やしラーメンとして応用して食べるというのは理に適っているのだと思います。

生でサラダとして食べるとあまりおいしいとは感じないのに、ジュースとして飲んだり、チーズと絡めたりする事で
味と言うのか雰囲気が劇的に変る「魔法の食べ物」とも言えそうですね。

うらやましいです!

みけねころんそう 様


これは昨年の記事でも散々書いていましたけど、昨年の夏はあんなに酷暑だったのに、うちのプランターの
ミニトマト・枝豆・きゅうり・とうもろこしは歴史的な不作でして(泣・・)
例年だとたくさん実をならしてくれているミニトマトがほんの数個しか収穫できず残念でしたので、
みけねころんそう さんのミニトマトがそんなにもたくさん収穫できたことはとてもうらやましいですし、
「すごいなぁ・・」と感心したものでした!

やはり自家栽培のトマトの味は格別ですよね!

トマトジュース

冬音 様


トマトってあのガブっとかぶりついた時の酸っぱい感じと小さなタネがちょっとね・・という人が多いのかも
しれないですね。
そうした課題が克服されているトマトジュースやパスタがあんなにも人気があるというのも、
人間のすてきな知恵の集積と言えるのかもしれないですよね。

道内にも道内の駅にも私たちが知らないようなすてきなご当地トマトジュースがたくさんあるのかもしれないですね~!

トマトラーメンとかトマト鍋みたいなトマトを使ったメニューをよく見るようになりましたね。私はトマトは変に手を加えず生でかじりたい人間なもので、「それ合うの…?」みたいに考えてしまって手を出しづらいのですけどファンは多いみたいです。
たしかにトマトにチーズの組み合わせはパスタみたいで美味しそうかも。

悠は相当おかしな子でしたけど小泉さんの胃袋を掴んでしまうアレンジ力はすごいものがありますね。創作ラーメンも美味しそうで試してみたくなるものでしたし、「女の子をデレさせるにはまず胃袋から」という勉強になりましたw

クリーミートマト、食べたぁ~い♪
チリトマも美味しくて好きだから
きっとコレも口に合うはず♪(´∇`)
ぜひ、食べてみます!

トマトラーメン

schwert  様


昨年は不作ですけど、うちのプランターでも毎年トマト・ミニトマトは栽培していますが、やはり一番おいしいのは
生でがぶりと食べる事とチーズをからめた冷製バスタと言えると思います!

道端で失神した小泉さんは私も是非是非お姫様抱っこしてお持ち帰りして、トマトラーメンをご馳走してあげたいですけど、
悠みたいに小泉さんを果たして「ふはー」と言わせることができるトマトラーメンが作れるかは自信は
ないですね・・(汗・・)
悠は意外と家庭的でお料理もうまそうだから、ヘンな子ではあるけど彼女にしたらとっても楽しい子になるのかも
しれないですね~

チーズとトマトは鉄板!

napo 様

日清のチリトマトは「辛い」という印象が先に来ますけど、このクリーミートマトは酸味とチーズのまろやかさが
口に広がりますので、濃厚だけどおいしいという印象が大変強いと思います。

トマトとチーズはパスタでも冷製バスタでもカレーでも大変相性がいいですので、こうしたラーメンでの組合せは
鉄板に近いものがあると思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4179-ec4279a0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |