FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


人間年を重ねると「衰えてきたなぁ・・」と感じるのは体力ももちろんそうなのですけど、それ以上に酷そうなのが
「記憶力の低下」という事なのだと感じます。

その記憶力の低下が一番象徴している事は「人の名前がすぐに出てこなくなった」と言う事なのだとも思えます。
20代~30代の頃ですと700人程度の顧客でしたらすぐに顔と名前が一致し、
その人の顔を見ただけで「あー、××町の△△さん・・」とすぐに出てきたものですけど、
現在は正直名前と顔が一致できるのは400~500人程度なのかな・・? (汗・・)
社内で唐突に現場監督が「××町の△△さんってどんな感じの人だったっけ・・?」と聞いてきても、
場合によってはすぐに思い出せず、社内共有端末を開いて過去の対応履歴を読み返してみて、
「あー、そうだった、そうだった・・以前にこんなことあったよね・・」と思い出すパターンが最近増えつつあるのは、
やはり私自身の脳のポンコツ化に起因するものと言えるのかもしれないですね・・(汗・・)

うーーむ、やっぱり年は取りたくないけど、生きている限りは毎年一歳ずつ年は増えていくのだから、これは避けられない
宿命なのでしょうね。
そうした意味でも「脳内のポンコツ化」とか「脳内のフレッシュ性のキープ」という意味においてこうしたブログで日々何かしら
文章を書き記すという事は、やはり何かしらの意味があると言えるのかもしれないですね。

この事は2015年頃の記事にも一度書いたことがありましたが、以前こんな出来事がありました。

京浜東北線のさいたま新都心駅からコクーンに向かう比較的長いデッキを歩行している際に、
いきなり中年の二人組の男性から
「あれ、ご無沙汰していますね!! その後お元気にされていましたか?」と
いきなり声を掛けられたものの、全然その顔に記憶がありませんでした。
相手の風貌・印象が何となく「設備屋さん関係なのかな?」とも一瞬感じたのですけど全然名前が出てきませんでした・・(汗)
過去の記憶の引き出しを一生懸命開いて、
「うーーん、金融機関在籍時の顧客かな?」
「なんとなく電気工事関連みたいな雰囲気もあるから、住宅メーカー時代の下請け関連さんかな・・?」
「それとも今現在の職場関連?? さすがにそれは無いよね・・」
「それとも案外近所の人・・・?? 自治会関係・・・??」
色々と記憶を辿ってみたのですけど、全然記憶にないし、思い当たる節がありませんでしたし、
全く思い出すことが出来ませんでした。

そのため、仕方なく、「どちら様ですか?」と尋ねてみるとがっかりしたような表情をされて
「もう覚えていないのですね・・・残念です・・」と言われてしまい立ち去ってしまいました。

えーーーー、なんかこれって当時は思いっきり後味が悪かったですね。
その人にとっては私の事をもしかして「色々と繋がりがあった人、懐かしい」という感情を抱いていたのかもしれませんけど、
その当人が全然記憶にないという事は
私にとっては、もしかして逆にその人の事が全然何とも思っていない人という事になるのかもしれませんし、
本当に全然記憶にないという事なのかもしれませんけど、
あれ以来たまにですけど、「結局あの人は誰だったのかな・・?」と脳裏をかすめる事もあったりもします。

「あの人、一体誰なんだろう・・」
「もしも本当に過去の自分と何か接点があったとすると、どういう関わりがあったのかな?」と気になってしまうのですけど
結局全然記憶が蘇ってきませんでした。
その二人組の単なる勘違いという可能性もあるかもしれないですけどそれを確認する術は無いですからね。

この件に関しては結局あれから数年に渡って無性に後味が悪く、すっきりしないものがあったものでした。

だけど人間の記憶と言うものは時に面白いものがあり、こうした3年前のちょいと後味が悪い記憶に関して
突然何の脈絡もなくある日突然「正解」が脳裏に思い浮かぶ事もあったりしますから、人の記憶のメカニズムというものは
興味深いものもあったりもしますね。

その3年前に「ご無沙汰しております」と声を掛けて頂いた方の名前と記憶が、先日そのさいたま新都心駅のデッキを
歩行中に、
さいたま新都心駅→私が2001年~2006年に掛けて勤務していた住宅メーカーとお付き合いがある下請けさんで、
当時、上下水道の引き込みや埋設で大変お世話になっていたW社と
既存建物の解体工事でやはり当時何かとお世話になっていたS社の本社がここさいたま新都心にかつて存在していた
と言う事をはっ・・と唐突に思い出し、
「あ・・あの時のあの二人はS社のうちの会社の見積り担当だった人じゃん・・!」とようやく思い出しました!

そっか・・だから当時さいたま新都心駅でばったり出くわしたという事になるのですね。

だけどこうやってあれから3年以上経過しているのに、そうした過去の記憶がある日突然ふっ・・と蘇る事が
あるというのはやはり人の記憶というか人間の脳内のメカニズムはまだまだ「未知の領域」と言えるものがありそうという
事なのかもしれないですね。










3393a2ae_convert_20150928135630.jpg









さてさて・・当時私自身が発した「どちら様ですか?」という言葉は
歴代プリキュア達でも誰かが言っていたな?と突然自問自答してしまい(苦笑・・)
今度は何だかこちらの方が気になってしまいましたぁ~(笑)
少し考えてみたら、二つほどありましたね・・・
一つはドキドキプリキュア第6話の最後においてありすがベールに対して発した言葉でしたし、
二つ目は姫プリにおいてはるかが、ミス・シャムールに対して発したものでした。

他人から「どちら様ですか?」と聞かけて「名乗る必要はない・・・」なーんて、ある意味大変失礼な答えなのですけど、
一度上から目線的にこんな言葉も誰かに言ってみたいなというのも少しはあったりもしますね(笑)

冒頭の「記憶力の低下」についてですけど、私の場合、バロメーターの一つが
歴代プリキュア全員の変身前の名前とプリキュアとしての名前が一人でも出てこなくなったとしたら、
その時が私のボケの兆候なのかもしれないですね・・
現在だったら、東方の過去ゲームの時期と登場キャラがすらすら出てこなくなった時こそが危険水準
なのかもしれないですね・・(汗・・)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

あー、ありますあります。私もすぐに名前とか忘れてしまうので。いや、でも人間ってのは、必要ではない知識は生存のためにすぐに忘れるようになっているわけですよね。となると、大変に失礼ではあるのですが、忘れてしまってもよいのかと^^;ただ、たまにこれは生存に必要じゃない?ってことまで忘れてしまう私ではありますが^^;

記憶力の低下・・

八咫烏(全力稼働中) 様


必要ではない知識は生存のためにすぐに忘れるようになっている・・

確かにその通りだと思いますけど、最近の私は業務の上で必要とは思える顧客の顔と名前を時に忘れてしまう事は
「やっぱり年なのかなぁ・・」と思ったりもしますね・・(汗・・)

大好きな事や興味津々だった事に興味を失った瞬間が人にとっては認知症の始まりと言えるのかもしれないですね・・


6年ぶりに…

この4月に転勤で6年前まで赴任したところに戻りました。
(転勤とはいっても勤務先が市内にしかないので引っ越しが発生しない)

そこの場所は4年間勤務していたのと、
小ぢんまりとした小さな集落(人口数百人程度)なので、
住民ほぼ顔見知り。

赴任初日に、たまたま外回り(現場仕事)の用事があったので、
車で移動し、車から降り立つ度に、
何人もの知り合いを見かけたのですが、
そのたびに住民から二度見三度見で振り返られ、
「あれ?昔ここいた〇〇さんですよね?」
「何でここにいるのですか?」
「今日は何の用事ですか?」


過去、そこの地に2度赴任した例がほとんどないところで
聞いた話だと退職者(自分が知らない年代)で2人か3人、
現役の人(50代後半)でも1人、それも30年前に勤務し、再赴任するまでに20年近く経ってからだったとのことで、
当然住民の記憶から、ほぼ消え去っていたらしいのです。

予想外の短期間のうちに舞い戻ったので、
良くも悪くも住民大パニック(笑)

お疲れ様でした~!

某大学の卒業生 様


たとえ引っ越しは伴わなくも異動や転勤と言うものはなにかと負担が掛りますよね。

春先からの人事異動本当にお疲れ様です!

でもこうやってかつて自分が住んでいた所とか仕事をしていた所に舞い戻ってくるのも懐かしい感じはあるけど
同時に不思議な感覚もありそうですね。
私も大学で3年間住んでいた都内の中野区に8年後にそのエリア担当として戻ってきた際も
「浦島太郎」状態で、以前とはかなり雰囲気も変わっていましたけど、
なつかしい以上に不思議な縁みたいなものを感じたものでした・・

人生であれほど二度見されたことはありません(笑)

地域的に高齢者が多いところで、
当時30代半ばの自分にとっては
ほぼ孫扱い。

10年前に初めて赴任した時は、
「ウチの孫娘を嫁にもらってくれんか?」と、
リアルに言われたことも。
(もちろん、嫁も子供もいましたのでヤンワリお断りを…)

昨日、今日と現場に出て、
行く先々で顔見知りの人とすれ違うたびに、
住民の方、一瞬立ち止まり、
「え?ええ?えええ???!!!」
てな感じで、
わざわざ追いかけて、確認しに来る人まで。

何人かは、
「お隣の××さんに聞いたのだけど、
 〇〇さんが帰って来たと聞いたんで…」
と、職場まで(用もないのに)ワザワザ確認しに来た人も。


転勤3日目ですが、もう慣れました(笑)

それだけ人気がある証拠ですよ~!

某大学の卒業生  様


それって間違いなく某大学の卒業生 さんがそのエリアの皆様からその人柄・仕事ぶりを評価されていて
「ああいうすてきな方がまた担当してくれないのかな・・?」とひそかに期待していたら思いがけずにそれが
実現してしまい、エリアの皆様もうれしくて仕方がないという事なのだと思います!

地域の皆様にとっては「伝説のあのすてきな人が戻って来てくれた~」という感じなのかもしれないですし、
吹奏楽コンクール風に言うと
久しぶりに山口県の玄洋中学校が全国大会に出場してきた~!みたいなことなのかもしれないですね!

本当に全く知らない人に声かけられたことありますけどね。
仕事で初めて行った場所で自転車で通りがかった兄ちゃんに

「あっ、お久しぶりです、元気~?」

って言われて本人は走り去っていったという……
どう考えても知らない人でした。
たぶんその兄ちゃんの知り合いと似てただけなんでしょうけど、しばらくモヤモヤしてしまいましたね。

他人の空似・・??

かめとと 様


こういうのってちょっと不気味なんだけど「あの人誰だっけ・・?」と思い出すのもなんか面倒なもの
ですよね・・

人間には最低でも7人程度のよく似ている人がいるとも言われたりもしますけど、その内のお一人がかめとと様だったのかも
しれないですね・・(笑)
どちらにしても少しモヤモヤする話でもありますね。

顔がわからなかったり名前がわからなかったりすると、私も
「年だ…」とよく思います。でもぬくぬく先生は3年経った後に
思い出せたのだから良いではないですか!…私は夫と話した事
などを忘れてしまう事があり、昨日も落胆させてしまいました。
…でもコレは夫もポツポツでてきたのを先日発覚したので、
「お互い様ね」と思えるようになりました。
疲れてくると記憶も曖昧になるのですが、夫に言わせれば
「ボクの話を上の空で聞いているからだ」と…(^^;

お互い様ですね~(笑)

薬屋の嫁 様


> 疲れてくると記憶も曖昧になるのですが、夫に言わせれば
> 「ボクの話を上の空で聞いているからだ」と…(^^;

あ・・これは我が家でもしょっちゅう、うちの奥様から言われていますよ・・(汗)

私も彼女の他愛も無い話などは結構上の空というのかほとんど聞いていませんので
「また私の話を聞いてくれない~」とか何とか言われてご機嫌斜め状態にさせてしまうことはよくある話だと
思います・・

ただ「記憶の低下」とか「人の名前や地名がなかなかでてこない・・」というのはお互いに
増えてきたのかも・・と感じさせることが多々あるのは
やはり加齢なのかもしれないですね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4178-1144bf24
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |