FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2015年暮れに公開された劇場版「ガールズ&バンツァー」、およびガルパンの映画、最終章は本当に素晴らしいですね!
特に2015年版の映画は続けざまに計2回も映画館に足を運ばさせて頂きましたが、
私がこれまでの生涯で、短期間に同じ映画を複数回以上映画館で見た作品は、このガールズ&パンツァーと
ハピネスチャージプリキュアの映画「人形の国のバレリーナ」の2作品だけです!

よく頭の固い御方が「アニメ作品の映画は芸術としての映画ではない」とか「アニメ映画は所詮は娯楽作品」とか
言う人がいまだにいたりもするのですけど、 私としては「分かっていないなぁ・・」という感じですね!

とにかく「アニメ映画は映画じゃない」とか何とかいう皆様には、是非是非この「ガールズ&バンツァー」だけは
見て頂きたいと思います!
とにかくあの迫力! 戦車の轟音と振動!! ストーリーとしての感動性!!
あの映画を観て何も感じない方は・・ちょっと・・申し訳ないですけど「人としての感性」がどこか欠けているのではないか・・と
思ってしまうほど、とにかく見「絶対に損はしない作品」だと思います!!
あの映画を観ないで死んでしまうなんてとにかくそれは本当に勿体無い事だとすら思えます!

さてさて、この感動的な「ガールズ&パンツァー」の映画では大活躍を果たしかなりの見せ場も作っていた間に
アニメ本編ではほんの数秒程度の出番で終わってしまった御方と言うというまでもなくアンツィオ高校の隊長のアンチョビでした!

アニメ本編第7話だけを見てしまうと、アンツィオ高校の登場はラストシーンのほんの数秒のみで終わってしまい、
アンチョビがひっくりかえったカエルみたいに最後はへたれこんでいるシーンで閉じられてしまいましたので
あれは見ていた人は・・・
「どんだけアンツィオ高校は弱くてポンコツ高校なんだ・・ つい先日戦車道を始めたばかりの素人集団の大洗女子に
叩きのめされて敗北するなんて・・」と
アンツィオ高校=ヘタレ集団といったとんでもない誤まったイメージを持ってしまった人も相当多かったのではないかと思います。

だけど天は(バンダイ=ナムコは)決してアンツィオ高校を見放してなかったという感じなのだと思います!

アニメ本編終了後のOVAという番外編みたいな形ですけど、2回戦のアンツィオ高校VS大洗女子の戦いにも光を当ててくれ、
大洗女子の二回戦突破は決して楽勝ではなかったし、アンツィオの隊長のアンチョビもアンチツィオ高校自体も
実は全くヘタレではなかった・・という事を立証してくれただけでもガルパンファンとしては「感涙!!」という感じですね!!

当ブログでも聖グロリアーナ学院のダージリンは実は日本人だったネタを何度か書かせて頂いたのですけど
このアンツィオ高校の隊長のアンチョビも実は安斎千代美という列記とした日本人です(笑・・)
それとどうしてこのアンツィオ高校の本籍地は、海がない栃木県なんでしょう・・・??
それゆえ、アンツィオ高校は静岡の清水港を母港に充てているのがとても面白いです!

アンチョビというのは実に魅力的なキャラだと思います!

情に厚いし、仲間思いだし義理堅いし、それでいてあの独特なあのツインテールはとてもかわいいものがあると思います!
アンチョビは、個性的で短気集団の塊りみたいなアンツィオ高校の戦車道の隊員たちを苦労しながらもしっかりとまとめ、
サンダース高校の隊長のケイに近いような感じでさっぱりしながらもノリと勢いがあるキャラ設定となっていました。
みほがかつて「戦車乗りの人は頭に血が上りやすい人が多いから」と言っていましたけど
アンツィオの隊員たちはまさにその典型という感じでしたし、「イタリアの陽気なノリ」そのまんま!!でしたね!!
そうした血気盛んで性格が濃そうな面々を時に恫喝し、時に優しくなだめ、時に激励し、
メンバーがピンチの時には真っ先に駆けつけ、仲間思いで 、本当に義理と人情に厚く、「義」の人!!という感じがします。
メンバーからの信頼もかなり厚いようで、血気盛んなぺパロニもアンチョビの事は「姐さん、ねえさん」と呼び
かなり慕っていたのは大変印象的でした!
(後述しますけど、このぺパロニはガルパンの全ての登場キャラの中でも最大クラスのアホの子というのもとても楽しいものが
あったと思います!)

このアンツィオ高校のメンバーは、全国大会出場チームの中では一番濃いような気もしますし。
杏の言葉じゃないけど「ノリと勢いだけ」はありそうなチームだと思います。
そしてアンツィオ高校がすごいのは、大洗女子と同様に戦車道の実績は最近は乏しく、しかも貧乏校であるため
大洗以上に保有する戦車の性能は低いしポンコツ戦車ばかりですし。
そしてメンバーも、副官のカルパッチョは別にして同じく副官のペパロニは典型的な「アホの子」でした!
ポンコツ装備にアホなメンバー、そして戦車は大洗女子の戦車が巨人に見えてしまう程のちびっこ戦車ばかりでした。
それを率いて類稀なる統率力を発揮しての一回戦突破はさすがアンチョビ!!という感じでもありました!

それにしても副隊長の一人のぺパロニの「アホの子」ぶりがとっても面白かったです!!

とにかく単純でアホで明るく元気で 、人を疑う事は多分皆無で。
偵察に来ていた自称・転校生の秋山殿を全く怪しいとも感じずに、アンツィオの秘密兵器の事まで
ペラペラとノリノリで喋っていたのは大変面白かったですし、結果的にアンチョビの「マカロニ作戦」を
崩壊させてしまったのはぺパロニのアホの子ぶりが最大の要因というのもアンツィオ高校らしい話だったと思います。

さてさて、本記事においては、アンツィオ高校の熱血隊長のアンチョビりプレミアムフィギュアのレビューをごく簡単に
させて頂き、アンチョビというと黒リボンで結んだドリルツインテールと黒マントといった外見が大変特徴的でも
あると思うのですけど、黒マントというと思い起こすのは・・・、そう!
「dream fantasy」のアミグリさんが2018年最初に掲載されたアズールレーンの神秘的なキャラとも言えそうなエレバスだと
思いますし、エレバスのあの独特なパーカーと黒マントが大変印象的でもありますので、
久しぶりに「アズールレーン」からこのエレバスを再度皆様にご覧頂ければと思います。















アンツィオ高校には上記で書いた副官なんだけどアホの子のぺパロニと
多分ですけどアンツィオ高校内では最もクールで節度があり聡明な雰囲気を醸し出しているカルパッチョという
やはり副官の子がいるのですけど、
存在感と言うとやはり隊長のアンチョビの存在感が大変大きいと言えると思います!

大洗女子と同様に「戦車道」が衰退の一途を辿り、アンチョビが愛知県の学校からアンツィオ高校の戦車道の立て直しのために
スカウトされてきて、わずか3年で、あの何もないないの状態から全国大会出場を果たしていたのは
大変立派なものでした!
TV、OVA、そして劇場版へとアンツィオ高校が活躍の度合を高めたのも一重にこのアンチョビ人気あってこそなの
しれないですし、映画版におけるアンツィオ高校のあの活躍ぶりには目を見張るものがあったと思いますし、
カール自走式戦車をどうにかこうにか殲滅できたのも、映画全体の中で偵察役という役割を見事に果たしていた
アンチョビたちの活躍無しにはありえなかったようにも感じられます!

そのアンチョビを指揮棒を手にマントをたなびかせた堂々たる姿で立体化したのが本フィギュアです!

縦巻きロールの「ドリル式ツインテール」とも揶揄されるあの独特な髪型やリボンなど見どころ満載のフィギュアだと
思います。

このアンチョビのフィギュアの商品概要は下記の通りです。

商品名 : ガールズ&パンツァー プレミアムフィギュア“アンチョビ”
種類 : プライズ景品 全1種
サイズ: 全高約20cm
  箱:縦25cm 横15cm 奥行き13cm
  全長(台座+本体):19cm
  重量(台座+本体):138g
発売時期 : 2016年9月
製造元 : セガ・インタラクティブ








004_convert_20180318184446.jpg








このアンチョビフィギュアはUFOキャッチャー等のアミューズメント景品という事でプライズ系フィギュアなのですけど、
はっきり申し上げておきますと、このアンチョビのレヴェルの高さはとてもじゃないけど
プライズ系とは到底思えないほどの完成度の高さを誇っていると思います!
メーカー正規品のフィギュアと説明されれば「そーなのかー!」とまるで東方のルーミア状態になるのは間違いないと
思えます!

箱の元絵のデザインも素晴らしいのですけど、この元絵以上に見事に立体化されていると思います。

指揮棒を手に立ち姿が鬼気迫る表情ではあるのですけど、同時にちびかわいい~!といった印象すら
感じさせてくれると思います。
アンチョビというと「隊長」という立ち位置なのですけど、メンバーからはイタリア式に「ドゥーチェ」と呼ばれる事が多いですね!
ドゥーチェというとイタリアでは、親方・総統・総帥といった感じで、歴史的にはムッソリーニが名高いのですけど、
日本において「ドゥーチェ」と検索を掛けるとムッソリー二ではなくてこのアンチョビの方が上位にHITするというのも
ガルパン人気、そして何よりもアンチョビ人気の高さを物語っていると思います!

OVAでのあのあまりにも有名なシーン・・
チームメンバーから「ドゥーチェ!ドゥーチェ!」と熱狂的にコールされて一緒にノリノリとなるアンチョビはとてつもなく
かわいく見ている人達に強烈な印象を与えていたと思います!

アンチョビのPMフィギュアはかわいいけど、同時に指揮官・リーダーとしての凛々しさや強さも遺憾なく感じさせてくれていて、
とても魅力的だと思います。
かわいい要素はあの独特なあのツインテであり、
凛々しく強い要素は、作戦を立案しその作戦をメンバーたちに指揮伝達していく「私についてきなさい!」オーラと
言えるのかもしれないです!
このフィギュアの指揮棒からは「話は聞くけど最終的には私に全て従いなさい! 異議は一切認めない!」みたいな雰囲気も
醸し出していますけど、実際のアンチョビは、事前の根回しとか作戦終了後にダメだったメンバーにすかさずフォローを入れる
といった配慮とか優しさも見せてくれるすてきな指揮官・・否! ドゥーチェなのだと思います!








006_convert_20180318184507.jpg







黒いリボンで留められた緑色の髪のドリルツインテールはやはり大変インパクトがありますね~!

口を大きく開けていますけど、それはだらしないといった雰囲気は微塵もなく、大声で隊員たちを叱咤激励し鼓舞して
様子がすてきに伝わっていると思います!

ネクタイの僅かな緩みやマントののボタンなどとにかく細かい所までよく造形し表現されていると思います。

腰に手を廻しているのも独特の威圧感みたいな雰囲気もありそうですね!

そしてやっぱりこの雰囲気からはあの「ドウーチェ!ドウーチェ!ドウーチェ!ドウーチェ!ドウーチェ!」といった
隊員たちの掛け声が聞こえてきそうですし、
いかにも「頼れるリーダー」という雰囲気に溢れていると思います。
そしてとても頼りがいがある強いリーダーなのに見た目のドリルツインテールのかわいらしさとかミニスカ白タイツといった
外見のすてきなギャップにやはり萌えてしまいそうです!









007_convert_20180318184528.jpg








指揮棒を片手に伸ばした右腕を包む緊迫した空気すら感じさせるフィギュアだと思います!

「アンツィオ高校チームの戦車道は私と共にある!」みたいな凛とした雰囲気が見事に伝わっていると思います!








008_convert_20180318184548.jpg








なびく背中の黒いマントもとてもよくお似合いだと思います! 黒マントの皺の造型も「よくこんなところにまで手が入っている・・」と
感じさせる大変精緻なものがあると思います!

黒マントと言うと怪人とか森の中にひっそりと暮らしている魔女といったようにどこか神秘的な雰囲気もあるかとは
思うのですけど、アンチョビの黒マントは神秘的というよりは威圧的な雰囲気をもたらしているような感じも
ありそうですね~

アンチョビはどちらかというとちびっこなのですけど
(さすがにプラウダ高校のやはりちびっこ隊長のカチューシャみたいなおこちゃまといった雰囲気は皆無ですけどね・・笑・・)
黒マントを背中に羽織っているという事で、少しばかり大人びた雰囲気とか威圧感みたいなものを
醸し出していると言えるのかもしれないですね。








009_convert_20180318184608.jpg




012_convert_20180318184657.jpg









とにかくこのアンチョビフィギュアを見ているとアンツィオ戦OVAのワンシーンがリアルに思い出されます。
アンチョビが最もカッコよく見えるシーンをうまく切り取ったかのような雰囲気の完成度を誇っているのは
さすがですね~!

とにかくとてもじゃないけどプライズ系とは到底信じられないほどの完成度を誇る素晴らしいアンチョビフィギュアだと
思います!
ここには制作者の「すてきなアンチョビ愛」が結集していると言っても過言ではないものがあると思えます!





















さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
素敵なイラストのご紹介コーナーです!

上記にてアンチョビの黒マントは凛々しくかっこいいとか黒マントと言うと森の中の魔女みたいに神秘的な印象が
あると記しましたけど、
そうした黒マント姿で神秘的な雰囲気というと、アミグリさんが本年度一番最初にdream fantasy で掲載されていた「アズールレーン」のエレバスが強く印象に残っています。

アミグリさんの描かれたエレバスは一度転載をさせて頂いていますけど、あの黒マントにフードといったちょっと神秘的な
エレバスは強く印象に残っている作品ですし、
「新年最初に投稿された作品がいきなり今まで描いた事も無い初挑戦の作品」というインパクトも大変大きかった
ものですので、ここに改めて再度転載とご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記のイラストはアミグリさんが 「dream fantasyにて
今年の1月に新年最初に掲載されたアズールレーンのロイヤル陣営からのエレバスです。
エレバスの元ネタはイギリス海軍所属エレバス級モニター艦一番艦エレバスでして、更にここに
ヘクラ級臼砲艦エレバスの要素を加味して擬人化したキャラクターと言えると思います。
一番艦という事でエレバスにはテラーという妹がいたりもします。
分類としては砲艦に該当し、スキル発動時の決め台詞の「いっぺん、死んでみる?」 はエレバスを象徴する言葉なのかも
しれないです!
エレバスは死神っぽい雰囲気も多々あり、ちなみにエレバスという名前の由来は暗黒の神でもありますので、
全体的にはダークで悪魔っぽい雰囲気もあるのかと思います。

アミグリさんが描かれるエレバスは死神というよりも神秘的で神職みたいな雰囲気を醸し出されているように
感じられます。
ロイヤル所属ということでイギリス淑女みたいな雰囲気もうまく表現されていると思います。
そして艦装は黒と白を基調としていてどことなく生と死または天使と悪魔みたいなイメージもあるのですけど、
アミグリさんが描かれるエレバスはそうした天使・悪魔というよりはゴスロリっぽい現代的なかわいらしさをイメージされていて、
とてもかわいいしどことなく霊感を宿している少女みたいな雰囲気があると感じました。

この長い銀髪もすてきですし赤い目も魅力的ですね!
そして猫耳っぽいフードは獣耳っぽいものも感じさせてくれていると思います。
黒いマントも神秘的な雰囲気を醸し出しているようにも感じられます。
アズールレーンのキャラの皆様は、獣耳・ゴスロリ・メイド服っぽいという御方が多いというのも一つの特徴なのかも
しれないですね。

とてもじゃないけどアズールレーン初描きとは到底思えない既に手慣れたものがあるようにも感じられますけど、
ゴスロリ・獣耳・銀髪・赤い瞳というのは東方キャラにわんさかいますので、東方キャラでのそうした経験が
アズールレーンでも存分に発揮されているのだと思います。

上記のアミグリさんが描かれたアズールレーンのエレバスは、
その絵の権利はエレバスの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

さてさて間もなく4月も終わりを告げようとしています。

3月は東方記念日とかイベントがてんこ盛りという事で当ブログの土日記事は東方オンリーという様相を呈していましたけど、
4月は東方以外の作品も結構なんだかんだ言って取り上げさせて頂く事が出来たのは
よかったなぁ・・とも感じております。

5月以降も当ブログ、並びにアミグリさんのすてきなブログ
dream fantasy」を
何卒これからも宜しくお願いいたします!

今度の土日記事は多分ですけど東方以外のフィギュアレビュー記事になるかとは思いますが、こちらの方も
何卒宜しくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ガルパンをあまり知らないので、アンチョビって聞いて、食べものを想像してしまいました^^;しかし、かっこいいですね、このフィギュアも。表情もとても良いです。日本のアニメは映像作品として、実に高いレベルにあると私は思いますね。下手な映画よりも数倍おもしろいです。大洗へは撮影でよく行くので、少し手を出してみようかなとも思っています。でもはまっちゃうと、違った目的で行くことになり、写真が撮れなくなってしまうかもしれませんね^^;

不朽の名作

こんにちは。
アンチョビのかわいさを、これでもかと見せるフィギュアですね。
劇場版は11回も映画館に足を運んで、同じシーンで大泣きしました。
死ぬまで、この作品を超える回数で見ることはないかも。

このフィギュアは、
ちょ~っとキツめで勇ましいですね!
みんなを指図する感じ(´∇`)

こんばんは。

ガルパンの劇場版は、中々、美味しいストーリー仕立てでしたよね。

というか激中の文科省の役人、せこすぎw

でも、リアルで考えると、ガルパンって、
戦車の性能差が少しだけ抑えられてますよね。
どう考えても、露、独、米の一部戦車に、
伊や日の戦車じゃ太刀打ち出来ないですよねw

後、そうそう登場人物は、全員日本人なんですよねw

ガールズ&パンツァーは傑作です!

八咫烏(全力稼働中) 様


「ガールズ&パンツァー」の映画はとにかく号泣しますよ~!

あの映画を見て何も感じない人は人としてどこか欠けているのかも・・?と感じさせるくらいの素晴らしさが
あると思いますし、アニメ本編と合わせてご覧になる事は決して時間の無駄ではないし、
強くお勧めしますね~!

そしてなによりも大洗の町おこしに貢献している事は特筆すべきことなのだと思います!



世界に誇るべき名作だと思います!

五航戦の愛鷹 様


「ガールズ&パンツァー」の映画を見て感動しない人は人じゃないのかも・・!?と感じさせるくらいの
感動要素がこれでもかっと盛り込まれた日本が世界に誇るべき素晴らしきアニメ作品の一つだと思います!

それにしてもカール自走式とか観覧車滑落のシーンは何度見ても素晴らしいですね~!

アンチョビもあの映画ではきちんとアンチョビとしての役割も果たしていて大変立派だったと思います!

義と情の人!

napo 様


このアンチョビは義を欠く事が大嫌いで同時に情に厚い人でもありますので、無理やり隊員を強引に従わせるのではなくて
「この人のためなら頑張れるのかも」と自然に思わせるものを元から持っているキャラと言えそうですね。

指揮命令は発動するけど相手の話もちゃんと聞くという資質が備わっているのもすてきだと思います~!


豆タンク戦車

鳴らない携帯 様


ダージリンがなにかというとイギリスの格言を持ち出したり、二言目には「昔からイギリス人は」と言うのに
実際は日本人そのものというのがとても楽しい設定でもありました~!
プラウダのノンナはいかにもロシア人っぽいのですけど、あれは中の人が外大出身のロシア語バリバリというのも
大きかったのかもしれないですね。

アンツィオ高校のあのちびっこい豆タンク戦車は一台一台は弱いのですけど、砲撃を食らっても隊員が手動で
戦車を起こせるし、あんなチョコチョコ動かれると相手も相当イライラしそうですね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4172-590869c3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |