FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本記事の一つ上の記事が東方Projectのゆかりん=八雲紫様に関する記事ですので、
ゆかりんの姓の「八雲」という事に関連して、管理人の地元でもあるさいたま市周辺で最近通りがかった
さいたま市見沼区東大宮区に位置している「八雲神社」についてほんの少しばかり触れさせて頂きたいと思います。

昨年夏頃の記事において、
「さいたま市周辺には意外と八雲神社と名称がある神社もいくつかあったりするものだ」みたいな記事を掲載させて頂き、
浦和の常盤・元町、太田窪に建立されている八雲神社の事を簡単にご紹介させて頂きましたけど、
第二産業道路沿いの東大宮近くを仕事で通過中に「八雲神社入り口」という案内掲示板を見かけ
「見沼区にもこうした八雲神社が建立されていたのだ・・」となんだか嬉しくもなってしまいました。

私のように「東方Project」が大好きな人間の観点で見てみると、「八雲神社」なんて見かけてしまうと、
そうですねぇ・・どうしてもゆかりん=八雲紫様をついつい連想してしまいますし、そのイメージのせいなのか
「なんだ、この八雲神社は胡散臭い神社なのか・・!?」とか
「ミステリアスな神社なのかな・・?」とか
「うっかり立ち入ったら、神隠しという名の人さらいに遭ってしまいそう・・」とか
「年増の美しい巫女さんがいるのかな・・??」(滝汗・・!)みたいななんかヘンな妄想が沸き起こりそうな神社名と言えるのかも
しれないですね・・・(笑・・)

まったく・・・このブログの管理人のゆかりん好きというか「ゆかりん愛=八雲紫様大好き! 今すぐ結婚してーー!!」は
すさまじいものがありそうですね・・(汗・・)
先月の当ブログ記事は東方記念記事ラッシュとなりましたけど、東方においては、なぜか知りませんけど
ゆかりん=八雲紫様の記念日等は基本的にはありません・・(泣)
もしも「〇月〇日は八雲紫の日」なんていう記念日があったとしたら、その日は間違いなくゆかりん記事一色に
なるのは目に見えていそうな気もしますね・・(笑)

「八雲神社」というのは当たり前の話ですけど、全国的な観点からみても由緒ある神社の一つです!

八雲神社は、牛頭天王・スサノオを祭神とする祇園信仰の神社でして、
他に祇園信仰に基づく神社名称としては、八坂神社、祇園神社、広峯神社、天王神社、須賀神社、素盞嗚神社などが
あるようです。
八雲神社と言うと、市内に5社の八雲神社がある栃木県足利市の八雲神社が名高いのかな・・?とも思うのですが、
埼玉県内では、久喜・所沢・川越にある八雲神社が比較的有名なのだと思われます。

昨年の記事で書いた通り、浦和周辺にも「八雲神社」と記された神社が幾つかあるのですけど、
その中の一つで、常盤3丁目の自治会館の建物の目の前に「八雲神社」と明記されたかなり大きな提灯が
飾られていたのが印象的ではあったのですけど、
この自治会館の目の前にある神社の社名は「笹岡稲荷大明神」と記されていて、ここにお稲荷さんが二社あるものの
どこにも「八雲神社」という名前が表記されていなかったのはある意味興味深いものはありました。
昨年の記事の頃にはこの八雲神社のお祭りが開催中で
周辺には「八雲神社」というのぼりが立っているし、自治会館前には八雲神社と記された提灯があるというのに、
「八雲神社」という神社そのものが果たして本当に存在しているのかよく分からないという見方によっては
ちょっと謎要素も感じられたものです。
ゆかりん神社・・・じゃない! 八雲神社は胡散臭いというのか正体不明な神社なのかな・・?? (滝汗・・!)

当時そのように感じていた素朴な疑問は、実は今回取り上げさせて頂く東大宮の八雲神社でも感じたものでした。












003_convert_20180314182543.jpg


004_convert_20180314182601.jpg






東大宮の八雲神社ですけど、実はこの神社は樹齢600年とも言われる「砂の大ケヤキ」で大変名高いものがあります。

神社境内にはとにかく大木がそびえたっている事が大変多くて、そうした大木に何本も囲まれている神社にいるだけで
なんとなく心洗われるものとか神聖な雰囲気を感じるものですけど、
東大宮の八雲神社のこの「砂の大ケヤキ」の巨体さ・荘厳さには思わず圧倒される雰囲気がありそうです。
これだけの大木があるのだから神社もさぞかし広大で境内も広いのでは・・?と予想しがちではあるのですけど、
実際にこのスポットに参拝してみると一目瞭然なのですけど、神社そのものが砂の大ケヤキに比して
ちょっとしょぼすぎる・・(汗)みたいな雰囲気も感じられるのはなんだか面白いものがありますし、ここの神社に関して言うと
主役はあの大木なのかな・・?とすら感じてしまいそうですね。

八雲神社の御神木である砂の大ケヤキはさいたま市指定天然記念物に指定されています。
樹高30mでご神木の周りには大きな注連縄がかけられて周囲を威圧するようなあの独特の存在感は
見る人たちを圧倒する何かはあると思います。
樹下に祀られる観音堂は3月1日が祭礼日で、昔は馬頭観音馬寄せで賑ったと言われているそうです。







007_convert_20180314182647.jpg





砂の大ケヤキの脇にある建物が八雲神社なのかな・・?と最初感じたのですけど、
説明板によればこれは観音堂との事です、
馬頭観音像が以前にはお堂に納められていたとの事です。

普通の感覚としては、これだけ立派なご神木の真下に建立されている建物が八雲神社なのかなとも思ったりもするのですけど、
その建物は観音様をおさめている建物というのもちょいと微妙に肩透かしも食らったりもするのですけど、
そうしたちょいとした胡散臭さ(?)というのも東方で言う所のゆかりん=八雲紫様をイメージさせるものがあるのかも
しれないですね。






006_convert_20180314182710.jpg




005_convert_20180314182620.jpg






東大宮の八雲神社の境内には八雲神社、天満宮、御嶽山神社が鎮座しています。
上記で書いた通り、なんか先入観としては砂の大ケヤキの目の前に建立されている建物が八雲神社なのかな・・?と
思わせておいて実はここは神社では無いというのが大変興味深いです。

この砂の大ケヤキと観音様の御堂のすぐ先というか、小さな道路を隔てて反対側に説明板がありました。
この説明板に「天王様」とあるように、八雲神社はスサノウ様関連の神社と思われます。
こちらに建てられている二棟が八雲神社と天神社と思われます。
(こちらには常駐している神主さんや巫女さんはいないようですね・・だけどお賽銭だけは係員が毎日回収しているというのは
なんだかちょいと微笑ましいものがありそうです・・
霊夢の博麗神社なんて霊夢が毎日回収できるようなお賽銭なんて本当に入っているのかな・・?
博麗神社に入っているお賽銭というのはゆかりんをはじめそのほとんどは妖怪からのお布施なのかもしれないですね・・笑)
御嶽山神社は小高い山に祀られ、阿夫利神社をはじめ土地の信仰を示す石碑が多数奉納されていました。

今回の東大宮の八雲神社のレビュー記事において感じたのですけど、
八雲神社と天神社、御嶽山神社とそれぞれ名称があるのは分かりましたけど、それでは具体的にどの建物が
八雲神社に相当するのか・・?というのは実は最後までよく分かりませんでした・・(汗・・)
もしかしてなのですけど、八雲神社と天神社、御嶽山神社、砂の大ケヤキ、観音堂の全ての総称として「八雲神社」という名称が
あるのかもしれないですね。
この「八雲神社という名称は間違いなく存在しているのにそれが具体的にどの建物を指し示すのかよく分からない」というのは
昨年記事の常盤の八雲神社と構図はほぼ同じなのですけど、
「名前が存在しているのにその実体が実はよくわからない」という点に関しては、
実は住んでいる場所がどこにあるのかもいまだに謎である東方のゆかりん八雲紫様となにやら被っているようにも
感じられたのは果たして私一人だけでしょうか・・? (笑)

なんとなくですけど「八雲」という名称には、神聖なものとちょっと胡散臭いもの両方・・つまりは聖と俗とが
混在している事の表れなのかもしれないですね。

名称は八雲が付いているのに表面的な建物の名前にはその八雲という名前が見えてこない・・
うーーむ、これはどことなくですけど日本のある意味伝統的な「権力の二重構造」にも近いものがもしかしたらあるのかも
しれないですね。
真の実力者・影の支配者が表面には出てこないで、表面上の支配者を裏で陰でいいように操っている事を示唆しているなんて
書いたら「考え過ぎ・・」と言われるのかもしれないですけど、
やっぱり八雲神社関連ですと、表面的な建物の名称には八雲神社と表示されていないのに、全体的な名称として
地図や文献等では八雲神社と明記されていると、やはりどことなく二重構造的な香りみたいなものを
ついつい感じてしまいますね・・
霊夢の博麗神社にしたって、その表面的な管理者・責任者は博麗のすてきな巫女の霊夢なんでしょうけど、
その実質的な支配者は、ゆかりんと言えるのかもしれないですし
(ちなみに私の脳内妄想では、ゆかりんの真の正体は幻想郷内の龍神様です・・)
早苗さんの守矢神社にしたって、表面的な管理者・責任者は風祝の早苗さんなのでしょうけど、
実際の神社の管理運営は表向きは神奈子が仕切り、実態は諏訪子の好きなように管理運営できるという事になっている
というのもそうした二重構造という日本の古来からのお家芸を示唆しているのかもしれないです。

とにかく、神社いうものにはどこかミステリアスな謎要素の一つや二つあってもいいのかもしれないですね・・・




   


CIMG0455_convert_20170803064014.jpg



CIMG0456_convert_20170803064041.jpg




以前も書いた事があるのですけど、東方の公式書籍の漫画の中で描かれているゆかりんとしては、
「東方三月精」で描かれている威厳と存在感に満ち溢れているゆかりん=八雲紫様がとてつもなく大好きです!
やはり何度読み返してみても
「霊夢、あなたには勉強とお仕置きが必要なようね・・」と霊夢に巫女としての自覚を促す場面のゆかりんの存在感は
素晴らしかったです!

ゆかりんは「スキマ妖怪」という事で、幻想郷と私達が日々暮らしているこの「外界」を自由自在に出入りできる
東方では極めて貴重な存在と言えるのですけど、
もしもですけど、ゆかりんが外界において自分の姓と被る神社が寂れている光景を目の当たりにされると
果たしてゆかりんの心境としてはどんな感じになるのでしょうか・・?

「こうした大切な神社すら誰にもお詣りをされず寂れてしまう・・・・
 外界は既に夜も妖怪も誰も恐れはしない・・・
 観光地という事でもない限り、誰も神社になど目もくれない・・・という事なのだろうか・・・」

「東方三月精」におけるゆかりん=八雲紫様のこの言葉はかなり重たいものがあると思います。
外界から完全分離をしなければ「妖怪」の存在すら許されなくなった状況・・・
「妖怪たちへの畏敬」、人間達が「妖怪の存在」を認めて敬っているという事の証でも
あるのですけど、「誰も妖怪を恐れない」という事は同時にゆかりんをはじめとする妖怪・神・妖精・鬼・吸血鬼・天狗等の
非日常的存在を科学等の合理的思考が一蹴し完全否定される事で
自分達自身の存在意義が根幹から問われている非常事態とも言えますからね。
だからこそ、ゆかりん達は一大決心をし、幻想郷を外界から完全遮断し、ゆかりん達妖怪勢力が人間からの畏敬無しでも
存在できるように企画立案、そして有言実行したのです!

やっぱりゆかりん=八雲紫様は、多少胡散臭くても幻想郷最大のヒロインの一人と間違いなく言えそうですね!

最後に・・ふと思ったのですけど、本日レビューさせて頂きました八雲神社の砂の大ケヤキのあのとてつもない大きさは、
「東方三月精」で現在光の三妖精たちが棲み付いている博麗神社の境内内のあの巨木を彷彿とさせるものが
ありそうですね・・(笑)

あの八雲神社の大ケヤキには本当に妖精の一人や二人棲み付いていても全然おかしくは無い雰囲気はあったようにも
感じられますね・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ビックリしちゃった~
え〜~っ、コレが八雲神社?!と。
宮司さんや巫女さんがいなくても
もうちょっと立派な…と。
よかったよかった♪(^-^)

そして、
東方の小説版ってあるんですね〜

これでも・・(汗・・)

napo 様


同じ「八雲神社」でも今回レビューした神社はまだ管理が行き届いていると思われますが、
浦和周辺の八雲神社三社は夏場ですと草茫々などあまり管理が行き届いておらず参拝者も少なさそう・・という事で
東大宮の八雲神社はまだ恵まれている方なのかもしれないですね・・(汗・・)

神社も全ての神社が参拝者で賑わっている訳ではないのでしょうけど、縁あって地元に神社がこうやってある限りは
周辺の人たちもたまには参拝をして欲しいものですね・・

東方の小説版は結構出ていますよ~! ただ東方の世界観をある程度把握していないと、読んでも
「なんだかよくわからない・・」みたいな感じになりがちなのかもですね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |