FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


プリキュア5GoGOの第10話で満を持して「ミルキーローズ」が登場してきます。
だけどその前の回の第9話「名探偵こまち登場」は、歴代プリキュアシリーズの中でも
名作(?)の誉れ高い群を抜いて下らないアホな回ですので、
10話とのテンションの違いに感心させられます。
ま、それがプリキュアシリーズの良い所なのですけど・・




いつも思うのですけど、ミルキームーズの正体がミルクでなかったならば、
ミルキーローズはもっと好きなキャラになると思うのですよね。
あーあ、でも結局正体はミルクなんですよね・・・
それを抜きにしても、ミルキーローズの初登場回と二回目の登場で幹部のスコルプをいきなり撃破
してしまう所は、ホント、格好いいですよね。
歴代プリキュアの中でも、ミルキーローズとムーンライトの強さは、群を抜いていると
思います。
ミルキーローズは、人間社会の中では「美々野くるみ」として入り込んでいきますが、
くるみの初登場シーンも中々魅力的・・・
だけど、ベニスの商人をテニスの商人と言い間違えたり、バスケのシュートを味方陣営に打ったりと
微妙にドジしているのは、ミルクらしいご愛嬌なのかな・・?
やたらとかれんさんを褒めたり微妙にかれんさんを過大評価したり
のぞみの悪口を言ったりしている所は、もうこの時点で「くるみ=ミルク」というのがバレバレ
でしたよね。
第12話の時点で、ココ・ナッツ・りんちゃん・かれんさんは、うっすらとその辺りを既に悟っている
ような描写もありましたが、
のぞみ、ついでにうららも最後の最後までくるみの正体に全く気が付かなかったのは
さすがという所なのでしょうね。

「赤いバラと青いバラが力を合わせる」というのが、5GoGoのメインテーマとなっていましたが、
これは、プリキュア5のメンバーとミルキーローズがいかに心を一つにするかという事なのだと
思いますが、
厳しく言うと、シリーズ全体を通じて大きな心の成長は見られなかったミルキーローズに対して、
プリキュア5のメンバーというか、のぞみがその「大らかさと明るさ」でもって
自然にミルキーローズを含めて全員の心をオープンにし、まとめていった物語なのだと思います。
別にのぞみ自身が強いリーダーシップを持って、テキパキと指示を飛ばして訳ではないし、
作戦を立案したわけでもない。
だけど、のぞみという存在を全員が心の拠り所とし、
のぞみを中心に自然とまとまったというのがプリキュア5なのかもしれません。

「スマイル」はその点同じ5人構成ながら少し異なっていて、
みゆきは別にのぞみのように、メンバーの心の拠り所という訳ではないし、カリスマ性はほぼ皆無・・
だけど、スマイルの場合、全員が主役、全員が一人一人大切な事は自分の頭で考え切り抜けていくという
ストーリー展開を図っていき、
結果的に一年かけて、自立と共存という事を学習していったような気がします。

その点現役の「ドキドキ」は、メンバー全員が聡明な上に、
一人一人が自分の頭で考え、自分の役割を認識しているというのが凄すぎる・・・
まだ物語序盤なのですけどね・・
これから更なるドキドキと成長が待っているかと思うと、ドキドキのメンバーは最終的に
どんな大輪の花を咲かせてくれるのだろうと
期待大です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/416-9b0b0fce
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |