FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近うちの奥様から、
「自室の蛍光管が切れた~、買ってきて・・・」とまたまた例によって例のごとく「帰り道の使いっぱしりメール」が
飛び込んできました・・・ (汗)
彼女は、出不精の半分・引きこもりみたいな御方ですので、 私も「またか・・」みたいないつもの調子で
「面倒くさいのかも~」と半分ブツクサ言いながら、家電量販店に行ってきました。
その蛍光管は、少し特殊というか、普通の太さではなくてスリムタイプと呼ばれる極細管で、消灯時にうっすらと残光が残る
タイプ希望との事なのですけど、 実際に家電量販店に行ってみる事にしました。

以前の家電量販店に行くと、結構なスペースの「蛍光管コーナー」みたいな売り場があったと思うのですけど
最近では、LED照明に押されているせいなのか、 その蛍光管売り場が限りなく縮小されている感じでした。
そりゃそうですよね・・・・
電気代とか耐用年数を考えると、LED照明の方が圧倒的に優位性がありますから、こうした実態は予想通りですよね~!
数年後には蛍光管自体、日本の家電量販店から姿を消してしまうのはほぼ間違いないと思いますし、
もしかしたら「蛍光管」という言葉自体が数年後の日本では死語の世界と化している可能性が濃厚なのかもしれないですね。

事実、昨年の10月ですけど、白熱灯や蛍光管の大手製造メーカーのパナソニックが
「パナソニックの蛍光灯照明器具は、1952年にプル式の蛍光灯照明器具の生産開始から半世紀以上にわたって
家庭やオフィスを照らし続けてまいりましたが、政府による「新成長戦略」「エネルギー基本計画」並びに
一般社団法人 日本照明工業会の「照明成長戦略2020」の目標に基づき、
2019年3月末をもって蛍光灯照明器具を生産終了いたします」というプレス発表を正式に行い、この前後に三菱電機やNECも
それに付随する発表をしていましたので、
これはどうみても近未来の日本の家電量販店からは、蛍光管・白熱灯の売り場は全てなくなってしまうと思われます。

そうした動きを見越して実際の家電量販店でも蛍光管・白熱灯という商品自体の陳列が激減しているのだと思います。

LED照明器具は、私が住宅メーカーのモデルハウス営業だった頃の時代より既に存在はしていましたけど、
あの当時は「日本ではそんなに普及しないでしょ・・」みたいな事を予感させる価格設定だったと 記憶しています。
当時は、8畳用のLED照明器具は、5万ぐらいしていたような気がします。
だけど最近のLED照明器具は本当に安くなりましたね。
勿論、商品自体はピンキリだと思うのですけど、特にメーカーとか性能なんかを気にしなければ
8畳用であっても7000円程度で買えてしまいますからね。
しかも、耐用年数が10年ほどとの事ですし、その間、蛍光管の交換も不要ですから、
予想以上の普及が進んでいたのはある意味当然なのだと思います。
2011年の大震災の「節電ブーム」に乗っかる形でこのLED照明器具は随分とシェアを伸ばしていたようにも 感じられます。






陋榊・邂。_convert_20180307174523







そうした事情のため、先日行った家電量販店の蛍光管販売スペースはとてつもなく縮小されていました。
しかも、うちの奥様希望の「スリム管」の商品自体が極めて種類が少なくなっていましたね。
27形+34計の二つの管が一つに繋がった「ツインタイプ」でもありましたので、
最初に行った家電店には置かれていませんでした・・ (泣)
しかたなく二軒目に行った量販店でようやくそのタイプを買う事が出来ましたけど、
次回このタイプの蛍光管が切れた場合は、「メーカー生産中止」という事で、店頭には置かれていない可能性が
濃厚だと思います。
その際は、LED照明器具に変えるしかないですよね。
というか、我が家では、彼女の自室以外は全てLEDになっているのですけど、
うちの奥様は、「以前から私が使っているものでないとイヤ!!」というタイプでもあり、
中々こうした新しい商品を受け入れてくれないのですよね・・・ (汗・・)

そう言えば、最近、ホームセンターとか家電量販店とかコンビニやドラッグストアに行っても
カセットテープとかビデオテープって本当に見かけなくなりましたね。
カセットテープは時折見かけますけど、ビデオテープはここ何年も見かけなくなりました。
(カセットテープは100円ショップに行くと今でも普通に置かれている事が多いですし、家電量販店ではラジカセも
種類は極めて少ないですけど一応いまだに販売されている事はある意味驚きですね・・)
聞いた話ですと、
こうしたビデオテープというものは、店頭に置かれることは数年前からほぼ皆無との事らしいです。
ビデオテープを入手するには、アマゾン等ネットで注文するしかないようですけど、
蛍光管やビデオテープという言葉自体「死語の世界」になるのも時間の問題なのだと思います。

こうした日常の小さな出来事でも、「時代」というものは確実に変化しているものなのですね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。

蛍光管やビデオテープにカセットテープもそうですが、
裸電球も、絶滅に向かってますよね。

裸電球

鳴らない携帯 様


裸電球の絶滅・・少なくともあと5年以内には間違いなく起こりそうですね。

建築現場ですと、電気が通電する前の施工現場は裸電球だけがぽつんと点灯している事がよくある話で、
それも間もなく携帯式のLEDが主流になっていくのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |