FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


ユーモレスク

自分自身は、父親が陸上自衛官という事もあり、最終的に両親が仙台に家を建てるまでの間は
転任が多く、必然的に幼稚園・小学校は4回も転校したものです。
小平市⇒船橋市⇒松本市⇒仙台市⇒泉市(後に仙台市と合併)と転々とし、
「転校生」の難しさと入り込んでいく世渡り方法なんかは誰よりも分っているつもりです。
自分自身は、基本的には「人間嫌い」・「他人との関わりが苦手」・「一人でも生きていける」という
タイプなのだと思いますけど、
仕事とか、対顧客の折衝何か、それなりに無難にこなせるのは、
子供の頃の転校生の時の「処世術」で身につけたもの大だと思っています。

松本時代の小学校は、2年も在籍していませんでしたが、
「旭町小学校」と言って、当時既に開校100周年間近の木造のホントシャレにならない程の
ボロボロ校舎でした。
確か長野県内では、開智小学校に次いで二番目に古かったような記憶があります。
だけどあの昭和レトロみたいな木造ボロボロの校舎は、とうの昔に解体・新築されて現在は
存在していませんが、映画撮影に打ってつけの場所になっていたかもしれません。
でも本当に汚いボロボロの学校でしたけど、何か「木の温かさやぬくもり」は伝わってくるような
雰囲気でした。

この学校は、放課後になるといつも下校を促す音楽が流れていました。
哀愁を帯び、聴いていると「あ、もうこんな時間・・そろそろ家に帰ろう」と感じたものです。
何か懐かしいのだけど、寂しい、でも音楽が暖かい
そんな感じのメロディーでした。
後に、この曲は実はドヴォルザークの「ユーモレスク」というヴァイオリンのための小品という
事を知ることになるのでした。
この曲を初めて聴いたのは、確かサントリーホールでの演奏会だったと思います。
曲名は全然記憶にないのですが、
前半に誰かのヴァイオリン協奏曲をプログラムに組み、確かソリストは戸田弥生さんだったと
思います。
前半の協奏曲終了時にアンコールを演奏するのも珍しいと思うのですが、
その時に弾いていたのが、この「ユーモレスク」だったのです。
その演奏を聴いて、何かあの松本のオンボロ木造校舎の記憶がよみがえり、何かとても懐かしく感じた事が
印象的です。

以前、子供の頃、日曜日の「キューピーバックグランドミュージック」のエンディングのBGMが
ラフマニノフの「バカニーニの主題による狂詩曲」のあの有名な第18変奏で、
初めてこの曲を聴いた時に、「あのキューピーの音楽はここの部分から流していたのか」と
驚いた事がありましたけど、
それと似たようなものですよね。
やはり子供の頃聴いた印象的なメロディーと言うのは大きくなっても意外と頭の中に
残っているものです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/415-fc5fabf8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |