FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


普段の仕事というと車が移動手段のほとんどであるのですけど、私自身は車内ではラジオを付ける事がかなり
多いですね。
そして掛けるラジオ局はほとんどがTBSかNHKのどちらかですね。
(高校野球とかプロ野球の時期だとNHKの方が多いのかな・・?)
いつものように何気なくラジオを付けていたら、そこで人生相談みたいなコーナーがあり、そこで相談されていた内容は確か・・
「今度間もなく30になろうとしている娘が同棲生活を始める事になったけど、その場合事前に相手方の両親に
挨拶に行く必要はあるのか、もしも挨拶に行く場合どんな服装をしていけばいいのか・・?」というものでした。

これを聞いた瞬間、あまりにもツッコミどころが多過ぎて「これ・・回答者の方もまとめるのが大変だろうな・・」とも感じた
ものですし、
「女の子とはいえ間もなく30歳になろうとしているのだから、そんな事にいちいち親が干渉するなよ・・
子供の方からなにか相談を持ちかけられたら考えればいい話だし、そんな事にいちいち親が口をはさむなよ~」とも
思いましたし、
「どんな服装でいけばいいのか・・」って相談事項はそんな所にあるのかよ~、他に聞くべき点はもっとあるじゃん・・と
なぜか部外者の私が車内でぶつくさとツッコみを入れたりもしていたものでした・・(汗・・)

というか、私の感覚の方が古いのかなぁ・・

今の時代は別に結婚前に既に事実婚状態みたいな同棲生活を過ごすことに特に抵抗も無いのかなぁ・・とも感じましたし、
こうしたカップルが時間が経過してそのまま籍を入れないと法律的にはその女の子は「内縁の妻」みたいな扱いになって
しまうのかな・・とかも思ったのですけど、
それ以前に昭和生まれで昭和育ちの私の感覚としては「同棲」というと、
ちょっと危険な香りとか親には認められない恋の逃避行の結果とか
少しばかり不良っぽい香りとか
結果的に最終的には女の子にとって不幸な結果を招きやすい男女の同居生活みたいなものとか
どちらかというとちょっとマイナス的な感覚を「同棲」という言葉から感じていたものでした。

だけどこれはほぼ完璧に私の感覚がちょっと「古い」という事なのかもしれないですね~

考えてみると、こうした結婚前の同棲と言うのか
ある程度結婚を前提とした「お試し生活」みたいな同居生活というのもありなのかもしれないですし、案外これは
合理的とも言えるのかなぁ・・・と思ったりもしますね。

というのも結婚式を挙げるまで実は全然二人とも一緒に共同生活の経験が無かったりすると、実際に籍を入れて
二人の同居生活が始まった際に
「あれれ・・この人ってこんなにも家事全般が出来ない人だったんだぁ・・」とか
「こんなにも金銭感覚がマヒしている人とは思わなかった・・」とか
「実はこの人、とんでもないマザコンで、母親の作った手料理で無いと食べ物が喉を通らない人だったんだ」とか
「こんなにいびきがうるさい人とは思わなかった」とか
「こんなに整理整頓を出来ない人で、なんでもかんでもため込んでしまって家の中をあっという間にゴミ屋敷化
させてしまう人だったんだ・・」とか
「家に帰ってくると、家事とか一切何も手伝ってくれない人で、威張り散らしてばかりいる人なんだ・・」とか
「外ではあんなに愛想良くてニコニコしているのに家に戻ると無愛想で全く笑わない人になってしまうんだ・・」とか
「こんなに大食漢とは思わなかった・・」とか
「こんだけドケチとは思いもよらなかった」といった結婚前には全く想像もしていなかった現実に気が付いて
「え・・こんなはずじゃなかったのに・・」と頭を抱え込んでしまう事も案外現実としてはあるのではないのかな・・?(汗・・)

そうした事って結婚後に初めてお互いの本当の姿とか実際の日常生活の様子というものを知ったからこそ起きる事なのだとも
思いますし、そうした「ちょっとしたお互いの認識のずれ」を修正していくのが結婚生活の第一歩なのであり、
スタートと言えるのかもしれないですし、
逆にそうした「ズレの修正」というのが新婚生活のお互いの新しい発見とかドキドキワクワク感に繋がっていくのかも
しれないですね~(笑)
そして「こんな人とは思わなかったし予想もできなかった・・」という事態を回避させる方法と言うのが
昭和の頃の表現で言うと「同棲」という事なのかもしれないし、今風の言葉で表現すると「お試し婚」というものなのかも
しれないですね。
昭和の頃のちょっと頭の固い御方ですと、
「そんな正式に籍もいれない男女が一つ屋根の下で暮らすなんて言語道断とか破廉恥!」みたいな事を言われるのかも
しれないでしょうけど(汗・・)
私はむしろ「大変合理的な方法なのかも~」と感じてしまいますね。
お試し婚で「この人の普段はどんな感じの人なんだろう・・」とか「この人と生涯のパートナーを組んで本当に大丈夫なのか」
という事を再確認させるにはむしろ妥当と言えるのかもしれないですし、
昭和の頃みたいな言い方になってしまいますけど「貞操」みたいな事にそれほどこだわりがない人でしたら、
案外とお勧めの方法と言えるのかもしれないですね。

私だってなぁ・・一応事前に全て予想通りではあったのですけど(汗・・)
うちの奥様がここまで家事全般がなんにもできなくてぐーたらで、片付けが全然できないゴミ屋鋪製造マシーンであることは
ちょっと予想の範疇を超えていたのかも・・??

ま・・それはそれで仕方がないですよねぇ・・(笑)








CIMG0897_convert_20171113204723.jpg








私の場合、自分で言うのもなんですけど一人暮らし歴が長かった事と料理全般・洗濯・掃除・買い物・片付け等の
家事全般は昔からやっていたから、
別にうちの奥様が家事全般が全然できない子であったのも
「ま・・しょうがないか・・」という感じでしたね・・(汗・・)
というか何か困った事が起きたとしても、結局は自分がなんとかできちゃうし、
うちの奥様が私の作った手料理を「おいしい、おいしい・・」とか何とか言って食べるのを見ていると
「こういうのも別にいっか・・」みたいな感じになってしまいますよね・・(笑)

男の子というのは一度ぐらいは「一人暮らし」というものを経験した方がいいようにも思ったりもします。
一人暮らしとか自炊生活を経験すると、その「経験」は100%間違いなく将来的に活かされると思いますし、
奥様が忙しい時とか小さいお子さんの子育てに追われていて本当に大変な時などに
「なんでおめーは俺のメシの用意ができないんだぁー!」と自分の家事能力の低さを棚に上げて喧嘩になってしまうのではなくて、
「自分が出来る限り家事を手伝って協力してあげるよ・・」と囁いて実際に忙しい奥様に代わってご飯をつくって差し上げると
多分相当感謝されると思いますし、いい関係が築けるようにも感じられますよー! (笑)
結婚して万一奥様がご逝去された後でも、
「何にも食べるものがない・・」とか
「この炊飯器、一体どうやって使うんだぁー!!」とか
「IHって一体どうやって使うの・・・?魚焼く場合はどうすればいいんじゃぁーー!!」とか
「電子レンジで冷凍食品を解凍するにはどうすればいいの・・?」などと
悩まなくても済むと思います。
そしてそうした事の大前提になるのが一人暮らしの経験有と言う事で多少は家事全般が出来る事なのだと思います。

そうした意味においては別に自画自賛する気は、さらさらありますけど・・(汗・・)
(「そんな事・・・あるけど!!」という表現はハピネスチャージプリキュアのひめみたいな表現ですね・・笑)
私の場合、不謹慎な言い方になってしまいますけど、今この瞬間うちの奥様がいなくなったとしても
私は別になーーんにも困る事はありません!!
やっぱりそこには、18歳の時から親元離れて一人暮らしを始めて、自分で洗濯したり掃除をしたり買物行ったり、
アイロン掛けたり、自分で料理を作ったり、料理の後片付けをしたりといった経験は相当活きていると思っています。
うちの奥様は別に自慢する訳じゃないけど家事等は昔も今も何にも出来ない人ですので、
彼女にとっては「私」という存在は、ある意味理想的な旦那なのではないのかな・・?と自負したりもしています・・・(汗・・)
だって、本当に申し訳ないけど・・・
少なくとも「調理」に関しては私の方が10倍・・・否!! 100倍以上は上手く出来ると思っています・・・(汗・・)
こんな事ばかり書いているから
「もー、私の事をネタにしないで!! ギ――――ッ!!」と怒られてしまうのですよね・・・・(滝汗・・)

そして彼女がうちの奥様になってくれたのも、当時も今も「家事が上手な家庭的な子がいい」という理由ではなくて
「一緒に生活していて全然疲れない人だから・・」というのが一番大きな理由と言えるのかもしれないですね・・

うちの場合は上記で書いたようなお試し婚期間があった訳ではないのですけど、お付き合いさせている時点で
「この子は家事なんか間違ってもやりそうもない人だよなぁ・・」と言うのは既に分かっていましたので、
私は入籍当時も今も「ま・・しょうがないね・・」という感じですねぇ・・
ただ「結婚」という事にある程度慎重に考えている方にとってはこうした「お試し期間」というのも必要と言えるのが
今の時代に即したものとも言えるのではないのかな・・?

話はガラッ・・と変わってしまうのですけど、先日スーパーの総菜コーナーにて
明太とチーズで焼き上げたじゃがポテがとてもおいしそうに見えたため、ついついこれを買ってしまいました・・!

じゃがいもとチーズはある意味鉄板の組合せであり居酒屋でもそうしたメニューはよく見かけますけど、
じゃがいもとチーズと明太子を組み合わせて焼き上げたものはあまり見た事も無かったものでしたし、この見た目が
いかにも「おいしそう!」というオーラを出していましたので、本日はそれを選んでしまいましたけど、
さてさて味はどんなものだったでしょうか・・?

結論から書くとめちゃくちゃ美味しい!!という感じです!

冷めたままの状態でも美味しいし、レンジで加熱しても尚美味しいという感じでしたし、
チーズと明太子の塩気がじゃがいもにとてもマッチしていて、感覚としては「じゃがバター」を食べているかのような
錯覚すら感じたほどでした。

こんなにもこの三者の相性がいいのならば、是非私自身も自分で今度作ってみよう!と感じさせるものがあったと思います。

そんな訳で私も先日、上記みたいな明太とチーズで焼き上げたじゃがポテみたいなものにチャレンジしたみたのですけど、
結果は惨敗でした・・(泣)
フライドポテトみたいに揚げてもじゃがバターみたいに茹でる感じでも、あの「ほくほく感」は再現できなかったですね・・

うーーむ、上記で散々「自分は調理もできる!」みたいな事を書いていたのに、この体たらくは我ながら
「ちょっとひどいのかも・・」と感じるものがありましたけど、
これは次回に是非ぜひリベンジしたいものですね~!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

同棲

お久しぶりのコメント失礼致しますm(_ _)m

同棲と聞くと、何か不思議な感じがしますね(^^)💦

自分自信の周りでも、最近になって職場の直属の上司が同棲を始めましたね(^^)
(お相手は同じ職場に勤務している同級生です)
自分自身も聞かされるまで知らず、聞かされた時は驚いたものでした💦

そんな自分自身も沖縄に帰りようやく彼女が出来、今度彼女の両親に同棲の許可を得に行く予定です(^^)💦

彼女とは吹奏楽が縁で知り合いましたね(^^)
(彼女も高校時代にユーフォニアムを吹いていました(^^))

彼女は既に奏者からは引退していますが、いずれかは一緒に同じ楽団で演奏してみたいですね(^^)

吹奏楽が呼び寄せた不思議な縁です(^^)

大人になっても子は子というあれですかね( ̄▽ ̄)
ちょっと娘の同棲話に浮き足立っておるのか?
この場合娘さんの方ではなく男性側が先に挨拶するのが筋というものではないのかと
おとっつあんどっしり構えとけよと(`Д´)ノ
母上様の方かな?

結婚は一生添い遂げるものという考えなら尚更同棲して相手を見極めるほうがいいかもしれないですね
相手を完璧に理解するなんてできないけれど
赤の他人と長いこと暮らすとかとても難しいですし
いっそ結婚しないで同居人として一緒にいるなんて人もいますね(^p^)


そういえば友人がじゃがバター作ってくれて
初めて食べたのですがあのホクホク感にすごく感動しました
胃をガッツリつかまれたものです(* ̄∇ ̄*)

結婚する前に、しばらく一緒に暮らしてみろ、は両親から子供のころに言い含められました。同時に母親からは、「片目をつぶって見るんだよ」と言われました。片目をつぶって相手を見て、許せるようなら価値観が同じ、だからOK。ただし両目はつぶらないこと。それは相手を見ていないから。ただ妄想の相手を想っているだけなのであとで後悔する。同じく両目を開かないこと。相手の悪い所ばかり見えてしまうから、と。
まあ実際私は一人でいるのが好きで、結局独り身でいくつもりですので、両親の忠告とは全く違って、そもそも見る気さえなかったわけですが^^;

よかったですね~!!

esakui69 様


ご無沙汰しております! だけどお元気そうで何よりです!!

そして沖縄にてすてきな彼女も出来たとの事でとってもうらやましいですし、素敵な事だと思います!

そしてその彼女さんが「吹奏楽経験者」というのはとても素晴らしいと思いますし、お付き合いさせて頂く中で
「すてきな共通の話題」があるというのは何事にも変えられない宝だとも思います!
うちの奥様は、音楽も吹奏楽も全く興味なし・・というのは仕方がないのかもしれないですけど、
その分アニメ・漫画はとてつもなく詳しいですので、音楽上の穴は十分埋まっているのかも・・? (汗・・)

どうかそのお幸せをずーーーっと続けて欲しいですし、埼玉の地からエールを送らさせて頂きたいと思います!

二十歳過ぎたら自己責任なのかな・・?

みけねころんそう 様


ラジオでの相談者はその娘さんの母親と言う事で、なんとなく動揺しているとか浮ついてバタバタしているみたいな
雰囲気が声からも伝わっていました・・
「親にとっては子供は幾つになっても子供は子供・・」みたいな感覚もあるのかもしれないですけど、
「二十歳過ぎたら子供の自己責任じゃん・・」と私的には感じてしまうのですけど、そうならないのがやはり親子の情という
事なのかもしれないですね・・

確かに・・

同棲というのかプレ結婚みたいな感じで「相手の見定め」というのは必要なのかもしれないですね・・

じゃがいもってなんであんなに美味しいのでしょ・・あのホクホク感は最高ですね~

ぶっちゃけ100%の人はいないんですけど

同棲とかお試し婚とかいろいろ言われる今日この頃ですが、
はっきり言って、自分の思うとおりの人なんていないから(笑)
折り合いつけて、許し合って生きていくのが結婚ですもんね。
まあ、暴力をふるう人や、警察のご厄介になる人は困るけど、
そりゃ論外だから。
嫌なことがあるたびに別れてたら、結婚なんてできないんじゃないかな。
今時の方は結婚をどう思っているのかしらね。
わかんないわ~。

すてきな言葉ですね~!

八咫烏(全力稼働中) 様


カラス様のお母さまの「片目をつぶって見るんだよ」とか両目は開けない、そして両目はつぶらないと言う
お言葉はとってもすてきなお言葉だと思います!
これは結婚前のお付き合い時点での話でもあると思いますし、結婚後のふたりの価値観とか生活スタイルの違いによる
ぶつかりあい等で有効に活かされるお言葉だと思いますね~!

こういうのを人生のすてきな格言と言えるのかもしれないですね。

結婚とはある意味「我慢」の連続なのかも・・

mama.ikuko  様


mama.ikuko 様や私みたいな典型的な昭和世代ですと「同棲」とか「お試し婚」というと多少は抵抗が
あるのかもしれないですね~・・
今の若い人たちは子供の時から「我慢をする」という習慣・経験が乏しいから、そうした意味では結婚の前段階としての
プレ結婚みたいな感じでのお試し婚というのもありなのかもしれないですし、
それが「時代の変化」なのかもしれないですね・・

そうですね・・私も結婚とは「忍耐の連続」なのかもしれないけど、同時に
「疲れない相手が一緒の家にいる」という雰囲気もあるのかもしれないですね・・

明太子・チーズ・ポテトの組み合わせ…。おいしいですよね♪
ぬくぬく先生のブログ記事のラ王、1つストックしてあります。
美味しそうなカンジがしたので、買った麺でした。

私は夫と付き合いが長かったのですが、結婚してから「?」と
思う事がしばしばありました。お互い様なのでしょうが、今でも
「?」と思う事もあります。…理解しているつもりでも、
以外とそうでもないようです(^^;)

元々は他人ですからねぇ・・(汗)

薬屋の嫁 様


出会いから結婚まで薬屋の嫁 様のように長くても私のようにとてつもなく短くても
いざ一緒に暮らし始めると「なんだこいつは・・!?」というものは間違いなくあると思いますし、
そのズレを軌道修正していくのか放置するのかは、一つの楽しみなのかもしれないですね~(笑)

私の場合は今でも放置状態ですね~(汗)

ラ王の背脂こってりラーメンは表面が脂ギトギトですので「え・・」と思うかもしれないですけど
これが意外とさっぱりしてしつこくなくて
すてきな味だと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/4145-e17d776e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |